« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年2月

2010年2月16日 (火)

奇通徒、襲来 

今週からいよいよコララインが日本公開されますね。この映画、GMKをアメリカで最初にキャスティングしている時に・・オレゴンにね、とてつもなくデカイ人形アニメーションスタジオが出来てネ・・しばらくその映画を手伝うからGKの生産は出来なくなるんだ・・っとアースバウンドのマークから聞いておりました。会社の規模、設備など会社概要を見せてもらい「スゲェ」!! とても人形アニメーションの規模ではなく日本の大きな撮影スタジオより大きい・・・映画が産業の国ってなんてステキな事をするんでしょうネ。オレゴンといえば当時大人気だったナイキ・・関係なくはないですねコレは・・いずれにせよ映画というものに想像を絶する巨額を投資する国です。
お気に入りのオレゴンですがもう少しだけ・・ブルーベリー畑だらけ・・バラだらけ・・橋だらけ・・美術系IT系の学校/学生だらけ・・スーパーに年中スケートリンクがある(フィギュアスケーターが多い)・・バーにストリップがある・・アンティックマートが多い(ココで絶版プラモ収集)・・50年代のアメ車が多い・・驚くのが消費税がない・・市街地の電車、バスがタダ・・地方分権国家ってこうなんだ・・っと思わせるトコです。
さて、そのアースバウンドの新製品がコレ。
Fly3copy
そう、ビッグヘッドシリーズの復活です!! 去年は1/2スケール(60cm)のソーサーマン¥28500-(在庫あり)、30cmサイズのハウンゼンのサイクロプス¥18500-(在庫あり)を発表ー、久しぶりにキャスティングのキレイなUSGKが入ってきました。しかも元ジオメトリックオーナーのジョージと組んだブラックハーツブランドも順調で新製品情報は次々と入って来ております(公開自粛)。さてこの新製品・・ハエ男の逆襲です。一作目のハエ男の恐怖はヴィンセント・プライスも出演-,カラーフィルムなのに逆襲はモノクロのせいかナカナカ見る機会は日本ではありませんでした。ハエ男といえばブランドル・・30年後のフライ、フライ2の方が馴染みあるでしょう(逆襲、2ともボクにはフリークスのオマージュに感じております)。しかし、こっちを立体化するなんてB級ムービーをこよなく愛するアースバウンドらしい選択です。
Fly6copy
注目していただきたいトコはベーススタンドに乗った小さなハエ・・・わかりますか?
50年代版のハエ男の特徴ーといえばハエのBODYに人の顔・・個人的にはコッチの方が嫌だったというか恐怖でした。コレが付いてます!! 原型はジョー・サイモン。ほとんどライフサイズ化してきているこのシリーズですが価格はたぶん¥20000前後ー。毎度驚きプライスであります。日本のB級ファンに是非ドウゾ。

つづくー、

次回予告、奇通徒、侵入
次次回予告、匠の塗装ー早いもん勝ちプロップ!?


| | コメント (7)

2010年2月15日 (月)

ごめんなさい

WFから1週間ー漸く店が通れるようになりました。もっとも通れなくてもシャッターが開いていれば営業中です。大阪の店に帰って2-3日はホント死んだ状態・・・WFまでに届かなかったキットたちも到着したりとより狭く散らかった店内に来られたお客様・・ごめんなさい。
さらに、ドタバタでEメールでお問い合わせいただいたお客様のご返信も遅れ遅れで・・ごめんなさい。必ず返していきます。
もし、暫く待っても返信がない場合ー私のミスです。。。ごめんなさい。
ココを見て頂いているお客様から毎日少しでいいから更新してくれ!!っとのリクエスト・・ありがとうございます。。感謝の気持ちと共にごめんなさい。
で、WFに持っていきながら出し忘れ-しっかり組み立ててアピれ無かったキット達・・ごめんなさい。
今度はね、このアタリもしっかりというか最初からエエ感じになるよう考えてます。
今回は当日版権5つまで規制のせいかディーラーの分散化、やたらと広過ぎて廻れないっといった御来店のお客様からお聞きしました・・
この数年WFの広告にて怪物屋はGKカオスっといったキャッチで広告しておりました。これは怪物屋として店の性格、ボクがイベントでも目指すトコロであります。
このディーラー分散化の中、怪物屋は以前のスタイルに戻ります。。。?!
まだすべてを練り切ってないので概要はまた近く発表していきましょう。

あらゆる意味ドキドキ-リスキーなゴジラ当日版権販売でしたが、イロイロなお問い合わせを頂いているのでここでもう一度、まとめます。
●1984ゴジラはアメリカの抜き屋さんが抜いてくれればまだ生産可能です。
(しかし1984の次回生産は不可能だと思います。1989,1962は生産不可能です)
●ゴジラレリーフは次回もアメリカ/アースバウンド製で生産します。
●2001-GMKゴジラVer1.5は既に型も限界に来た感があるので今回で終了です。
(多くの方に御贔屓頂き、3度に渡る型を作り5年以上の生産/販売が出来た事に感謝いたします)
●1954ゴジラは馴れぬ中空成型の型造りがまだ熟成されていなかった点、時間の点でもシリーズ中最もお手数をおかけするキットとなりました。ごめんなさい。型も思った以上に早く壊れた為、現在リベンジ修復中-生産時期は未定です。
●1995デスゴジはバーニングクリアパーツの合いが悪いっと問い合わせが来ておりますが、2月5日のバックナンバーに書いた通りクリアパーツを温めるとグニャグニャのソフビのようになる透明レジンを使ってマス。どうか透明パーツ側を温めてください。ほぼ合っていきます。少量のパテ埋めはいると思います。ボデイ本体パーツの型にダメージ来ているので新たに3回目のリベンジ型どり・・リスキーな当日版権で次回も販売予定です。電飾パーツ製作、埋め込みー製作、塗装を後日アップしますが製作費の総合計は¥175000-となります。(電飾/塗装はもちろんもっと完成度高いデス!!)
少し前にも書きましたがアメリカでよく使われているシリコンではGMKレベルのモールドで100個以上抜けるのに対して多くの業者さんが使われているシリコンでは30~50個までしか抜けません・・・
レジンの質もアメリカではシリコンにもやさしい低温硬化型も多く使われています(もちろんすべてではありません)。
また原型段階でもシリコンを被せる段階でのプライマーの質も違います。
これは10年以上前・・始めて大山竜のクリーチャー原型をアメリカに持ち込み、日本では最もポピュラーなプラサフをスプレーしていましたが、アメリカのシリコンとの相性が悪く、表面にシリコンが喰っ付くといった大事故が起こり・・・ここからアメリカと日本(マークとボクの2人だけネ)で原型にあったプライマーも研究が始まりました。
で、今回のゴジラですがナントカ申請数をクリアした感じで、あらゆる面で同じようにはいきませんでした。
価格設定に関してもありがたいご意見、耳がイタイご意見をいただいておりますが、大型の激しい凸凹表面モールドでも通常の倍数生産出来る・・・から価格も落とせます。また購買層も広げられると信じております。
ケミカル類を含め、アメリカ/アースバウンド,成型マシンメーカーの協力を得てもう一度、見つめ直していきます。またシリコン、低温硬化レジン等、生モノのようなものですが再び取り扱い販売を考えていますのでどうぞ今後ともよろしくお願いします。

次回予告!!ー「奇通徒、襲来」新作情報デス


| | コメント (0)

2010年2月 8日 (月)

WFご来場ありがとうございました

ワンダーフェスティバル2010冬ー。非常に多くの人に来て頂き本当にありがとうございました。ひたすら感謝、感謝でございます。
一昨日までのWFまであと一日実況編ー・・途中までしかお伝えできませんでした・・1954ゴジラのアナウンス・・これで終わりでございます! みなざんさよなら,あああ~っと、しっかり最後まで実況で来ませんでした。負のスパイラルが延々に・・WF開演直前まで続いておりました。事後報告からしていきましょう。
Dsc06633
先発隊の荷を積んだトラック、YASUUプリウス号を送り出してから、冷静に積んでなかったものを割り出して会場で設置する展示台などを虎キチがホームセンターで購入。ボクはつかの間の休息後ーデスゴジを塗装・・ブラシをかけながらZZZzzz・・・かなりのスローペース・・で、限界ってとこまでで出発ー。
アクセルのヤタケくん家へー。ドライバーはみんなヘロヘロなんで通称ネーサンが運転。京都を過ぎた頃から雪がパラパラと・・先発隊からチェーンは大丈夫!!っと聞いてたケド、次第に本降りに。あたりは真っ白ー道路も真っ白・・そして事故の為-通行止めに・・結局、栗東で降ろされました。高速出口でもズルズルっとブレーキが効かないノーマルタイヤ・・。ここで完全にスイッチ入りました。たぶん雪道馴れてるのボクなんで運転代わり、ナビでオートバックス検索・・PM8:20ごろかな営業時間過ぎてるのにラッキーな事に繋がり、お願いして開けてもらいチェーン購入ーほんと感謝です。
高速出口で指示された国道迂回路を走行中・・またしても通行止め・・雪で覆われた街、わからん山道・・完全に滋賀県に閉じ込められました。
ナントカ竜王ICに着き、検問パスして雪道の名神へ・・もどかしいチェーン走行・・まだまだ関ヶ原までは油断できない・・が、チェーンを取って爆走ー。静岡突入ー延々静岡ー。関西から関東に行く時ってホント静岡って長く感じます。日本の半分は静岡みたいに・・
Dsc06643ミチコとハッチンのオープニング曲かかると・・あれノリノリでいいですね〜。
「コレ聞くとパトカーでも振り切れそうだな」っと言った瞬間ーサイドミラーの奥に赤い光が点灯ー。
「何でも認めるから早くしてっ」写真のパトカーの中にボクがいます。アッという間にキップを切っていただき、とても協力的な静岡県警さんでした。感謝!!
んで、爆走!! 制御しながらネ。
無事ホテルに着いたのが明け方・・
Dsc06647
Dsc06650
会場設置時間まで2時間ちょっと竜に手伝ってもらい・・冷たい冬の朝色の中、ナントカ完成・・・
これでは塗装とは呼べない・・色を付けただけですが、竜の造型はグシャグシャに色を付けてもサマになります。竜が「カッコエエ~」っと自分の作品に言ったのを始めて聞きました。制限時間いっぱいまでパフォーマンスを繰り広げました・・
さて会場に行くと・・・段ボールで山積みになったゴジラ・・この時、その光景にオドロキました。すべてを積むとこんなにあるんだ・・・当日版権もんでこのサイズ/量・・ドキドキです。
お手伝いしていただいてるスタッフが洋モン、雑誌関係をすでに設置してあったので助かりました。ホント感謝です。

