« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

洋モンGK界の怪物アイテム

GK界の人気アイテムといえば極初期はもちろんゴジラ。中期はキングコング、フランケンシュタインの怪物などクラシックアイテムからバットマンなどのダークヒーロー系・・。最近は作家の個性がそのまま造型されている創作系だと思います。しかしこの10年以上に渡ってクリーチャー系とフィメール系は圧倒的に人気が高いジャンルでしょう。Dsc05296その中でもプレデターってホント人気が高く思います。国内外どれだけ発売されたかわからなくなる程ですね。再三、ご紹介している1/1エルダープレデター(キット¥38500-完成品¥168500-ドレッド付き価格未定)がFRP成型から中空成型のレジン製になり組み易くなりました。パーツ数は8パーツ構成(ドレッドは完成品のみの予定)となりました。
Dsc057072枚目の写真が中空成型が解るよう透明レジンで成型されたキットパーツです。販売アイテムはアイボリー色のレジンっとなります。そろそろドレッドパーツも到着すると思いますので続報も是非ご期待下さい。引き続き御注文受付中です。
Dsc05538
Dsc05541
Dsc05543写真3,4,5枚目はまだ仮組みですがプレデター2?の1/1ヘッドモデル。(キット¥55000-完成品¥170000-ドレッド付き価格未定)元々のデザインの違いからか同じ1/1でも随分っと大きいです。
エルダーって基本的にプレデター1にプレデター2の顎廻りを付けた感じなので頭自体は小さく感じるのですがプレデター2ってホントデカイ。これはオデコの形状が前に突き出ているからだと思います。このオデコ~頭部の角度はこのプレデター2以降のデザイン-大体このようになったみたいです。最近スタチュウ等でも販売されるプレデター1でも頭部の角度が2のようになってますね。たぶん頭がデカイほうがもののけ度が増すし、迫力出るからでしょうか? 自然界でも百獣の王ライオンなども明らかに頭デカイしデカ頭のプレデターって好きです。初期のプレデターGK、トイって殆どが頭小さい造型になってます。ランディ・ボーエン/ダークホース社のプレデターが最もこの辺りのバランスが良かったように思えます。
さて、この2ヘッドはいわゆる「クラッシュ」タイプで着ぐるみ型はなく初期デザインスケッチをそのまま造型したものになってます。多少ディテールをダルにする事で着ぐるみ版にも出来ますが、ペイントすれば余り変わらないと思います(笑
このキットで通称「ボーグ」、「ヒッピー」っといったプレデター2に出て来る3兄弟キャラを塗装で楽しむのもいいと思います。またこの塗装仕上げを段階を追ってレビュウしていきますのでヨロシクドウゾ。

Dsc05520
Dsc05525
タイムレス/アースバウンドのプレデターです。キット(当時)¥25000-写真の完成品¥150000-。60cmを超える大型レジンキットとして10年前に話題になり、それなりに売れましたが、確か最初は英国製でとても重いグレイレジン製のヘルメットバージョンでした。その後ショーン・ネイグルが頭を造型し、中空成型のアイボリーのレジンキットになりました。
Dsc05408
キット内容でボディに貼るメッシュがアミタイツそのまま入っているのがオモシロイところでしたが、コレ大雑把過ぎて使えません。貼ればオーバースケールの為もあり黒くなってしまいます。
こだわる方はやはり自作した方がよいと思います。パネル張り用の木製フレームなどで簡単にスケールにあった治具を造る事が出来ますが、神田うのプロデュースのパンストでこのスケールに丁度いいモノがありました。スケール的にはギリギリだと思います(強引な思い込み!?)。

Dsc05468
Dsc05513
Dsc05486
Dsc05493
Dsc05495
トーマス・クンツのクィーンエイリアン(キット当時¥40000-絶版価格¥100000~完成御依頼品)。クンツのGKの中でも高価だった為、なかなかオリジナルアイテムは見つからないキットです。キットはボディが中空成型で口は透明パーツ(一部コンドームを使った部分は自作しなければいけません)で構成されています。
全長900mmにも及ぶキットですからインストにあるように金属棒等で補強しなければいけません。頭パーツも中空成型されているのですがさすがにそれでも事後変形が心配なので8mmのアクリル棒を差し込んでいます。
ベースはしっかりした広葉樹を使い作品を安定させました。前出のプレデターも広葉樹ベースを使用しておりますが作品をしっかり固定したい場合、重量があり、目が詰った広葉樹がオススメです。近日30cmGK、多目的に使えるB5版変形で入荷予定。厚みがあり高級感タップリです。
クィーンの中でもこのキットは相当古く、オリジナルも型ズレ箇所も多く見受けられますが組んだ姿は雰囲気抜群なのもクンツの技量でしょう。
クィーンのキットは多い訳ではありませんが大きさ、複雑なディテールからGKアイテムとして古くからありました。最も古くはAEFデザイン-これはライセンスを取得したものでクィーンエイリアンとしては唯一のオフィシャルレジンキットだと思います(エイリアンクィーン/チャンバーベース、ウォリアー4体、リプリー、ビショップ他ソルジャー5体付き¥30000-在庫あり)。
他、海洋堂からもソフビキット(一部レジンキット販売)がありました。何でも写真1枚から造型したとの事でフィクション造型もありながらエエ感じにまとまったキットでした。また当時スーフェスなどのイベントでもGKが出ていました。最もお馴染みなのはハルシオン製ソフビキットでしょうか・・・
んでも大体クィーンのGKって10年前のものがほとんどで、それ以降〜現在は複雑なディテールもあり、GKよりトイ、スタチュウの人気アイテムとなりました。

Dsc05712
アースバウンドの新作はザ・サイクロプス¥18500-Dsc05714クリーチャーではありませんが個人的には大好きな思い入れ強いキャラアイテムで、25年位前のビリケン商会さんのソフビキットをきっかけにこの世界が広がったと思ってマス。アメリカのGKディーラーでも10年以上前は盛んに販売されていたサイクロプス。久しぶりのGKです。原型はマイク・マッディ。下半身の毛並みの表現が新鮮な造型となってマス。
ボクの知っている限りサイクロプスを最も多く造った原型師は大山竜(10cm〜60cmまで6種)で、竜の造る新作ゴジラを含め次回WFのゴジラ祭りのゴジラを随時ココでご紹介していきます。よろしくどうぞ。

| | コメント (0)

2009年10月30日 (金)

虎・竜・鷲・鷹・・・獅子

運命のドラフト会議も終わり、サウスポーの怪物クンは獅子へ。日本の野球界では優れた選手の事を怪物って呼びます。古くは怪物江川、平成の怪物松坂・・今年の目玉ー菊池クンは個人的にそれ以来の逸材だと思われます。第3回WBCのエースになれる逸材だと思われる菊池クンをしっかり育てていただきたいものです。今日は球団名が示すGKを無理矢理ご紹介していきましょう。ホントはコレ一昨日用意していた記事なんですがボタン操作を間違え一瞬で消え・・心が折れました。。。大体更新が遅れる時に原因はコレです。スミマセン!Dsc05392
Dsc05379●まず来年の干支となる虎です。スカルプターはビル・ウィガー(キット¥25000-製作費¥80000-)。40cmを超える大きなキットでスケールはシベリア/ベンガル型なら1/8、スマトラ型なら1/6っといったところでしょう。しかし毛並みの雰囲気から見てスマトラ型ではなさそうな雰囲気・・・キットは最初からレジンボディに鉄芯が入っており、事後変形を防ぐと共に走ってるポーズを再現し易くなってます。
Dsc04527造型ネタはビルんちのリビングに掛かってたこのイラストだと思います。この原型はNSPクレイにより出来てました。エイリアン、スピーシーズなどのスーツ原型もNSPだったようです。4枚目の写真はビルんちのガレージ工房です。 
Dsc04530クリックして拡大していただくとわかる通り、オーブンレンジにNSPが飛び散ってます・・このように熱してドロドロにして、まるでポリパテのような感じで盛りつけたりもしています。またかき取りツールなども入荷してきますのでもう暫くお待ち下さい。
Dsc04524
また1/1虎ヘッドモデルもあります。とても大きなキットなので中空成型で、バストモデルとしてトリミングも巧みでいいデザインされています。虎のヘッドモデルって結構古くからモケイ化されており、プレシジョン、パルマー社など1950年代の何でもプラモにする時代からありましたので素材が違えど伝統的なモケイアイテムだったりします。キット¥60000-完成品¥120000-
Dracoebay03
●竜をご紹介しましょう。同じくビルのドレイコー60cmを超える大型GKで価格は¥48000-。今年最も人気があったキットです。御注文品以外に店置き用としてストックしていても気がつけば無い・・状態・・再注文中ですのでどうぞ御予約をお待ちしております。体表ディテールなどもすばらしく完成すると迫力満点です。ボディは中空成型で軽く強度も十分です。
Natureangel02
●鷲です・・たぶんこれハクトウワシイメージだと勝手にボク思ってます。オオカミの赤ちゃんを抱いてます。エンジェルだと思っていたんですが、造ったビルがペイントしたら羽根が鷲色・・・ナカナカ美しい造型です。ナチュレエンジェル¥19800-。
Img_2296
●獅子です。何度もご紹介し、何度も再入荷を繰り返しているGKです。原型はショーン・ネイグル。キット¥20000-完成品¥100000-。入荷待ちアイテムです。どうもいそがしいのか予定より随分到着が遅れています。怪物屋は基本的にお客様から予約金、手付け金を頂いておりません。到着しないリスクは怪物屋のほうで持っておりますがどうしても作家等の都合により遅れる事もありますので永らくお待たせしているお客さまの御注文品でそういったアイテムの場合ー申し訳ありませんが気長にお待ち下さい。

では明日はGK界の怪物プレデターをご紹介していきましょう。

| | コメント (0)

2009年10月28日 (水)

HEAD LONGの赤尾クンの新作取材に同行

本日はず〜っと約束していたHEADLONGの赤尾クン(http://www.geocities.jp/headlong037/)と須磨海浜水族園にいきました。久々に訪れる須磨水族園は平日のせいかとっても静かでジックリ観察できました。Dsc05680
Dsc05682もともと水族館ってお化け屋敷のような・・真っ暗で水槽を覗くと大きな魚がこちらを観ていたリ、深海魚のホルマリン漬けとかクジラの巨大な性器などオドロオドロしい感じが大好きでありました。実際、昔の水族館は「うおのぞき」っと云われておりました。バブル以降の水族館建築ラッシュはそんなイメージとは程遠い・・とってもクリーンでドキドキ感も何もありません・・しかしワクワクさせてくれたヤツがいましたよ〜ピラルクーです。そう最大5mもんもいるオーパな魚!! 須磨にいるコイツはかなりエエ感じに成長してます。イカツイ頭、ウロコの重ね具合、色合い・・欲しい!!しかしマズ飼えないでしょう。このイカツイ魚-夫婦でしっかり子育てする魚には珍しいスバラシイ性質を持ってます。見てると再びアクア熱が沸騰してきました。絶対飼えない魚だけどね・・・
Dsc05655
海水コーナーにいた「うおのぞき」の定番オオカミウオ。昔、本気で飼おうと思った魚ー。
とてもステキな顔つきに再び惚れました。
いわゆる底モノ系はオモロい生き物が多く、オニダルマオコゼ、イザリウオ各種、バットフィッシュ(バットマンのマークのカタチ)、アカグツなど手、足で海底?を歩くもの中心にボクも飼育しておりました。Dscn0070写真は脱皮直後の飼育個体だったオニダルマ。海水魚の飼育キャリアだけは40年を突破ー。ボク的にはマリンアクアリウムは景気のバロメーターになってます。

Dsc05704
最近はGKでも現存する生物アイテムも多くなってきました。赤尾クン期待してマス!! 

さてこれらの複雑なディテールをモケイ的再現するのにFUSE,ZENワックスクレイ、NSPクレイが非常に有効だと思います。アメリカでもこれらネイチャーアイテムの表現にも多く使用されています。来月には大漁に入って来ますのでよろしくどうぞ。

では次回から入荷アイテム並び完成品などこれまで通りに記事をアップしていきましょう。

| | コメント (0)

2009年10月26日 (月)

Halloween!! ハロウィン特殊メイクコンテスト2009

初めて審査員というカタチでコンテストに行って来ました。主催は関西唯一?の特殊メイクスタジオ:キッズカンパニーの仲谷氏http://www.smfxkids.com/frame.html(写真上)。もう10年を突破した情熱的なイベントです。Dsc05584ちょうど納品モノのブラックハーツ1/1メデューサを店で仕上げ会場の控え室に通されると・・・これまた生きてるメデューサが「おつかれさまです」っと!? Dsc05637誰!? 石にされそうな目を見てもわかりません・・誰が誰かわからんのもハロウィンのオモロいところですね。腕利きスタッフの西村嬢!?でした。

参加者は主に仲谷氏が講師を務める大阪デザイナー専門学校、ECCアーティスト専門学校、大阪モード学園の生徒たち。何だか普段の授業中はおとなしいのに特殊メイクすると弾けちゃってる生徒とか仮想パワーってスバラシイですね。
Dsc05638_2
この時期はよくNYのイベント、チラーシアターとか友人宅でアメリカでのハロウィンの盛り上がりは見て来てるんだけどナカナカの好作品が集まりました。審査員はボクの他5名、知る人ぞ知るSFムービーコレクター夢人塔の浅尾氏(http://www.jttk.zaq.ne.jp/mujinto-2000/)-。最近、アッカーマン ホラーSFコレクションを出版ー関西SF界の重鎮キャッスルカンパニーの石田一氏(http://castle-company.open365.jp/)-から業者向け素材問屋まで、いろいろな景品を持ち寄って2時間の楽しい発表会でした。
アメリカではこの時期、特殊メイクー仮想衣装屋さんの仮設店舗を多く見かけ、ホテル、タクシー、地下鉄どこを向いてもゾンビ・・・。このコンテストメイクのまま電車にのって帰ってほしいな~っと思いました。
さて今日は文中に出て来たブラックハーツ社のメデューサキット¥21000-を再びご紹介ー。ちょうど今、再々入荷分がアースバウンドスタジオから届きました。
Dsc04874
スケールは1/1。映画で出て来たオリジナルアーマチュアより遥かに大きくレリーフ状になってますから壁掛けが主だと思いますが、怪物屋では専用スタンドを用意しています(別売り)10mmの透明キャストアクリルで高級感タップリに展示できます。このキット、なんと完成品御依頼率8割という怪物屋ではめずらしい現象が起こってます。完成品販売価格は¥120000-(キット、スタンド、製作塗装費込み)です。AFM最新号#44でもレビュウされておりますが仕上がったモノ見ればメデューサの圧倒的な迫力で買いになります。また同社シリーズ2のミスターハイドも¥21000-販売中!!
Dsc04292このブラックハーツ、主にクラシックモンスター中心かな?っと思いきや新作は80-90年代ムービーキャラ!! 人気のアイテムがイロイロ出る模様です。ここの代表/ジョージはモデグラ等でも雑誌に登場していたジオメトリックデザインを立ち上げた人-・・ジオメトリックもクラシックモンスターからエイリアン/プレデター、クライブバーガーもんまでジャンルを問わず展開しましたもんね。新着画像は送られて来てますが、出しちゃダメっと云われているのでナイショです。再び爆裂更新していきますのでまたチェックの程ーよろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »