« 2010年7月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年11月

2010年11月27日 (土)

ガイナキットPART2

このガイナキットのご紹介は当分続く・・がいな祭りだ(実際、この名の祭りは実在する。地元でありながら一度しか見た事がない)。
さて、以前ご紹介したガリレオのクィーン。実際のサイズは下の写真をご参照いただきたい。個人的にアイコン社T2エンドスケルトン、MBPバットマン、ラプターなどの完成品、キットではマクベイの1/6ティラノサウルスなどと比べても過去にないガイナサイズ。しかし、サイズの割に安くご提供出来そうなんだけど、以前の1mレリックのように早いもん順になる。理由は昨日、書いた通りで余りにもデカ過ぎて型が保たないから。デカ過ぎて置けないって方には頭から胸あたりのバストモデルもある。いずれにせよ早いもん勝ち。なので早めにお問い合わせください。予定価格としてフルスタイル¥300000↑↓、バストモデル¥100000↓↑です
-Queen
Acro386
~接客中、追加更新~
すいません。↑これ書いて一日経っちゃいました。お客様が御来店、製作-塗装などの質問あれば出来るかぎりのお答え、レクチャーしています。ついつい長引いく事も多々あり・・果ててしまいました。スミマセン。引き続きガイナキット。サイモンリー、怪物屋WF怪獣等お知らせしていきますが、作業押しているのでもうしばらくお待ち下さい。

| | コメント (2)

2010年11月26日 (金)

WFでは怪物屋、トリムス、ホライジング、モアケミカル、クロスワークスの集合体。それぞれの目玉をご紹介していきましょう。

かってな命名したガイナキット。元々洋モンってデカサがウリな面もある。売れるサイズをよ〜く考えられたモノは日本製に多いのも事実。ただこのアイテムを表現したいのはどうしてもこのサイズなんだ・・ってゆ〜コダワリを先行させるのも初期投資が比較的少ないGKの魅力。完成した時のオーラが違う。
今日は簡単にシリコンのお話。造るモノがデカイっとレジンの発熱量も半端なく高温の為、シリコン型がやられていく。結果ー、量産出来なく高価なキットとなる。
シリコンのタイプは縮合タイプ、付加タイプがある。付加タイプは殆ど場合ー工業製品モデルなどに使われるモノ。収縮率(0.1以下)が極めて少ないから量産を目的としない工業用試作モデルに使われる。ホビーとかGKの場合、ほぼ100%の確立で縮合タイプが使われる。これは収縮率はだいたい0.3~0.6。引張率、硬さも様々なので造型ディテールを見て引張率との兼ね合いでシリコンを決めた方がベストだと思われます。
では、収縮率0.1で引張率、硬さも抜群にコントロールしやすい縮合タイプシリコン求めてアメリカの抜き屋?さん、映画小道具製作会社に聞いてひとつの答えが出てきました。
巨大な映画産業を背景に抜群に普及している縮合タイプのシリコン。コレGKにかなり使えます。
怪物屋のキンゴジ、GMK,など、あのディテールで100個以上抜けます。日持ちもいい・・少なくとも3年間、50個、30個、30個、more・・っと型は壊れませんでした。
この辺りにも造型には関係なく洋モンと和モノの質量による価格差が出て来るのかも知れません。最もこれは型造りも影響することでしょうから、実際ートリムス工場でも実験を重ねています。で、これらシリコンは一部、怪物屋で販売-モニター提供してましたがリーズナブルな価格でマジックスカルプのホライジング×トリムスブランドで販売予定。実際に見て触って頂けるようWF会場でもサンプル展示-販売予定です。
これによって「日持ち」も考慮出来ますから、個人ディーラーさんも再販がラクになると思われます。が、イロイロな事も少しづつ変わっていってより楽しめるGKが増えていけば・・・っと思います。
同時に相性のいいレジンキャストもリーズナブルプライスで販売します。新製品もありますので到着次第アップしていきます。

次に先週アナウンスした怪物屋オリジナルスパチュラヤスリ。出来ました。今日から限定50本販売開始です。それぞれ製造単価は変わっていますが一本¥3500-。専門的に見るとあり得ないご奉仕価格。これは普及させたいから・・もう一度説明訴求させてください。ホント驚きの超最上級のダイヤモンドを使用し、考えれる最高なカタチの融着によりガッツリ喰い付いてます。たぶん、金属に使っても影響はないでしょう。ホビーレヴェルでは一生モノだと思いますので、使いこなす事により巧みな仕上がりになる事でしょう。
Dsc08544
上からAスプーン/ヤリタイプ¥3500-、Bヘラ-ラウンドタイプ¥3500-、Cヘラ-ストレートタイプ¥3500-です。
Aスプーン/ヤリタイプはフィギュアの手ー指先、ヘアーなどの仕上げにも使え、これまでペーパーがかけ難かった部分がオモシロイほど仕上がって行きます。結構多用します。
Bヘラ-ラウンドタイプは表/裏どちらも使えます。フィギュア造型の服のシワ、肌の張りなどに有効です。また翻ったコート、スカートなどのドレープもこれで仕上げるのがスムーズに行なえ、更に表現が広がります。
Dsc08548_2
片側の拡大写真です。皆さんこれでイメージ出来る部分にお使いください。品質には圧倒的な自信があります。因みに電着による同じものを店に置いて体感出来ます。どうぞお申し付けください。
Cヘラ-ストレートタイプは最もベーシックに使えるものです。一般ヤスリより計量でフィギュアには扱いやすく出来てます。
怪物屋へはこれまで通り、メール、お電話でのご注文で承っております。
Dsc08547
Dsc08549
これらは石粉粘度、マジックスカルプなどの原型~レジンキット、FRPキットに開発したものですがプラスチックモデルなどにももちろん使えるものです。詳しくは3日前の「モッテル!?」をご参照ください。

モアケミカルは新製品エアブラシで吹き付けられるモールドコートライトを始め、3D立体出力サービス受付、またそこで仕上げたサンプルが置かれる・・と思う。更に新製品もある。今日決まった!? コレは実験に年内費やすらしいので後日発表ネ。

で、トリムスジャパン。今日は原型部那武氏の途中画像・・・恐らく頻繁にトリムスジャパンのブログでいろいろアップしてゆくと思います。この原型には未だ名前がついていません。アクセル/矢竹くんのアザミのペイントが本日、あがったみたい・・・で、同じ司さんのキャラクター。これで大体のトリムスの方向性を示すことになると思う。方向性!?・・・ここはまたの機会に・・・。
まだ名前もついていないなケド、もう3体まともに造っている。最初から分割を?・・って写真が実は2体目。次に全体像写真が3体目。現在4体目を監修中・・・3体目から4体目も頭のサイズ、ボディの長さも全く変わったからほとんど1からの作業・・また同時に他の原型も造っている那武さんは手が恐ろしく早い。元々、CDジャケットとか美術小道具出身なだけあって那武さんのウデは飲み込みが早い。しかも、前職のプロとしてのいい意味での粗さもなく、フィギュア造型にスグ適応している。このアタリは好きで好きで造っていた萌えキャラ、ヒーロー、クリーチャー造型からオドロキの進化を遂げている。
4体目の監修を経て更に磨かれていく作業も公開していくと思うのでトリムスブログご注目ください。
ちなみにコレ、1/4スケール。相当デカイ。通常のフィギュアの倍・・先に書いた通り、デカイガイナもんはコスト的にもリスキーなんだが、この絵を立体化するって時、仕上がった時の造型を思い浮かべたら全員1/4がいいと・・。1/4にすると造型含め塗装も組み込む要素が非常に多くなる。だから1/4-挑戦である。価格は未定だが今のラインからそうズレないと思う。
Dscf68632028150920x20114029
P1120152
P1120148
P1120150
次回は造型部のATSUSHIの作品。これまた版権もんをご紹介していきます。乞うご期待!?

怪物屋は・・まだ全て審査が来ない・・・大型怪獣もあるが来ないよ〜。でもスタートレック2009エンタープライズ1/350・・WFの広告に横イッパイに載せたケド、デカールは間に合う? いつもリスキーな当日版権・・でも性格的にこれだから出来てる部分もあるかもしれないっと思ったりもする・・・複雑だ。
P1010044
P1010045
P1010043


P1010042


| | コメント (0)

2010年11月25日 (木)

ガイナキット Part1

がいな!?って思われる方は多いと思う・・ボクの出身地の方言で「大きい」「巨大」「デケェ〜」「スゲェ〜」を表す言葉。今年ガイナ売上げをしたエヴァンゲリオンの製作会社ガイナックスもこの方言が基に造語された話はプチ有名。今日は先日のピックアップGKの続きを兼ねてガイナキットパート1をご紹介していきましょう。
Dsc08487_2
Dsc08488_2
●超超ベストセラーGK●ピックアップGK●
1/4スケールソフビキット、フランケンシュタインモンスター:原型トニーマクベイ ¥16000-
出来-価格で見るとバランスとれたキット。元々、何故かのソフトクリーム持ってましたが、キット化にあたり花に置き換えられました。これ、レジンに見えるケド、ソフビキット。全高ほぼ60cmのガイナキット。レジンに見えるケドって書いたのはコレたぶんレジン型からソフビ金型にした為、ディテールが非常に細かく再現されている。普通、多くはロウ(WAX)型。なぜ、ロウなのかは金型から原型を焼き切るのにレジンでは手間がかかるから。ソフビでもハイディテールは可能なのです。昔、怪物屋で100点近くのホライゾンの原型彩色完成品を販売しましたが、あれはこの金型に置き換える前に造るレジン原型。だからディテールが良い。焼き切る事を前提に造られているので中は中空ー。通常3個ぐらい造られるモノ。しかし、1個は完全に溶けるので残りをパッケージ撮影用完成品、プロモーション用モデルとなる。でもアレの価値は現サイドショウ副社長のトム・ギリラントによる彩色だった事もあるので価格以上に価値があると思ふ・・店に置くスペースがないのでサッと激安販売しましたが中にはスタンウィンストンスタジオのモノそのまま型取ったものも何点かあったりしますからモッテル方-、大事にしてあげくださいませ。
で、ベストセラーGKと書いてマスがこのフランケンモンスターも店に無くなるとボクが寂しいので必ず入れるアイテムであります。モッテル!? モッテナイ人は是非手にしていただきたいアイテムです。
ベースにブーツが一体化モールドになってます。よく足とベースが合わないってご質問されますが、ソフビ素材、分割の関係でベース自体が凹になってますから裏にレジンを軽く流して熱で平たくなるよう成型してください。このキット、販売当初から箱ありません。薄ーいビニールに入れられたままでございます。
キャスティング(ソフビ)★★★★★、アッセンブリー★★★★☆、ポーズ★★★★★、プロポーション★★★★★、ディテール★★★★★、ライクネス★★★★★

ジェフ・テイラー/キングコング ¥32000-
Dsc08531
Dsc08532_2
Dsc08535_2
Dsc08539_2
これも・・この量感で高さ55cm程あります。¥→$もあり安いです。皆、サイズが・・家に置けないと云われます。わかります。でも、買う人は案外、コレクションルームはイッパイで棚もビッシリだったりします・・。これもわかります(笑。両方わかるんで怪物屋としては仕入れになります。
年末、年始はガイナキットが多くご案内できそうなので今日はパート1としました。
ジェフと云えばゴリラです。怪物屋で入れた殆どがゴリラ(ハードカバーのクリーチャーもあるにはありましたネ)。大柄な人なんですが毛並みを一本一本丁寧に造ってます。このタッチは独特です。
さてキングコングっていろんな顔があります。どのシーンをイメージするかによって造型物も変わります。ボクは頭の尖ったタイプが好きなのでコレ好きです。ガイナキットを造るという事は型代も多くかかりますので「気合い」要ります(怪物屋のWF限定アイテムはかなり気合い要ります。今回ー、今日もまだ返事が・・・来ない・・・。ドキドキ)。型が大きいとまた投資額もガイナ金額なので再販もされる事は少ないと云う事にもなります。
以前、ボブバーンズにコングのアーマチュアを見せていただきました。が、あれに肉つけるとコレ位?なサイズでもあります。
キャスティング★★★☆、アッセンブリー★★★☆、ポーズ★★★★☆、プロポーション★★★★☆、ディテール★★★★、ライクネス★★★★

●トリプラ●生き物のプラモデル●PART1
もう処分しきったっと思われたプラモデル・・ところがその後、出て来たり見つけたりのプラモデルをご紹介していくコーナーです。でもね、サスガにミントコンディションはないから造る人向けですね。予告どおり動物プラモのご紹介。
レヴェル/ライフサイズ/フリスキー ザ ビーグル パピー 1959年 怪物屋販売価格¥12800-
市販組み立てキットでライフサイズっと表記されたのはこのシリーズが初めてではなかろうか・・・
これはボクと同い年のプラモデル。相当古い・・。が、よ〜く見て欲しいのがこれ通称セメントSで接着剤が付いてます。しかも、塗料ではなく毛の粉末が入ってる・・・しかも、明るい茶、濃い茶、黒、白これをセメントで喰っ付けろってオモシロアイデアキット。ミドリの粉末撒いて仕上げる城郭モデル登場以前にこのアイデアがあった。しかしながら取り敢えずのモールドは入ってるのでペイントもオッケイ。もひとつの特徴が目がクリアパーツ。しかも光彩が描かれたデカールによる再現度は活きてる目を再現しようとする心意気が伺える。小動物-,そのプラモデルにこのコダワリ・・写真は1959年度のレヴェルカタログ。レヴェルに限らず他のメーカーも売れるアイテムを探ってたかのように信じられない企画、ユニークな再現方法を導入している・・模型が余り売れなくなっている事は問屋さんからも聞いたりするケド、今、再びアイテム選択、表現手法を見直してみるのもいいのではっと思ったりします。怪物屋ではWF冬になんとか間に合わせるべく動物GKを造ってます。おたのしみに。
Dsc08507_3
Dsc08508
Dsc08509
Dsc08510

●トリムスジャパン通信●
くるぴたQって商品がある・・・まだリリースしてないから準備テスト中・・・ゴム幅は3通り。写真は最も細いタイプ。マジックテープ止めもあるけど写真のタイプは巨大な輪ゴムだと思って頂きたい。
ワックス、NSPで造り、レジンに置き換える為、簡単に造ったシリコン型。これを止めるのに通常ガムテープが使われるけど、勿体無い。でこのくるぴたQの出番となる。これ、プラモの接着にも当然使える。テンションをコントロール出来るので使い方イロイロ。手練りの天然ゴム100%。
またマテリアルページにアップしていきます。このページ、これまで怪物屋だけで販売していたもの含め、オドロキのアメリカシリコン、レジン含めた新素材からかなり幅広くなる。もちろん怪物屋−他原型師を含めトリムス工場でもモニター実験を重ねたものです。トリムス通販ではカートで買えるし、もちろん来月からカード、代引き時のカード払い、コンビニ払いも申請しているのでラクに購入できると思いますのでよろしくお願いします。次回は造型部の那武、森くんの原型過程を発表していきましょう。
Dsc08514
Dsc08517_2


| | コメント (0)

2010年11月22日 (月)

モッテル?

今月に入りこの言葉がよ〜耳に入ります。裕ちゃんってスゴイですね。この怪物屋始めた頃も数年間は野球の仕事と併用してました。んで、特にこの時期の印象が強く・・閉まってる店イメージ濃いです。スミマセン。幻とも云われてます。スミマセン。大体、この時期と春の春期キャンプはアリゾナ~沖縄、宮崎っと野球選手のポスター撮影などで大阪にはいなかったですね・・。都合10年はしてましたから「野球ごと」には敏感です。で、今日は「持ってる?」ってテーマで書いていきましょう。
●怪物屋セレクトツール●
クロスワークス-ダイヤモンドツール
融着ダイヤダイヤモンドの話
今年の初頭にもお伝えしたダイヤモンドツール。WF夏で販売後-これが非常に評判よくリピート率高いので再登場!!
東京からも購入に来られた原型師もいる位,使えばわかる「凄み」があります。
この凄みの最大の特徴はヘタレない!! 一般流通している殆どはかなり安価だと思いますがキレ味がスグ変わってしまう・・、新品なのに経たれたヤツとあまり変わらない・・などイロイロあり、ダイヤモンド系ヤスリは低く見られがちでした。
ダイヤモンドヤスリって方向性を持たないので大変便利です。だからこそ全方向、同じクオリティで着いていなければいけません。そこでかなり高価でありますが融着によるダイヤモンドツールをオススメします。実際、プロの金型関係でコレを目にします。たぶんホビーレヴェルのレジン、プラモ、石粉粘度、エポキシ樹脂、FRP等等の樹脂系では一生ものになると思います。
P1120327
融着と電着の最大の相違はダイヤ-金属-台金と非常に高い接合力を持っているため、「ダイヤの保持力は非常に高く、台金からの剥離も非常に少ない」という事です。
ダイヤモンドの質にもかなり上下があります。高品質なダイヤを使っても電着により接着されるとそのクォリティは発揮出来ません。高品質なダイヤを使い、丁寧に融着されたツールは使うにつれて、その感覚が自分のものとなりコントロールしやすくなっていきます。
以前、コレの不思議なところで、試作ビットでプラ版もけづれたっと書きましたが(普通は溶ける)、これは図解の示すムラのない接着でプラ版とダイヤが直接当っている証拠かと思います。どうしても金属が緩衝すると摩擦熱の為、プラを溶かす事でしょう。
P1120324_2
幾多の実験を重ねています。レジン、FRPなどのキットをガンガン削ってもラチあかないので鉄骨に向かってガンガン叩き攻めて漸くヘタレタ具合です。
モーターツールビットの場合、ブレの少ない、いい鉄芯を使っていても軸の錆が気になる・・・って事で軸部分だけに薄いメッキを施し解消しています。WF冬でも棒ヤスリ含め新形状、新形態をゾクゾク発表していきます。怪物屋店内にて融着/電着の違いを体感していただきたくデモしています。
価格も通常では相当ー高価になりますが専門ダイヤモンド業界ではオドロキのホビーツール価格に抑えました(社長が事務員さんに怒られた位の破格値でございます(笑)。
P1120325
特にフィギュア向けに造った怪物屋オリジナルダイヤモンドスパチュラヤスリ3種-(先端形状は6種)は限定50本は出来次第アップします。お楽しみに。
原型造り、GKのパテ埋め−成型など普段使ってるスパチュラがヤスリになったら・・・求める仕上げがラクに出来るハズです。
また、一般モデラーにとってもこれまで仕上げ難かった場所がシャープな仕上がりになることでしょう。
また、形状要望があればどんな物でもオーダーできるオーダーシステムを製作中。WF会場のクロスワークス専門担当にお申し付けください。

●超ベストセラー●ピックアップGK●
考えたら今やプラモデルでも10年販売アイテムってスケールもん、キャラもんの一部しかない、ましてPVCフィギュアなど数ヶ月、ダメなら数週間も経てば叩き売られるという・・アパレル以上の過酷なモデル業界の中、地味にジワ〜っと売れ続けてるUSGKがある・・そんな10年以上売り続けられているガレージキットに脚光をあてる企画を考えつきました。もっともGKだからって事もあるケドね。
KDMプロダクションズ/オルタネイティブ/Wパケットのドクター・タン。スケールは1/5で貼付けヘアーが入ってます。大体こーゆー造型物ってヘアも彫刻表現する方が腕の見せ所な部分もありバランスよく良いと思うのですが、これ多少乱暴に貼っても死人だからサマになります。GKの初期って髪はドールヘアーって手法が多かったですね〜。あまりリアルでないものにまでその手法が見られました。造型的には「逃げ」ですね。このタンは違います。全体バランスもとてもよくゾンビキットの定番です。イベントでもこのドクタータンとバブを毎年、毎年買うもんだからディーラーはボクみると声かけてくれるようになりました。原型はゾンビといえばのWパケット。で、今年のバージョンは頭が2個入ってます。まぁ、オマケみたいなもんです。オマケが入ってるのに今年の価格はDrタン¥13800-、BUB ¥14800-在庫少々。
キャスティング★★★☆、アッセンブリー★★★☆、ポーズ★★★★★、プロポーション★★★★★、ディテール★★★★☆、ライクネス★★★★★
Dsc08382
Dsc08383_2
Dsc08385_2
こういったキットは実はめずらしくない。通常は50個前後がガレージキットの相場数だと思うのだが何度も生産されるアイテムもある。やや新しいものをより多く仕入れるほうが新鮮で良いのだがイイモノを提供したいっと考えると、ロングセラーアイテムが要る。要るのだが、販売ディーラー側もモッテル時-モッテ無い時があるので結局メール、お電話でのお問い合わせの売り方になるのが実情です。よろしくどうぞ。

●トリムスジャパン通信●http://trimsjapan-eshop.com/
トリムスジャパンのブログも漸く動きだしました。工場社長のマーチンさんがたぶん書いていきます。ジャパン側も写真の鰐にノッテル!?ニーヤン、等諸々書いて行くと思いますのでよろしくお願いします。
P1110779_3
で、少し塗装クォリティの説明をしていきましょう。もちろん、理想ではなく現状です。
まず、Blogを観て頂ければわかるとおり、少ない人数です。だからこそ意識統一しやすい面があります。
たとえばレッドピラミッドを例にすると、マズ、ゲームデモ動画を全員に見せ、イマジネーションが同一と思われるもの・・ヘルレイザー等の編集動画、イメージピクチャーボードをまとめたものを見せたりして表現意識の一体化を計ります。スタッフすべてがモノを理解してゆく事をしています。
まずは技術向上をテーマにしていますがコレは常にいることです。表現意識の統一こそ、ひとつひとつ仕上がったモノに独特のオーラが出て来るっと考えています。
写真のタイガーズー・・・ココ近く閉まるらしい(泣・・トラ、ワニ、猛獣それぞれ、まともにふれあいの出来る、抱っこすら出来る動物園。ワニってエエですね〜。造ってる人いたら、よろしければ画像送ってください。
P1110809
原型部/森くんのモッテル鰐・・こんなサイズのミニチュア欲しくありませんか? 昔、百貨店で¥3000-で売ってました。子供には買えない価格・・・マルサンの怪獣プラモ6個分!! 何度も何度も観にいきました。そこで買って貰えのはブリテン社の塩ビのミニチュア。これも安いシロモノではない。これがキッカケで造型師になったベテラン造型師もいる。動物模型ーエエなぁ。アトランティスが元気よく動物プラモ再販したので次のトリプラは動物モンね。

*メールの返しが送れがち・・・また明日です。

| | コメント (0)

2010年11月21日 (日)

七岐大蛇

今年、はじめて伊勢神宮へ行きました。赤尾クンと男2人で・・今年一年のキーワードとして「パワースポット」ってありますよね。感じましたよ、強烈に。心の灰汁が流されますね。エエもんです。
で、伊勢神宮って日本書記、古事記にも登場するくらい、いつからあるんだ?ってお宮。今年は皇紀2670年ー、って事はギリシャ神話と日本神話って案外-同時期だったかも知れない・・頭の中はとてもファンタジーになれました。
ギリシャ神話を映画にしていったレイハリー・ハウンゼンの傑作「アルゴ探検隊の大冒険」。登場する不死のハイドラー。これ観た日本人の殆どがヤマタノオロチキターッ!って思ったに違いありません。ボクはマトモに思いました。この八岐大蛇神話って昔ー、山陰地方のCMでよく流れてましたから特に思ったかも知れません。
で、ジオメトリックデザインのハイドラです。ちゃんとスサノオじゃなかったイアソンがついてます。
イアソンから計測すると1/12ぐらいですね。原型はハウンゼンアイテム専門スカルプタージョー・ラウデッティ。以前、エクスプラスのお仕事を手伝ってる時にもわかったんですが割と人気あるアイテムですね。個人的にはコレで日本神話を造ろうと目論んだりしてます・・・。価格¥16800-
キャスティング★★★★、アッセンブリー★★★☆、ポーズ★★★★、プロポーション★★★★、ディテール★★★★、ライクネス★★★★
Dsc08445
Dsc08448_2
Dsc08449

今日はプチドラゴン特集にしましょう。
もう定番アイテムっとなったビル・ウィガーの傑作!!ヴァーミスラックス2 ¥30000-発売以来−コレが入荷しない年はない・・・キットビルダース掲載後の問い合わせでナカナカ仕入れが追いつかなかったキットでもあります。しかし、やや高価なキットでもあったケド、今年は円高なので買いやすくなってます。しかし、コレどこから観てもカッコいい。
写真以外のヴァミスラックスのヴァリェーションもすべてストックあります。お問い合わせあれば写真お送りします。(ヴァミスラックス1¥32800-ヴァミスラックス3 ¥16800-ドラゴンライダー¥19000-)
キャスティング★★★★、アッセンブリー★★★☆、ポーズ★★★★★、プロポーション★★★★★、ディテール★★★★、ライクネス★★★★☆
Dsc08439
Dsc08440
Dsc08443_2
Dsc08451

じゃ、お次ぎはサイモン・リー(毎日投下してますな・・)のドラゴンヘッド ¥18000-
コレ、ドラゴン!?ってシロモノですが、サイモンのイメージはドラゴンなんでしょう。この頭剥くと中にはバグが出て来ます。更にソレ取ると怒りの表情した人の顔が出て来ます、あ〜っコレ、ヘルメットアーマーだったんだ・・・。ナカナカ塗装するとオモシロゲな立体物になります。何か見つかってはいけない小さなモノ入れておけます!? 裏の反対側にも恐ろしげな顔ついてました。しかし、この造型って・・・サイモンってホント本能で手が動いてる感じします。
キャスティング★★★☆、 アッセンブリー★★★☆、ポーズN/A、プロポーション★★★★☆、ディテール★★★★☆、ライクネス★★★★☆
Dsc08364_2
Dsc08365
Dsc08366_2
Dsc08369

ジオメトリックデザインのドラゴン対サイクロプス 特価2セット¥18000-
コレ、普通のレジンキャストですが重いので次取らないと思います。イベントで持ち帰ったサンプルなのでこの価格。極初期の作品ですがデカイです。ハウンゼン好きには是非ドウゾ。
さらにエクスプラス/チェスピースのデッドストックが大量に出て来ましたので3個同梱します。原型は大山竜、ガウロウが担当していたアイテムです。
キャスティング★★★、アッセンブリー★★★、ポーズ★★★、プロポーション★★★、ディテール★★★、ライクネス★★★
Dsc08438_2
Dsc08433_2

ビルウィガーのドラゴンハート¥42000-
コレ、店に無くなるとスグ頼むアイテム・・・ボクが欲しいんですね・・きっと・・。ホットメルトの仮組みはデカすぎるのでしませんでした。ゴメンナサイ。展示サンプルの写真です。買って納得間違いなしのオススメアイテム。
キャスティング★★★★、アッセンブリー★★★★、ポーズ★★★★☆、プロポーション★★★★☆、ディテール★★★★、ライクネス★★★★☆
Cimg3806_2

●トリムスジャパン通信●
http://trimsjapan-eshop.com/
箱の話・・・
トリムスの大型モデルは箱も丈夫に創ってあります。
夏から何度もプロトタイプを造り、このサイズ、構造に落ち着いた。
中身を空っぽにして、人が座っても大丈夫!? かなり丈夫です。
丈夫にしないといけない理由・・・ピーナッツ系緩衝材がタイでは少ない・・ないとも云う・・。
もちろん、発泡スチロールのくり抜きもいいのだが、数量的にコスト高・・・
じゃ、手配出来る緩衝材で何度も実験し、ここに落ち着きました。
が、実際、数%はパーツが取れている・・・
原因は工程途中での接着剤の可使時間が問題のようでこれは改善できました。
今はガッツリ喰い付いてます。
もちろん壊れていたら責任もって交換します。

またトリムスサイトのBLOGの方でこの辺りの事も誰かがブログアップすると思いますが、本モノのクォリティを追求する為には進化しつづけなければいけない部分ですね。
さらに熟孝を重ね精進していきます。
Dsc08249_2
*箱に座ってるのはマイちゃん。トリムス本社をよ〜手伝ってくれてます!!
こう見えて空手の達人。後ろは造型カンプ係!?のアリサちゃん。彼女たちは女の子の目線で何やら企画してます。
乞うご期待!?

| | コメント (0)

2010年11月20日 (土)

今更・・・河童・・・河童コンテスト

今年のWF夏で第2回目の河童コンテストが開かれました。第1回のボクとサイモンの合作がフライヤー及び作品集の表紙に使われた事・・とても光栄でございます。
第一回目の時・・ボクのエントリ−ナンバー326、今も憶えてますよ・・それなりにドキドキしたから。で、入賞発表時、ぼくの前にもう一人、吉尾サンが・・しかもエントリナンバーがボクの前・・吉尾ってそう多くないハズ・・ナンバーの間違い?誰?ってオドオドしてるとステージに表れたのは吉尾ミドリサンといふ女性ー。なんか知らない人ですがウレシクなりましたよ。鈴木サン、田中サンの気持ち初めてわかりました。
なんか応援しちゃいます。彼女はイラストレーターというかアーチストで、このコンクールをきっかけに交流させていただいてます。御来店ありがとうございました。

P1020106_2
P1020138
P1020152
上の作品は、僕がイチオシの女流スカルプター、ジュリアンの作品。ジュリアンは昨年ー、ブレードランナーのプリスのGKを造った人。かなり上手い。元々が彫刻アーチスト。普段はブロンズ作品造ってますが共感を多く共有できるGKの世界に興味を示しGKを造り出した。もちろん、この河童・・今回のコンテストにエントリー、入賞した。
かなり大きなサイズでもある。今回のコンテスト、実に幅広い作風、数多いすばらしい作品が集まってました。内心、前回エントリーしていてよかったっと思いましたョ。ホントに。
ただね、審査基準が「海洋堂」が主催する四万十川かっぱコンテストから来るイメージ・・って少し違和感を持ちました・・頭の中にはWF初期の造型大賞などがどうしても抜け切らなく残っていたのではないでしょうか? 個人的な印象でも「海洋堂」だからって作品が多く目に写りました。もし、第3回があるのならソコの部分も考慮があればとも思いました。しかしコンテストの広がりを考えた場合ー、今回のような感じが益々エスカレートしてオモシロイかもしれません。よりエキサイティングなコンテストを熱望しましょう。
(四万十でもね、もうね、かっぱはいいんじゃないかと。鬼とか天狗とか龍とかにしてくれんかね。。)
ジュリアンは勿論、造型物として上位を狙っていた。後に、どうすれば良かった?っと質問が来た。
ジュリアンは生粋の金髪のインテリジェンスなイタリア系アメリカ人?。彼女が調べた結果、河童のキーワードの相撲ー、日本伝統イメージの力士。その力士を投げ飛ばす無尽蔵の力を発揮する妖怪・・エエ感じです。
僕はあえて云うなら「間合い」かな?っと。個人的に投げ飛ばされた力士の足の上の空間に振動で浮き上がった小さな行事の天狗が欲しかった。
投げられた振動からくる力士のダブついた肉のブレなど、その衝撃がわかるくらいよ〜出来てます。力士の表情も確実に血の味が頭めぐってます。彼女も肉ブレのイマジネーションで多くの時間を使ったっと云ってます。イメージでコレが造れるってスゲ〜って思いました。表現したい事は出来たとも聞きましたのでスッキリした彼女の新作−期待しましょう。

Dsc07451
Dsc07454
今日はここで●トリムス通信●http://trimsjapan-eshop.com/
トリムス造型部の那武さんの作品。クリーチャー好きのアニオタである。彼のポテンシャルは高くまたゾクゾクご紹介していきます。絶対エントリーする!! っとトリムスで造った作品がコレ。最初、那武さんが筆ペンで描いたイメージ通りに上がっている・・。なんでも400年前(戦国時代じゃないか)、日本からタイに渡ったサムライがいたらしい(ホントの事!!)・・。刀を持つサムライはメコン川にて魔術にかけられ半魚人(カッパ)になった(ここフィクションね!!)・・。そして月明かりの下、故郷に想いを抱いている図。四万十→メコンになったがシチュエーション的には川の河童である。入賞おめでとう。
さて、この話から400年後のメコン川が今、大変である。タイの上の大国のダム開発のおかげで生態系が変わってきている。大量にあった水がより澱み干涸びつつあるのだ。有名なメコンオオナマズ、シャムワニとかすべての生き物はもちろん、人々の生活まで脅かされている。更に大国はまだまだダムを造るっと・・。このダム問題をうやむやにすべく赤い軍団が昨日もデモをしている・・エエのかな〜。これで。そう、赤い軍団の為、一時外出禁止例発令・・トリムス工場ストップした事もある。政治色が強くなるのでココでオシマイにするがエエのかな〜。コレで。
この河童は色んな哀愁を抱いている。

Dsc08212_2
Dsc08215
メコン川の話つながりで、サム・グリーンウェルのGKをご紹介。1/6ヘブンリーガール¥11000-。このメコン川流域の戦士は歴史的に負けない。負けた事がない。御覧の通りビジュアルアイデンティはベトナム。かなり装飾の入ったルックスがエエ感じです。ブーツ、グローブにはアジアンテイストなもののけ顔彫刻がアシンメトリーに施され、タイツは帷子のような彫刻・・・。そういや最近通りゆく女の子のゴッツイ柄のストッキングに獣のブーツカバー・・・ナンカ、コスプレが街に氾濫したみたいで楽しいですね〜。まともなファッションとして獣の尻尾まで売ってたりで(まだ装着した娘を観た事ない)、ネコ耳も一般化するの時間の問題?? っと最近新作がないグリーンウェルですが多少ストックあります。

Dsc08377
Dsc08379_2
Dsc08380
サイモン・リーの河童2です。今回のコンテストでも入賞していたので御覧になった方も多いと思います。河童1とはまるで別物。ひとつの造型物として観るとサイモン作品の中でもかなり上位の出来映え。
LORのゴラムを彷彿させるその表情は前作より格段としたイメージがソコにあります。で、アカメらしき魚を穫っているじゃありませんか・・四万十固有の魚で買うとン十万もする・・その名の通り赤い目で海にもいきます・・(すみません。ボク結構サカナくんです)。前回の参加賞は松村しのぶ氏の造型作品3点を後送りでいただきましたが、今回は無いの??サイモンは欲しがっとりました。
価格は河童フェアー(何ソレ?)で河童1,河童2とも¥15000-です。よろしくどうぞ。

Dsc08363_4
Dsc08362_3
フライイング・ギロチン¥18000-です。結構人気でサイモンのアイテムで最もリピート注文が多かったのがコレ。もうカッチョエエです。足元に蜘蛛男のヘッドが転がってます。左手に持ってるナイフの付いた桶・・ここに入れるんでしょうか? 超クールなアイテムです。サイモンには珍しいボディ全体にトライバルTATOOが立体的に彫刻されてます。雰囲気的にはスゲー合ってます。

Dsc08372
バイト1.5ver ¥10000-既にというかまたしてもサイモンのサイト上では絶版になってます。怪物屋店内には既に絶版アイテムもストックあったりしますのでお問い合わせください。
でも、このバイトって人気高いですね〜。ナンデ?
隣にあるのはエリック・ソーサーのリーパー ¥3000-それぞれ呼び方が違うだけで同じキャラです。
サイモンはNSPクレイを使用しています(絶賛販売中906g ¥2500-)。エリックソーサはゼン、フュ−ズワックスクレイを使用しています(絶賛販売中906g¥2500-)。それぞれ同じキャラを造ってほぼ同じポーズですが個々のアプローチの違いが楽しめます。

●怪物屋セレクトツール●
ホビー及び造型に欠かせない!! アルコールトーチ ¥2000-
Dsc08390
Dsc08388_2 border="0" />
ゼン、フューズのワックスクレイの表面をツルツルにしたい時、また破損によりNSP、ワックスクレイを接着する時など抜群の効果を発揮する安価なトーチ。ニューヨークから送られてきて¥2000-。替芯は¥250-。当分持つ。燃料は薬局行ってエタノール及びアルコールを買って下さい。(高いモンではないです。数百円だと思う)。エリック・ソーサなど1/6のフィギュアヘッドなんか毛穴まで再現してるくらい細やかな表現もできますが、陶器のようなツルツルな仕上げもこれによって可能になる。もちろんベンジンなど溶剤系もアリですが、サッと炙るだけでツヤツヤピカピカが楽しめる。
よくアメリカの作例で下のような作例はそうだと思ふ。
The_auction_block12_by_rvbhal1_2
レジンリアリティのケンケリーのアートを立体化したオークションブロックの肌質感はそうだと思ふ。
荒れた表面がホント程よくなめせます。
Dsc08265_2
↑これが↓こうなる....
Dsc08263_2
ボディをパフパフするとノズル横から青い炎がフっ〜と出る。ここでコントロールが可能となる。
コレ、クレイだけでは勿体無い。あらゆるホビーに使えると思う。ペンタイプのバーナーも勿論便利だが、これは非常にコストパフォーマンスが高い。!!っと来た人ぜひどうぞ。

*WF冬では今回もたぶんひと島だと思う。オモシロイ各種マテリアルツールもふんだんに用意し、それぞれ専門家が着く・・・わからない事、希望があれば何でもゆーてくだされ。
続報で各種テスト製品なども上がって来てるのでお伝えしていきましょう。

| | コメント (1)

2010年11月18日 (木)

ウェット&ドライ!? テクスチャー表現-皮というか肉というか・・・

記事見直すと、しばらくレジンのそっけない仮組み写真が多かったから、今日は完成品の一部をご紹介させていただきます。
Dsc07578_2
Dsc07583
Dsc07604
デスインクのマッドマックス(絶版)。ボーエンの初期の作品ですね。コレ、キャスティングが2番目の表記・・・つまりキットとして販売された最初のもの。激レアです。ただ、見た感じは10年前売っていた20〜30品番との差は感じれなかったです。マッドマックスのキットで今も手に入るのはダークカーニバルの製品(¥21000-発売中)、ほぼ似たような出来です。むしろダークカーニバルの方が良く出来ている部分もあります。
しかしながらコノ、ボーエン作品も人気が高い。量感もたっぷりあり、レザーパンツのクタクタ具合もエエ感じです。ただ、顔が似ていない(目がフランケンのように奥目がち)、髪の毛のモールドはやや雑・・過去にもこのキットの御依頼で毎回、手直ししている部分は髪のモールドをフルに造り直しと目とその廻りの造り直しです。っと割と手のかかるキットなんですが御依頼を大歓迎するキットです。やっぱりバランスいいものは何年経ってもいいですね。
痩せた犬の表情まで気に入ってます。仕上げの最後にヒゲを入れると噛み付きそうなリアリティでます。レザースーツは最初、「皮の質感」~「使用感」を表現。で「埃」を表現していくと、次第にあの「乾いた空気感」が出て来ます。マッドマックスのキットで最も楽しめるのはココ。
使いこなされた皮表現として、最初は色が剥げた部分から筆で仕上げます。ベージュ~ブラウン系を筆を叩くように色をのせていきます。エアブラシで色んなタッチを駆使して染め上げていきます。これはいつものように3原色を使い、しっかり黒に見えるように染め上げていきます。色って重ねれば重ねる程、混ぜれば混ぜる程、黒くなりますから、一度にドバーってんじゃなく、ジミ~に地道に塗った方がクタクタ感が増していきます。古いキット、もういっかい引っぱり出してはいかがでしょう。

Dsc08278
Dsc08304
Dsc08305
Dsc08308_2
Dsc08283
Dsc08285_2
Dsc08287
次のウェッティな表現をご紹介します。作例はブルース・リー(ハワードスタジオ/現在たぶん絶版)です。ライフサイズの大きなキットです。これもまず下地処理でフィックスプライマー肌色を吹き付けた後、肉の表現をしていきます。大きめの筆で濃い肌色~ブラウン〜赤茶など肌の血行を意識して叩き付けます。ヒゲ等の毛根もありますから濃いグリーン、濃いブルーなどでも大胆に描き込みます。次に皮の表現?としてエアブラシで肌色数種を叩き付けるように被せていきます。これで大体のスキン表現が終わります。通常、リアルフィギュアには1/4、時には1/6もこういったやり方です。しかしながら塗膜は限りなく薄くする事が重要です。で、今日は「汗」の表現です。
バックナンバーでもご紹介したトゥームレイダーなども汗表現をした方がリアルに見えます。汗を造るのに最もお手軽なのはマイクロスケール社のマイクロ・クリスタルクリアー。これは小スケールの車のヘッドライトとか盛りつけると表面張力で丸くなりとても便利です(在庫少々)。今回は高透明エポキシ樹脂を使用しています。粘度が高くなっていくと泡をかみますから、低粘度なうちに塗り付けて盛り上げていきます。これ1/1ですから作業量は・・・エグイ時間かかります・・。
で、今回はお正月にもご紹介した(1/1フランケンモンスターね)ヒートプレスによる角膜処理、を御覧いただきたくシツコクご紹介ー。かなり上質な義眼は別として、通常のグラスアイよりキットをちゃんと成型して描き込んだ方がズレもなく、目の径、色なども微調整しやすく血管等も違和感なく表現出来ます。で、瞳自体は凹なのでヒートプレスで凸を造り接着します。これは1/1~1/3に有効です。作例は中面中心も凹ヒートプレスし、造り込みました。あまりフラッシュ撮影はしないのですがフラッシュの方がわかりやすいので掲載しています。また成型時このハワードキットにスキン表現彫刻を強めたり、弱めたりしています。汗くさーい男の模型もエエもんです。

Dsc06806_2
Dsc06790
Dsc08337_2
Dsc08321_2
GODZILLA 1998ニューヨークタイプ(酒井ゆうじ造型工房/お持ち込み品たぶん絶版)。
個人的にスキなゴジラを5つ挙げるとすると・・コレ入ります。映画もエイリアンのようなベビーが出て来るまでは・・傑作です。模型としてもオモシロイです。エメリッヒが監督、ジミー・ペイジが主題歌、3Dデータ出力による造型・・・キャプション見ればスゲ〜です。が結構ー、酷評されています。
ファイナル・ウォーズでジラって怪獣になって登場ーオマケの扱いが少し寂しく思ってます。
バストモデルで何度か当日版権申請しましたが落とされてしまうアイテムでもあります。ホビーで考えればとても楽しすぎるアイテムだと思うので、もう少しキット化が望まれるアイテムです。
でスキン表現は筆によるテクスチャーをバシバシ叩き塗ってエアブラシで仕上げる・・・上と同じです。しかし、ウロコもんはここから・・シンナーで塗膜一皮剥いたり、下地色と上塗り色を混ぜたりイロイロな事していきます。ウェットブラシ(バックナンバー参照)ネ。その後、ウォッシングで締めるので多種多用な色があっても統一感でるのが楽しいところ。


Dsc08051_2
Dsc08050_2
このガリレオのレリックも同じやり方・・コレまだ出来てないのですがご紹介。持ってるのは色んな人のブログに出てくるデミくん、彼はよく解らない「バーコード七三・ピエールもみあげ」といふヘアスタイルがお気に入りのようだ・・・。来週あたり、あと2つの1/1ハワードもんの完成品と共にちゃんとご紹介ーいたします。
●トリムスジャパン通信●
http://www.trimsjapan-eshop.com/fs/trimsj/castmodel/10-19P
イガラシくん 塗装済み完成品 価格¥12000-
Dsc_4862
Dsc_4865
月刊ジャンプ掲載の「キャプテン」。これ見て勇気づけられた少年たちは多いと思います。補欠にもなれなかった「心の弱い子」が次第に「強い意志」が芽生え、努力によって全国一を目指すようになる・・主人公らしきハンサムな顔は登場しない。全員サブキャラっぽいが話が進むにつれ、全員に愛着が沸き、応援してしまう。野球マンガの傑作です。
月刊ジャンプって少年誌で唯一、毎回プラモのノウハウページを載せてました。ボクは案外、この少年プラモケイ新聞による影響が強いかも・・です。結構専門的な事が書いてありました。
当時、リターダーなどホビーショップに売ってませんでした。が、キレイな塗装するにはリターダーが必要っと書いてあった憶えがあります・・で、日曜大工店で売ってるっと・・・買いに行きましたよリターダー。売ってたのは16Lイットウカン・・。どうするんだこの量・・。まだあります。
艶消し剤は薬局で買えるって記事があったように思います・・で、買いに行きましたよ炭酸マグネシウム一袋・・。徳用ポテトチップスみたいなサイズ・・。どうするんだこの量・・。まだあります。
ただ塗料そのものについて子供ながら大変勉強になりました。この頃から色の3原色による混色、仕上げの艶加減などかなり自分でコントロールする事が身に付いていきました。母親に無理云って買ったもらったオドロキサイズ。遠慮なく使えます。使わな減らん・・・。月刊ジャンプの想い出のひとつのたわ言でした。すみません。
イガラシくんは最初から冷静な頭脳と野球の巧さを持った子でした。全然サブキャラの顔なのに・・ボクの憧れでした。激アツ練習しすぎて試合辞退するエピソードもあったりしますが負けなかったキャプテンはイガラシくんだけです。で、強い意志を小さな体に込めた造型を目指しました。コレ、机に置くと身が締まります・・。塗装仕上げは水彩仕上げのように仕上げてあります。これ、案外ムツカシイ。
一発でキメないと気持ちよく見えません。塗料の薄め具合なども影響してきます。。。毎回、イロイロな困難を経てワーカー達は精進していきます。イガラシくん、12月初旬発売予定です。

| | コメント (2)

2010年11月16日 (火)

いっぱいお待たせしています・・すみません。

お返事、お見積もり含めて・・・もちろん、仕上げも・・・。お返事が遅い場合ーお電話いただければ幸いです。
モンスターズ優勝セールってタイトルももういいかな・・全体的に円高還元などでお安くなっております。再入荷などのアイテムも微妙に変動があり少々お安くなったりしてます。折角、お取り引きしていただいているディーラーさんのブランド価値を守る為にもお店でしっかりバランスをとる事も重要ですが、時代毎に見つめる事も重要かと・・。出来るだけ海外GKに馴染んでいただけるよう務めさせていただきます。(多少の価格のバラツキもオモシロイかも・・!)それでも相対的にみて、よく変動する国内プレミアプライスより海外プレミアプライスの方が安定しているように思います。って事は日本人は結構アツくなる気質があるかもしれませんネ。
せっせとよく仕入れてた最初の頃も$→¥80台でした。次、中津にお店を出した頃は¥140台でした。ではお店の中には同一アイテムが価格バラバラ・・仕方ないので気にしないようにしている内、¥140台時代のアイテムも店から消えてしまいました。(んっ、まだあるかも!?)この当時のモノって傑作が多かったんで助かりました。実に不安定な世の中でございます。どうなるんだろ?
アツいと云えば・・(ここでは・・ましてボクが政治/経済の話は決っして書けませんが)御来店する原型師、スタッフなど結構アツい。そこまで言って委員会的にはパキョ〜ン、バキョ〜ンの連発!! そんな意見を聞いてるとボクはノー天気に日本の未来を案外明るく思ってマス。
また店内¥500~から海外GKアイテム御用意出来てます。御来店時はお気軽にお聞きください。

Dsc08170_3
Dsc08187
スペンサー・デーヴィス/ブーティ・ベーブ・アートです。
写真はデザートローズのレジンキット。価格¥8000-
彼のレジンキットってジツはめずらしい。アイテム共通点はおデブちゃん。昨日のマネキンガールとは好対照なので今日取り上げました。ナイスなデザインです。まさにアートですな。
もひとつ共通点はすべて目をつむってます。いや、マツゲのモールドの下、少し目を開けてるようにも見えたりもします。表情はすべてHAPPY-至福なお顔をされてます。よ〜く考えると仏像のアイデンティです。また伏せ目がちでふっくらした出で立ちは博多人形!?のような・・彼は以前、豊中にいました。そこで日本文化を吸収したのかもしれません。置いてる場所を幸せな空間に変えていきます。これおデブ造型だから?
キャスティング★★★、アッセンブリー★★★、ポーズ★★★★☆、プロポーション★★★★☆、ディテール★★★★、ライクネス★★★★☆

Dsc08180
フランケン・ベイブ レジンキット版¥7000-
ハイ。お判りの通り同一ポーズのヴァリェーションです。しかし皆、見事にまとまってます。ただね、このキットのみ手がPVC?ビニールです。だから転けても折れたりはしません。気配りと云うか何でだろ?
コミックタッチなんでベタ塗りでもサマになるのがこのシリーズの特徴ー。って云ってもベタ塗りを推奨しているわけでもありません。ホビーの為のレジンキットなので色んな表現してもサマになる造型してます。それだけ毒も強い。上手い原型師はホント数多くおられます。ただ下手すると画一的になりすぎてしまったりもします。奔放な毒に触れてみてはいかがでしょう。
キャスティング★★★、アッセンブリー★★★、ポーズ★★★★☆、プロポーション★★★★☆、ディテール★★★★、ライクネス★★★★☆

Dsc08188_2
Dsc08193
Dsc08191
Dsc08196
サンタフェ・セニョリータ ソフビキット¥5000-
ちょっと新鮮な押しの強さを感じるコノ塊・・机の上、本棚、どこに置いてもなごみます。思わず手でスリスリしたくなる造型です。ソフビの質感っと相まって余計そんな感じです。
アメリカ行くとこのテの女性を多く見かけます。いや女性に関わらず・・ボクはアメリカンアーマーって呼んでます。ボクもこの10年で10kg以上、20年で20kg以上のアーマーが付きました・・(笑。
狂牛病問題が騒がれている頃・・アメリカではもっと深刻な問題がありました。欠かせない食材、牛の成長を早めるホルモン剤により、それを食する人間がデカクなっているという問題・・・それによる肥満の事の方が狂牛病より深刻な扱いだった記憶があります。つまり、マクドナルドを子供に食べさせ続けると遺伝子学的以上にデカクなる・・という事だったと思います。当時パートナーだった日系人アレンもご両親は150cmソコソコなのにアレンは相撲とりみたいだったし・・っと、アジアンテイストを吸収した(勝手な思い込み)アメリカンカルチャーなフィギュア、ブーティ・ベーブでした。
キャスティング★★★★、アッセンブリー★★★☆、ポーズ★★★★、プロポーション★★★★☆、ディテール★★★★☆、ライクネス★★★★☆
●トリムスジャパン通信●
白金龍魚 塗装済み完成品 ¥5000-
http://www.trimsjapan-eshop.com/fs/trimsj/castmodel/10-04P
Dsc06981_2
Dsc06987_3
Dsc06999_2
Dsc07000
シルバーアロワナです。アロワナって云えば・・アジアアロワナになるところが、赤尾くんは最もポピュラーなシルバーアロワナをチョイス。赤尾くんらしいというかアマゾンが好きなんですね〜。だってシルバーだと生体を買ってもキット程度・・・完成品だと生体を上回る価格になってしまいます・・・でもね、昆虫のプラモデルが実際の生体より高価なケースは50年も昔からありました。模型ってこういったモノでもあるんです。で、トリムスで再現したのはプラチナタイプ。ノーマル>アルビノ>プラチナっていった超希少なタイプです。通常、アルビノって目が赤くなるのですが、プラチナって目も黒くなってます。激レアってこーゆー事なんだって一目でわかります。
で、これを再現しておけば、上から吹き付けて好みのタイプに変えていくことが出来るって案配です。
じゃ、プチ工程です。
最初、水槽でよく使用されているPG2(植物球)の照明を意識しようと蛍光ピンクを軽く吹き付けました。でもね、ヤメです。赤尾くんはきっと自然の中のアロワナの泳ぎを求めただろうな・・・っと思ったからです。
上にシルバーを吹き、ホワイトを吹き微妙な色になったところで丁寧なディテールを活かす為のウォッシングで引き締めます。
さらのウロコの端にホワイトを入れて行きコントラストを最大限に高めていきます。
甲状腺の微細なモールドも活かす為にホワイトを入れていきます。あくまでこれは段階であって仕上げた時にはわかるかどうかのモノになります。
次にホワイトにパールパウダーを混ぜてエアブラシで色を整えていきます。
プチ工程紹介でしたが、しっかりと手数をかけてスケール感を高めて行く為に工場スタッフがんばっております。

●復活!!●トリビアなプラモ-通称トリプラ●
最初からスゴかった~モノグラム神話~
Dsc08198
Dsc08199_2
随分ね、このコーナーお休みしていました。恐らくレヴューされた事もない、日の目を見ないプラモデルに光を当てて行くシリーズです。ボクはとても獰猛なコレクターでもありました。飛行機、車、SFを含めた生き物、AFV、船・・・これら全てが対象でしたから20年前に4000個を超えるストックとなり、この怪物屋を始める前に全て売りつくしたっと思ってました。その後もチラチラ持っていなかったモノ見つけると「検証」したくなりで購入ー、・・・どうしょうもないですな・・このクセ。で、もうコレクターではありませんから「検証」が終わると手放しマス。リーズナブルな価格で行くトコに行って欲しい思いであります。そうなってからお知り合いになるコレクター?マニアさんとの交流の方が楽しかったりします。
最近、カラーキャストでのレジンキットが萌え系?では主流になりつつあります。なんかこの冬からカラートナーまでフツーに売り出すとの事。スゴイですね。そのうち真空ポッドまでクレ○スから出そうな勢いであります。
プラモデルも50年以上前はカラフルでした。ただ、そのまま組むだけでも何となくサマになるような感じです。まだホビー用ペイントが普及していない時代の影響もあったと思います。ホビー用塗料がゾクゾクと販売されだしたのがちょうど1960年代初頭からだと思います。
で、50年以上前のプラモデルって肉厚で表面がピカピカです。ココが美しい。
60年代になると溶接跡、パネル事の段差、艶調子分けなど表面処理の表現力が広がっていきました。
ココがモノグラムの神話の始まりかと思います。
このモデルキットはレーシングハイドロプレーン。記念すべきモノグラムの船モデルの一作目。
フィギュアの表現、モーターエンジンの立体感などエエ感じに彫刻デザインされて流石の仕事してます。で、どのパーツ見てもピッカピッカ。リアルとは思えないアニメフィギュアGKのようなスケールモデルの仕上げ・・・。とても新鮮な造型物に見えます。¥7000-
*PAST BLOGにトリプラバックナンバーあります。過去のご紹介アイテムはもう売り切れてマスがお暇な時にぜひ御覧下さい。

| | コメント (0)

2010年11月15日 (月)

プチWFの事・・モンスターズ優勝セール第4弾

今年のプチヒット作、スリーキングスレジンのプリンセスバスト1/4スケール¥8500-
ホンモンの森ガールですね。原型はジョーサイモン。彼はホントに仕事が早い、上手い、安い?の3拍子揃った今やアメリカンGKのトップバッターですね。アバター2,3っと続編も決り、またヒットする事でしょう。ボクも珊瑚礁に見立てたあの森?設定が大好きです。少しサンゴの事がわかる人観れば非常に楽しめます。最初は違和感あるナヴィですが、観て行くうちにコノ、ネイティリなどとてもキュートな美人に見えてくるのが映画の技量でしょう。そういえば今年このメイクをデザインしたジョドが来店しました。氏は大阪ECC専門学校の特殊メイクの臨時講師でもあります。彼の仕事をアメリカで観たのが10年前ー。スピードと表現力にオドロキました。AFM最新号#48の巻末特集アーティストプルーフスタディオにも所属しています。ボス的存在ですネ・・最近、大山竜もフィギュアの講師をしています。怪物屋に無料学校案内置いてます。ヨロシクドウゾ。
で、アバターってCGですから実体ある立体物ホビーとして非常に楽しめるアイテムだと思います。眼の工作もとよりペイントなんかヤリ方いっぱいあるし・・・最近のバストGKでプチ人気なのも頷けます。
キャスティング★★★★☆、アッセンブリー★★★★☆、ポーズ★★★★☆、プロポーションズ★★★★☆、ディテール★★★★☆、ライクネス★★★★★
Dsc07089
Dsc08120
Dsc08121_2
Dsc08125_2
同じくスリーキングスのパンズラビリンス/El-Faun-O ¥16800-
高さ38cっもあるレジンキット。アメリカンGKらしいサイズです。原型はジョーサイモン。彼の作品の中では大きい方ですね。キットの仮組はホットメルトを使ってマス。ですからキチッリ擦り合わせすれば写真のようなスキマは出ないと思います。このパンズラピリンス、タイトル的には迷宮の神って事なんでしょうか?異質な童話のダークファンタジーは心に残りマス。色んな解釈出来るアカデミー賞3部門獲得した名作です。少女が妖精に導かれた迷宮の番人パン・・この2つのキャラクターを見事に立体化しています。映画を観て重要な小物たちもベースについていたり、構成がなつかしいUSGKみたいです。
キャスティング★★★★☆、アッセンブリー★★★★☆、ポーズ★★★★、プロポーション★★★★、ディテール★★★★、ライクネス★★★★★

Dsc08128_2
Dsc08132_2
ザ・デーモン・ウェアーウルフ
悪魔のようなウルフマンですね。造型はモーゼス。AFM#48ウェアーウルフズで異彩を放つ作品です。通常、ウルフマンのオリジナル造型って頭小さく肩ががデカイってのが相場でしたがモーゼスの造型って顔デカイ。
しかしながら、もののけ感たっぷり宿っているように見えます。オモシロイ造型のまとめ方です。
キャスティング★★★☆、アッセンブリー★★★☆、ポーズ★★★☆、プロポーション★★★★、ディテール★★★★、ライクネス★★★★
Dsc08134
フランキー ¥5000-
モーゼスです。スケールは1/4のモンスターです。これほどグチャグチャなフランケンモンスターもめずらしい・・・。実際、ストーリーをリアルに考えればアリちゃアリかも。コーユーのもペイント次第では楽しめそうに思います。
キャスティング★★★★、アッセンブリーN/A、ポーズN/A、プロポーション★★★☆、ディテール★★★★、ライクネス★★★★

Dsc00930_2
Dsc00903
Dsc00905
恐らく新作!? モーゼスのゴジラ!? 以前オリジナルコングと闘ってるオリジナルゴジラを掲載しましたが、何件かのお問い合わせいただきました。彼はコンクール作品としてノリで創ってたので、キットはない状態でした。で、リクエストしてたらバストモデルが出来ました。否否・・やっぱ全身がいいんだ。っと告げて取りかかってるのがコレ。大体、コノテの怪獣はアメリカ人が造ると痩せているのが殆どでした。どうしても恐竜とのイメージ融合してしまいます。勿論その手も大好きなんですが、こんなにボリュウムあるとコミックタッチで造型としてオモシロイっと思います。モーゼスらしいデザインです。乞うご期待!!
~後でモーゼスのデーモンウルフのご紹介〜数時間後

●トリムスジャパン通信●
http://www.trimsjapan-eshop.com/fs/trimsj/c/
1/6マヌカンシリーズ 彩色済みキット¥18000- レジンキャストキット¥7000-
原型:arterico
Dsc08142
Dsc08156
マネキンに服着せました。着せたのは圧倒的な伝統と数量のBarb○eです。価格が安いのも魅力。また、シリーズでアメコミヒロイン、映画キャラ(アクトレス)、等々リリースされてるので、少しの改造でカスタマイズが楽しめます。
この娘たちはバッチリ着こなします。ドールとは違った見え方になっていると思います。髪型は前側パーツのみ、それぞれ2種入ってますのでイメージに合わせて接着してください。また市販ウィッグなども加工次第で装着可能です。ドールヘアなどを貼付けていくのもいいでしょう。
A、Bタイプとも白肌、日焼け肌、それぞれ選べます。日焼け肌は茶髪、白肌は黒茶髪をセットしてあります。
お仕事でファッションイラストなんてのも描いてた時期もあり、数十年前から個人的に欲しく思ってました。机の上なんかに欲しかったんです。で、artericoさんが共感!?していただき、今回の製品になりました。。本来、もっと量感のある造型をされてますが、市販品の服も着せれるようなスタイルをリクエストしていたので、このバランスに落ち着きました。どうしてもこれ以上の量感を持たせると着膨れ感が出たりします。
この写真・・やや大人ッポイ服なのでオネェさんになってます。コレ、こことトリムスのブログでカスタマイズ例をどんどんアップしていきますのでどうぞヨロシクです。市販のウィッグを付けたり、ドールヘア植毛、本来の顔から来るイメージにペイント・・・ジツはもっと若い・・・。他、モロモロ。
また後日ですー。

●プチWF通信●
今回の超目玉!! 大物1/350スケール エンタープライズ
もし、通ればの世界ですが前回からスタートレックアイテムが当日版権が可能になったとの事で・・・販売予定アイテムがコレ。劇場版11作目のエンタープライズ。90cm級の大型レジンキット。デカールも間に合えば用意出来るかもしれない・・・思いっきりストレートをど真ん中に投げたつもり・・・です。30cmゴジラ、GMK~デスゴジといい、リスキーな当日版権でやるべきではないっと思いますが、お祭りだから・・オモシロイ!? 落ちたら・・売れなかったら・・どうしよう・・致命的な大ケガです!?
スタンド処理含めて他アングルは随時更新していきます。
P1010042


| | コメント (2)

2010年11月14日 (日)

WFの事もあるけど・・モンスターズ優勝セール第3弾

取り敢えず空白の4ヶ月間を埋めていきます。
Dsc080951_2
Dsc08096_2
Dsc08098
GKというよりアートなシフレットブラザーズです。この兄弟の作品はゴチャゴチャしてます。しかし、構成力のすばらしさも伴って造型作品に生命力を与えています。これらはある種の様式美すら感じます。ラフな造型ではありますが小物含めた作品全体が活きてます。どれぐらいラフかと申し上げますと・・指紋モールドが付いてる・・スパチュラでサッサっと盛付け、エグったまんま・・でもこれ以上キレイになめしても余り変わらない・・むしろ生命力が奪われるかもっと思えるのが不思議です。
アンチモダニズムって言葉がピッタリな作風です。ボクは限りなき生命力をもったファンタジーヌーボーっと思ってマス。日本のファンド系のフィギュア造型とは最も対局的なスタイルですね。
このコモドキングって作品はかなり前からありましたが今年に入ってGK作品になりました。その名の通り3匹のコモドドラゴンが付いてます。見事に活きてます。素早いスパチュラの動きがわかるぐらいのタッチですが、「気」が入ってます。たるんだシワからディテールまで細やかに気配りされ表現されています。コモドドラゴンいいなぁ〜・・・
シフレットブラザーズ/コモドキング ¥19800-
キャスティング★★★★、アッセンブリー★★★★★、ポーズ★★★★★、プロポーションズ★★★★★、ディテール★★★★★、ライクネス★★★★★


Dsc08090_3
Dsc08091_3
Dsc08093
AFM#42のカバーデザインを飾ったノイナブの「悪魔との取引」。これもシフレット兄弟のオリジナルデザイン。独自な世界感です。もうね本能で創ってる感じです。
デビッド・フィッシャーの作例はいつも彼のアレンジが入ってますので、製品版はこのように悪魔と対峙しています。なんとなくね、コレ「よんでますよ、アザゼルさん。」のモッさんみたい・・スミマセン。AFMの作例が示している通り、その世界感を更に自分よりに自由に構築していくのも楽しいホビーだと思います。
ディテールなど、よく出来たキャラGKは次々にスタチュウからトイに変わっていきました。新しいGKの世界をお楽しみください
シフレットブラザーズ/悪魔との取引  価格¥21000-
キャスティング★★★★、アッセンブリー★★★★、ポーズ★★★★★、プロポーション★★★★☆。ディテール★★★★☆、ライクネス★★★★★

Dsc08100_2
Dsc08101
Dsc08102_2
本能で造型するって云えばサイモン・リー。ホント凄いですねこの人は。デザインセンス光ってます。大きなバストモデル、通常のサイズなども7時間で仕上がる・・スゴイです。常に表現したいものが頭に渦巻いて、それが冷めないウチにイッキに仕上げているのでしょう。タッチを見ても勢いあります。その分、作品が活きてます。シフレットが水墨画ならサイモンは書道のようにボクには写ってます。また近く大型キットの入荷もあり随時ここでレビュウしていきます。
今日は初回特典などで好評を得ていたヘッドコレクション、左からNo5,No7,No8,No6,No1ですね。
ヘッドコレクション 各¥2000-
キャスティング★★★☆、アッセンブリーN/A、ポーズN/A、プロポーションズ★★★★★、ディテール★★★★★、ライクネス★★★★★

Dsc08109_2
Dsc08110_2
Dsc08112_2
Dsc08116
オリジナル造型デザインの草分け的存在のマークニューマン。もう10年以上前のキットです。自らのブランド、ニューマノイドモデルズから販売されたネイル・アンダーサル、彼の作品では古いAFM#5のカバーを飾ったムーンシンガーが個人的に衝撃的でした。このキットはAFM#7に作例掲載され、もう売りつくされたと思いきや、ご本人宅に在庫が少量残ってました。色褪せない名作をぜひどうぞ。最近作はヴァンピレラ。ボーエンデザインなどアメコミヒーロー造型を支える神のようなスカルプターです。
ニューマノイドモデルズ/ネイル アンダーサル 価格¥13800-
キャスティング★★★★☆、アッセンブリー★★★★☆、ポーズ★★★★★、プロポーションズ★★★★★、ディテール★★★★★、ライクネス★★★★★

●トリムスジャパン通信●
http://www.trimsjapan-eshop.com/fs/trimsj/c/
風神雷神 彩色済み完成品 各¥24000-原型:東工房/東誉之
Dsc_5182_4
Dsc_5180_2
Dsc08117_4
日本のオリジナルデザインもご紹介ー。皆さんお馴染み!?のゲームキャラデザインから立体造型までこなす東クンです。3DCGアーチストのプロフェッショナル。彼のオリジナルデザインMONSTERを見てAFMのテリー(編集長ネ)がマミーは?ウルフマンは?シリーズ化しないのか?っと尋ねてきたくらい作品の完成度が高い。今年、「風神雷神意匠考案過程」って本を販売ー。この風神雷神のデザインが固まるまでのラフスケッチ集です。ボクはここに鉛筆で描かれたスケッチが大好きです。キャラデザインを志す方は一冊いかがでしょう。雷神が乗る雲を雷獣にしたりとかなりオモシロイです。
風神が乗るテングウオに甲冑魚を融合させたり、かなりユニーク。この他にウチワエビ案があったことをこの本を観て知りましたョ。エエですね〜。このアタリの趣味・・スキです。ボク両方飼ってたし・・。
っと、造型自体も端々に色んなアイデアが詰ってます。是非、立体物を手にしてみてください。

| | コメント (0)

2010年11月13日 (土)

NY/ロブんとこのキット・・・モンスターズ優勝セール第2弾!!

年末、年始、WFに向かいこのままのペースで更新していきます。しかしながら毎晩?毎朝!これアップするの朝5時からなんですね〜。溜めた仕事が大杉・・・少しづつやっつけてからコレ打ち込んでます。
で、昨日に続きまだレビューしてなかった事含めてご紹介していきます。
Dsc06755
Dsc06766
Dsc06765_2
今日はダークカーニバル。何度も登場したケド、優勝セールもあるのでヴァンピレラ。写真は以前にも紹介した怪物屋仕上げ画像(別アングル違いネ)。コレがね、この塗装仕上げしてる時まではコールドキャスト/ポリレジンだったのに今はグレー、ピンク、ブラウンのいずれかのカラーキャストレジンに変わりました。で、再登場ー!!
御覧の通りの量感たっぷりの造型です。過去のヴァンピレラ作品でスレンダーバディのバンピも数多くありますが、傑作となってるヴァンピキットは「量感タップリ」です。この赤いコスチュームにはやっぱこれぐらい肉肉しくないといけません。スキン表現もナマナマしく出来て結構オモシロい。
Dsc08063
で、素材が変わった事もあり、レビュウ評価として五つ星で表していきましょう。AFM#9号まではテリーJ.ウェブとデビット・フィッシャーによるコンシューマーガイドのような細かい視点で10段階評価していましたネ。その後五つ星評価に変わり・・今は無くなってしまいました。モノを仕入れさせていただいてボクがコレするの抵抗ありますが、気になったから、興味があるから熱意をもって仕入れる訳でもありまして勿論、個人的趣味も入ってます。しかし、ボクの目利きの技量も逆に測られる訳ですな・・自ら首を締めるコワイ企画・・しかし、オモシロイかと・・怒られ次第ヤメです。
ヴェンピレラ 価格¥21000-
キャスティング★★★、アッセンブリー★★★★、ポーズ★★★★☆、プロポーションズ★★★★☆、ディテール★★★★☆、ライクネス★★★★★

Dsc08058
Dsc08062
映画にもなったベティ・ペイジ。ピンナップガール、ボンテージガールっとイロイロ云われてる・・この人のお陰でピンナップもよりセクシーにクォリティーも上がった事は云うまでもない。偉大な究極の癒しクィーン。しかも、この人のものを置くだけでソコの空間はフィフティーズ気分。10年以上前、スクリーミン社からレジンキットが多くリリースされていました。造型は?ってシロモノでしたがベティ・ペイジを造って販売したいんだーみたいな熱意感じるジオラマ仕立ての味わい深いものでした。この10年ー、やや寂しくなっていました。今回のコスチュームはスクリーミン社のジャングルフィーバーと同じセクシーなヒョウ柄ワンピース。仕上げるとレトロでHOTな空間が生まれます。スケールはヴァンピと同じ1/5。
ベティ・ペイジ 価格¥21000-
キャスティング★★★、アッセンブリー★★★、ポーズ★★★★、プロポーションズ★★★★、ディテール★★★★、ライクネス★★★★

Dsc08067
Dsc08069_2
Stevemcqueenpaint2
Stevemcqueenpaint4
荒野の七人ですな。スティーブ・マックィーンな訳ですな。初めて映画館でマックィーンを観たのは「パピヨン」ですが、中学の担任がマックィーン並び西部劇が大好きでクラス全員を引き連れて授業として多くの西部劇を見せてくれました。で、云わずと知れた荒野の七人です。ちなみにWF時、東京まで車を運転して聞く音楽は「荒野の果てに」・・・必殺で使われたマカロニウェスタン調の曲で長い道のりを駆け抜けます。(全く関係ナイ・・)写真はメーカー参考完成品。
荒野の七人/スティーブ・マックィーン  価格¥18000-
キャスティング★★★★、アッセンブリー★★★☆、ポーズ★★★★、プロポーション★★★☆、ディテール★★★★、ライクネス★★★★

Dsc08071
Dsc08075
Dsc08076_2
フランクミラーのバットマンです。これはイイ。最近のバットマンのキットで最もオススメアイテムです。力強く図太い造型にタイツ、ブーツ、グローブなどに細やかなシワ表現が施されて、コミックタッチを超越した活きた造型になってます。何度か店に置いても割とスグ出て行くアイテム。お早めに。
フランク・ミラーのバットマン 価格¥21000-
キャスティング★★★★、アッセンブリー★★★☆、ポーズ★★★★☆、プロポーション★★★★★、ディテール★★★★★、ライクネス★★★★★

●トリムスジャパン通信●
http://www.trimsjapan-eshop.com/fs/trimsj/c/
トリムス製品は怪獣、クリーチャー、生体、カルチャーキャラクター、フィメール, 果ては萌え系!?まで原型製作含め企画進行しております。
今日のご紹介は
Dsc_5731
鞍型象亀 ガラパゴスゾウガメ/エスパニョラ島タイプ プリペイントレジンキャスト完成品¥18500- 原型:ヘッドロング/赤尾くん、ペイントマスター/藤井(虎キチ)トリムスジャパンです。
これが今日アタリ、工場で出来上がってる事だと思います。販売は12月1日予定で只今、御予約受付中です。
Dsc_5744_2
これ塗装するのにあたって赤尾クンから「ダーウィンが来た」借りて改めて観てみるとエエですね〜ゾウガメ。ゾウガメって初めて知ったのは45年以上前の皇室アルバム。皇居の中の映像で観た記憶があります。で、身近なところで昔、友人がベビーサイズを何度も買い、途中−死亡を繰り返し、やっと飼育成功すると、その亀の為にマンションを売り随分離れた郊外に中古の一軒家を買って移り住んだ・・・大人をそこまでさせるゾウガメの魅力をスケールモデルで味わってみてはいかがでしょう。
P1120083
昔は象もクマもトラもウミガメも百貨店で売ってました。ペットショップの海外からの販売リストでGARAPAGOS GIANT TORTOISEっと観た記憶があります。価格は恐ろしく高価だったと思いますが、その当時でも違法だったっと思います。手の届かないー、また飼う事が不可能な生き物達、これらをスーパーリアルな表現で模型にしていきたく思います。
Dsc_5728_2
写真を御覧いただいても赤尾クンの造型は活きてます。これを更に活かす塗装表現を施します。ただのウェザリングではない非常に手の込んだ仕上げになると思います。版権モノではないので価格を極限にまで抑えています。非常にコストパフォーマンス高いものとなる事でしょう。
ベースもすばらしい出来で石の間に小枝が挟まっていたり、鞍型の食性を考慮しています。
コレクションルーム以外に置いても非常にアカデミックな雰囲気漂う鞍型象亀をぜひどうぞ。

| | コメント (0)

2010年11月12日 (金)

今更ながら・・9月の新製品のご案内・・・モンスターズ優勝セール第一弾!!

4ヶ月もの間、更新しなかったんですがその間に同じメーカーから注文を繰り返したアイテムがあります。
そのひとつをご紹介していきます。
Image006
Image007_2
元ジオメトリックデザインのオーナー、ジョージが昨年から立ち上げたブランド、ブラックハーツエンタープライズ。確実にアイテムを増やしていってます。新製品はサイクロプス・・・ヤッタネ!! 実は5月から聞いてました。スカルプターは2000年以降、最も多くのアメリカンGKの原型を造ってる!?ジョー・サイモン。新旧ジオメトリックデザインから他メーカーまで実に多くの仕事をしています。今日は写真付きでご紹介していきましょう。
Image005
Image008
ボクはコレ大好きで怪物屋の店看板にも描きいれました。もう洋キャラの超代表キャラですね。ギリシャ神話のひとつ目巨人をこれほど見事なバランスで再現したレイ・ハリー・ハウンゼンは天才ですね・・今更ながら・・。逆関節で2本足のスタイルももちろん魅力的なのですがヤッパ顔!! メデューサから始まったウォールプラークのこのシリーズ。エエデザインはサマになります。フィギュアの飾り棚もイッパイイッパイになった御仁もこれなら大丈夫です。
で、このシリーズずっと¥21000で販売しておりましたが、昨日お伝えした通り怪物屋野球チーム「モンスターズ優勝記念として、¥18900-で販売中!!
他、メデューサ、ミスターハイド、T-800(電飾付き)などなどストックあります。

100725_113101
100725_113001
100725_113002_2
ブラックハーツのウォールプラークはクラシックモンスター中心かな? っと思いきやT-800, エルダーなどの発売でより魅力を増したシリーズになりましたネ。これはジオメトリック時代の経験値というか好きなもんを造って行く姿勢とビジネス的な考えもある事だと思います。もうエイリアン、プレデターって販売数が桁違いだったみたいです。今回の優勝記念セールによりエルダーも¥22500から¥20000で販売!!
写真はワンフェスで展示していたモノ。・・これしか画像ありません。製作はこれが初めてのGKペイントっとなった弱冠18歳の通称[4代目]。コレ真っ先に購入し、怪物屋無料講習で仕上げました。ヒゲ?などはアクリルを延ばし、熱処理して柔らかい表現にしてあります。この写真で見て頂きたいのはスタンド。ウォールプラーク用に怪物屋オリジナルスタンドです。ブラックハーツ製品にはネームプレートもついてますのでバッチリキマリます。高品質なブラックアクリル10mmを使い作品を引き締め立てる事が出来ます。受注生産品¥10000。よろしくどうぞ。


Image002
Image0013_2
Image004_2
Image003_2
さてブラックハーツ販売でこの秋・・今更ながら・・、ジャック・ピアース/トリビュートが販売されました。ヒート・オブ・クレイ・スカルプチャースタジオの作品-で・・・確か5年以上前にお伝えしていたモノです。以前はJANUSで扱っていた記憶があります。ちょうどジャヌスがトーマス・クンツの傑作「ピアース&カーロフ」を販売した頃にコレも展示していました。コレ1個で天才メイクアップアーチスト/ジャック・ピアースのデザインの軌跡がわかります。改めて観るとホント凄いですねー。どれもこれもがカッコ良い!! カッコ良過ぎて同名映画(リメイク)は何度も創られても彼の歩んだ後は「超えられない壁」が何十年も続きました。今も続いてますネ・・・。この造型の魅力は「コレが表現したかったんだー」っというアツい気持ちが伝わります。もうGKの原点とも云うべきトコロです。で、コレね・・・キャスティングがキレイ・・たぶんアースバウンドのマークがイレギュラー的に仕事したと思われます。
ブラックハーツは昨年までアースバウンドキャスティングでしたが、今年からはシカゴのクリントの工房が受持ってます。コレ、怪物屋のオリジナルGKっと同じルートです。ただ、レジンの質感がマークのブレンド、抜き処理加減(ナンのコッチャ!)がアースバンドそのものです。絶対オススメアイテムでございます。
ジャックピアーストリビュート¥19800-

●トリムスジャパン通信●
http://www.trimsjapan-eshop.com/fs/trimsj/c/
連日、連夜(早朝だネ)お伝えするトリムスジャパン情報ー。
アースバウンドのキャスティングを書いたので今日はキンゴジ¥22500-です。
コレ怪物屋がWF当日限定で販売していたものです。今回、トリムスジャパンから販売する事になりました。サイトではどれもこれも完成品なのにナゼ!?っと思われるでしょうが、プリペイントの完成品と無塗装のガレージキットとの差を明確に打ち出したからです。トリムスジャパンではこの2つが柱になってます。シリコンの型造りはアースバウンドです。これサスガに壊れていましたのでソレを忠実に同じ様にトレース製作することでイッキに工場レベルがあがりました。疑問に思う部分はマークに連絡をとり、矯正していきました。感謝、感謝です。
Dsc_5042
Dsc_5040
Dsc_4905
ンっ、価格が以前より¥4500も安くなっている!? そうなんです。以前はアメリカからの空輸発送だったので、どうしてもハイコストになっていました。そしてレジンはアメリカでも高価な方のレジンキャストにオレンジの色を多少混ぜ、さらに透明パーツも入れた為、そこでどうしてもコスト高になっていましたが、今回は日本のレジンを工場に送り、定期的な船便契約によりグンっとお安く提供できるようになりました。逆に差別化も出来ているのでどうか御理解ください。
Dsc08052_2
箱はエルメスのようなキレイなオレンジ箱に入ってます。トリムス製品はサイトにあるようなオレンジでベタ印刷されています。一部サイズ、箱の強度を持たせる為、ベタ色にはバラツキはありますがすべてオレンジです。


| | コメント (0)

2010年11月11日 (木)

う〜〜ム・・・ガリレオ〜

それにしても間が空いたな・・・ネタはわんさかあるんでアップは出来るがモノはもうないもんも出て来て残念なアイテムがあります。最近になってやたら人気出て来た創作系ゴジラ(ゴジラって名乗るのも抵抗あるケド・・)。これはオモシロイ。怪物屋で最も多く売れた創作ゴジラGKはマクベイ氏の大きなゴジラです(勿論絶版)。
創作系ゴジラってそれぞれの造型師が生き物の活きたディテールが施されているのがGK及び立体物として魅力を出してます。マクベイ氏に始まり、Sネイグル、クレタセオスのシェーンなど想い出の残る傑作も多く、コノテは再販が殆どされないので気になったら買い!! が必須です。
Rofjan20419
Rofjan20407
写真はガリレオの創作ゴジラ。以前にも造ってたのでコレPART2です。ただ残念ながら先月ですべて完売ー。体表が活きてる・・ポーズも活きてる・・また、PART3も出るのでヨロシクです。必ず次回は更新します。

Ch3
同じくガリレオのCAVE地獄の変異のケーブ・クリーチャー。2度の入荷ありましたが残念ながらこれも先月で完売。ガリレオ作品の中では実に小柄で低価格。しかし、雰囲気抜群です。サイズ的に再販に期待しましょう。ガリレオのチョイスって一風変わってるケド、GKだからってアイテムが多いです。

Clovy609
Clovy603_2
Rexypainted850_2
同じくガリレオのクローバーフィールド。価格はデカイ割りにリーズナブルな¥19800-。コレご注文受付中です。ブレア・ウィッチ・プロジェクトの様な超低予算映像で怪獣映画を創り上げ、思惑通りヒットさせ、その収益をアイアンに向けた・・・っと業界通から聞いた事あります。怪獣映画も低予算で出来るんだという挑戦的ないい映画ですネ。予告編が衝撃的すぎてワクワクしました。アメリカの造る怪獣映画って個人的にはダイスキで、細かい描写力はサスガ。日本の怪獣映画では忘れ去られた表現が多々ありマス。アメリカの怪獣ーぜひどうぞ。

Rofjan20339
同じくガリレオ(もう今日はガリレオだけネ)のReion of Dragon ¥22500-もご紹介ー、もちろんご注文受付中!! ウ〜〜ム活きてます。羽根の破れ具合が新鮮!!

●トリムスジャパン通信●
http://trimsjapan-eshop.com/
しばらくの間、ココでもトリムスジャパン製品の事をご紹介していきます。
サイトで紹介出来なかった写真、実際の製品クォリティなども紹介していきます。
Dsc06296
モンスター¥28000-です。造型は東工房。ティム・ブラックナーのモンスター(絶版)見て造りたくなったっと東クンから聞きました。しかし、造型はメアリー・シェリーの小説のファイナルシーンをイメージして造ったとの事でマント処理が必須です。トリムス工場はまずNSPクレイで凸型を創り、布のドレープ加工しながら樹脂で固めました。雪表現処理はどうしても雪のモト(粉末ネ)100%の定着は無理なので、最初の内は多少はがれますが、表現イメージには影響ない程度です。価格的にも非常にリーズナブルだと自信あるアイテムです。今回、AFMでもアメリカでのキット販売に至り、最新号でも紹介されていますが、キットにはマントの布が入っているだけなのでマントの写真掲載はされていませんでした。この横から見た姿も吹雪の中、北極に向かう哀愁タップリのモンスターが造型されていてボクは大好きな角度です。

Dsc_4993
サイレントヒル2/レッドピラミッドシング¥24000-です。原型はヘッドロング/赤尾くん。ボクは彼の事をレッドテールと呼び、彼はボクの事をラッキーテールと云います・・(どーでもいい!?スミマセン)
トリムスサイトに掲載されているものの殆どが製品版を掲載しています。ウェザリング仕上げなど、どうしても微妙に違いますが写真のようにほぼ同じクォリティです。この写真は槍を持ってませんが箱の中にパーツが入ってますので差し込むと立ち方もより安定します。
この製品に限り、コナミスタイルさんでも取り扱っていただいております。よろしくどうぞ。http://www.konamistyle.jp/

| | コメント (0)

2010年11月10日 (水)

ふ〜っ

ブログの入り方すら忘れてしまう位(マジで・・30分悩んだ・・)、更新出来ませんでした。スミマセン。
何もしていなかった訳でもなく、むしろバタバタでした。多くのお問い合わせ、御依頼も遅れがちで申し訳ありません。今日〜明日中にはご返信並びご連絡していきますのでよろしくお願いします。
電話も取れなく、店も出ている機会も多かったので、御迷惑をおかけしたと思います。スミマセン。
これからは通常の怪物屋での店舗営業〜作業で大忙しですが、今日から爆裂更新していきますので、どうかよろしくお願いします。
で、前回の続きから「トリムスジャパン」です。
http://trimsjapan-eshop.com/
Dsc08042
Dsc08044
この度、漸くサイトオープンしました。商品ラインナップは非常にユニークだと思います。クォリティは以前-書いた通り・・・高いモノを目指しています。製品は高品質な日本製レジンとアメリカ製レジンをアイテムに沿って使用しています。おそらく「レジン完成品」として捉えるとかなりリーズナブル。やっぱレジンの質感が好きでコダワッてマス。
製品自体も彩色完成品、彩色レジンキット、レジンキットっとなってます。このアタリはトリムスジャパンのブログでも使用感含めてレビューしていきます。トリムスのブログ、オフィススタッフ、原型担当、塗装ディレクター、工場長、社長まで書き込むと思うのでよろしくお願いします。
(も一度、http://www.trimsjapan-eshop.com/fs/trimsj/c/)
Dsc08037
Dsc08034_2
Dsc08036
で、少し店内を整理しました。オッてなもんも出て来たりでやや賑わってます。この3ヶ月間も入荷はしていたのですが、速攻売り切れもんもあり、少し情報的には古くなったりしますが私感レビュウしていきますのでヨロシクです。じゃ、久しぶりの店内写真です。今日は店内でも作業しているスタッフのアリのままの作業スペースもご紹介ー。取り敢えず今日は第一弾。
ン、店内にバットが・・・そう、怪物屋は野球チーム「モンスターズ」があります。早朝野球リーグ、Dリーグ(道頓堀リーグ)に参加してます。優勝マジック1・・この後、試合です。

Dsc08038
造型スタッフのスペースです。ゼン、フュ−ズワックスでせっせっと造ってます。また後日ー。

Dsc08039_2
ちょっとデカイもんを造るスペース(狭いケド)。デスゴジ原型などもココであがりました。写真のディオラマ・・また後日ー。

Dsc08041
奥は天井に高圧換気扇が付いていて多少デカイもんでも吸い取ります。
で、コレ以外に店の真ん中に陣取るボクの小さな小さな作業スペースになる訳です・・また後日ー。

。。。。。

D-League優勝しました。バンザ〜イ。しかも個人的に51回目の誕生日に・・・アラフィフ?アラゴ〜って言うんですかね・・体育会系ノリ?には全く見えない!?、甲子園出場者も含まれるがバリバリのアニオタのいる・・やっぱチームの和(ロッテみたい)というかベンチの雰囲気がいいのが自慢です。
こんな調子で戯言含め更新がんばります。よろしくです。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2011年1月 »