« 2011年2月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年5月

2011年5月24日 (火)

お待たせ更新~U.S.Aから#10 カオス2

スミマセン。何故かMACの調子が悪く、i-photoが開かなかったり・・・またデーター画像をiphotoに落とし込んでいないデジカメ紛失!!(まだ出て来ない・・)で爆裂!!って事は出来ない状況です。
取り敢えず復旧出来た画像を掲載していきます。
まだ、クリントんとことルーカスフランシスをご紹介出来ていませんでした。
ルーカスフランシスはとにかく見応えあるプロップスケールのモノが多いのが特徴です。また、オーナーのポールは元サイドシ○ウでも働いていたり、彼の提供作品を所有している方は日本に多いと思います。また奥さんもかんなりウマイモデラーでほぼ毎年、コンテストエントリーしているステキな夫婦です。
今回はお仲間との出品でどれがどーなのかわかりませんがテーブルで置かれていたモノたちをご紹介ー。
Dsc00429_3
プロップスケールの'89型バットウング。ジョーカーに撃ち落とされた時のモデルだと思われる。そう、10年位前にスタジオ2のモービルと共によく仕入れてヤツです。ボク自身久しぶりに見ました。
Dsc00428_2
毎回、何かしら本物が売られている・・バットマンリターンズで仕用されたコス。
リターンズで想い出したケド、来年公開のバットマン、ビランズはキャットウーマンとベインなんですね。あのファイファーの鞭使いから20年が経ちました。スパイダーマンはシリーズ一新。新コスがカッコイイ。ここから来年にかけてヒーロー系がアツい!!
Dsc00430_2
ナント、エイリアンエッグキャンドル。相当太い。コップロウソクより長持ち!! これ記念日にどうでしょう。
Dsc00087
ターミネーター/T-2っとある・・こんなん出て来たけ・・・T-ナンボだろう? たぶん創作ではないと思われる。命かけてるターミネーターコレクター向けだろう。
Dsc00082
出ましたDUNE砂の惑星のカイルマクラクラン。この映画、人気の割に立体物に恵まれない。レベルのデカイサンドワームが恋しくなる。ボクは中坊の頃から好きだったブライアン・イーノが音楽担当だけあってお気に入り。コスがガンツみたいでカッコエエ〜。ってかガンツよりカッコイイと思う。ブレードランナーで出て来た歩くマネキンのようなスタイルのショーンヤングのデューンコスもエエと思うんだが、出無いね。ア〜80年代・・大好き。
Cimg4786_2
Dsc00189_2
Dsc00085_2
Dsc00089_2
さぁ、個人的にオモロいもんもんではスパイキッズのスーパーグッピーかな。これリアル仕上げるといいかも・・・。
クリントんとこでは生体からメカまでイロイロなキャスティングを行なっている。だからここを訪れるだけでカオスだ。
メビウスに原型提供したタイム・スリップ。プラモと同じスケールでギャラクティカもんどーですか〜?(毎年ご紹介してるケド)
Dsc00432_2
Dsc00433_2
そいや、工房お邪魔した時抜いてたスターウォーズもンはテーブル違うケド、スターシップ・モデラーのもこの際ここでご紹介しちゃおう。
Dsc00464_2
Dsc00463_2
キャスティングがタイムスリップと同じでしょ。細かいメカのハードなモールドもキッチリ再現してくれる。


Cimg4789_2


Cimg4790_2
個人的に目を引いたのがギャラクティカシリーズの前に置いてあったインデペンデンス・デイのデカイ宇宙船の一部・・・これ、連結すれば!!・・・でもないか・・・。
Cimg4783_2
地元、ケンタッキーからフロリダへ移ったビル・ウィガーもサメアイテムを置いていた。来ているのだが、よほど疲れているのか会場へは殆ど姿を現さなかった。夜は大騒ぎ!!??
怪物屋も常備展示しているがジョーズロボット通称ブルースはGKとして傑作だと思う。
Cimg4784
Dsc00431_2
クリントの工房に出入りするマイクのプロップレプリカシリーズを展示。2001アイテムはスゲー出来。でエイリアンのノストロモ号に入って行く時の潜水服のようなデザインコスチュームもスゥゲェ〜出来。コレ、殆ど忠実でボブ・バーンズもオドロキだった。でもね、怪物屋スタッフがオーダーしたのはロケッティアジャケット。完璧だ。この際、もう一回載せよう。
Dsc09005_2
Dsc09012
皮もキルトもホンモンと同じ素材ー、同じ染め色らしい。でコレ、冬でも全然暖かい!! 一応、ジェットパック、ブーツ、・・・すべて揃う。

ウ=ム、デジカメ無くしたのはイタイ。クリント工房の全容もあったのだが・・・まぁ、キリがないのでまた後日。

まったく違ったブースでガレージキット・US。ここは程よい出来で好感持てるスーパーヒーローもんのディーラーだ。
Dsc00203_2
Dsc00204_2
Dsc00205_2
製作中のソーは迫力満点のサイズとポーズ。今回、特に眼に止まったのはVフォー・ヴェンデッタ。ナンカ凛々しいゾ。
Cimg4747

ここでオネエ系が欲しいから、もういっかい紹介シリーズ。ザ・クリーチャーラボのタッチ・オブ・エヴィル。ヤンキー座り?もしくはウンコ座り。カッコイイ。
Cimg4654

今度は生体もん欲しいからムーヘッドモデルズ。
Cimg4701_2
Cimg4702
Dsc00132_2
Dsc00129_2
確かね、、コングと闘ってた片割れだと思われるマニットT-REX。こういったソロ販売は大歓迎です。セットだった時より人気あった。っと巨大なコング。これが$180-!! 前もうちょい高かった気がする。でも尖り頭のコングはいいね。マッドラボの後期の作品のモンスターバストも売られてた。会場にはマイク・パークスもいて現状を聞いた。新作はゴジラ。割とでかいみたい。こりゃ期待しよう。
そういえば1/1スケールのブラックハーツエンタープライズの新作もゴジラ195○。そういや何年か前に相談あったなぁ。でもその時はアースバウンドのビッグヘッドシリーズだったんだが・・・
Blobe
っとここでアースバウンドの新作ブロブ。コレャええわ〜。邦題はスティーブ・マックィーンの絶対の危機。本来はTHE BLOB。最も映画タイトルの違う映画かも・・・キットは力作です。まず、悲鳴顔の美女を造って透明パーツを被せる。で、ベーススタンドも透明パーツ。コレ、電飾とかイロイロ楽しめます。この辺り、マークのキャスティング技術が冴えてます。バッチリ合います。こんな40cmを超えて、でかいクリア多色透明パーツでなんと$175!! コレャ、アースバウンド復活祭/応援市場として¥20000を切って販売!! バンバン復活する事を願いましょう。過去のビッグヘッドも同様に大セール。

じゃ、ここで絶版マニア、ポーラライツ、メビウス、アトランティス大好きな人は必須の本のご紹介ー
クラシック・プラスチック・モデル・キット見つけてきましたよ!! 出た当初はポーラライツが勢いにノッタ頃だったかな?当時$25-。確か¥3800とかで売ってた記憶があるケド、今はアメリカでも$50-切る事ってない様だ。では今回の販売額も¥7600-ごめんなさい。AFMのテリーもコレ売ってたンで頼んでたんだがサスガに高かった。持ってないゼヒ。
Dsc00421_2

本といえば、KBはもう発刊されない。ウェブマガジンになる。まぁ、時代だから・・・
最初、ヴィンテージプラモの出版物、ヴィンテージプラモオークション主催のゴルディ・ダッド編集のモノクロだが非常に濃いマニア向けの同人誌から始まり、シカゴでレジンヘッズショウ(GK中心イベント)を主催していたラリーに変わり、ダニエル/バーバラ夫妻の運営となり、フルカラーページより製作に密着した編集となった。3代それぞれに違った編集内容でそれなりに進化していった。ボクは模型誌が好きだ。小学生の頃、背伸びしてモデルアート、ホビージャパンを買っうと、レビューされてるキットを持ってるような気になってた。いわゆる脳内モデラー!? になれた。ホビージャパンとか創刊号から実に30年間分、離さずにいた。が、サスガに時代に合わせた内容で広告やめると同時に手放した。
個人的なホビー誌感想を述べてしまったが、そんなボクだから、絶版になりプレミアついたKB誌から現行商品のバックナンバー、第一期ゴルディ時代のKB, など仕入れてきました。興味ある方、お問い合わせ下さい。
Dsc00494

では#10カオス2の最後に(まだまだ続くよ〜)スゴイものを。
マジック・スカルプ、マジックスムースに続き、定番にしたいっと思ってるもの・・・これまで否定していた瞬間接着剤。実際-レジンキットの接着は強力さと樹脂がレジン硬度になるマジック・スムースを進めるが、どうしても時間のない時・・・瞬間は便利だ。だが、カゼの引き方がバラバラで計算出来ない。しっかりとした擦り合わせを行いコンディションに良い日などは異様に喰っ付く・・・が、スリーボンド7782シリーズでもあっけなくカゼをひく・・・で、カゼを引かない2年保証というホンマか?という瞬間ー、、、ジツは2年前から使ってるから今年で2年・・・確かに・・・という実感。接着性能はすこぶるよい。アメリカでの保障って、アラスカからアリゾナまで実に気候の幅が広い。が、高温多湿の日本ー、原理的にエポキシ〜樹脂は日本の方がいいと思うが、瞬間は予想つかない・・怪物屋では良い結果が出た。興味ある方のみの販売です。硬化剤の液、粉タイプの入ったフルセットのみで¥4200-
その性能で驚いてください。。。。
Dsc00493_2

次回予告

人の造りしモノ

| | コメント (2)

2011年5月22日 (日)

爆裂更新~U.S.Aから#09 カエル

帰って来ましたケド、荷物をトリムスジャパン側と分散し、半分倉庫に入っているので纏めるには少し時間かかりそうです。引き続きイベントもん入荷案内は続けていきますのでよろしくお願いします。
ここでご紹介しているアイテムの80%は入荷しています。また紹介したディーラーでも定番アイテムなどは画像なくても仕入れております。リピートでも注文を出しますので何かあればお問い合わせください。

猛烈な勢いで新製品をバンバン、チープなプライスで投げ売り状態・・・のジミーフリントストーンを未だご紹介していませんでした。様々なアイテムをイベント会場入り口で毎年$5とか$10とかで箱にぶっ込み販売!! この生産ペースと価格は他の追従を許さない。もうここはイベント終了間際にいつもウチの残りアイテムとトレードします。ジミーからは殆ど貰ってる!?状態?? しか〜し、案外レジンの塊は重く想像以上のシッピング料金がかかります。また、ブランド性維持の為、$=¥での販売とします。う〜ん、今年の夏WF東京でこのスタイルの売り方したいなぁっと思います・・・ボックスの中どれでも¥500-とか¥1000ーという・・でも安売りアイテムばかりではないからお尋ねください。ジツはまだオリジナルプライスを調べていない。でも安いよ。今年のワンフェスって当日版権無いから洋モンに力入れます。ジミーの魅力を少しでも味わってください。
今回のボクのお気に入りは腐乱犬カエルー
Dsc00069
コレ、彼らしい造型です。イベント会場では真っ先に無くなりました。
あと、彼はエドロスの大ファンでこの6月のパーティも参加します。で、エドロスもんも仕入れてます。ラットフィンクの着ぐるみに身をまとったエドロスのハロウインコスチュームもイイ感じ。
写真以外のエドロスもんもあります。
Dsc00066
Dsc00122_2
Dsc00067
Dsc00070_2
もう一つボクのツボ突いたヒトラー。これビョー的に塗るとオモロい。たぶん、ジョーカー、ヴィンセント・プライスと同じ1/4シリーズ。MADくんなどもある。
Dsc00072_2
Dsc00124_2
Dsc00123
ちょい豪華な仕様でソーがある。仕事が早い!!
Dsc00073_2
Dsc00125_2
そういえばレジンキット以外にラットフィンクのティンプレートがある。もちろんオフィシャル。ブリキメタルを立体的エンボス加工し、美しいプリントが施されている。フルスタイル¥5800-ナンバープレート¥3800-
Dsc00127
Dsc00128_2

エルバイラ1/8スケールだから今度のメビウスと同じスケールだが向きが違う。おそらく日本での販売価格より安い・・・とうとうこうなってしまった。下はメビウス。
Dsc00121_2
Dsc00210_2

キリがない。ほんとにない。おそらく旧作、テスター時代のボイドのカスタムカー、1/25カーモデル用のフィギュアを含めると100アイテムは優に超える・・・
で、クレタセオスのシェーンが造ったイメージゴジラもジミーとこで販売。30cm級のゴジラだが$180くらいだったと思う。
Dsc00064_2
Dsc00068_2

あと、TIKIシリーズ、腐乱犬+サイクロプス、多種多様なジミー造型が入荷。どれも下記写真のように造型としてもオモロい。ロッケン・ロールとカスタムカーのテイストだ。ドアノブ、シフトノブにするもよし、フツーにペイントするもよし、お気軽に買える価格で販売します。
Dsc00071_2

ではシェーンが造型するクレタセオス・クリエーションズ・アメリカのキットを恒例の如くご紹介ー。
ここから毎日、生物系を入れていきます。
ここは1/18から1/15にスケールアップした新シリーズが充実してきました。ただただデカイ。モールドもキレイでスッキリしたミュージアムモデルが部屋をアカデミックに彩ります。
円高の今がお買い得。
Cimg4690
Cimg4691
Cimg4692_2
Cimg4693_2
Dsc00074
Dsc00075
Dsc00077_2

ここで、イレギュラーだけどパレオクラフト/クーパーの新作をご紹介ー。
ダンクレオステウスに続く魚・・Coelacanth・・シーラカンスです。捕食態勢かな・・彼らしい上手なスケッチから始まり、骨格ー肉付け・・表面ウロコディテール前の画像です。販売は夏ごろでしょうか? 続報はまた来週あたり来そうです。乞うご期待。
Coelacanthconcept2_2
Coelaarm3b_2
Coelaarm4b_2
Coelasculpt1b_2

ところでアトランティスのT-REXの箱を見て驚いた。非常にコンパクトにまとめられている。昔、オーロラー再販版モノグラムっとあの大きなT-REXの箱の中身をイメージするとワクワクした。少し寂しい気もする。会場で並べられた歴代のT-REX-ケバいオレンジ色の濃いのがオーロラ、次に下品なミドリがレベル/モノグラム、薄いオレンジがアトランティス。多色成型のテイストはそのままなのがウレシイ。これ個人的には塗らんでもトイストーリーみたいでオシャレだとも思う。サイズは変わらないようだ。上品になった感もするが、このオールドスタイルのT-REXに超リアルペイントしてもオモシロイ。また簡単仕上げでもサマになるだろう。なんとも不思議な大型キットの再販に拍手!!
Dsc00144_2
Dsc00230_2
Dsc00231_2
個人的にはタールピットがやっぱ欲しいな。
昔、あこがれのシリーズ連結ジオラマ。たぶん・・ニットーのAFV連結ジオラマシリーズはコレの影響か?
Dsc00147_2
しかし、想い描いていたのと随分違うぞ・・・ムチャクチャだと思うけど、コレでいいのだ。またの機会にボクが客注で製作しているプレヒステリックシーンをご紹介したい・・っというのも個々に出来がすこぶるイイモノもあるから・・・。

生き物GK系次回に続く

次回予告

カヲス2

| | コメント (4)

2011年5月21日 (土)

爆裂更新~U.S.Aから#08 GKカオス

移動中であります。最近は飛行機に乗りながらインターネット出来る。まだまだイベントもん、他、素晴しい作品群をご紹介できていない。。。パソコン開ける時間があれば随時更新していきます。

会場へはディーラーとしてテーブルを出してない、立ち寄ってみたディーラーがいる。会場でPSIを見つけた。ここは案外オモシロいものを造ってる。例のスティーブ・ウェストのプレデターVST-Rexがそう。すかさず聞いてみた。ボク「持って来た?」P「車に積んでるよ」ボク「何個ある?」P「詰めるだけ」P「何個要る?」ボク「積んだの全部」ボク「まだストックある?」P「ない」ボク「生産する?」P「スティーブ本人のキャスティングだから・・・」ボク「じゃ、、、ないじゃんw」P「www」・・・っとこんなやりとりで、ディーラー出展以外、またマニアな客の売り込みも2日目から頻繁にくる。
実際、再生産されるかも-わからないが、随分首を長くして待たせてしまったキット。これはヴィンテージプラモデル集めてた時もそうだったケド、案外、想いあればアッサリ入って来る。こういったキットも一緒の飛行機で移動中~~。これ、2年前のインフォーメーションだったので間に一度パソコンが壊れてる・・大体は憶えてるケド、絶対要る方、もう一度お問い合わせいただければ幸いです。
Cimg2753_19
Dsc04373_5
Dsc04374_2
Dsc04375_2
P1110090_4
P1110091

まったくイレギュラーな仕入れとなった訳だが、こういったモノ・・他にもある。ディーラーというかコンテストのスポンサーでもあるS・C・Rなど、ストックがある限り、また型が壊れていない限り交渉出来る。
GKコミュニティで話題になったアンドリュウのイラストの立体化-のスペースガール
Daphne2623393bs_surprise_cover_art
Dsc01451
Dsc01455
また、新作のフランケンシュタインの花嫁のコミックタッチGK・・・
Dsc00256_2
Dsc00257_2
Dsc00353_2
それにしても花嫁のコミックタッチって毎回-出来がいい。
バルサム原型-アースバウンドキャスティング、クープの花嫁を彷彿させるというか、GKとして楽しめる。イベント後に送ってくれるらしいから、入荷次第ご案内のアイテムっとなる。(キットでは壁部分は含まれません。テーブル、チェアー、小物は付属)

カオスって事だからメカもんを紹介ー
ニッポン人だからヤマト関連にも目がいく・・・アンドロメダ・・出来はいいと思う。この辺りは熱狂マニアが多いがボクは出来がいいと思う。もともとココAMPってWW1-WW2の戦車、艦船モデルなどのスケールもんもやってるから非常にクオリティ高いキャスティング精度ーパーツ分割だ。このボリュウムで$200台だったと思う。初日でSOLD OUT.ヤマト人気はアメリカで高いのかも知れない・・・
Dsc00214_2
Dsc00213_2

アクセル・アート。ヤタケくんのサイトみたいな名前(ロゴまで同じ)!?だがアクセルブランドのエアブラシ&コンプレッサー&エアフィルター付きレギュレーター。これ昨年から出展しているが非常に使いやすい。10年前-エアテックスがホビー業界に入ってない時にハンザを使って驚いた感覚・・それ以上かも知れん。ハンザはエアブラシを一度も使った事ない女性でも15分あればコントロールして絵が描けるよっと店での売り文句を造ったが、コレ、それ以上かも・・。ここの代理店、日本にないのかな?ホントに使いやすい。ジツはボクはず〜っと中学生の頃から40年オリンポス一筋。
フィーリングはそれに似ているがスンナリ馴染む。アクリル塗料の細書き、ストロークがとても良い。う〜ン、小口だけど入れようかどうか悩む・・以前にソタールとかアメリカでも高級エアブラシを入れてあまり出なかったし・・・使用感はソタール以上ー・・既に上陸してるかもね。
んだけど、工具関係でコードレスドレメル、ドライブラシ用筆、塗料など怪物屋では使いまくっている怪しげツール入荷。コレきりがないからご来店時にお尋ねを・・・。近く怪物屋×クロスワークス×パジコのコラボレーション企画ースパチュラレビュウ記事アップします。お楽しむに。
Dsc00215_2

本もこの際、ご紹介ー、スチームパンクってね大友克洋さまのアニメとか日本のもんだと思ってる方も多いと思います。が古くはヘビーメタル誌のマンガとか欧米ではよく見かけます。で、出ました。スチームパンクモデリング。今回もこういったコンクール作品はありました。ってか毎回あるな・・・。
デザインの方向性ー模型の方向性で確立された感あります。だってオモシロイもんね。発想もわかりやすくカタチもユニーク。今後、美少女フィギュアの世界にも浸透していくと勝手に思ってマス。
Dsc00212
次回予告

渚カエル?


| | コメント (2)

2011年5月19日 (木)

爆裂更新~U.S.Aから#07 モンスターズ参

Dsc00057_2
Cimg4683_7
Cimg4682_5
Dsc00056_2
スリーキングスレジンーパンズラビリンズとかアバターGKをリリースして、そのアイテム選択、全体のまとめ方に於いて個人的に注目しているディーラーです。
今回の大物はヘルボーイ2のヨハン(?だっけ・・そんな名前な気がする・・)。かなり圧倒される造型となってます。
他、新タイタンの戦いのメデューサ。コレ、顔が外せる・・つまりコンパチキットっとなってます。
ここんちのバストモデルは高さのある上手な纏め方がいい。コレしっかり塗り込めば良くなると思います。
で、アバターのネイティリバスト。今回も再々入荷しますよ〜。

ファルシアーノアート/マイク・ファルシアーノは今回、自分のディーラーは出さず、お友達のディーラーに置いてました。
上の写真はクトゥルーヘッドウォールプラーク$200(ショウプライス$180)-ファルシアーノの創作デザインです。彼のキットは本人が毎回、自分のコミックを裏に描いてマス。
Cimg4798_2
Cimg4826_4
Cimg4825_6
Cimg4824_14
ファルシアーノといえばBモンスター。今回の大物はライジング・ザ・デーモン$200。ベースに電飾すれば怪しい灯りが下から当り、迫力増します。ナカナカこのデーモンって全身フルモデルがなかっただけに、ファルシアーノの迫力ある造型はいかがだろう。これ、ムービーを模写する訳ではなく、Bムービーキャラテイストのみ残し、リアルテクスチャーな表現と」なってます。
Dsc00182
Dsc00184

ここで、ファルシアーノのお友達のモーゼスをご紹介しよう。AFM誌上で鬼の顔したズングリしたウェアーウルフオリジナル造型でアクの強さを見せたモーゼス。受け入れられるかどうか?ギリギリの造型な気もしますが、コレ思った以上に反響があった。で彼の新作はゴジラ!? 以前、ズングリコングとのバトルシーンをコンクール作品でエントリーしたのを見た事があり、そのユニークな造型フォルムはとても新鮮でした。そういえばココまでの量感はないけどボーエンがコングジラって造ってましたね。価格未定。日本=相撲イメージかな?ネッ、ギリギリでしょう。ゴジラの観点ではなく日本=相撲=怪獣のイメージで見て頂きたい一品です。
Dsc00146_40
Dsc00147_5
Dsc00151

創作モノ続けましょう。フェアーバンクスモデルスのフランケンガールとクリーチャーガール。アクセルのヤタケくんのバストモデルを3年前にここでも販売したことあるけど、案外、このテイストは古くからUSGKではある。ホビーとして楽しむ為のリーズナブルなプライス設定。
Dsc00198

続いてクリーチャーキッド。なんともハロウィンのお国らしい造型。案外美しいジオラマ仕立て。
Dsc00200

所々のディーラーではジャヌスのキットとか活動を停止したディーラーのキットを販売してる。
写真はデビッド・フィッシャーAFMのテーブルの一部。ジツはここで日本のフューチャのキットとかアヌビスとか10年もんのヴィンテージキットを手にいれる事が多々ある。
Dsc00119
Dsc00120_3
お目当てのものはあったがデビッドが急用の為、早じまい・・・。テネシーから車で12時間かけて来ている。彼のもうひとつの趣味の話などイロイロ聞けた。雰囲気いいサイドショウのカラーサンプルなど大概、彼の仕事だと思う。シーユーアゲイン。

次回予告

渚カヲス

| | コメント (3)

爆裂更新~U.S.Aから#06 モンスターズ弐

個人的に今回の目玉はスティーブ・ウェストのゾンビ。先にL.Aで行なわれたパローザでも好評だったようで、ここに来る前から既に予約を頂いていたアイテム。デカイけど出来うる限り持って帰りましたよ。
今回はスティーブ・ウェストのキットはウィット・ワースが代行販売ー。また頼めるか?っと聞いても、・・・?っと。そう、スティーブWってとてもシャイだから電話も超ニガテらしい。この人は7年くらい前からこういったイベントから姿を消してます。最後にディーラーで出てたのがイマジネーションエキスポってラスベガスが最後だったかな?(PASTブログに載ってるかも?)だから、次の再販って殆どない。
自分で造って塗装してキャスティングする極めてオースドックススタイルながらどれもピカイチにウマイ。総合力では彼が一番だろう。再販に時間をかけるなら新作を造ってもらいたい気もする・・・ウ〜ム、必死に連絡して彼のキットを再度、再々度入荷出来たのはロードオブリングスシリーズの一連とウルバリンなどだろうか・・・?
予約が重なった場合ー、先着順っとさせていただきます。
Dsc00097_5
Dsc00103
Dsc00104
Cimg4712
Cimg4717

更に・・久しぶりのトニーマクベイの再販もの
Dsc00101_3
Dsc00099
マクベイオリジナルデザインのウルフマンとモンスター。もう10年以上経ってるのにクラシックモンスターのテイストを残しつつ、オリジナリティ溢れる造型は今も色褪せない。ホントにウマイですね〜。これらのキットをボクが持って帰らない訳がない・・・買いのがしてる方この機会に御注文ください。

じゃ、これらを代行販売していたウィット・ワースからご紹介ー
Dsc00098_3
っと云っても毎年同じ画像を入れてもオモシロくない。新作も多数あるがその中でピックアップしたアイテムに絞ってご紹介ー。
Dsc00100_2
ゾンビの手。死んでるケド活きてる・・造型が・・・コンパクトながら作品の構図、間合いがいい。妙に気に入った。

Dsc00105
Dsc00106
シャボーチ!? 死人に囲まれ異様にその妖艶な美しさを放ってました。やっぱモンスターキットに中にフィメールもん映えますね。

Dsc00107
ウィットワースモンスターバストの新作。コウモリ男かな。コレ今回のウィット・ワースのメインだと思う。キャスティング材料にも拘ってるし。このキット、半透明のレジン素材だから光にあてると耳とか透ける・・・じゃ、塗装もイロイロ楽しめる。今回、いくつかのディーラーでこの半透明レジンを見かけた。単にクリアーもいいが塗装の幅を広げる意味での半透明ーイイネ。ホビーとして塗装しなくてもいいカラーレジンももちろん良いが型代から考えていくとコストがかかる。しかしながら、あくまでホビーベースで考えた場合、素材の持つ質感表現ももう一度考えてもいいと思った。

モデルマンション-昨年から多くのGK,スタチュウを販売しだしたディーラー。スタチュウとGKが同じ価格!?とか、すべてがコールドキャストってのは気になりますが、新作の1/6ブラッディ・カウンテス・バソリィ$185などは全体のボリュウム感など考慮すればコールドキャストだからこの価格で出来たって感じです。ヴァンパイアってエロいね〜〜。
Dsc00095
Bathory01_2
Bathory03_2
B4dze6mkkgrhqjjyeybc5so8nbmpvf00__2

次回予告

モンスターズ参

| | コメント (2)

2011年5月18日 (水)

爆裂更新~U.S.Aから#05 モンスターズ ベテランディーラー編

メール等のご返信が遅れて遅れてスミマセン。必ず返して参りますが、今しばらくお待ち下さい。来週、帰国次第、出荷等のご連絡していきます。
では今回あったモンスターたちを一同に並べていきます。
ブラックハーツエンタープライズ デカイ1/1ヘッドをバンバンリリースするブラックハーツ。最初はアースバンドキャスティングからクリントんとこに変わったものの同じ中空ホロウキャスティングなのでボリュウムの割に驚くほど軽量なのでコストパフォーマンスに優れています。ウォールプラークながら1/1サイズで$180-平均なのも買い易い。で、既にメデュサは絶版ー、(怪物屋在庫あり¥21000-)新作カース・オブ・ウェアー・ウルフ吸血狼男からはウォールプラークから360度のフルバストモデルにもなり、とても楽しめるシリーズになりました。もう、サイクロプスの頃からウォールプラークじゃないような殆どフルでしたもんね。最初は180〜200度、で次第に240度を超え、360度になった感あります(笑。でも、個人的にこっちの方を断然歓迎します。そういえばアースバウンドのビッグヘッドシリーズも2/3スケールから次第に1/1になっていきましたね。。。
注目はトリビュートバストシリーズ、クラシックモンスターズを羅列したジャック・ピアースは少し前の作品をリーズナブルプライス$175ーで販売し好評でしたが、新作のブラム・ストーカーはもっとリーズナブル$160。んで、歴代ヴァンパイアが総出演ーというか1/4から1/6,1/8,1/12でコラージュ造型されキレイに収まってます。ゲーリーオールドマンからクリストファーリー、ベラルゴシ・・こりゃ買いです。
でもね、、シリーズ最初のハイド・・出来が良いのにコレ、、あまり出ない,,ジオメトリック時代の1/4バストの頃もそうだったが・・でも、最後はバタバタと売れて再入荷リクエストが来たからクラシックモンスター人気は根強い。と思うのだが・・!?
今回、もっと1/1を楽しんでいただきたくお試し価格として「円高ハイドスーパーセール」。$=¥。$180=¥15800-で販売!! お急ぎを!!
Cimg4708
Dsc00028
Dsc00030
Dsc00031
Dsc00044
Dsc00027

では、ブラックハーツのジョージからジオメトリックを受け継いだアルんとこの新ジオメトリックデザインズ。もうここはB級にこだわってB級らしいもんを次々と出す模様ー。アル本人もそう語ってました。日本のマーケットでは受け入れ難いと思われますが、超B級モンスターたちが続々と並べられるとソソりますよ〜。まず、オモシロイ。またソコソコのペイントで楽しめる。週末のひとときのホビーではとても良いと思いました。また、レイ・ハリー・ハウンゼンシリーズも着実に増えていってます。ハーピー、リドザウルス灯台ジオラマなど高さのある立派なジオラマ仕立てが新鮮です。またスケルトンソルジャーべースなどリボ向き!?
Dsc00109
Dsc00110
Dsc00111
Dsc00112
Dsc00113
Dsc00114_2
Dsc00191
Dsc00192
Dsc00193
Dsc00194
Dsc00190
Dsc00196_2
で、ここでアルが興味あるか?っとドイツのGKを見せてくれました。こ、こ、これは!!
ブラムストーカー/ドラキュラじゃあーりませんか?要る要る残り全部要る!! ドイツからなので多少高いがセットで入れましたよ。あの映画のゲーリーオールドマンからすべての形態が一揃え。入荷ご期待ください。この写真が全てではありませんよ〜。
Dsc00195_2
フランケンモンスターは大好きだけど、ボクはヴラド・ツェペシュと同じ誕生日。ん、ルーマニアの貴族、そうドラキュラ公爵。処女の生き血が大好きサ。

ベテランディーラーではオルタネィティブデザインをはずせない。
Dsc00049_5
Dsc00048_2
ここはベーシックなアメリカンGKそのものの香りがする・・パケットの死霊のえじきシリーズのドクタータン、バブはもう毎度の事ながら傑作で毎年仕入れる定番アイテム。またマクベイの傑作1/4フランケンシュタイン、旧スクリーミン社のソフビキットも販売するウレシイディーラー。在庫があっても仕入れちゃいマス(今回円高還元セール予定中)。
P1030335_4
今回コング対プレシオサウルスもウレシイ再販。
またコレ系では傑作リドザウルス、グワンジも再販ー、イベント終了まで残っているのを期待・・残り分を全部入荷してきます。また、恐竜、創作生物は別のタイトルインフォーメーションでお知らせします。よろしくどうぞ。

次回予告

モンスターズ2 

| | コメント (0)

2011年5月17日 (火)

爆裂更新~U.S.Aから#04 アレックス・ロスと晩ゴハン!?

リアルコミックの帝王アレックス・ロス。怪物屋のGKをキャスティングもしてくれているクリントの幼なじみで、クリント、また同工房の大阪/十三出身のケンもアレックス・ロスのコミックに作画モデルとして多数出演!?してます。ジツはず〜っと彼のファンだったとクリントに云うとスグに家に行こうっと電話します・・・エエ〜!? 話が簡単すぎる!? そんな仲らしい。どうもアレックス・ロスがガッチャマン描いたのもクリントの影響ではなかろうか?クリント本人は自分に合わせて完璧なガッチャマンコスを何年も造り続けている超オタク。マッハGOGOの超コレクターでもある。う〜む・・・
アレックスの部屋自体もかなりのフィギュアコレクション、GKコレクションがあるらしい・・・
~中略〜
結局、クリントんちでホームパーティを開く事になり、続々とアーチスト、クリエーターが集まって来る・・オモシロイ。WFディーラー、今は廃刊となったモンスターズシーンの編集長、立派な和柄の刺青入れたヤクザ画家(彼は売れた絵のお金を日本へ義援金を送ってくれてるハート暖かい人である)、で、最後に地味〜にアレックス・ロス登場ーというか最初は空気のようで気がつかなかった・・
Dsc00498
昨年も軽くご紹介したが家の一階にレトロな映画館、おじいさんのお店、バー、ボウリング場、ゲームセンター、街角ー公園を再現したクリントの家は軽いパーティにピッタリ。バーも15人ぐらい入れる本格的なレトロバーでこの家の中に造った街を全部クリントが一人で造ってる・・・元々アンティックもんを集めてるからサイコーなコレクションを展示出来るようになっている・・実際使ってるし・・クリントのモノづくりの情熱のスゴさがわかる。
Dsc00505
Dsc00521
何故かカウンターの中に入ってプレゼンテーション?が始まった。テイラー・ケイラーはシカゴ大学で恐竜復元などをするエラい人。日本の出版物でも彼の造型作品が本になってる事を初めて知った。
Dsc00510
Dsc00513
最も興味があったのが恐竜の皮膚。たまに化石の中に皮膚のモールドも見つかるらしい。スゲ〜。画像はコレ
Dsc00518_2
なんか肌のテクスチャーがよ〜〜くわかる状態です。
〜中略〜
あまりにも地味なアレックス・ロスが新作をベンチに広げ出した。生な原画をじっくり鑑賞・・。何で描いてるか尋ねるとグヮシュっと。アメリカのイラストレーターってグワッシュが多い。グワッシュってわかりやすく云うとポスターカラー。筆運びがごまかせないが、リアル描写の中にも勢いが生まれる。昔のプラモデルの箱絵なども殆どがコレ。写真バシャバシャ撮ったケド、新作らしいのでココではボカシしておこう。。。でもジービーレーサーで大活躍するレトロなヒーローです。カッコエエ〜。
Dsc00529
Dsc00528
で彼のフィギュアコレクションを見せてもらったが、殆どが箱から出てる・・GKは組み立てられとる・・軽いスーパーヒーローのミュージアムみたいだ。
Cimg4915
ロボコップの同コンセプトの8マンはアメリカでもポピュラーなようで古きアニメから新しいスーパーヒーローアニメを説明~〜〜〜興味シンシンだったようでした。
ウ〜ム、この角度のアレックス・・スーパーマンに似てる・・・
ものすごく穏やかで地味〜な印象のアレックスだが、作品の説明する時の表情は突然スイッチが入ったように変わる。なんというか闘ってるヒーローの顔だ。素晴しい。やっぱ作品造りは気合いと集中力だ。
Dsc00530_2
またのお約束をし、パーティはお開きになったが、驚くほど穏やかにアレックスは帰っていきました。
いや〜、毎年、毎年、イベント期間中は忙しくあまりゲストと接触は出来ず終わるが、その後のディーラー廻りがボクにとってのイベントのようでとても貴重な時間であります。

次回予告

モンスターズ

| | コメント (0)

爆裂更新~U.S.Aから#04 コンピューター造型・・そして

クロウズネスト。聞き慣れないがカンなりマニアでディープなディーラー。いつもこのイベント受付けの時、一緒になる。ここの小さなフィギュアはスタイルがとてもいい。ボクも1/35の人形改造コンテスト等未だに大好きでこのサイズがしっかり造れる人はウマイと思ってテル。日本のプラスチックモデルシーンで70年代のMMの登場は画期的な変革をもたらしたとも思ってる。一部のマニアがプラモ改造から造型に変わったキッカケでもあったのではとも思ってる。
欧米のフィギュアモデルと精度の高い国産メーカーの飛行機、車モデルに付属するフィギュアモデルの差はホント愕然と空いていたように思う。オーロラ社のバットウイングが何故高価なプレミアがついてたかと云うと添付フィギュアの出来が良かったからとも思える。本体造ってコクピットに座らせるとバシっと締まる。名作と呼ばれるキット付属のフィギュアをしっかり塗ってシートに座らせると雰囲気が増す。ほとんどの国産メーカーの添付フィギュアは付けなければ良かったのに・・っととても残念に思う「パーツ」だった。50年代からアメリカのプラモに付いているフィギュアはシートに座っている腰の座りがいい。しっかり、またはリラックスして座って活き活きしている。ここのイメージから出来ているのだ。
で、それら単なるランナーを埋める為のパーツではない、模型をより活きている表現にしてくれるフィギュアを造ってるのがクロウズ・ネスト。
Dsc00043
Dsc00041_2
Dsc00042_2
Dsc00040_2
これらポーラライツ、メビウス用のフィギュアキットをコンピューター造型している。スタイルの良さと顔を似せているのも大きな画面で造型出来るので適しているのかもしれない。
実際、キャド出力している人はおわかりだろうが、大きなキットでは出力費用がかかる。ひとつの小さなブロックの中にこれだけの多人数入れるから造型コスト的にもいいかも知れない。今後、SFばかりではなくアーマー、エビエーション、ヴィーグルのジャンルでも普及すると思われる。しかしながら彼も最後はマジックスカルプで手直しディテール調整はしてるよっと、結局最後は人間の手によるものだ。
やっぱ「最後の詰め」は大事という事みたい。
Dsc00033
Dsc00034


Dsc00473_2
Dsc00474_3
Dsc00037_2
Dsc00369_4
Dsc00370


Dsc00036_4
で、新作はコレ。
活きてます。もう完全に本体までもオリジナルでやっちゃいました。コンピュター造型ではオリジナル図面から製作し、映画テレビ画面で見るようなエフェクト効果を簡単に取り入れ変更できますからメカものにはとても役立ちます。もう、何度も何度もGKでモケイ化されてますがコレ、スゴイです。パーツはマルチマテリアル。レジンボディに高透明なクリアパーツにメタルパーツ、デカール・・に、売りのフィギュア・・完璧なプロテウス号がまとまって入荷します。
ミクロの決死圏ってエエ映画ですよね。このプロテウスGKは5年置きにリリースされているような気します。もはやコレクタブルなアイテムかも知れませんネ。仮にプラモになったとしてもインテリアパーツなどレジン、メタルだからこそ出来たようなパーツ構成です。
価格はフィギュアセットで$280-フィギュアは立ちと座りの2形態からチョイス出来ます。ただし、彼はプロテウス本体の舵パーツ、トップライトの形状に問題があるとの事で後日(2週間後)、より完璧なパーツを送ってくれるとの事なので販売時期は5月末になりそうです。コダワリのクロウズネスト期待しましょう。御予約受付中。

ええ事ばかり書いてるのでチイとばかり辛口も・・・
ネンド造型で仕上げたターミネター裸のシュワちゃん1/6スケール。このイベントに来る人達は正直です。また愛があるから正直なのかも知れません(笑。
Dsc00475
Dsc00045
コリャダメだと素直に云います(怖。コレは顔が似てないよ〜とかペイントが〜とかズケズケ愛あるコメントをしっかり云ってくれます。で、初日はライティングベースに明りが付いてたのを2日目は消えちゃいました。というか、来年造り直して出直すと・・・素晴しい。
時間に追われ生活の為に仕方なく販売するのはGKではないーまして自分のブランドですからこのようなコメントを自分で云って販売しません。アイデア的にはとても良いし、ライトつければディテール、ペイントよりもシルエットの方が浮き立つのでソコまで〜って気もしますが・・・スゲーです。結局ボク誉めてます・・・。
でも、より注目度が高まります・・まぁ、ここの売りは ネンド造型よりコンピューター造型なのでおおらかに注目しましょう。

次回予告

イレギュラー まさか!?

| | コメント (0)

爆裂更新~U.S.Aから#03 初日にリクエストいただいたもんは殆ど確保できました。

なんともお粗末な更新でスミマセン。ホテルにてコンクール作品の製作~などなど慌ただしく精一杯でした。部屋は御覧のアリサマでして、梱包作業に追われてました。この梱包作業でシッピング価格に反映されてしまいますから、ご容赦ください。どうしてもUSGKは箱がデカク、中が緩衝材だらけだったりします。
それでは何箱も送るハメになり、価格も高くなりますから、極限まで抑えるよう努力しております。元々、ビニールに入ったままだったり、ラベルもない箱の場合、捨てて一つにまとめます。で、怪物屋にて箱を用意しておりますが、中身ビッチリ、化粧箱、特徴ある箱ラベルの場合ー検品しながら詰めていってます。Dsc00495_2
今回のイベントはめずらしく雨続き・・で、飛行機も遅れて・・・皆、イベントが終わってもホテルで待機組も多いので逆に多くのコミュニケーションがとれました。
Dsc00492
にしても、ディーラーたちは結構遠方からでも牽引トレーラー?でバンバン走って参加してきます。皆、元気がいい。また主催者側とのお話しの中で年々、コンテスト作品が多くなってる・・っとウレシイ悲鳴。オリジナル作品の力作も多く非常にスキルもあがってきてます。今回も500点を超えてきたように思います。もう、数年前の倍ですね。
この模型コンテストって決して商品欲しさでもなく、おのおののプライドの戦いでもない・・パフォーマンスの発表の場として成立してます。造型を楽しみ、模型を楽しむ・・理想的なコンテストな気がします。ホビーを本当に分かち合えるというか「共感」を最も重用視している様に感じUSGKのルーツが脈々と活きているなぁと改めて感じました。
数年前、ホライゾン社の社長がアメリカで活きる為には西海岸、東海岸で流行ってもダメなんだ・・中央で流行れば継続するっと聞いた事があります。確かに流行り廃れの多いロス、NYは刺激が多過ぎて流行っても燃える炎が弱まればそのまま消えそうな気がしますが、中央部だといつまでも燻り続けそうに思います。この地を訪れる度にGKはいいなぁ〜と再認識させていただいてます。
Dsc00410_3
Dsc00416
Dsc00407
コンクール作品〜模様はまた数日後アップしていきます。

では、ディーラー紹介にいきましょう。
怪物屋の真後ろののディーラーさんだったクリーチャーラボ。
Dsc00018
最近、Zブラシの普及もあってスゲーディテールのキットがチラホラ増えて来ました。しかも円高のせいか比較的に安く感じるというか・・(う〜む、本来USGKって元々、このボリュウムでコレ位)、安く感じます。このゴジラの進化形態に見えるハイドロドン$140ーボリュウムで云うとゴジラ30cmモデルクラスを超えちゃいます。ボリュウムばかりではなくディテールもイイ感じ。っとコストパフォーマンスの事は置いといててもシーラカンスとクジラとゴジラの融合にシビレル。
イメージでスケッチを描き、細かいディテールを含めてZブラシで仕上げ、ホロウキャスティングで中空成型する・・つまりイメージ優先でとことん造型し、その造型力を発揮出来るサイズを割り出して低価格を実現しています。この流れは今後のGKで必ずポピュラーになっていく事でしょう。他のディーラーも古くからコンピューター造型しているトコロもあり、後追ってご紹介しています。
Dsc00020_2
Dsc00024_2
Hydrodon12web
Hydprintweb3
Hydrodon5_web
もともとGK好きなディーラーだけにZブラシばかりではなく、ユニークなアイテム展開っとなってます。
AFM等で目にした方も多いでしょうが、レディZ、クリーチャーの他カートゥーンものまで幅広いアイテム。散漫とも思えますがUSGKが好き!!って感が強く感じ取れます。
Dsc00019_2
Dsc00468
Lz1
Dsc00466
で、カミングスーンアイテムがイイー。ITのような情けない顔と怒りのピエロの表情を表裏一体にしたバストモデル。コレ、ペイントするが楽しめそうな逸品になることでしょう。
Dsc00470
いやぁ~、GKはアツいなぁ〜〜。

次回予告
更なるコンピュター造型・・・そして

| | コメント (0)

爆裂更新~U.S.Aから#02 天才兄弟現る

今年はウレシイ-ディーラーが参加しました。シフレットブラザーズ。
ん〜古くはムーアクリエーションズのドレイコスタチュウが最も印象深いでしょうか。コレ今でもアメリカでもプレミアついて手に入れ難いモノとなってます。またGKでもクロエなどWF東京でもディーラーダッシュを呼んだ海外GKで個人的にも最もお気に入りのディーラーの参加となってウレシイ限り。サンディエゴのコミコン、モンスターパローザなどでもお馴染みなので彼等の造型は目にする方々も多いと思います。
Dsc00442_3
Dsc00439_2
Dsc00452
Dsc00453
Dsc00454
Dsc00438
で、興味深いのはDVDなどでも紹介されてる製作途中の造型展示ー。よく御来店される方にも云うのですが表面仕上げのない・・というか必要ない・・マサに本能の赴くままに指が動いてる感じ・・この勢いは書の世界と似てます。絵の道100年、書の道1000年ってことわざありますが、こういったイメージが脳からスパチュラに直結した作風はとても新鮮です。これはサイモン・リーとも共通しているトコロでもありますね。リアルさの追求からイメージ先行していくのはGKそのものの新しい方向性と云えるでしょう。
Dsc00450_2
Dsc00451_2
昨年から入荷次第ースグ売り切れるDVDも今回は彼らのサイン付きでの入荷っとなりました。かなり丁寧な画像で造型製作の模様を見る事ができます。参考になること請け合いの¥5000-ゼヒ!!
で、新作はウェイン・バルロウの[THYPE]$145- 今回は彼等オリジナルではありませんがシフレットタッチでしっかり出来てます。しっかり入荷してきますのでヨロシクです。
今回、彼等が会場を見渡し、最も釘付けだったのが、ヘッドロング/赤尾くんのピラルク(本人談)の生体造型。トリムスペイントフィニッシュクォリティも随分気に入ってもらったようでした。以外な喰い付きにオドロキですがこの辺はまたここでも塗装手順からご紹介したいと思います。
Dsc00441_3
Dsc00440_15

電源切れにつきひとやすみ

| | コメント (0)

2011年5月15日 (日)

爆裂更新~U.S.Aから#01フライング情報

イベント初日が終わり、ニードフルシング、ダークカーニバルのロブ、AFMのライターと晩ゴハン・・・。
デカイアメリカンサイズのマルガリータ・・・連日の徹夜・・・久しぶりに・・・気絶の如く爆睡ZZZZZ。
ご紹介出来ないまま、もう会場入りの時間が来てしまいました。ゴメンナサイ。ホンマのフライングでOUTでした。随時時間があればココでアップしてまいります。ほとんどの初版もんはマダマダ注文出来ると思いますので宜しくドウゾ。
んで、ご紹介以外のスグレアイテムも入って来ますので暫く爆裂更新して参ります。

Dsc00418
猛烈に忙しい・・っといいつつ、、、同行のデミくんが幸せそうな顔してZZZ寝てたのでマジックでラクガキ。。。
Dsc00420_2
アメリカでも顔面マッキーメイクっとなった訳である。でもコレ、いつもこのブログ見てたダークカーニバルのロブからのリクエスト。彼のフェイバリットムービーは日本の「子連れ狼」。ダイゴロウ、ダイゴロウっとよく叫ぶのでダイゴロウを描いたつもり・・がスポックダイゴロウになってしまった。でもロブは喜んだから良しとしよう。
Dsc00444_2
しかしながらデミくんはカッチョエエ娘とも写真バンバンとってもらって随分ご満悦だった模様・・・
彼は人として普通は持っているモノがないの強みだと思った・・・
Dsc00443_2
ではまずダークカーニバルからご紹介しましょう。今回はレジンリアリティと一緒に共同出展となりました。いつもはアモックタイムと一緒なんですが、今はトイメーカーともなったアモックタイム・・とても忙しくスタッフ確保もむずかしかったらしい。いつもNYから2日間かけての車移動なので仕方ないトコロでしょう。しかしながらレジンリアリティも同じNY繋がり。でアイテムもよく似た両者だけに全く違和感ない展示でした。
Dsc00017_2
Dsc00025_2
Dsc00139_2
Dsc00138_2
Dsc00139_3
今年の目玉!?マッドマックスのマックスとグース、他に大物フランケンシュタインモンスターの怪物SOFですね。マッドマックス、グースとも$150-,,,今回、持って来た殆どを仕入れましたよ。価格はシッピングも含めての計算になるでしょうがたぶん¥15000~18000!? この差は何!?っと思われそうですがこの円高を猛烈に実感しましたヨ。本当に・・・恐らくこれまでだと¥18750-っと付けてましたが、ここは円高を活かした価格になるでしょう。この先、ご紹介するアイテムも同じく価格が以前とは違った価格になりますのでご注目ください。
Dsc00135
Dsc00136_2
今回、個人的にツボを突かれたのがコレ。夕陽のガンマンのクリントイースト・ウッド。この路線はボクも頭では想い描いてた路線。デフォルメ・・・しかも普通にデフォルメではなくイメージエフェクトかけられた造型スタイル。映画みたらこんなに細いオッサンに見えてたもんね。細いのに強い...スタイル的にはまんま70年代ぽいのがイイ。こういったイメージエフェクトかけた造型が今後流行るのを期待シル。$110-。で、この2年間-人気のヴァンピレラ、ベティペイジも入荷-。今回、お持ち帰りアイテムはショウプライスで販売予定ー。帰国は今週末・・販売は日曜日からの予定です。
Dsc00134_2
Dsc00133_2

さて、レジンリアリティはサイトにも紹介のない毎回イベントならではの大物があったりするのですがケン・ケリーの一連シリーズのみの展示販売でありました。
しばられてオークションにかけられた造型のオークションブロック$165-、ザ・プリステス$175-、ケンケリのイラストのように割と片光で色調子も極端にややケバ目に仕上げたい。
Dsc00480
Dsc00481_2
Dsc00483_2
以上、USGKの老舗ぽいアイテムでした。

っと、目の前にサム・グリーンウェルが久しぶりに登場ー。
普段、マーベルキャラのスタチュウ原型で忙しかったっと云ってました。お仕事で仕上げたスタチュウと3点の新作GKを持って来てました。
Dsc00491
Dsc00486
Dsc00487_2
Dsc00488_2
Dsc00489
彼の造型はダークサイドなオネーチャン。今回少し変わったように感じましたが、細身のキレイな躯ラインは相変わらずです。んで、いつも造語?でタイトルつけて云われるので2点ともタイトル忘れちゃいました。たぶん彼のサイトも動いてないと想われる・・・し、まぁ、この造型に!!っと来たらお問い合わせください。サムが持ってるのが$110-、でエンジェル(じゃなかったケド)?が$80のショウプライス。

で、今回、怪物屋のお隣にいたのはサイド○ョウスタチュウの原型などを手がけるガブリエル・ガルシア。日本のWFにも行きたいと・・大協力をお約束しましたよ。ハイ。ロブんとこのヴァンピ、ジョンとこのレジンリアリティのケン・ケリーの一連等-。彼を含めて最近メキシカンスカルプターが活躍してます。
ガルシアは特にクリーチャーデザイン造型も巧みなのですが今回は何故かネーチャン。$110-。量感たっぷりなクールなネーチャンです。日本含め、やっぱガールキットってゆーもんは根強い!?
Dsc00461
Dsc00462_2

次回予告!!
天才兄弟、現れる!!


| | コメント (2)

爆裂更新~U.S.Aから#00フライング情報

WF以降ー、トリムス工場行ったり来たりで全く怪物屋動いてませんでした。スミマセン。
メールの方もしっかり返せていないようです。スミマセン。ここから全力で返していきます。もうしばらくおまちください。
今はアメリカのイベントいます。一年で最も多く仕入れする時期でもあり、アイテムも最も多くリリースされる時期でもあります。で、一足早くフライング情報いきます。ディーラーの展示風景をアップしていきます。画像だけですが、今晩、詳細をお送りします。ヴィンテージもんも多数あるので画像でピンと来た方、ムムっと感じた方はご連絡ください。アメリカから連れて帰ります。。。


Dsc00013


Dsc00015_2


Dsc00016_2


Dsc00017


Dsc00018_4


Dsc00019_2


Dsc00022


Dsc00024_2


Dsc00027_2


Dsc00028


Dsc00030


Dsc00031


Dsc00032_2


Dsc00033


Dsc00034_2


Dsc00035_2


Dsc00036_2


Dsc00037_2


Dsc00038_3


Dsc00040_2


Dsc00041


Dsc00043_2


Dsc00045


Dsc00046_2


Dsc00048


Dsc00049


Dsc00052_2


Dsc00053


Dsc00054


Dsc00056_2


Dsc00049_2


Dsc00058


Dsc00059


Dsc00062_2


Dsc00065_2


Dsc00066_2


Dsc00067


Dsc00068_2


Dsc00069


Dsc00070_2


Dsc00072_2


Dsc00073_2


Dsc00074


Dsc00075_5


Dsc00076_3


Dsc00077


Dsc00078_2


Dsc00079


Dsc00080_2


Dsc00081_2


Dsc00082


Dsc00083_2


Dsc00084_2


Dsc00085


Dsc00086_4


Dsc00087


Dsc00095_2


Dsc00097


Dsc00099


Dsc00100


Dsc00101


Dsc00104_2


Dsc00106


Dsc00107


Dsc00109_2


Dsc00110_2


Dsc00111_2


Dsc00112


Dsc00113_2


Dsc00114_2


Dsc00117_3


Dsc00118


Dsc00119


Dsc00120


Dsc00121


Dsc00127_2


Dsc00129_2


Dsc00130_2


Dsc00131_3


Dsc00132_2


Dsc00134_2


Dsc00135_2


Dsc00136_3


Dsc00141_2


Dsc00142


Dsc00148


Dsc00152_2


Dsc00165


Dsc00166


Dsc00168_2


Dsc00172_2


Dsc00173


Dsc00175


Dsc00176_2


Dsc00177_2


Dsc00178_3


Dsc00179


Dsc00185


Dsc00190


Dsc00191


Dsc00192


Dsc00194


Dsc00195_2


Dsc00196_2


Dsc00196_3


Dsc00197_2


Dsc00198_2


Dsc00201


Dsc00202


Dsc00204_2


Dsc00206_2


Dsc00207_2


Dsc00208_2


Dsc00209_2


Dsc00210


Dsc00212


Dsc00213


Dsc00215_2


Dsc00216_2


Dsc00217_2


Dsc00218


Dsc00219_2


Dsc00220_2


Dsc00221_2


Dsc00223_2


Dsc00222_2


Dsc00224_2


Dsc00226_3


Dsc00227_2


Dsc00219_4


Dsc00220_3


Dsc00221_4


Dsc00222_4


Dsc00223_3


Dsc00224_3


Dsc00347


Dsc00348


| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年7月 »