カウントダウンが始まり・・開演・・既に意識朦朧・・コレ書いてる今もディーラー証付けたまま・・・
おかげさまで完売しました。今回は自分なりにイロイロなテーマを持ってました。その全体としての完成度は半分くらい・・マダマダ脳が働かないので明日,考えマス。
ゴジラレリーフは主に午後からの抽選販売になりましたが怪物屋WFGKのシンボルとしてリクエストあるかぎり生産します。
P1020233
これ、55の逆ゴジの接着角度がわかり難いとの事なので(スミマセン)原型写真をアップしておきました。

Spiderzero_creaturehead71
Img_3985
Dsc01493
今回、洋モンで引き合いが多かったのがサイモン・リーとエリック・ソーサのヘッドモデル、またデカイホホジロザメ・・・脱キャラGK・・創作系とネイチャーもんが比較的、引き合いを多く感じました。
これ程、マイナーキャラ含む多くのスタチュウ、トイがある中でGKは造型師の力量が発揮された作品が注目されているようです。キャラで買うーって時代からホビーとして楽しめるGKを提供していきたく思います。また、製作が楽しく、造型が楽しくなるような素材も輸入、開発していきますのでよろしくお願いします。
また、一昨年の大山竜原型のカバも多数お尋ねいただき、必ず近くにGK化します。

Dsc06651
んで、今はこの状態・・・店に入れません・・・水曜日ぐらいまではたぶん入れません。
どうかメール、お電話でお問い合わせください。

| | コメント (10)

2010年2月 6日 (土)

wfまであと1日!!(B14-10)ー毎日更新!! 実況編

撮影が終わったからっといって出来てない・・塗装の塗り方、手順のみでこの時間・・午前2時。
Dsc06629
毎度の事ながら、荷を載せたトラックは別便でワゴンでアクセルのヤタケくんと一緒に東京に向かう・・で、大体がホテルで塗装仕上げ作業となる・・進行状況は?っと聞いたら下処理が終わったと・・毎年こんな感じでWFを迎えています。

Dsc06630
さて、このゴジラの下塗りはシルバー・・簡単に透明パーツの上からシルバーを塗る事により反射を高め、より光量アップの効果が期待で来ます。その上にシアン、イエロー、マゼンダを掛け合わせた黒を塗ってゴジラらしく見えるよう濃くしていきます。

目蓋が落ちて来ました・・・

う〜む、寝てはいけないと思うと寝ます(笑・・・なるようになるでしょう。まずは積み荷整理にかかりましょう

何を入れたかサッパリわかりません・・・最近ご紹介したアイテムは積んだと思います。積み荷の途中ー雪が降ってきました・・で、先発トラック、リコールプリウスは出発しました。よってWFゴジラ関係は結構2トン車いっぱいに積めこみました。さてボクは塗装にかかり、午後から出発します。

あとちょうど24時間です。一日の可能性は大きい事を信じましょう。

| | コメント (0)

2010年2月 5日 (金)

WFまであと2日!!(B14-10)ー毎日更新!! 実況編

このタイトルからするとまだあるように思えます・・が、明日の今頃はトラックに積んで関東に向かう準備・・・ツー事はあと一日なんですね。激動の一日を実況していきたいと思います・・・

新作が何も上がらない・・洋モン新作完成品も上がらないまま・・っとうたた寝・・目覚めると虎キチのニーヤンがんばってました。初ゴジのサンプル写真レヴェルは見事に上がりました。ホント、感謝感謝です。
Dsc06588
戦後のイメージ、昔の古いゴムのイメージね・・・っと云って渡してましたがモノクロトーンのような微妙な色彩で画かれてました。ここから調整しますがマズはひと安心。

Dsc06587
洋モンの大物といえばクラッシャーズプレデター2。会場でもキット販売します。洋モン全般に言えますが入場料を払って来て頂けるのですからショウプライスを設定しています。ぜひこの機会に御購入ください。また展示即売ジャンルは今日ここで挙げていきます。

WFゴジラ通信・・・
Dsc06583
Dsc06584
ゴジラ1995デスゴジの透明レジンパーツのお話です。
この透明パーツ、食器乾燥機の中に入れて高温で温めると御覧のように軟らかくなります。胸、腹、太ももなど5mm~10mm程度の厚みもあるのですがソフビのようになります。御購入いただいたお客様はマズ、箱を開けられて仮組み中・・・合わないからっといって削ったりしないでください。もちろん熱湯の中でも同じ効果があります。またドライヤーの熱でも微妙調節は出来ます。原型はスカルピーでダイレクトに切っていったので切り口はそのままですのでほぼ合っていきます。っとフレキシブルな透明レジンを訴求しながらの製作ー塗装過程のご紹介でした。

Dsc06600
未だ製作にかかれないボク・・・。いつもの事です。洋モンの箱詰めです。イロイロとお持ちしようと考えてマス。スパイダーゼロ/サイモン、エリック・ソーサなどのアイテムから詰めてマス・・がこれがナカナカー・・最早、サイモンのサイトでも絶版になったアイテムなどが出て来たり・・・それら新製品とまとめて箱詰め中!!
今回メーカーブースを見ると・・スタートレックが版権降りるんですね・・。当日、岸川氏に詳しくお話を聞こう。んでは、昔のジオメトリック・デザインズから出ていたスタトレ中古もんを今回も引き続き持っていこう。これら箱なしキットはオーナーのジョージから特価プライスで入荷したもんです。箱がないからっといってバチもんではありません。しっかりとしたオリジナルです。
最初の頃はデビルマン、パンプキンヘッド、ハウンゼンモンスターなど、箱なし激安特価でよく売れてましたが、残ったもんはスタートレック・・・「チャ〜〜ンス」。
アピールポイントとして原型担当はトーマス・クンツ、ティム・ブラックナー、ウィリアム・パケットなど豪華な原型師の布陣となった中期~後期のアイテム中心です。ウマイですよ〜造型の参考にもぜひどうぞ。

Dsc06601
朝食・・お客様より大量にいただきました。スタッフ一同、感謝です。こういった食品、自分では買いません・・また、もの凄く高価に感じられ買えません・・とても感謝です。怪物屋の前に大塚食品本社がありながら、カロりーメイトの最初のCM・・未来の宇宙の食事・・このイメージが強く、勝手に高嶺の花のイメージがあり食べれませんでした。元々、大塚のボンカレーって昭和40年代ではとても高価で、そのブランドイメージのせいか未だに数回しか食べた事がない・・しかし、今、いただきものなんですが食べてるモノ見ると極めてSF的で30年前の未来の食事のCM通りになってる・・ちょっと一服でありました。

Dsc06628
デスゴジここまできました。パーツは比較的合いますが、光漏れ対策の為、少々パテ埋め造作しています。肩口には何故かLEDの発光色が赤が混じってしまいました・・しかもかなりの高輝度のやつ・・側に白色をセットし、ここだけアルミ箔をクリアーイエローで吹きました。デスゴジにLEDをセットする場合、赤は使わないほうがいいです。下手するとピンク系によります。理想的にはオレンジとイエローをセットするべきでしょう。作例は白色しか用意出来ず・・・ほとんど白色です。しかも点滅系の光(全体の1/3)の強さが弱い・・ナントカカントカで仕上げます。TV取材の方がカメラの都合で夜9:00ぐらいから塗ってくれとの事(笑)・・今晩・・ホントの地獄が訪れます。。

