« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

WFまで1週間ー毎日更新!!

海外からもイロイロ届いてます。Dsc06516先月ご紹介し、それぞれ新作含めたサイモン・リー、ウィットワース、レジンリアリティ、他、ナカナカ整理出来ません・・・半分はWFに持って行きます。また御予約の多かったヴァンピレラなども入って来ておりますが、数が足らず御予約順にこちらからご案内を送っているモノもありますのでもう暫くお待ち頂かなければいけないキットもあります。届いたアイテムのキット詳細ー残っていれば後日アップしていきます。久々届いたナカナカのクラシックモンスターもあります。
Dsc06534
Dsc06535
アメージングフィギュアモデラー最新刊46号が届いております。特集はウェアーウルフ。GK、模型の中でも人気はフランケンシュタインモンスター、ドラキュラに押される感もありますが、この号見れば認識が少し変わります・・オオカミいいですよ。ちなみにパレオクラフトと組んで製作したダイアウルフがマイクヒルのドラキュラとコラボッた作品も掲載ー。ダイアウルフ3頭セット¥21000-在庫あります。
またプレヒストリックタイムズ#92も入荷。ベスト・オブ・2009と去年の総決算した内容です。
・・・恐竜モン、絶滅、生存動物などあまり売れないGK分野ではありますが、プラモデル初期(50年前)、GK初期(25年前)、食玩初期(10年前)を支えたこのジャンルを怪物屋は硬派に訴求していきたく考えてマス。そろそろ小波ぐらいは来るだろう・・サーファーのような気持ちです。WFにも持っていきますのでよろしくどうぞ。

Dsc06528
さて本日のWFゴジラ祭り情報です。LEDの基盤にハンダ付けが非常に基盤が小さく大変時間がかかってます。全部で百数十個-ナカナカ手強い・・・スタートレック、スターウォーズのメカ以上にかかっております。ちなみにLED8個でこの明るさ・・・これだけでも部屋の関節照明になります。完成すればかなり良い照明になる事でしょう(笑。リビングにでも置きたくなる・・模型に無関心な家族にもステキじゃん。っと言われるような造型物にしたく思ってマス。間に合うかどうか・・ギリギリなトコロで闘ってマス。
Dsc06536
今回WFでのGMK販売に於いて、すべてクリアー成型されたGMKが数個入ってます。これは3種類のレジンをテストしたものです。1種類はフルクリアー成型されたものですが、今回販売する35個の中に数個混ざってます。もちろん材料的には高いモノですが価格はすべて¥43000-。箱入れは終了しましたのでどれがどれかわかりません。なんか嫌~な食玩みたいではありますが、こういった差別化はキライです。しかし、より良いレジン素材と機械のマッチングを試した過程のモノです。キットとして見ればどの色でも同じだと思います。GMKよろしくお願いします。


| | コメント (0)

2010年1月27日 (水)

どこまで続く負のスパイラル・・・

まずお知らせしなければいけない事があります。昨年、好評だったZEN,FUSEのワックスクレイ・・・思わぬ好調な売れ行きの為、次回の仕入れは大量な注文をしておりました。昨年末に日本に到着し、さて通関・・・ワックスの成分にワシントン条約にかかる樹木成分の名前が・・・これはこの手のワックスクレイを造るのに必ず必要な成分です。
別に伐採している訳ではなく、むしろ大事に育てて芽から抽出する液体を成分にしています。っと説明しても無理だと・・しかも化粧品なら良い?とか訳のわからない説明・・各省庁にも連絡しましたが、まずは通関の担当者のサジ加減(同等な意味)だと・・・もうね、何か纏まったボリュウムでこういったケミカルもん入れるとこういった問題がおきます・・(昔、怪物屋オリジナルブレンドシリコン、レジンを何度か入れた時も通関処理に馴れずボクはヤメました。現在はその道のプロが動いてくれてます)
モノを港に止めて置くと倉庫代も日々加算されます。その場で処分・・大量なネンドゴミにするか送り返すかの判断が要求されてきます。原産地は南米でアメリカの厳しい審査も通ったモノが日本では通らない・・調べると通関処理自体もアジアの中でもかんなり遅く、どんどん日本の港が寂しく思えています。
残念ながら納得出来るハッキリとした返事を貰われなまま再びアメリカの地に戻るカタチになりました。
これはメーカーにも返品は出来ませんので再度、アメリカからの書類をまとめ直して送る手順になりました。従って次の入荷は春先に延びてしまいました。どうにもならない時はホントどうにもなりません・・・どうかご理解いただき、お待ち下さい。
Dsc06500
で、リクエストが多かったNSPは無事に入ってきました。各¥2500-です。
●NSP/ハード/ブラウン¥2500-●NSP/メディアム/ブラウン¥2500-●NSP/ハード/グリーン(グレー)¥2500-です。今回は特殊メイクの方々の要望もあり、メディアムも入れています。よろしくどうぞ。

さて本日もWFゴジラ情報配信いたします。
オレゴンからゴジラレリーフ、1984ゴジラが無事に届きました。1984ゴジラは久しぶりの再販です。
Dsc06518
キャスティングはオレゴンのアースバウンドが久しぶりに協力してくれました。感謝! キットは油紙?の中に綿を入れ・・とても丁寧な梱包されてマス。今回、1954,1984,1995,2001っとボク的にエポックなゴジラを揃えたかったので、映画関係の仕事にシフトしたマークにしつこくお願いして生産できました。キットは30cmサイズー原型は大山竜、価格は¥25000-ヨロシクです。

Dsc06501
もひとつオレゴンから届いたアイテムがあります。過去に欲しいっと云っていただける限り生産しますっと書いた通り、最も多い再販をしているゴジラレリーフ。キットは22パーツ。円盤は31cm、原型は大山竜、価格は¥15000-
おかげさまで3回目の型をつくりました。最近、特に思うところはアメリカと日本のシリコンの差がデカイ・・・今回、GMKも型を作り替えましたが、どうしてもアメリカと日本の抜ける数が違う・・ゴジラのようなトゲトゲモールドでも倍ちかく抜けます。そのアメリカのシリコンでも型が最も壊れやすいのがこのレリーフヘッド。今日は少し個別にご紹介したいと思います。
Dsc06502
10時にセットしたのがGMKヘッド。一発抜きです。各ヘッド自体は30cmサイズのゴジラキットだとイメージしていただければピッタリです。
で、ヘッドだけのゴジラスーツを表現なのでかなりディテールを強めて誇張しています。まぁ、オモシロイし、そうしないと何か物足りなく思います。ハードなモールドがおわかり頂けるかと思います。
Dsc06508
3時にセットした1964モスゴジ。ゴジラスーツで最も凹凸がキツイのがモスゴジだと思います。結構、ペイントされる前のスポンジを貼付けた凹凸状態も大好きで、ややその感じを残したディテール表現をしています。下顎は写真によると2本の鉄板により動いているようなのでその要素を取り入れています。
Dsc06510
4時にセットした1967怪獣島のパパゴジ。このベルツノガエルにも似た造型は12個の中に入れたかったアイテムです。
Dsc06504
2時にセットした1955逆ゴジ。検品する限り初ゴジを含めて全ゴジラとも牙、歯がキレイに抜けてマス。
梱包もプチプチで1パーツ毎に丁寧に包んでますので出来る限りシャープな状態でお届け出来ると思います。
Dsc06514
9時にセットしたミレゴジ。トゲトゲシャープな仕上がりになってます。このデザインも12個の中には欠かせませんよね。このヘッドのみ3パーツ構成にしています。
裏面には穴、単三電池で作動する時計パーツが取り付けられる治具もついてますのでゴジラクロックにもなります。
・・・利益より情熱をカタチにした歴代ゴジラレリーフをよろしくお願いします。

| | コメント (2)

2010年1月23日 (土)

あけましておめでとうございます。

新年のご挨拶が大変遅くなりました...
昨年末からず〜っと作業に詰めてました。静まり返った大晦日~元旦もず〜っと作業に明け暮れ・・
殆どこの数年ーこんな調子でございます。
Dsc06499
その間、イロイロと荷物、WF用のイベントアイテムのパーツなどが届き、ああ其処に置いといてください・・その上に積んでください・・・っと結果・・・御覧のように店に入れません。。。

シカゴ便、ニューヨーク便、オレゴン便あらゆるところから到着してきていますが、検品チェック等まだ出来ずにおりますから御注文主様方もうしばらくお待ち下さい。
ほぼココで掲載したアイテムは大概が発注済み、支払いも済ましているアイテムもあったりします。個人ディーラーが殆どですので諸事情により大幅に入荷が遅れる事もあります。どうぞ本年も永い眼でみていただければ幸いです。
Dsc06442_2
届いた順に開けていくとまずシカゴ便です・・・お待たせの感もありますが久々入荷の1/1スケールのエイリアン3 ¥78000-コレある時は1年くらい静にストックしているのですが売れる時は何故か集中する不思議なアイテム・・ギーガーも持ってるらしいステキなアイテムです。3ウォリアーって全シリーズ中、最も凝った塗装しています・・キットとしても息の長さの理由はこのアタリにもあるのでしょう。んで、メータ超えのホホジロザメ ¥78000- スケール的には1/4から1/6になりますね・・・ちょうどオーシャンズも公開され、ダイバーのフィギュアを隣に置けばええ海中ジオラマも出来そうです。
スカルプターはもうホホジロザメに恋してるビル・ウィガー。同時に昨年販売されたドラゴンハートのドレイコ ¥49000-も再入荷。同時にヴァミスラックス1,2,3もそれぞれ入荷。80年代、ILMの傑作-ドラゴンスレイヤーのモデルアニメーションのワンシーンを彷彿させる出来となってます。

Dsc06497
さて、怪物屋工房側にも大量にWF用のゴジラキットが抜き上がってきています。もはや入れません・・・今回はこの3倍以上を用意・・大丈夫かな??ドキドキです。当日版権アイテムって売れ残ると版権元提出が義務付けられています。とてもリスキーな販売でございます。おかげさまでまだ提出した事は未だにありませんが・・・是非のご来場をお待ちしております。
んで、これ程、早く用意出来たのもはじめてです。途中経過の画像をWF当日まで出来るだけこまめにアップしてまいりますのでよろしくどうぞ。
Dsc06473
Dsc06465
ゴジラ1954 ¥32000-50cm弱の大型モデルです。これは製品が上がり次第ーサイズ発表します。とりあえず50cmで製作していましたが首、腰の傾斜加減で変わっていると思います。
一度テストショット販売したヤツですが、今回はまとまった個数が用意出来そうです。
コレ、デラゴスティーニの初ゴジDVDとかも販売のきっかけですが、ボク自身、最も多く見たゴジラムービーっが初ゴジだったりします。
その中で着ぐるみに見えない映像部分・・生物感溢れる部分を集約して初ゴジとしてのサインを入れています。
比較的動ける2号スーツで中島サンの演じたシーンは極めて足首がゴッツイ細く感じておりましたので、ネンド原型の逆関節を表現出来る様な理想的なゴムスーツのタルミシワを入れてます。
Dsc06495
顔は・・これオモシロイですね。同じスーツでもシーンによっても、入る人によっても(スチール用など)変わって見えマス。このアタリも非常に奥深いですね。
ポーズは初ゴジって結構、腕を90度以上にあげてたりしますが50年代初頭の民家、低いビル、橋・・を見下ろしている感じを強める為、腕は降ろしたポーズにしています。肘から手にかけて別パーツになっているので簡単な改造でベーシックな90度曲げになります。
ボディはスラッシュ注型の為、首の角度調整など、その気になればソフビのようにポーズ変更は比較的、やりやすくなっています。っとカスタムベースにも是非おつかいください。

Dsc06482
デスゴジの透明パーツがあがってきました。非常にキレイな出来です。んで、早速、電飾パーツを製作中です。高輝度LEDを120~150個は使用します。もちろん、ボディ側にベアメタルなどのアルミ箔、を貼ってもかなり光を受けてメルトダウンを再現出来ると思います。とりあえずイベントとして発光した方が目立つので造ってます。Dsc06480各部、スペースに対してどれほどいるのか設計、思案しておりますが、リレー回路も中に混ぜて生物感を出すように考えてます。
Dsc06479
これでもか〜っとばかりに開いた口にしました。この方が舌のモールド、歯の複雑な並び-細かさが訴求できます。以前キンゴジでやったみたいにフラッシュ発光管、他で口からの放射能も出したくなりました・・・眼のパーツはもちろんクリアーで仕上げています。
このようにふんだんにクリアーパーツを多用しながらも軽くて丈夫なデスゴジが仕上がります。
・・・年末に型が壊れその段階で抜けた数だけでで生産単価にすると一個あたりン十万のキットになります。新しく型も作り替えここから価格に挑戦です。ゴジラ1995 ¥58000-よろしくどうぞ。
WF2010冬の宅番はB14-10っと通知が来てました。Bのど真ん中でした。いつもCなんですが、ナゼ?
次回、GMK、84、レリーフの模様をお届けします。歳末から続く負のスパイラル・・・トラブルの連続です。

| | コメント (7)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »