« WFケンタッキー#8 ホラー、クリーチャー他 | トップページ | WFケンタッキー#10 モデルコンテスト »

2010年5月24日 (月)

WFケンタッキー#9 ダイオラマ、プラモデル、スターシップ他モロモロ

おかしいなぁ〜創作系GKとか画像が無い・・まだご紹介したいアーチスト、スカルプターの作品を撮ってたハズ・・なのに無い・・・。スタッフも撮ってると思うからまたその内にご紹介していきましょう。
●サタンズ・クレイト キットビルダースとリンドバーグがコラボッたウレシイ再販もの。リミテッド2500。何故かね、2000品番になると1000品番までに入ってた地獄イメージのカスタムレジンベースがなくなる・・・今回の仕入れだけかもしれない。仕入れ価格は同じなんだけど同じ値段には抵抗がある・・・1000品番まで¥4000-,2000品番以降ー¥3500-とします。店頭在庫の50~60年代のプラモカタログを調べるとリンドバーグ1964-1966の表3ページに50セントイーチっと書かれてる・・50セントって当時は180円ー、日本では舶来品ってその3倍だから560円が相場かな?当時の記憶ではタミヤのキングタイガーより高価。今のレートでは¥40円になってしまいますが¥4000とさせてください。よろしくどうぞ。あっ、キットビルダースって元々オーロラの本、50~70年代のプラモ本を出していたり、独自にヴィンテージプラモオークションを盛んにしてたりで、玄人向けの出版社でありました。
Dsc07296
Dsc07297
Dsc07299
●キットビルダース 昨年リリースされたフライングサブ、ミニサブ、ダイビングボールセット用のベースキット。もちろんデカイシービューに付いているフライングサブにも使える。アレって出来がいいのだけどスタンドの安定性にもかけるし、シ−ビューの前に置いてもサマにならん。でパッケージイラストイメージで造られているのでカッコ良くキマリます。クリアーブルーのレジン製¥3500-
Kbflysubbase1

●サイ・ファイ・メトロポリス。ミュ−ジアムクォリティの超巨大なロストインスペースのスタジオスケールなどをリリースしたノーマン・ソックウェルが久しぶりのディーラー出店。ここのコダワリはスゴくて60cmのジュピター2などレジンでは事後変形も考えられる為、ボディはABS製にするなど色んなトコで考えられたものとなってます。新作は月ロケットシップと火星ロケットシップ。テレビでアポロ計画観るまでは皆、こんな感じで宇宙に行くっと思ってました・・癒しの流線型です。
P1110408

●スピナー44 昨年ねメカで最も人気あった・・というかコレ出ると必ず売れるアイテム。その内、プラモになると思われるが相当売れるだろうな〜。スケールは1/48だけど1/43ミニカーのパーツが流用出来ると思います。最近のtamiya1/48のフィギュアを改造してデッカードとガフを付けるのも良い。デカール付きで今の所¥5500-
P1110474

●クロウズ・ネスト。メビウスモデルなどサイファイメカ用のフィギュアメーカーである。バランスもよく出来ており出来もいい。エッチングなどのディテールアップパーツもいいのだがフィギュア入れると活きた模型になる。ここの代表も言っていたが最近は皆、データで原型つくりって3D出力だよ。と、確かに後でご紹介するが原型工房に出力機を持っている所も多い。採算取るため動き続けている・・・エラい時代だ・・・アメリカではコピーの500倍してるし・・
フィギュアに目を移そう、チャリオット、フライングサブでシートに座っているポーズの腰の落ち着きもイイ感じで再現されてます。んでネ、体型とか似てるんですよ。この辺りネ、昔からアメリカの車、飛行機のプラモに付いているフィギュアって50年代からスゴかった。確かに70年代から機体自体は日本製はよくなったが、付属フィギュアのセンスは水を開けられたままのイメージがボクにはあります。
特にチャリオットは丸見えなので必須アイテムかと思います。
Crows_nestlost1jpg
Crows_nestlost2
Crows_nestflying3
Crows_nestspingirl1
さらに、、おねーちゃん造りたかったんでしょうか、こんなスピンドリフトのスタンド?を発売!!スケールは1/4ぐらい、しっかり活きた塗装すればオモシロイと思います。

●アドミラリティモデルワークス 
今回はキャスティング業者さんもサンプル持ち込み、自社製品を含めて持って来てました。
スケールもんが殆どではありますが写真のディスカバリーなどソソルアイテムがあります。細かいパーツの多い戦艦、客船などを手がけているだけあって今後の展開が楽しみであります。
Dsc07066
Dsc07064
Schalship1
また、通常はリベットバシバシの戦車がメインの会社もスターシップに参入ー、スケールによる棲み分けが出来てるのでこちらも期待出来ますね。でもね、怪物屋的にはスタジオスケール、30cm以上のアイテムを主流に考えています。が、個人的にスケールもんも・・・見つめてしまいます。
Scalesterdestory1
Schaltank1

●ミシガン・トイ・ソルジャー
上と同じ流れでご紹介しときましょう。WFケンタッキーはIPMSなどかなりメジャーな模型クラブもスポンサー故、ヒストリカル系ディーラーも少量ながら参加しています。フィギュアインターナショナル誌などでお馴染みのミシガントイもディーラー参加してます。世界中からの模型、模型素材を扱うすばらしいお店です。ハドソン&アレンなど情景材料は箱詰め時の緩衝材代わりになるのでここで仕入れたりしてます。今回は水の表現、グランド表現にコダワッタ展示内容で、しっかり作例を用意して丁寧に販売してました。・・・怪物屋的には隅っこに持って来ているテスター版ワイアード・オゥ、フランティックスをGETでありました。
Andreadiorama1
Andrea2mizu1
Andrea007
Andrea3mizu2
Andreafish1
Pegasoalice1
Pegasofemale1

ちいっと長過ぎ・・・以下番外編でご紹介します。

|

« WFケンタッキー#8 ホラー、クリーチャー他 | トップページ | WFケンタッキー#10 モデルコンテスト »

イベント情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WFケンタッキー#8 ホラー、クリーチャー他 | トップページ | WFケンタッキー#10 モデルコンテスト »