Dsc06539Dsc06540Dsc06541
毎回、材料-ツール関係も何かWFに持ち込んでおります。今回はスパチュラヤスリ。かなり高品質なダイヤモンドを溶着で固定し、プラモ、レジンなどホビーレヴェルでは一生使えるでしょう。造型を造る時のスパチュラ形状でヤスリがあれば・・結構便利です。アニメモデル含む髪の毛などのラウンドのキツく細いモールドなども丁寧に処理出来ます。紙ヤスリで折ったりするよりこの形状に馴れれば非常に確実に作業ができます。実際使ってますが非常に使いやすい。WFにてサンプルをお持ちしますのでダイヤモンド溶着のすばらしさを実感してください。
Dsc06542
さらにもうひとつダイヤモンド溶着ツール・・・軸の長ーーい回転ツール用ビット。石粉粘土原型からレジン原型、マジックスカルプなど荒出しでフォルムを造るにも、また大きな改造に向いています。かなりいい素材の軸芯を使用していますのでブレません。ホンマ、ガンガン削れます。軸が長いのでこれまで届かなかったトコロまでストレスなく入っていきます。ダイヤモンド溶着の切れ味は通常なら溶けるプラ版すら削れます(ココは使い方により言い切れません)。元々が彫金、歯科材料用が主なのでGK、ホビーモデル全体を見た時、決してこれまでの長さではない事に気づきます。これらも忘れなければ会場でサンプルを用意します。(持っていての出し忘れが多い・・・ご興味ある方はお問い合わせください)
また、通常販売しているプラスターソー、プラスターナイフも試供展示販売。超音波カッターでも届かない部分のカットなどプラスターソーの薄さ切れ味をお試しください。さらに好評なペーパーパレット50枚入り¥500-も実際に試供ー販売します。
ダイプラさんのフィックスプライマー新色クリームなどなどマテリアルツール他、大好評の怪物屋WF限定!?マジックスムース/マジックスカルプミニパック販売。
更に今年もNSPクレイを販売します。ことしは去年のブラウンばかりでなくグレーグリーンも新たに追加しました。ぜひ、その触感をお確かめください。怪物屋セレクトツールもよろしくお願いします。

幾つかの海外GKがWF以降の届くようになりました・・・またここらへんはイベント終了後にご紹介しましょう。

実況・・つづく予定・・出発まであと10時間!! さてここからデスゴジ・・ペイントかかります。

| | コメント (4)

2010年2月 4日 (木)

WFまであと3日!!(B14-10)ー毎日更新!! 実況編

スイッチが入って来ました〜。っと思いきや負・負・負のスパイラルゥ~。WF用デスゴジの電飾パーツが突如。弱〜い光に・・・コリャマズい!! しかし、今更、どうしようもない・・おまけにイベント前の状況を録りにTV取材が来るらしい・・相当マズい!! 落ち着く事が重要かな・・コレ書いたら寝ます。・・・また起きれば続きをアップします。かなり実況型でWF当日までお送りします。
Dsc06563
さて、大概イベント前日-当日に宿泊ホテルで仕上げるインスト、組み立て説明書を昨晩書き上げました。ホテルで仕上げるのと同様-,太書きー細書きのボールペン仕上げ・・・いつも簡単ですみません。
想いを込めて書いてるので眼で絵をトレースしていただければご理解いただけるかと思います。ちなみにまだサンプル仕上げは出来てません・・・まだ、デスゴジ組説が残ってます・・・

Dsc06573
そのデスゴジの背鰭/スパイクを並べてみました。透明パーツがギッシリです。最もホンモノも光っているのは上から5.6段までなんですが、不自然な感じもするので尻尾の途中まで別パーツ化にしています。実際に光っている所まではフタをつけて電飾しやすく、ホンモンみたいになってます。とりあえずパーツにもナンバーを彫ってます・・ナンバーの字はナンバー彫りが得意というYASUUさんが彫りました・・が、透明パーツなので見難いので御覧の写真を添付します。

Dsc06577
光の実験がてらクリアパーツの裏側をクリアー塗料で塗ってみました。かんなりムラだらけというか垂れてマス。んでもコレ位の方が具合がよいようです。もちろん表も塗装します。以外にもこの裏面にグシャグシャのアルミテープ、ベアメタルシートを貼付けても相当輝きエエ感じになりました。
写真に写っている塗料の瓶でそのデカさを実感していただけるかと思います。胸、腹、右太もものボディパーツです。
Dsc06575
両肩、首筋までトコトンクリアパーツにコダワリました。このあたりもメルトダウンの赤入ってます。
さすがにこのパーツ構成は写真を使うしかないですね。実際-簡単に仮組み合わせすればスグわかると思います。

Dsc06582_2
うたた寝・・取材のカメラマンに起こしていただきました。早速、まだ仮組みー電飾途中ですが撮影・・番組上、カットかな?報道-ドキュメンタリー系の世界もスパルタ的にきびしそうですね。一瞬を逃さず放映時間の何倍も撮る・・ほとんどがムダになるかもしれないのに追い続ける姿勢はナカナカ真似出来ません。デスゴジ、とりあえず全体の1/3も行ってません・・・

Dsc06581
ウ〜ム、出来そうもない・・GMKダイオラマ・・ベースにコダワリだすと・・もう出来ましぇん・・・
そういえば、GMKのキットの中に得体不明なパーツが入ってます。インストにも書かなかった下顎のスペーサーが
あります。コレハメルと口を閉じた顔になります・・会場でも御覧ください。

| | コメント (0)

2010年2月 3日 (水)

WFまであと3.5日!!(B14-10)ー毎日更新!! 番外編

っと、節分ですね。鬼はそと!! 福はうち!! すばらしい伝統行事ですね。子供の頃は鬼とオタのお面つけてましたょ、はい。
最近多く見かけませんね・・そんな商品。歳の数しか拾った豆の数を食べられない・・守ってましたょ、はい。節度を教えるスゴいルール・・そんなルールを守らなくなって大人になっていきます。
去年からお手伝いしてくれてる森くん、大人になってもドレッドヘアに鬼の面をつけプレデターの如く大暴れしてたスバラシイ日本男児。その頃の彼は京都で鬼の木彫り師見習い・・今はモデラー・・夏には造型デビュー予定!?
さてデビューって訳ではありませんが怪物屋SHOW CASEのゲーテルさんの新作途中の画像のご紹介ー。
Dsc06434
Dsc06439
コスチュウムはアニメキャラ、これをグッとリアルに表現してゆくゲーテルさん。それは現実にいるかのような存在感まで高めていきます。そう、生きてる1/6フィギュアに見えるが目標ポイント。コンクール向けとかワンオフ作品が多かったゲーテル作品がリクエストにお答えして1/6スケールで今年から販売されていきます。アニメキャラなら版権モノになってきます。製作毎に造る脳に働きかけてくるタレントにどうしても似てきますがそれはそれで仕方ない事でしょう。今回は誰に似るか? 今はまだアタリの第一段階・・今後レビュウしていきます。

ゴジラ祭りー番外編
Zilla8
Zilla4
ガリレオのUSゴジラ。が海を渡ってきます。ボク的に、この映画-エイリアンのようにエッグ-お子ちゃまゴジラ一杯でなければ一級品ムービー。今でもCG特撮の完成度は10年経っても色褪せてません。造型的にも表皮テクスチャーも大好きで、ジックリ見れば非常によ〜出来てます。これ基本的に最近話題の3Dデータ造型なんですね・・10年前なのに・・アメリカって進んでます。
もちろんガリレオは粘土で造ってマス。

では鬼は~そと。福は~うち。
負のスパイラル続きですが厄払いして福が来ますように・・・


| | コメント (0)

WFまであと4日!!(B14-10)ー毎日更新!!

最近、狭く、乱雑になった店内ですが洋もんが非常に売れ行き好調で、WF向けに入れた各スカルプターのモノが次々と消えて行ってマス・・ココ見ていていただき感謝します。
Dsc05217Dsc05221
しかしながら海外スカルプターのパフォーマンスも広く見て頂きたい気持ちもありますが、遠くから来て頂いているお客様もやはり大事なので展示予約するアイテムも中には出て来そうです。
さて、マズは到着して詳細不足の洋モンから-ウィット・ワーススタジオの幅広さをご紹介しましょう。
ここはクリーチャー系からホラー系、スーパーヒーロー、フィメールっとマサに海外GKっといったラインナップが特徴で、スカルプターもベテランから中堅まで多彩です。
AFMのテリーJウェブのプロデュースするキットも最近はココで製作されています。
写真はウィットワースの工房です。おそらく地下だと思いますが、海外の個人ディーラーの工房をイロイロ尋ねていますが、ほとんどがガレージか地下で製作しています。アメリカ大陸のやや中央から東にかけての地域は地下が多い様に思います。
Max05jpg
Nossmall
まずは、漸くご紹介できました。2年前に数個-仕入れてましたが、その日の内にすべて売り切れたアイテムです。たまたまその日はホラー系のお客様が多かったのでしょう。ノスフェラトゥ1/5スケール¥15000-原型/ランディ・ランバート。
ノスフェラトゥというかシャドウ・オブ・ザ・ヴァンパイア。スケールも1/5とういよりほぼ1/4・・デカイです。ノスフェラトゥの映画ってすべてコワイほど美しい映像が多いですよね。んでノスフェラトウのGKってコワイほど良い出来が多い。決して買って損しない洋もんGKアイテムです。古くはトーマス・クンツ、比較的新しいキットでウィリアム・パケット・・造っているスカルプターも指折りのベテランばかり。キットもスェーディシュモデルズとかユニークなキットも多い・・しかし、デフォーもんは少ないですよ。最近手に入るほとんどがキンスキーだし。ポーズは米国でのポスター、プレスシートの有名なヤツですネ。原型のランディ・ランバートってトコにも注目なんですよー、ボクが印象深いのは10年前に発表され、洋もんGKのスタンダード-ディメンショル・デザインズのミジェットモンスターズのデフォリメキット。この本気のモールドでリアルタイプを造るとスゴいだろなっと思ってましたが・・・やっぱスゴイです。

Teaser6
Right_scale0002
陽気で妖気なガールキット。とてもアメリカンな健康的な1/6フィメールキット。ややコミカルなシチュエーション、造型フォルムは立体映えするように出来ています。
テイスト的には25年前-世界のホビーショップを席巻したフェニックスのメタルフィギュアを1/6にしたような感じです。こういったキットって造っていてもエロモロっぽくないので堂々と出来ます!!
誘惑!?するような笑みを浮かべ電話をするユーティーサー¥15800-、バス上がりの体重を計る・・キュートなザ・ライト・スケール¥15800-, また入浴シーンのバス・タイム¥17800-など、すべて躯にバスタオルが巻き付いた奥ゆかしい健康的エロチズム=、何かと行き過ぎてしまいがちなGK表現に於いて新鮮に見えます。

Werewolfbust08
ウィットワースで最も知られているのが1/4モンスターバストシリーズ。塗装は個人個人、思うがままやってみたい技法を試したりイロイロ楽しめるシリーズですね。大きいのですが重量のある高品質なレジンを使用している為、何度でもトライできます。う=ん、ウィットワースって比較新しいのですがムービーもん、スーパーヒーロー、ゲームキャラ等、非常に多岐に渡るラインナップになりました。今回WF向けにショウプライスの奉仕価格の各種アイテムを揃え展示販売します。よろしくどうぞ。

本日のWFゴジラ進行状況。。。
Dsc06553
Dsc06557
やっとこさLEDのハンダ付け終了しました。ほぼ150個・・・これは過去最大です。PAST BLOGの1/72ミレニアムファルコン、スタートレックNCC1701を上回る数・・これをダイレクトに付けると直線光なので表面を中目のスポンジペーパーで擦り、光を拡散型にしていきます。拡散専用シリコンキャップも販売されていますが、脱落したり根元までカバーしてなかったり、第一、これだけの数のキャップだけで¥5000~¥10000してしまいます。ここはヤスルにつきます。点滅回路も仕上げて出来る限りゴジラの鼓動を・・・っと思ってマス・・・塗装は何時!?

| | コメント (0)

2010年2月 2日 (火)

WFまであと5日!!(B14-10)ー毎日更新!!

今日はまず入荷情報からご紹介しましょう。間に合えばWFに持って行きます。
Chloeboxsmall1
Chloeboxsmall2
シフレット・ブラザーズから連絡が入ってきました。傑作クロエがフル塗装済みのスタチュウになって登場です。私的に想い出深い造型です。元々WFオリジナルゴジラのキャスティングをお願い-お手伝いしていたアースバウンド・スタジオで生産されていた為、ソコでその型を発見・・ゴジラ以上に注文した事を憶えています。WFでははじめてディーラーダッシュがあった洋モンGKです(未だにシフレットとサイモンのキットしかない・・共に創作系ですネ)。
この創作オリジナルGKが与えた影響は・・キャラ寄りだった原型師が少しは創作寄りになった気もします。また、造りも大胆で多少のスパチュラの跡、指紋が付いていてもココまで!! っといった気持ちいいほどの割り切り-勢いがより何かしらの雰囲気を高めています。
原型師から造型師へ・・自らデザインする事の気持ちよさを伝えた造型アイテムでした。
怪物屋はキット中心ですが余りにもコレ嬉しくて注文しました。久しぶりです。ボーエン、サイドショウなど初期は直輸入していたのですがガンガン販売され貯まると余りに大きな箱の為、店に置けません・・・資本もないし・・・クロエスタチュウ予価は¥15000-限定200個もんです。御注文はお早めに右上のメールでお願いします。

Indy8
Indy2
粘土造型なのに3Dデータ造型に勝に劣らない・・神業的な分割するトニー・ザングの新作は冒険活劇ー考古学者ジョーンズ博士。1/6スケール。AFMにも掲載され、もう到着するハズ・・見てみると戦後の設定ですね・・クリスタル・スカルVer。 割とこの博士のGKって多く、傑作はホライゾン社のソフビキットでしょうか(一部レジン販売−3個のみ)?他イロイロ出ておりましたが、結構粗いものが多かったように思います。同時に品切れしていたキルビルも一緒に到着しますので御予約の方もう暫くお待ち下さい。価格はキルビル¥17000-,ジョーンズ博士¥19000-。トニーのキットはやや大きめなので1/5のサイズをイメージしてください。

Gotgr006Dsc06315
さらにトニー・ザングの新作1/6雷神です。 ん〜っ、ジン・シモンズのコスチュウムの様な・・日本人の感覚的にはご近所の東工房(WFD18-09)の雷神(¥11000-WF当日でも店内でも販売中!!)造型がピタッときます。しかしながらアメリカのファンタジーアートと東洋の鬼神をフューズした造型はGK・・模型としも造型物としても楽しめそうなので少量入荷します。サイズは1/6(デカイ!!)で¥19000-です。

