2019年1月 4日 (金)

あけましておめでとうございます 21周年の始まりです。

皆様、あけましておめでとうございます。

実はもう怪物屋始めて20年が過ぎちゃってました。
お店が残っていたら、昨年には何やらイベントをしなくてはいけないのですが
今は原型制作工房と模型完成品仕上げ工房を主体としており、
おかげさまで大晦日、元旦も関係なくお仕事をさせて頂いております故、
このブログにて失礼させていただきます。
原型制作としましてはエクスプラス さん、スターエース さんより随分ハイペースでリリースされているデフォリアルシリーズ等にも携わらせて頂いております。
今年はまたハリウッドからゴジラがやってくる年でありますね。
そういえば昨年はゴジラがハリウッドへ渡って20年でした・・・
エクスプラス さんが怪獣ガレージトイを始められても20周年ー、
怪物屋としても20周年記念として来年のゴジラで盛り上がる中ー、突然発表されたデフォリアルゴジラ1998も20年前の熱き盛り上がりを思い起こすと共に、いろいろな想いと感謝を込められたアイテムでもございます。
Gsg0530091_33a7ef632b0e4468b79f7be5

1546537422627 1546537419144 1546537405373 1546537413822 1546537427305 1546537432431 Img_20181130_1056462 1543631400266 1533871876371

遅ればせながら、20週年のご挨拶と共に新年のご挨拶でございました。
怪獣系、モンスター系、クリーチャー系、Sci-fi系、ヒーロー系、ビューティー系、アカデミック系・・・多種多様なアイテムを、ここを見られている方々ー、ご興味を持っていただける造形アイテムを日夜、精進を重ねます故ー今後とも何卒ーよろしくお願いします。
*また、昨年より販売サイトを準備させて頂いている意向を書かせて頂いておりますが
実は完成しておりますー、しかしながら諸事情が重なり、もう少し、タイミングを見計らいデザイン変更と共に煮詰め直しをさせて頂いてから公開させていただきます
どうかご理解の程よろしくお願いします
*完成品の受付は随時行っておりますが
引き続き下記のメールアドレスまでお願いします
yo-ko-kaibutsuya@nifty.com

|

2018年11月 3日 (土)

只今準備中

明日のスーフェス〜、シーン・カイルのアイテムが今届きました。

ギリギリですね。
リクエストの多かったトロフィーハンターなども多少余りあるストックアイテムを明日に出していきます。
Manfromtheskyprint2
Cover_2
9月のNYレポートでもリクエスト頂いていたアイテムたちが続々と到着してきており、箱を開けて検品・・・が難しくなっています。
Img_0001 Img_0002
Img_0003 Img_0004
怪物屋内では人気ナンバー1!?だったボブ・ロスの1/4スケールも展示しますので、
現物の素晴らしさを是非見てお確かめください。
明日は徐々に出していきますので朝一からバーっと展示はちょっと難しいかもです・・・
その分、日本のビンテージ怪獣GKを取り揃えた1954Gストア、ビンテージGKのルックラック、そして造形戦隊の面々・・・朝一から用意されておりますのでお楽しみにのよろしくどうぞ。

|

2018年11月 1日 (木)

下地テクスチャーから色彩テクスチャー 11月4日はマイドームおおさか第5回スーフェス大阪

テクスチャマスキングシートー、好評につき新たに調整して発売とのことです。
このタブレットに入ってる画像で実際の使用例のご紹介ー。
お問い合わせはエアテックスさん、もしくは怪物屋📨までどうぞ。
Img_20181101_2129522


Img_20180126_1426422_2


Img_20180421_1702242_2


Img_20180420_1352122_3


Img_20171015_1403142_2


Img_20170911_1340552_2


Img_20170430_2042432_2


Dsc_07572_2


Img_20170911_1344182_3


Img_20180201_1338262_3


Img_20180311_1726512_3


Img_20180829_1301522_4

Img_20180416_1514532_2

スーフェスおおさかに向けて造形戦隊ポンコツ3のルーキー、戎工房@yebisufactoryのネイチャーGKアイテムー、制作追い込み中!!

1541050139983_2


1541050146576_2


|

2018年10月30日 (火)

エアブラシによる下地テクスチャー 11月4日スーフェスおおさか

おおさかホビーフェスも無事終了することが出来ました。
当日、多くの人に見ていただき、誠にありがとうございました。
ご挨拶ー、っと同時にステージからズッコケ落ちる⤵⤵という…ドリフのようなサイコーな掴みで始めることができました(笑。
極初期のエアテックスさんのカタログには怪物屋ペイントフィニッシュ作品を沢山掲載していただきました。当時と比べると商品群も多く、また魅力的なアイテムもあるんですよ。
ここでは後ろの方であまり見えなかった~、見たかった~、っという嬉しい声をかけても頂いておりますので当日の「下地テクスチャー表現」を画像を追ってご紹介させていただきます。
制限時間が1時間というか45分ということもあり、ボクが店でよく御見せさせていただいた、お馴染み⁉のテクニックモーションでございましたが…先ずはムラムラ、叩きつけプライマー下地の実演…

エアテックス特許の新方式エアレバのXP725は押して引くーというダブルアクションをよりシンプルにしたボタントリガーとも呼べる感覚だから、エアブラシを振りながらも一定の圧力で塗りやすくもあリマス…

Img_20181002_003623

しかもハンザ用の砂目吹きキャップが合うー。あってしまうのだ。
しかもXP725は価格がリーズナブル…。
ボクが昔、昔、40年前かなぁ苦労して買ったPC 101、102当時価格より安いのではないかなぁ…
ホント、高かったのよエアブラシって…

この砂目吹きは通常ー、同要領で普通の人肌にも使います。血行色とか入れて…
大体1/6,1/4にもバッチリで、慣れればシミ、ソバカスもイケてしまうスグレモノ。
会場ではファンブラシを使ったエナメル塗料の砂目吹き等…、軽くやってはみたけど、コッチの方がウケてしまった…。
んでも、コントロールし易いから必須アイテムの砂目吹きキャップ。

Img_20181029_210341

Img_20181029_212558

お次は今回のイベントの目玉⁉ テクスチャーマスキングシート

Img_20181029_210606

いろんなとこに使えます…。
エイリアン、クリーチャー、他、実はボクが携わってるフィギュア工場にも使って頂いてもしており、かなり実用化されていたりもしております。
使い方は簡単ー、被せて置いて、端っこを抑えるだけ…。

Img_20181029_2135012

Img_20181029_214459

んで、このテクスチャーマスキングシートいいところは塗料がこびりついてもシンナーで洗って吹き落とせること。
つまり、何度でも使える…ということはコントロール出来ていく…という点。
時には2枚を重ねたりも色々な変化がつけられる…。

んで、今回のセットにはもうひとつ付いてるのが、スーパーヒーロースーツテクスチャーシート‼

Img_20181029_215818

Img_20181029_220306

2000年以降のスーパーヒーローのスーツイメージとして、弱いコントラストとか、パール塗料を使えば、誰でも簡単スーパーヒーローのスーツぽく仕上がるーってスグレモノ。

これもね、ラッカーシンナーでも洗えちゃうんです。
再生出来るーってことは、そのうちコントロール出来ていくーってことで、どんどん匠になっていっちゃいます。

ー、っと、大筋、このような実演販売でございました。
おかげさまで当日販売分ー、すべて売り切れたーとの事で喜びと共にホッとしました。

砂目吹きキャップ、並びxp725、んで、今回売り切れたテクチャーマスキングシートシリーズ・・・エアテックスさんへ直接注文出来ます!

また、怪物屋でも実際の吹き付けサンプルをお付けして販売しようと思いますので、使い方のお問い合わせと共にメールいただければレスポンスお時間いただくとは思いますが下記のアドレスへよろしくお願いします。

yo-ko-kaibutsuya@nifty.com

また、もうしばらくでショップサイトもオープンしますのでよろしくです。

イベントでは、その後、別卓に移りワークショップを開催…
デフォリアルシリーズでお馴染みとなった⁉シン タロウとゲンのオリジナルGK を配布…これ今週のマイドームおおさかで開かれるスーフェスでも販売されます。ヨロシクです。
エアブラシ初体験の方々が殆どでございましたが、無事、XP 725を使いこなし彩色されて無事終わることができました。

お店を無くして以降ー、久しぶりにお見せするパフォーマンスでした…
懐かしいお客様の顔ぶれを見ては感無量になりました。
仕上げるには余りにも短い時間ゆえの下地テクスチャーの作り方でしたが、ご参考になれたら幸いでございます。

今後、造形ばかりではなく、「色彩による下地テクスチャー表現」というキーワードが増える事に大期待です。

このような機会を頂いたエアテックスさんに大感謝でございます。
またの機会がございましたら、もっとアメージングなパフォーマンスをさせていただきます!

1540538755514 15405394234682

|

2018年10月26日 (金)

私的なホビー塗料の歴史を振り返る 10月28日おおさかホビフェス、11月4日スーフェスおおさか

お仕事の塗装に追われつつ、イベントでも使う塗料の整理をしていて、新旧色を入れ換える度に廃色となっていく色を見つめると懐かしい想いに更ける…。
初めて模型に色を塗りだし50年も経とうとする今があるのも模型をよりリアルに仕上げたいーって欲求から来るものだと思う。
当時ー、なかなか高価で使えなかったマルサンのプラカラーセットからレベルカラーセットがラッカー系だったから、日本のモデラーの多くはラッカー系になったと思われる…。
このレベルカラーはご存知ミスターカラーであるけども、このミスターカラーを普及させたのがレベルカラーセット。ボクはこの最初の10色セットの内容により、今も原色系の基本セットを軸にして仕上げるようになったので個人的に偉大な原色セットであります。このセットに入ってた塗料皿、シンナー、フラットベースが少なすぎる事により、筆を買い、皿を買い、艶消し材…等から塗料を買うことになり、今の模型資材過多とも云えるデスク周りになっていく…。そうさせた偉大なセットでもあると思う。
そして基本色も時代と共に質も磨かれていく…
特に8番のシルバーは80年代、劇的な変化とも云える位ー、質が良くなった記憶がある。これは多分エアブラシの普及も要因すると思う。

メタリックカラーは大歓迎だが、いつの間にか、この近年に基本色の5番のブルー(青)が、大きく変わってる…。

新しい色味は雰囲気的にマルサンのプラカラーセットに入ってたブルーに近いニュアンスに感じた…。私的にはより古くなった感覚でもある・・・コレ解る人は限りなく少ないと思う。
マルサンカラーはどちらかといえばガッシュ、ポスターカラーのような不透明なセットでレベルカラーセットは暖色系が不透明だけど寒色系が半透明⁉…だから、下地を工夫しないとイメージした色にならない…というちょっぴり高度なテクニックを要した。個人的にショートピースの紺に近かった5番のブルー…このような扱いにくい色味で実に40年以上はこの色味コンセプトで頑張ったアイテムだと思う。

このブルーがあったからこそ、下地の色を考えるようになり、混色の面白さを教えてくれた。思い出深い色の5番ブルー「青」でございます。
廃番?変更前の最後のストックの一本…
やっぱり調色しやすい…。
なんとか復活して欲しいな…。
秋のセンチメンタルな記事でご免なさい。
Img_20181026_182424

|

2018年10月23日 (火)

10月28日おおさかホビフェス、11月4日スーフェスおおさか

1-2回までマイドームおおさかで開催されていたホビフェスが、よりスケールアップしてインテックス大阪へ移り開催されます。
…んで、ボクはエアテックスさんのブースで塗装パフォーマンスをご披露させていただきます。チラシにあるように未だに内容未定⁉でございますが、エアテックスさんが、エアブラシdeクリーチャーっと題して頂いておりますので、そのように生物、人肌、もののけ等のスキンテクスチャー表現を創業当時からお付き合いさせていただいているエアテックスさんの器材…怪物屋スペシャル用品⁉の実演販売をさせていただこうと思います! (いや~、、書いたらハードル上げちゃいますね…焦)
同時に体験型ワークショップ(参加費500円らしいです)も併設されており、怪物屋工房が誇る造形戦隊ポンコツ3が創りしオリジナルレジンキットを配布して、エアブラシを使った事もない~っという方々にも帰る頃にはエアブラシマスター⁉~になれるように講習させていただきます⁉

して、11月4日はマイドームおおさかで第5回となったスーフェス大阪に参加いたします❗

怪物屋としての数々の洋もんニュウアイテムご用意します。
また、AMEから好評だったプレミア怪獣GK販売の1954Gストア、輝く90年代GK販売のルックラック、また新進気鋭の造形戦隊ポンコツ3のはだかのげん、戎工房、シン タロウのオリジナルGK、謎のアイlove クリーチャー等々…

イベントだらけの秋の休日ー、是非ともお立ち寄り下さいませ。

Img_20181012_103816


Img_20181023_135343


|

2018年9月23日 (日)

LAの空

雨が多いですね・・・

LAの空って誰が何処を撮ってもスカッと晴れたアメリカになる・・・
んだから、僕はLAに来ることになりました。
そもそも、四半世紀前・・・スポーツ系アパレルメーカーのアートディレクターとして、モデルさん一杯手配して国内で撮影するより、ほとんど雨の降らないLAでの撮影の方が何処でも許可されやすく撮影しやすくモデルさんたちもワンサカ・・・なので絶好のロケ現場。
日本でロケ撮影する場合ー、雨が降った場合ー、ロケ地、モデルさん等のキャンセル料が半端ない金額になるので、数多くのモデルさんの撮影が絡むとLAーってなるんですね。
最近のアメカジのメンズファッション誌見ても殆ど馴染み深いロケ地でなんとなく懐かしくもあり、雑誌見ても、ついつい背景ばかりチェックしたりしますです。
その後、このお仕事を通して、空き時間に様々な模型店、工房を訪れ、GKイベントとも出会し怪物屋を始める事となりました。。。なんの話!?って感じてありますが、歩いているとロケハン気分になってます。
それにしても何処を撮ってもそれなりに絵になる ぁ・・・さすがハリウッドって感じであります。
Img_20180916_093651 Img_20180916_093759
Img_20180916_093531
Img_20180916_093222
・・・って、多分、パームツリーが好きなんだな(笑。
どう?1980年代風、イラストレーターの永井博さん風のつもりでパシャ!しました・・・!?わかる人・・少ないかな? 画像加工無しでパントーンカラートーンバシバシになるのが楽しい・・・わかる人、いよいよ少ないかな?
スクリーントーンは画材屋さんで最近見たけどパントーンカラートーンってまだあるのかな?
創建されて90年を超えたチャイニーズシアター。
メルズドライブインがプラモデルになるんだから、この劇場もプラモデル化したら面白いと思う。もちろん、入り口の足形、手形も入れて・・・何度見ても柱の装飾彫刻が面白い。
もし、もし、発売されたらマイティージョーヤング造形製作してディオラマにするよ。絶対!! あの映画のシャーリーズ・セロンが僕は一番好きだ。
Img_20180916_084434_2
LA行くと、個人的な市場調査・・・!?で訪れるサンタモニカの有名なトイショップで・・・
Img_20180916_042136_3
なんと、ウエタのスタチュウが爆安!山積み・・・
9ドル・・・また、画像無いけど10年前のスゲースカルプターのスゲー造形のスタチュウが5ドル・・・
Img_20180916_035320
実はこういうのそれぞれの場所で色々とあったりする・・・
んでも、僕はこの恐竜ヘッド、スカルピーとかエポキシクレイとかで肉ずけ復元したい・・・
カッチョイイバストモデルが出来る!! またサンタモニカ行かれる人ー、トランクに余裕ある人ー、是非のアイテム。
Img_20180916_035446
プレデターがいささか強引なヘアーな気もするけど・・・植物植えるオモチャ・・・
んで、此処でも・・・やっぱりボブ・ロスさんが人気!!
何故!?
亡くなられてそろそろ四半世紀・・・
本屋さんでも色々出版されているけど何故に今なんだろ?
Img_0003 Img_0001
Img_0004 Img_0002
NYのジャージーフェストでもご紹介したボブ・ロスさんのGK-!!
今回の一連のご紹介アイテムでも一番人気!?
時代はボブ・ロスさんのデカイ平筆の色彩豊かな速筆パフォーマンス!!
Img_20180917_023309 Img_20180917_023014
その昔ー、コックスのスロットカーをゲットしたこともあるスワップミートに立ち寄って・・・
足を広げると1メートルを超えるフル可動の蜘蛛と1/1の威嚇猫どちらも電飾で目が光って15ドル、10ドル・・・やっぱハロゥイン時期は楽しい・・・。
ハリウッドだからの工房は訪れたい・・・
来年公開の大作ムービーの俳優さんをスキャン作業されてたジェントル・ジャイアント訪問
もちろんシークレットでした。
Img_20180918_072619
Img_20180918_072007_3
素敵なフィギュアマケット・・・後ろのオリジナルコンセプトのフィギュアも好調のようです。新作色々・・・。
Img_20180918_072630
だけど、最近のジェントルジャイアントといえば・・・ケナー社の3.75フィギュアをデカくしたシリーズがモーレツにオシャレ。というか大人の癒し・・・系トイ!?
ライフサイズの3.75・・・ステキです。なんだか美しい彫刻にも見えるのが不思議・・・
この癒し感覚は日本の怪獣ソフビと共通するところですよね。
以前、GIジョーもライフサイズになっておりましたが、より小さな3.75をデカくするアイデア自体がアートですね。
Img_20180918_073549
んで、ケナーといえば・・・僕的にエイリアン・・・このデカくなったエイリアン、3色持ってる人、置くとこある人スゴイです。
前に紹介したサンタモニカのトイショップにまだストックがあったような・・・
して、久々に連投更新させていただきましたが、前半にも書かせていただいた通り、買い付けたアイテム、偶然発見したアイテムなど11月4日のマイドームおおさかで開かれるスーパーフェスティバル大阪5に出店、販売させていただきます。
もちろん、お問い合わせは常に受け付けておりますが、工房での作業が忙しく、即のレスポンスはお時間いただいたりしておりますが、製作方法、塗装方法などのノウハウもしっかりとお返しさせていただいております
yo-ko-kaibutsuya@nifty.com
また、10月28日のインテックス大阪にて行われる第3回おおさかホビフェスにて
エアテックスさんのブースで塗装デモンストレーションを行う予定でございます。
エアテックスさんとは、創業された2000年からのお付き合いでありまして、最初のエアテックスさんのカタログの片隅には怪物屋作品集!?とゆうか随分、仕上げた模型作品を掲載していただいたご縁もございます!
人肌表現、クリーチャー表現、アイテム等未だに何も考えてはおりませんのでご要望等ありましたら、色々と検討したくもございますので上記アドレスへご連絡くださいませ。
近く、またご報告差し上げます。よろしくどうぞ。

|

2018年9月22日 (土)

モンスターパローザ2018秋

取り敢えず、画像羅列です。

モンパルの秋は初めて来ました。が、モンパルの会場は元々、このマリオットだったと思う・・・

来場者数が増えて春はパサデナコンベンションセンターになったのでは・・・っと勝手な推測。

にしても、雨のNYから一時、1日半だけ大阪へ帰り、 LAへ出発・・・。

LAはいつも通り大晴天!!

Img_20180917_052744

行ってる間で最終回になってしまったTV ドラマ「この世界の片隅に」とくべつ見てなかったけど、

アニメ映画では冒頭と最後に出てくるクランプス・・・

クランプス!?って設定かどうか僕は知りませんがクランプスでしょ?アレ?

昔、泣いてばかりいると山男に連れ去られるで〜っと、僕も云われておりました・・・

昭和30年代のお話ね・・・

だから、あの映画ー、戦後生まれの僕だけど、すごく溶け込みましたです。ドラマでは特殊メイクで登場したんでしょうか?個人的に気になります。

で、モンパル来る度ー、誰かがクランプス造って発表してるんですよ。

このブログでも5-6年前から定期的に出て来るクランプス・・・好きなのかなぁ?個人的に気になるキャラクターなんで毎回、上げちゃいます。

Img_20180915_114612

このお団子のようなまとまり・・・気に入りました。

Img_20180915_114553

んで、モンパルーといえば、モンパルレポートといえば、、モンパル造形レポートといえば、、、

毎回ご紹介させていただいているダグさんです。

すべて一点物の造形なんですが、その世界観・・・この人の湧き出て来るアイデンティティーは圧巻です。生で観る楽しみー、毎回楽しんで拝見させていただいてます。

Img_20180915_114840_3

Img_20180915_114738

Img_20180915_114758

Img_20180915_114727

Img_20180915_115247

Img_20180915_115231

Img_20180917_074856

ンで、ファンタジーオリジナル造形ーというには完成度抜群のアントニー・ワトキンス氏!!

3−4年前はドラゴン造形が比較的多かったオリジナル造形アイテムですが、最近はこのような魔物が多く、そのオリジナリティー度が凄い!! 相当なデカイサイズですが、細部まで生きてるようなディテールが施されてとても魅力的な造形です。

もちろんレジンキットです!! 最後らへんにプライスリスト載せてます、このブログ、拡大し難いと不評でもありますが、御免なさい。僕では変えられません。

Img_20180917_071850

Img_20180917_071835

Img_20180915_130242

Img_20180915_130210

Img_20180915_130227

Img_20180915_130302

Img_20180915_130309

Img_20180915_120435

Img_20180915_130219

ナメゴンって知ってる?って尋ねて見ましたが、知らんーって・・・

んでもヌメヌメ有機体の生き物造形物はインターナショナルなファンが居るということかな。

Img_20180915_114955

Img_20180915_115036

これは面白い。

僕は子供の頃、鏡台にある母親のカメオの細かい造作が大好きで、何度も何度もオモチャ箱に入れてましたが・・・何度も何度も取り返されておりました・・・。

Img_20180915_120812

Img_20180915_120821

こちらでもガチャマシーンをイベントで使うのが出て来ました。

カラーレジンがPOPで良い・・・。

Img_20180915_123749

Img_20180915_123743_2

やっぱ、クラシックモンスターは一つは載せておきたい・・・

レイ・ヘルナンデス氏のモンスターGK...

Img_20180915_123820

Img_20180915_123826

Img_20180915_123857

Img_20180915_123928

LAだから、モンスターズインモーションも出店

オーナーのテリーのフェイバリットはグリーンガルガンチュアとブラウンガルガンチュア・・・

入れてくれてて有難うのサンダとガイラ!!

Img_20180917_073537

Img_20180917_080741

この黒い幕を捲り上げるとテーブルの下は往年のレジンキットがワンサカあったで。

僕が来ること予想してた? (笑!?

とてもレトロなベン・クーパーのお面ビジュアルが数年前からトレンド!!

この版ズレ感がホント心地よいんだけど、この感覚も世界共通かな?

日本では1980年代のオロナミンCのアドでの湯村テルヒコ氏のイラストが懐かしい・・・。

久々の版ズレアートの嬉しい復活!?

Img_20180917_080802

お洒落なTシャツも版ズレ感を演出!!

Img_20180917_072155

・・・・思い出せない・・・スミマセン。しかもボケてるスミマセン。

Img_20180917_075201

あ、これ、アントニー・ワトキンスのマグネット・・・通常よりデカイよ。丁寧な造形に注目!!

Img_20180915_130203

Img_20180917_072416

Img_20180917_072328

サンフランシスコからディメンショナルデザイン。

Img_20180917_072836

これ、懐かしいなー20年くらい前のマッドモデルパーティーで売り出してたストックだと思う・・

Img_20180917_072535

1994年、ジュラシックパークのコンセプトアートのオフィシャルプリント・・・

四半世紀が過ぎ、今、問い合わせも多いジュラシックパーク。じわ〜っと来てます!!

Img_20180917_072456

鉛筆一本で勝負するアート系ディーラー。

彼はX PLUSの大ファンでありました・・・ありがと84ゴジラアート。

Img_20180917_065746

Img_20180917_065756

Img_20180917_075113

Img_20180917_075120

Img_20180917_072005

Img_20180917_071956

今回、一番会いたかったジョーさん。

GK、並びグッズは販売しておりませんが、趣味で造ったキャラがそのどれもがいいー。

ダークヒーロー、クリーチャー、怪獣・・・独特なセンスでテクスチャーなどをリメイクしたり、オリジナルをしっかり惚れ込んで尊重したリデザインはとても共感持てる。

Img_20180917_071553

Img_20180917_071547

Img_20180915_125545

Img_20180915_130431

Img_20180917_071726

Img_20180917_071741

Img_20180915_125050

Img_20180915_130540

Img_20180915_125040

・・・終了1時間前なのにチケット買って入って来る来場者も多く最後までごった返して居るモンパル会場でした。

Img_20180915_120341

Img_20180915_115420

 

|

2018年9月14日 (金)

気分はまだ夏!!

LA到着!!

「気分はもう夏」ーって40年前の雑誌ポパイのタイトル、パクりました。
先週のNYはもうネルシャツにジャンパー要る状況だったけど、LAは再びTシャツで過ごせます。
メールでのお問い合わせ頂いており、一生懸命に返しておりますが、
何故か一部メール返信出来ていない状況のようです。
原因不明でございます。
頂いたお問い合わせメールは入って来ておりますが、返信出来ていない状態のようです。
必ず帰国次第治しますので、引き続きよろしくお願いします。
お問い合わせは
yo-ko-kaibutsuya@nifty.com
もしくは、フェイスブックされている方はメッセンジャーの方へ
メッセージ下さいませ。
私、ツイッターは6-7年前に登録していますが、情けない話ですがパスワード忘れて返せません・・・
先週はまだハロウィーンって無かった街並み(TARGETの一角)ですが、1週間経つと・・・オレンジと黒のジャイアンツカラーに ハロってます・・・
Img_20180914_062337 Img_20180914_062352
Img_20180914_062359 Img_20180914_062417
Img_20180914_062436 Img_20180914_062603
Img_20180914_062621 Img_20180914_062629
Img_20180914_062657
1/1ヒューマンサイズのフル可動スケルトンが40ドル、動く1/2サイズは35ドル、1/1ドクロ3ドル、1mを超える大蛇のフル可動スケルトン10ドル、ゾンビの手両手で4ドル・・・全米の大型スーパーの一角だけど・・・物量パワーって凄いね。

|

2018年9月13日 (木)

ジャージーフェスト2018 テスト

手持ちのタブレットからブログがアップされるかのテストです。

ブラックハーツからは1/6スケールのミニバストラッシュが止まらない‼
今年に入ってイッキに出てきた。クラシックモンスターに始まり、スプラッターからクゥトゥルフ、バンパイラ、んで、レイ.ハリーハウンゼンのモンスター…意表を突いたブラックパンサーシリーズ…おもしくなってきた。

Img_20180908_104249_3

Img_20180908_104254_2

Img_20180908_104300_4

Img_20180908_103302_2

フランスのGKアーチストはとてもファンタジーな世界観を表現…

Img_20180908_113504_2

Img_20180908_113459_3

Img_20180908_113511_3

Img_20180908_113452_2

懐かしの20年前のソフビキット…
それにしても安い…多分ここは特別に安いと思う。
スティーブワン氏のバットマン、スタンウィンストンスタジオのマケットをそのまんまソフビキットにして販売…なんて夢のような製品だった…。
今、このような企画するだけでも妙に高くなっちゃうよね…。
この時代ー、売れるキットの生産数は3万個を越えたという…。
この時代ね、レジンの焼きだしでソフビ金型造ってあったりする…。

(だけど、その事ー、あまり訴求して無かったんですよね・・・20年以上前の怪獣、怪物、ヒーロー、クリーチャー・・・この時代から1/6スケールの顔の皮膚に毛穴まで入れるようになった。2レジン焼きだしによるソフビの再現力が飛躍的にリアルフィギュアを向上させたと思う)

いい時代だったな…。
今は未彩色、キットなら、一桁、二桁、、、三桁落ちちゃう時代でもある…。
っと云うかこの時代のクォリティーから進化も止まったからか…。
…ガンバロウ!
Img_20180908_113954_2

Img_20180908_114007_2

このような何処から出たの?というプロップの複製レジンモデルキットもある…。

Img_20180908_114201_2

オリジナルプロップを忠実に再現したモデルキット。
いいよね。こーゆーの。置くだけで博物館のようになる。
サイクロプス…口の周りが紅いんだ…。
Img_20180908_114900_2

会場でも造形パフォーマンスをしてくれたトロイ.マクデヴィット氏
別室で早業造形を披露ー。アメリカの人はみんな早業に思える…。

Img_20180908_114945_5

Img_20180908_114951_2

アメリカのTVでもヌンのCMプロモート多い…。

Img_20180908_115119_2

イチオシなショーン.カイル
最初に見て仕入れた彼のGK作品はブライドオブフランケンシィタイン…、だったと思ふ…。

Img_20180908_231041_2

Img_20180908_231101_2

どうもタブレットでもブログ更新出来るようです…当たり前のこと中々出来なくゴメンナサイ。

持ち帰ったキットー、色々検証、レビューも書きたいのでありますが、
実は一昨日の晩に怪物屋工房に一旦、帰りまして、今日からロスアンジェルスです。
ハイ、秋のモンスターパローザです。
関空がエライ事になってて、再び成田へ移動中ーであります。

11月のマイドームおおさかで開かれる、スーパーフェスティバルを目処にイロイロと取り揃えて行こうと思いますのでヨロシクどうぞ。

|

«ジャージーフェスト2018 コンクール模様