それでは本日のWF当日版権モノ5点のゴジラ進行状況ー
Dsc06550
ゴジラ1954(¥32000-)のサンプル用に組んでみました。ほぼ45cmですね。こっち(右側)の画像をまだ掲載してなかったので仮組みですが掲載ー。ナントカ30個抜けました。今回は箱もデカイのでディーラースペースの何処に置こうと思案しています・・・確実に積み上げると背丈を超える山になります・・もちろん、お隣に邪魔にならないようにしなければいけません。っと調べてみると・・お客さんというか知り合いというか・・ガンバレッ!! 若い衆!! 自分もネ!!(ホンマ、ドキドキのスリルたっぷし) 今後、塗装工程を1995と共に掲載していきます。っと,あと4日じゃん。ひぃー!!


| | コメント (0)

2010年2月 1日 (月)

WFまであと6日!!(B14-10)ー毎日更新!!

WFのガイドブックが届き漸く眼を通しました。Dsc06546確実に分厚くなってます・・・ここまでボリュウムがあるとすべてに目が通せません・・・何故か興味はスケールもんの方へ向いたりします。毎回、廻りたく思うのですがまだ一度もすべてを廻った事がありません。前回、宮脇専務に聞いたのですが次回は戦艦大和2隻分の広さや!!っと聞いてた通り、より広くなってマス。う〜む、廻りたい・・。次回予告として第二回かっぱ造型コンテストの広告がついてます。海洋堂ミュージアムから連絡はあったのですが前回特別賞したサイモン・リーとの合作がデカク使われているじゃありませんか!? 光栄デス。今回WF向けにサイモンのカッパを用意しました。また、サイモンをより深く知っていただきたく、WFスペシャルアイテムを用意しました。よく、初回の数個しか付かない各種ヘッドモデルを販売します。ヨロシクドウゾ。

ヘッドモデルといえばWF用にエリック・ソーサから久しぶりに荷物が届きました。
Dsc06538
ココ最近は日本のメーカー、コトブキヤさんのマーベルキャラクターの立体化で日本でも馴染みあるスカルプターになりました。1/6でスキン表現まで入ったオリジナルヘッドは米国同様の価格-通常各種¥3500-をWF特価¥3000-で販売!! オリジナル造型亀ブシ¥24000-、ずっと待ってるアンドロイド、ヒーローは?? たぶん商業原型で忙しいのだと思います。昨年エリックはオリジナルデザインのゴジラを造ってみたいっと言ってましたがとても造型指向範囲の広い楽しみなスカルプターです。

本日のWFゴジラ情報ー
Dsc06543デスゴジテストショット製作は原型製作の大山竜が自ら造ってます。このキットは全面が殆ど8枚の透明パーツで覆われます。このサイズのデスゴジを透明でキャスティングすると非常に重く、高価なものとなり、しかも電飾、又は裏面アルミ箔を貼れず、メルトダウンのオレンジ色再現が出来ません。この辺ー多少組みづらいですが、出来るだけ拘ってシンプルに再現出来るように考えました。あと6日・・移動含めると5日・・ギリギリです・・・

Dsc06544
さらに、ギリギリなのがGMKを使ったジオラマパフォーマンス仕上げ。ゴジラ祭りなんで完成品御依頼もんですがWF渡しついでの展示予定の完成品・・・ベースは破壊神に聖獣が絡みつく。ここが見所で、灰汁の強いゴジラに対して本気で怒り狂う聖獣の表情を大山竜が造りました。
結構、ジオラマ仕立てオーダーの場合、ワンオフ造型でサブキャラを組み込んでいます。ワンオフだからキャスティングを考えなくてもいいので、竜の更に緻密なデイテール表現されていきます。
通常のゴジラキットでアクリルケース付きの注文の場合ー、ケースに入れた際、背中から長い尻尾の部分のアキが非常に気になります。ここをどう埋めるか・・どう処理するかで見栄えが変わってきます。ゴジラってホント単独アクリルケース展示には向かない造型です。しかしハードなディテール故、ケースに入れたくなるアイテムでもあります。基本的にラフスケッチで御相談しお見積もりをとっていきます。
Dsc05925Dsc05928Dsc05930Dsc06032
港近くで暴れまくるゴジラをイメージ。炎に包まれた海抜0地帯ー炎の中には聖獣が・・・アクリルケース付き、スクラッチ新造型、背景造り・・・製作費総合計¥500000-(台座、アクリルケース付き)の完成品パフォーマンスをどうぞ御覧下さい。間に合わないかも・・・

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »