« 2011年7月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月27日 (月)

得意なモノ#3・・・「瞳」

昨日リクエストあったから・・でもなく、瞳の再現は怪物屋始めた当初から割と瞳の描き方リクエストは多いのでファイルに入ってる仕上げた作品画像を貼ってみました。ついでにアッサリ出していた画像もジックリ拡大ズームでパフォーマンスのご紹介〜。

とりあえず手元のファイルに入ってるのだけの掲載なので既に公開した画像もあるかもしれませんが、自分的な仕上げの資料にもするので今日は長〜いです(汗!! でも、怪物屋の仕上げラインがわかっていただけると思います。

Dsc05019_2


Dsc05022_2


Dsc05020_2


Dsc05026_2


Dsc05031_2


Dsc05027_2


Dsc05025_2


Dsc05032_2

全体からスキン表現、瞳の描き込みです。瞳テーマなのでかなり多角的にしつこく載せてみました。
ライフサイズなので出来るだけ奥行きも意識して描き込みできます。また、グラスアイと間違えられる方もいますが、血管、眼球と目頭の境目など描き込んだ方が模型的相性が良かったりします。
ジツは怪物屋始めた当初は1/6でもやたらグラスアイの自作という「工作」に気を配ってました。12-3年前納品アイテムはグラスアイ仕様が多かったっと思います。
しかしフィギュアの場合、ドールちっくになってしまい、自分が求める活き活きした表現にはなりませんでした。
まだイラストレーター時代のスーパーリアリズムなイラスト作品の方が描き込み情報量も多いのに気づき、B3のイラストボードに描くように立体模型に書き出したのが始まりでした。

この描き込み等・・・普通に店内で「パフォーマンス」として怪物屋をオープンしてからず〜っと続けてきてます。永い人は一日中観ていたお客様もいらっしゃいました(汗。
しかし、完全非公開のお仕事アイテムもありますので「常」ではありませんが、お尋ねいただければ書ききれない考え方などはご説明させていただいておりますのでよろしくどうぞ。


Dsc06375


Dsc06378_2


Dsc06389


Dsc06414


Dsc06420


Dsc06419

以前紹介したシネアートのフランケンシュタイン。テベス作。
描き込み&ヒートプレスのハイブリット。・・・瞳の凹みをパテで治す時間プラスアルファーでハイブリッドが出来るなぁ〜っと思ってたからやっちゃったやつ。
微妙な効果はあると思うが「モデルキットを活かして表現する」ってコトが最も楽しめると思う。
そういえばボクが「神」っと思っているマークニューマン。そのニューマンが師匠のマクベイ以外でウマイと思う人は?の問いにブラックナーとこのフランケンモンスター造ったテベスを挙げていた・・・。まだ、彼の作品のソフビキットのファントム¥20000ー在庫あります。コッチは凹み瞳ではないのでマイケルのような瞳再現になるでしょう。


Dsc08620


狼男アメリカンという映画はエイティーズ好きにはもう必須ですね。ここからまた表現の階段が上がりました。時代の扉を造る事はスバラシイ事ですね。常にこの事を心に置いています。
個人的には瞳より、スキンの塗り込みを観ていただきたい作品だったりする。中途半端なゾンビってジツはとても塗装表現が楽しい。


Dsc08305


Dsc08298_2

ハワードさんとこってアメリカの提携している店と一緒にまとめてヴォリュウムオーダーしたりしますが、来なかったりしますね・・・。ゴメンナサイ。GKってそんなとこもあるので旬なうち・・・。いやいやゴメンナサイ。
いろんなGKディーラーさんナントカしますが待てない場合ー、オークションでポチッ、ポチッ、ポチ〜ツってのもありです(笑。でも、御注文いただいてる同一アイテムの場合、ご連絡いただければ助かります。昔、昔、箱に入ってるライフサイズバットマン部隊に店を占領された事もありました・・・(汗。


Dsc03657


Dsc03527_2


ここまでライフサイズもんなのでコレ位の描き込みは必須目安です。
しかしながら、ここから下の1/4でも同じ手順で行なってます。スーパー拡大写真がないのでゴメンナサイ。簡単なスナップ写真だけなので拡大するとブレるのでなかったです(汗。が、じっくりみていただければ描き込みレヴェルは御理解いただけると思います。中には製作中もあったりします・・・仕上がり作品は撮り忘れちゅーやつですね(汗。お客様が噛み締めてください。


Dsc03184_2


Dsc03261_2


Dsc03244_3


Dsc01636_2


Dsc04142_2


Dsc05041_2


Dsc06200


Dsc00932


Dsc01225_2

・・・う〜ん、ドールリペイントとプラモデルの加工途中も添付しちゃいました。

ここからは1/6をメインに1/8,1/12です。
しかし、同じような手順です。しかも、、、10年以上前の作品も出ています(汗。が、逆にある程度のクォリティは変わらない事もわかっていただけると思います。

Dsc03132


Dsc03159


Dsc03129_2


Dsc03278_2


Dsc06772_2


Dsc02075_2


Dsc02085


Dsc02133


Dsc01563_2


Dsc01604_2


Dsc01580_2


Dsc00513


P1040137_2


P1000720


P1000629


Img_0655


Dsc00367


Dsc00361

「瞳」に焦点をあてているのですが、、単純にややアップの写真しかない場合もあるのでそのまま載せてみましたが、古い作品ありますね〜記憶する限り四半世紀前のものありました(汗。
そいえばアップルに出会って四半世紀以上の付き合いですな、、、ボクは今も昔もリンゴを少〜〜ししか使えません。
突然、拗ねて腐ったリンゴの中にも未公開画像があると思うのですが・・・治せません。。。

次は獣、怪獣の「瞳」です。


Dsc08311_2


Dsc08323_2


Img_2296_2


ここ、もっとあるハズですが、ファイルに入ってません・・・。
しかし、エメリッヒのゴジラって良いですね。模型-特にGKではスゲ〜楽しめます。パールいっぱい使うのでとても同じように仕上げたようには思えません。光によってイロイロな表情になります。あっ、瞳でしたね。
人形は眼が勝負っとよく云われます。たしかにそうなんですが、GKーモケイの場合-模型全体、特にシチュエーションを頭に入れておく事がもっと重要です。


これらの作品はそれぞれ5人の作り手によるものですがほぼ同じクォリティになっていると思います。

頭の中ではもっともっとイケテルので、更にバージョンアップ、瞳の表現のイロイロをまたご紹介したいと思います。

内容というか使い回し!?未公開!?不確定ですが店で「瞳」の仕上げを聞かれた場合に使う画像集でした。

先日ご紹介のシックスティーズのラクゥエル・ウェルチは時代的に付けまつ毛なのでキットの目蓋に毛を貼付けます。。。すみません、拡大写真撮り忘れてマス。
しかし、模型って肌、スキン、服、テクスチャーなど穴が開くほど観て頂いて、その都度、新しい発見があるのが理想かと思います。

Dsc04942_2


Dsc04945


Dsc04946


Dsc04947_2

今日の〆のセクシークィーンでした。
汗はわかると思いますが肌の血管による色ムラと日焼け感を写真画像で出したかったんですが、わかりませんね・・・か〜な〜り、微妙に入ってたりします。
次回は「買っといた方がいいよ〜」ナンテ特集しちゃいましょう。

| | コメント (10)

2012年2月25日 (土)

得意なモノ#2・・・男のニオイWET&DRY

ん、ヤバイ更新1週間以上空いちゃいました。
未だにまだ、店内、バラバラとしています。少し、模様替え含め販売形態を煮詰めています。
サイトで「ポチッ」とし易くするための準備しています。もうしばらくお待ち下さい。
このブログのようにアップしやすい「ポチッ」ページ・・・ご期待ください。

でタイトル・・・
またしてもお持ち込みキット?のご依頼品のご紹介です。お持ち込みのスタチュウ、GKも大歓迎でございます。よろしくどうぞ。
マッドマックスって年間お問い合わせBEST10に入る人気キャラです。
♀とは違い♂の場合、ある程度の年齢を重ねたモチーフの方が「表現」が多くなり模型として楽しめます。

Dsc04610


Dsc04625_2


Dsc04627_2


Dsc04623

多少の髪の毛の追加工作等、多少いじくってます。これらは表現する上でもれなくやっちゃいます。
スキンテクスチャーの表現は以前にも書いた通りで重ねて、剥がして、重ねて・・案外コテコテに感じますが、これをウス〜クするのがコツです。
絵画でも透明感ある女性の肌でも肌色の中に緑とか紫が入ってると思います。
環境をイメージして色を叩き込みます。小さいとーベース付きだと更にソコを意識したほうがいいでしょう。

細部の描き込みというか血の盛り上げ塗りは、マイクロクリスタル使用です。1/6~1/4の女性の汗表現も主にコレです。
このウェット感は「活きてる表現」には欠かせません。
怪物屋ワンオフ造型の以前の画像ですが、この時は大きいので透明エポキシ樹脂など大きさによって使ってます。


Dsc04997_2


Dsc05004


Dsc05015

マッドマックスがあったから北斗の拳ってあったと勝手に思ってマス。199X年って世界観はマックスの世界でしょう。
両者のコスチュームがとても似ているからでもありますが、、、
ではコスチュームの使い熟れた皮再現も顔とか皮膚の再現と同じです

Dsc04628


Dsc04631


Dsc04635_2

塗装表現の見せ所でもあります。ここではドライな表現に徹します。
ちょうど、ファイルにボーエンの未公開画像と思えるボーエンのマックスも入ってたのでアップしちゃいましょう。


Dsc07599


Dsc07616

怪物屋的下地塗装の考え方含め、テクスチャー表現集としてニードフルシングス/ダークカーニバルのマックスがあるので後日アップしていきましょう。


Img_4933_2

どうでしょう!? 傷だらけのタフな男のモデルってステキですね。模型として楽しめサマになります。
・・・さらに1/1ライフサイズ、1/18のマックスを近日公開!?もちろんご存知グースもね。乞うご期待!!

| | コメント (6)

2012年2月14日 (火)

得意なモノ#1・・・多角充塡120%

はい、怪物です。
怪物屋のあらゆるパフォーマンスを多角的にアピル「パフォーマンス」というシリーズです。ネタは多いと思うので??新しいカテゴリーとして造りました。
第1回はプレデター。お待たせしている御依頼品のひとつです。プレデターの中でも人気が高いエルダーですね。作例はお持ち込みキットを仕上げたモノです。

Dsc00428

Dsc00431_2

Dsc00424_2

Dsc00433

GKでは花形の80年代クリーチャーキャラですが、公開当時の劇場は閑散としたものでした。しかし時代が味方したのか「レンタルビデオの普及」と共に洋モン'80s、'90sSci-Fiキャラは人気モノになった感じがします。やはり、1stインプレッションが映画館よりヴィデオの方が何度も見返す事できるのはデカイと思います。この時代ー、オールナイト上映の全盛期でしたが満員120%「立ち見」だった映画はターミネーター(1)ぐらいで物体Xなんか1桁の客入りだった憶えがあります。しかし、「立ち見」って・・・ナツカシイですね。
模型としてのプレデター人気は表現パフォーマンスの多さに要因あるのではないでしょうか。
力強い体格、甲冑アーマー、爬虫類スキン、野獣の牙/眼孔、忍者、ラスティなドレッドヘア・・・すべて共通性のないモノをヒトツにしたバランス感覚は強烈な個性になって、間違いなく「模型映え」します。
エルダー自体、スクラッチ/改造、自作造型を含めると、5個仕上げた事になるでしょうか・・・
プレデターの中でも人気が高いですね。だってプレデターの中でも老成個体ですから、通常のプレデター以上に生きぬいた「証」も表現できます。怪物屋でも生体関係をモケイ化するのに、マズ選ぶのが老成個体ー証を模型再現する事・・・Sci-Fiもんでもスケールモデル的な考えです。
納品前の店の外で撮った写真ですが、ちょうど曇り空だったので色調の幅を観て頂きたくには良かったと思います。

Dsc00421_2

Dsc00429_2

まず、模型にとって「色調」は広ければ広い程-良いと思います。ホンモンを1/6なりスケールの中に閉じ込める訳ですから、ソレに見える空気感も同時に塗り込んでいく感覚が要ります。??だと思いますが、終始シチュエーションを頭に想い描いて仕上げていきます。ココがないと流した仕事になり、仕上がった時に差が出ます。
シチュエーション、スケールに見合ったエフェクトを加味していくと、このパーツは○○色で〜とか、云えなくなります。
どうしても親切なプラモデルのインスト上がりのモデラーが多いので、指定色の概念が強過ぎて画一的な仕上がりになってしまいます。
お客様とのヒアリング/メッセージを受け取り、そこでイメージ構築すると同じ仕上がりはないと思います。昨年までのタイのスタチュウ事業は一定したクォリティの安定化がテーマなので工場と呼んでいたと思います。が、怪物屋は工房というスタンスは崩さず、細々と永〜くやっていきたい事業です(笑。

GK模型のカスタム工房として、決して流さない仕事・・特に観て頂きたい部分でもあります。

プレデターのアーマー部分も○○色とかベルト部分は○○色とか余り云え切れないない仕上げになっていると思いますが1cm平方に見る「色」「タッチ」の情報量が多い仕上げこそー怪物屋スタイルです。
顔だけとか、頭だけとか、眼だけとかお話は頂きますが、廻りも必ずやっちゃいます・・・。だから、部分的には余りお承けしておりません。
この「豊かな色調120%」はスケールモデルも同じ事が云えます。(1/48、1/32スケールの0戦等スケールもんのご依頼-熱烈希望中(笑)

Dsc00501

Dsc00504

Dsc00509

Dsc00512

Dsc00521_2

さて、エルダーに話は戻しましょう。
実際、映画ではこのような描き込みはありません。撮影現場の仕事では慌ただしいと思われるので、実際にやりたかった事を見抜き「ホントはこうなんじゃないだろうか・・・?」っという想定、イメージを固めて仕上げて いきます。
これは彩色ばかりではなく、造型ー原型製作にも一貫して施している「本物」プラス「イメージ20%」加味して仕上げるのも怪物屋パフォーマンスの特徴です。
ホンモンを知り、それを「模型再現」するにはどうしてもプラス20%以上の解釈が要ります。
また、こうした部分は彩色ばかりではなく製作段階でもあります。
腰の座り、手-足/ヒジ-ヒザの角度等、修正もイメージ優先でキット素材を最大限に生かすよう、改造ももれなくやちゃいます(笑。
したがって、同じキットでも立ち姿が微妙に違います。
実際、この作品自体、何処を触ったか憶えていませんが顔廻り、立ちポーズの腰の座り方が違っていると思います。

ここのあらゆる角度から観たプラス20%のパフォーマンスにより普通に造っても、作品の空気感が変わるというか、オーラを放つ作品になっていくと信じてます。

Dsc06687

Dsc06686

また、設定デザインはこうだったが、本番映画ではこうなった・・・ナンテのも知った上で製作すると・・・設定に戻す事もアリだと思います。よりリアルな方をよりカッコイイ方を選ぶほうが模型としてそれらしく見える事でしょう。

怪物屋パフォーマンスは「ホントはこうしたかったんじゃ?」って気持ちも考えていく仕上げです。

ご依頼品お待たせしておりますが、店の中かたつけるのに今週一杯かかりそうです。
お問い合わせはメールにてyo-ko-kaibutsuya@nifty.com
よろしくどうぞ

| | コメント (0)

2012年2月13日 (月)

感謝

WF当日の朝です。皆、慌ただしく準備に追われています。大きな空間を見る度、ここに4万人を超える人が集まるなんて・・・WFといふGKを中心とした模型イベントのスゴさをいつも感じます。

Dsc04933_2

宴が終わり、帰阪。荷物を店に入れて、スタッフを送り届ける・・・
翌朝の出勤の為、新幹線/飛行機で一足早く帰ったスタッフの戦利品!?を朝一に渡して・・大体、キッチリ朝8:30になる。

イヴェント当日まで実況ブログ化に注目していただいた方々にも、どんなものかお伝えしたいのと、このブログをもう間隔を開けない為にも、キッチリ最後までご報告させていただくと共に、
ご来場して頂いた多くの方々、協力スタッフの方々並び、納品をお待ちちていただいた方々全員に感謝いたします。

WF時に関東方面のお客様で完成品依頼していただいているお客様への仕事も、怪物屋の仕上げパフォーマンスとして見て頂いております。故、ンっ、少~し違和感あるアイテムも展示しております。が、これもGKカオスとした怪物屋のテーマそのままですのでゼヒ、御覧頂きたい作品であります。
Dsc04937_2

Dsc04939

おかげさまで年々、ディーラーテーブルから離れれなくなっています。タバコもヤメたのでイヨイヨず〜っと怪物屋内から一歩も出ずにいました。
毎回、書いてますが、、、次回こそは廻りたい。。。モバイル/ケータイ持たない主義のボクには無理かも・・・。
通常時でも怪物屋のお客様の半数以上は同業者さんですが、ホント多くの方々に来ていただき感謝しております。
小規模ながらの均一BOXのタイムセールも「おお〜」、「ええ〜」、「まさか〜」のありがたい声を頂き次回!?に弾みがつきました。

Dsc04934_2

写真はエドロス含め、大好評いただいているシフトノブです。ジミーの協力もあり、アメリカとほぼ同じ価格、スタイルで販売する事が出来ました。

あっ、ジミーが気を効かせて新しいアイテムも数種類入れてくれてたので、次回も継続決定でしょう。
もはや・・ビランズコレクションのようになってきたシフトノブ。。。追加アイテムの一部をご紹介・・・。

Dsc04980_2

Dsc04981

Dsc04983_2

説明不要の人物です。。。ボクはアメリカ人が創ったこの人のGKを見るのは3度目です。ブラックジョークのアメリカ〜ンらしいといえばらしいケド、純粋にコレ、ホビーアイテムとして魅力的に思えました。

今回はこのブログでご紹介したツールのディーラーダッシュ!!もありましたよ。
GKでもなく、完成品でもなく、道具でディーラーダッシュがあった事は今後に励みになりました。
おかげさまで限定アイテムは完売。
クロスワークス/スパチュラヤスリの成功から次々に産み出していく、これまでに無いNewスタンダードツール、あったらいいのになツール販売は特に注目していただきたいトコロです。

ケミカル/ツールともワクワクの次回構想がありますのでご期待ください。

Dsc04979

お店の方はトラック1台分ですが、梱包をほどき、整理する方が時間かかります・・・営業のご案内はまたここでご案内申し上げます。

お待ち頂いているお客様、あるいはお問い合わせ等々、メールでお願いいたします。

yo-ko-kaibutsuya@nifty.com

よろしくどうぞ

| | コメント (4)

2012年2月12日 (日)

よろしくおねがいします。6-18-08です

クルマから作業をススメル道具、作品を取り出し漸く部屋に入りました・・・開演8~10時間前・・まぁ、いつもな平均時間です。
アクセル/矢竹くんもいつの間にか同じスタンスです(笑。
たまに冬は豪雪の為、ギリギリになったりします(汗。
でも、ホテルに入れるだけで贅沢な時です。温泉が付いてるんですが1度しか入った事ありません。。
ホントは準備その他イロイロな事の確認チェックが要ります。が、
躯をのばし、作業にかかります。。。

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz・・・・・・・・

若い頃、無理しすぎると・・・クセがついてしまって。。
どうしても年喰ってもそうなります(汗。
躯を延ばした瞬間!----ZZZ・・・ZZZ・・・ZZZだった様です(笑(汗。。。
焦ります・・・

では。

Dsc04932_2

っと、書いてたら矢竹くんが来た。
やはり、zzzzzzだったらしい(笑。

ガンバロウ

ソロソロ、会場入り、デス。

ビックリアイテムも登場するタイムセールはPM0:00、PM2:00、PM4:00を目標にします。

よろしくどうぞ


| | コメント (0)

2012年2月11日 (土)

出発!?

ここからこのページまで東京に着くまで増量していきます。。。。
まだ、すべて出来てません。。。いよいよ追い込まれてマス。が、出発時間は迫って来ますから、
梱包作業も進めてマス。激アツ作業の為、玄関開けてても寒くありません。

荷物はまだまだこれからですが、製作、キット生産、すべて佳境に入って来ました。

Dsc04931

写真撮る間なく、、第一次先発隊出発!!
当日版権モノは完全に入れる事は出来たと思う・・・あと、店の在庫はこんなん出て来た〜ってアイテムもあったみたいで、当日、タイムセールボックスに入れていく・・・っと云うとスタッフがソレなら買う!! ☆〜っと・・・云う位のアイテムもあります。スゲーデカイキットが¥1000-てなモンも約束します。¥1000ボックス ¥2000ボックス ¥3000ボックス  ¥5000-ボックス ¥10000ボックスをお楽しみに。

ジツはまだ一部キャスティング中!?のため、ボクたちっていつもの後発隊・・・アクセル/ヤタケくんもまだ作業してます。。。いつもの事です。。。

今日は朝から何となく・・WFぽいお客さんが店の前をお通ってる・・・っと思ってたら、関西ラジコン市ってイベントが目の前で繰り広げられていた。
そう、怪物屋の前はマイドームオオサカってイベント会場施設。だれか小規模でいいからここでGK/プラモイベントしてくれないかな。。。

さて、、、、書けないくらい慌ただしい時は過ぎて到着。

| | コメント (0)

2012年2月10日 (金)

怪物屋WF当日版権のシンボル

一昨日、ご報告していた歴代ゴジラレリーフ(クロック仕様)、ようやく頭が抜き上がりました。
Dsc04924_2
あとは・・・ベースです(汗!!!

しかしシリコーン型はアメリカで3年前に造り直していたのですが、アメリカの低温硬化レジンではキレイに流れていましたが、粘度の違いからかナカナカ流れない・・真空槽に入れても・・!! なぜ!?
イロイロ調整してナントカ抜けました。

あとはベースです(汗!!

Dsc04927_2


Dsc04928_2

イチオシ・・・シーラカンスももうじき上がる・・


| | コメント (2)

東宝怪獣#1 バーニングゴジラ 準備完了

当日版権GKでは最大のサイズだと思えるゴジラ。
1995バーニングゴジラ。¥58000-ホロウキャスティングマシーンを納入した事もあり、国内での大型中空成型でしたが型寿命の都合上、コレ以上保ちませんでした。コレが最後!?の販売です。

Dsc06946

Dsc06947

Dsc06948

Dsc06950

Dsc06951

●歴代ゴジラレリーフは現在もキャスティング格闘中・・・・

では、ここでWF販売3回目となるGI-1000シリコンをご紹介ー、4.54kg-¥15000-
●映画産業の国、日本の3倍の人口を擁するアメリカで定番になったその実力はGKにとってとても便利です。
P1040741_2
GI-1000の特徴は●収縮率が少ない-0.1% ●引張率が500%、●シリコンオイルによる弊害がない(洗っても洗っても色が乗らない経験ありませんか?) ●粘度300〜400pas(マヨネーズが8pas)これは今お使いのシリコンと較べられると驚異的数値だと驚かれると思います。
つまり、精度が高く多く抜ける→時間の短縮→丈夫で保存が効く→低コスト化の実現と共に利益に繋がる・・・っという図式が描けます。
これを実証するべくWF当日版権でゴジラキットをリリースしました。
多いモノでジツに3年に渡る再販をしたゴジラシリーズ。それにより各3桁の生産を成し遂げました。
実際、今回のWFにてハードディテールの1984ゴジラのGI-1000使用のシリコン型を展示します。
Dsc04870_2
この型はアースヴァウンドの分割スタイル。
何度か抜いた事のある方はこの型の柔らかさ、この型持ちの良さに驚かれる事でしょう。
100個抜いて経年変化のない型をぜひ御覧下さい。

また、透明型のS-44シリコーンも販売。手流しレベルですが実際のディーラーさんが抜いた型も展示/販売します。906g ¥4500- 
シンプルで小型のものなら、粘土埋めする手間のない透明シリコーンがオススメです。

経年変化のないシリコーン型・・・GKディーラーにとって1年型が保てば再販がラクになったり、販売アイテム数の拡大に繋がり、よりボリュウム感が増える事だと思います。

*専門の係が居ておりますので、何でもお尋ねください。

| | コメント (3)

コナミさんとタツノコさんの準備90%完了? 

Dsc04923_2
タツノコプロさんの科学忍者隊G-1タイプ1/1ヘルメット。
またの名をガッチャマン。大鷲の健
バットマンヴィジュアルにも影響を与えたガッチャマン。展示サンプルはウレタンクッションまで張り込み被れます。デュポンカラーで仕上げた硬質なツヤ、質感を御覧ください。アニメでは見きれないのですが微妙にパールを混ぜて質感を上げております。高い透明度のブ厚いシールドなどコダワリ成型による質感もウリです。
・・・しかし、キット1個、完成品サンプル1個提出はキツイ〜〜。次回もあるのだろうか・・・?

typeG-1ヘルメット¥30000-でもお祭りプライスデス。完成品受付中!!ココでナントカなるかな?のプライス設定・・・ヒェ〜〜!!

Dsc04919

Dsc04920

Dsc04922

Dsc04921_2

コナミさんトコのサイレント・ヒル2/ 1/6スケールバブルヘッドナース 当日版権¥12000-
イロイロな事が起こりましたがナントカ妥協点で生産終了でバリ取り、表面の乱れを処理してます。
カワイイ?ニュルニュルの水泡頭に合わせたボディモールドですが、実際-ホントにいるとすれば・・・のテクスチャーは溶きパテにタバコの灰とか、レジンの粉塵などを混ぜ混ぜして画像のように塗って下さい。設定上ならい〜っぱい灰とか埃被ってますもんね。

Rnurse4

では続きは東宝怪獣ネタですね・・・格闘中デス。

| | コメント (0)

WF会場で・・・

ここから日曜朝までショートにショートに「現在」を紹介していきます。
さて、明日の朝には荷物を詰めて出て行かなければいけません。。。また、いつもこの機会にお待たせしている関東方面のお客様への御依頼アイテム(随分お待たせしてスミマセン)もお渡ししており、、エンドレスの作業っとなっております。
しかし、、先日書いた版権アイテムの生産事故!??、キャスティング不良等により大ピンチ・・・に追い込まれております(汗。。。
また、入荷の一部を紹介させていただいたのですが、おかげさまで!?残り1個とかなっちゃったアイテムもあり、感謝と共にその対応として、現場で発注ノートを数カ所に置きますので、どうぞご記入ください。

また怪物屋スタッフが仕上げた完成品の納品アイテムのクォリティをぜひ御覧ください。
最近、完成品をアップしていなかったのでWF終了後にもここでご紹介していきますが、一部ご紹介します。

Dsc04912

フィメールキットのセクシーなリアル仕上げは自信あります。恐竜100万年のラクゥェル・ウェルチ。
1/6スケールですが胸元、首筋にキラッと光る汗!!の質感−表現にご注目ください。

Dsc04913
スリラーです。マイケルです。アメリカ人が云うとマイクルって聞こえます。
怪物屋的スキン表現をゼヒゼヒ御覧下さい。
「パッと見て」どうゆう手順で塗ったか見破られる・・手順がわかる仕上げは「NG」です。(キッパリ)
本当の透明感ある、「活きた肌」は塗り込み(死んでるケド)は独自な描き込みの中から生まれます。
しかし、すべての表現テクニックはすべてお店でパフォーマンス紹介しております。もちろん無料デス。
またWF終了後もよろしくです。

Dsc04914_2

完成品サービスをして14年・・眼の描き込み表現は常に評価していただいてます。
「とても描いてるようには見えない・・」がサイコーの褒め言葉だと皆、日々ー精進しています。
描き込みにより出来る「生」な表現をゼヒ、会場で生で見て頂きたい部分です。

常に「現在」に満足しない事ー。今、お待たせしている作品もサイコーのパフォーマンスが活かせる様ガンバッテマス。

ハイ、ショートでスミマセン。

また数時間後・・・

| | コメント (0)

2012年2月 9日 (木)

メチャ! マジ! ヤバ! チョ〜! ハンパネェ!

毎回、WF会場でのソフト販売。アメージングフィギュアモデラー誌、すばらしい仕上げのノウハウテクニックを紹介する製作ガイドDVD「モデルマニア」また、超巧い原型師兄弟のシフレットブラザーズの造型テクニックがわかるDVD・・・などなどソフトも充実させてるつもりですが、前回、前々回っとWFで最も売れてるのがプレヒストリックタイムズ!! マサに継続は力なり!! この12年-地味〜に売り続けてきた甲斐がありました。そして、そのプレヒストリックタイムズ・・・#99と#100は記念イッシューとして表紙カバーが2種あります。お好きな方を選べます。しかも100号は金の箔押しでロゴ入れちゃってます。見た瞬間、スグに追加注文しましたョ。でもWFでコノテが売れ出したって事は・・・ネイチャーもののディーラーも多くなって、お客さんも増えてるってコト!?
WFイベント全体が造型カオスっとなりつつあるのでは!? 今だからこそ本当に創りたいモノを創れる時代な気がして来ました。

Dsc04915_2


で、デカイ魚とデカイ恐竜キット来ました。忙しく未だ開けれないんですが、そのままWF会場オープンになりそうです。紹介出来ないアイテムはまた後日紹介していきますね。
また怪物屋としてモンスターフィッシュたちの模型化は古生物、現生関わらず造っていきたいっと思ってマス。(模型としてホビーとして彩色が楽しすぎマス・・)
この辺りのアイテムはWF以降にもご紹介していきますが、魚類の持つ流れるようなラインとその力感はホント模型映えします。

Dsc04906

Dsc04907

クレタセオス/モサ・サウルス 1/15レジンキット¥32500- 三日月ポーズがオシャレでヤバ、カッチョエエ〜。

では、シーン・クーパーと一緒に練り上げたシーラカンスをご紹介ー。打ち合わせのスケッチ段階から創る工程を連続掲載していきましょう。
イメージ→研究→量感調整→活きた造型→エフェクトモールドの工程写真です。

Coelacanthconcept3

Coelacanthconcept2

Coelaarm3b_2

Coelaarm4b_2

Coelaarm6b_2

Coelasculpt1b

Coelscales1b_2

Coeladetail1b

ネイチャーもんというかジツは今回の目玉だと思ってマス。WF先行販売1/6スケールシーラカンス¥20000-
製作、生産中であり塗装中の為、下塗り段階ですが、時間も押し迫りつつあるので中途ですがご紹介。

Dsc04909

Dsc04911_2

Dsc04910_2

Dsc04908

コレ置くだけでアカデミックな空間になります。またレヴューしますが活きた造型をぜひ御覧下さい。

ゴジラとクジラとシーラカンスを混ぜたようなカッチョエエ造型で人気の「ハイドロドン」もWFに合わせて再入荷 ¥20000-
Hydrodon12web


| | コメント (0)

2012年2月 8日 (水)

途中報告#1

WFの当日限定販売・・・なんてリスキーな販売だろう・・・。(今、猛烈に苦しんでマス(笑)
Dsc04848
東宝怪獣は別にこの当日版権でなくてもいいっと云われる・・・が、もともと半期に1度の大きなイベントに衝撃的で安価なキット販売をしてみたい・・・。そんな思いを実現する為にアメリカに行き、友人のキレイなGK成型パフォーマンスを紹介したかった。同時に中空のホロウキャスティングを普及させたかった思いもあった。日本ではポピュラーではなかった中空成型機自体も専門業者さんへ納品し、わずかながらでも大型キットが安価な価格で出来るようになったと思う。そうしなければ「造りたいモノを造りたいサイズで造る」事が出来なくなると思ったから。
Dsc04904
Dsc04905_2
この商売を始めた頃、日本はどうしても画一的なサイズがGKでは多かった。しかしアメリカのGKはジツにデカイものからモバイルストラップサイズまで幅広くあった。
そんな作品を見てGKは共感を大事にした方がオモシロイものが産まれると思った。
80年代の海洋堂さんのHJ広告で鉄人の1/1の足?を造ったという広告があったと思う。ジツに印象深く憶えている。その頃のボクは純スケールモデラーというかヴィンテージモデルコレクター。アノ方向へ近づくと自分の趣味路線が変わりそうなので敢えて行かなかった。
また、毎週、桃谷公園で野球のリーグ戦をしていた時センターレフト方向にはゼネプロがあった・・・。足を踏み入れると今までのコレクションの路線が変わりそうなので入らなかった。

ところが、が、が「今」はバリバリレジン臭の立ちこめる空間に身を置いている(笑。

ここまで心を突き動かされたのは、「情熱溢れるガレージキットの魅力」に敵わなかった。という事。
情熱→共感・・・これこそGKの要るところだと思う。
なぜ、敬遠していたかはまたの機会に書くとして、ゼネプロ→海洋堂→伝統あるWF当日版権アイテムだからこそのアイテムが怪物屋的にも欲しかった。

今年、久しぶりに歴代ゴジラレリーフが通った。

以前から書いてる通り、コレはリクエストの声をいただいてる限り執念で再販します。
WF以降にも書くと思いますが、GI-1000シリコン性能の高さを訴求する意味もあります。
保存が効くシリコン・・・これがあるとディーラーとお客様のバランスが良くなると思うからです。

既にはじめて申請した時のゴジラレリーフ型は残っていませんが
3年前に一部取直して保存していた。恐らくフツーの日本製シリコンでは無理だったと思います。
(使用シリコンはGI-1000。格安販売中!! 4.54kgセット¥15000-よろしくです)
昨年の再申請時にテストした時は真空槽に入れなくても流れた・・・が、レジンの粘度?質?が変わったのか一部流れないのだ・・・。慌ててレジン缶持って知り合いの真空槽の工房にもっていった。
Dsc04851_3
元々、大阪は家電メーカーの多い場所柄故、模型サンプルを造る工房はジツに多い。
最近、GK界でもカラーレジンが普及しているが、サンプル模型工房はそもそも色を塗る感覚ではなく、ハナっから調合した樹脂のケースが多い。どんな中間色でもバッチリキメル。
Dsc04850_2
巧みに樹脂を操り、透明感の調整までコントロールしている。
企画→原型→生産この完全職人技のアナログ体質こそ、たのしいGKが産まれるのではないだろうか・・・
コレでゴジラを造りたい!! のだが大人の都合で東宝怪獣は無理ナノダ。。。

でも、カラーでキット造っても怪獣の場合、ウェザリングの楽しみ、より生物感出すような描き込みはするものだと思うし、ソコがオモシロイと思うんだけど・・・想いあれば叶うと信じテルので夢を見ておこう。

で、未だに生産中なのです。
途中報告でした。

う〜ん、、、このようなネタでもいいのだろうか・・・でも元気な証として書いていきますよ〜

| | コメント (0)

昨年、WFで最も売れたGKアイテムは?

ハイ、ヒトラーです。一箱分・・・たしか30個が1日で売れちゃったようです(万歳!!
最近では余り無い事だったので数が足りませんでした。怪獣/クリーチャー好きのスタッフはこんなに入れちゃって、、な〜んて事云われ・・内心––アレレ??でしたが、割と早々と無くなりヤッタ感ありました。が、調子にノッテまた大量にヒトラーが来ました(笑。やっぱりアーマー系からコッチに来る人も多いんでしょうネ。
コレ、リアルに塗ると恐ろしい程、似ると思います。また、そういった塗装の勉強もしやすいです。
単純にキャラクターで捉えると昔はパークスというメーカーから1/10スケールであのカストロと共にプラスチックモデルになっています。そうプラモになる程、この人はサマになるのだ。
Dsc04885_2
大阪新市長は「日本に必要なのは独裁者」っと云って論議を醸し出しました。が実際、歴史上では独国民300万とも500万人ともの失業者を救ったのだからタイシタ総統です。ネット難民とかニートとか話題になる日本には独裁者が必要かも。。。
そんなこんなで(どんなん?)ヒトラー/シフトノブ(今だけ¥2000-)。価格は・・!!!今回またやりますよ。ボックスセール~!!!
¥1000ボックス。¥2000ボックス。¥3000ボックス。¥5000ボックス。¥10000ボックス。
各ボックスに入ってるのはエエ~~ってアイテムが「時間毎」に入っていきます。早いもの勝ちの売り切れ次第終了。
こ〜ゆ〜事するから他のディーラー見に行く事できませんね・・・やっぱり。

Dsc04883
バットマン/ダークナイトのジョーカー/シフトノブ(今だけ¥2000-)。もうコレも多くの方に購入いただきましたが、調子にのって、また大量入荷。いや、、ボクの眼でコレ、、ジョーカーの中で最もよく出来てるっと思えるので・・・多くの方に見て触れてほしいので・・・もう3回目のWF売りになります。


Dsc04886_2

さて、1950年代初頭に登場し、その時代のキャラクターのコスプレするアルフレッドEニューマン(今だけ¥2000-)。リクエストして再販して貰いましたよ。
だって、添付画像のようにこれほどソバカス、歯抜けの似合うキャラっていませんよ。
Dsc04887_2
描きたくありませんかぁ?リアルなソバカス!?。もしくはピンクのベタ塗りでもサマになる・・・ホンマにシフトノブにするのもアリだけど、
「時代を彩ったアルフレッドのコスプレを小改造して並べたい・・・」っと妄想・・湧きませんか?
Dsc04888_2
Dsc04889
1977年だとダースベーダーのヘルメットを被り、1985年はバットマンのマスクを被り、1999年はダースモールになる・・・そう時代を彩るキャラクターに改造しやすいんですよ。お祝いーお誕生日等シャレ効いた贈り物にもなる事でしょう(ンっ、普通ーデキナイ!? って!?んな時は、どうぞ御依頼ください!!)
*ちなみにレヴェルのプラモデルに合わすとよりそれらしいデフォルメになります(笑。
怪物屋イチオシのアルフレッドEニューマンでした。

Dsc00289_2
Dsc00293_2
ジミーといえば「アメリカン・ホットロッド」のボイドシリーズ。日本でも10年程前テスターのModel Masterブランドにより多くのホビーショップに彼のホットロッドのレジンキットが並ぶようになりました。
サイドショウ主催のマッドモデルパーティで知り合ってから、もう12年のお付き合いになりますが、彼ほどメカもん、スケールもん、エロもん、ホラーもん、キャラもんっと得意ジャンルの範囲の広さを保つ人を知りません。また、仕事の速さには頭が下がります。年間に新作をン十個作り、キャスティング作業の外注もこなす・・・エネルギッシュな人間工場です。いや、ホント良い意味で。
ラットフィンクなどビッグ・ダディ/エド・ロスのアイテムも継続販売します。

さてエンドレスな製作作業かかります。

| | コメント (0)

2012年2月 7日 (火)

ちょっと折れた

スミマセン。WFの準備に向けても(汗、皆様の御依頼品上げるのも(汗、一杯一杯ですが、コーユー時はトラブルが続くものです。「必須#4」もこれまで以上に用意していたのですが、、パソコンがプッっと・・消えてしまいました(汗(汗(汗!!!!

きっと「今」はその時ではないのでしょう、どこかへ飛んでいった衝撃的な記事はWF以降でも書いていきますネ。

では、とりあえず1970の続き・・・(そういえばフラッシュ・ゴードンってクィーンのフラッシュ・ア・ア〜って耳に残りませんか?)でスモーキー・アンド・ザ・バンデッド・・・邦題トランザム7000!!

70年代のマッスルカーの象徴(違うか、終焉かな?)のポンティアック・ファイアーバード・ トランザム。ボクはこれ以上ハデな塗装を標準で施したクルマを知らない。映画ではコレにケンワースのトラックが加わり、AMTなどクルマのプラモ好きにはたまらない映画。この映画から日本の模型店にAMTのトラックプラモが劇的に増え、その精度の高さに驚かされた。この映画がキッカケかどうかは定かではないがアメリカ=オレンジ色の大地に延々と延びる道=ハデでデカイクルマ=デカイトラックが1970年代のアメリカなのだ。
Duo
Dsc04881_2
そんな70年代を象徴するかのようなアクション&コメディ映画なんだケド、マサカこの時期にこのようなGKが出るとは・・・日本でいうとトラック野郎/菅原文太と相川欣也が1/4サイズで出たようなものと云えばわかりやすいかな。
映画の主役は70年代の象徴:バート・レイノルズ。ニヒルな笑顔だぜィ。んで、それを追いかける保安官の2体セットです。最近、この手のGKって絶対似てなきゃ、ツボ突いてなきゃイケナイ。10年前はソレとわかるだけである程度は売れていた時期があるが、今はもうコレクタブルなトイがスゴすぎてか少々似ててもセールスまではいかない。
ただGKの本質の「共感」コレが大事である。コレを棚に置くだけで70年代に憧れたアメリカがソコにある・・・。
1/4スモーキーアンドザバンデッド ¥12000-

で、1970年代といえば「喜劇王」チャールズ・チャップリン!! 又は「永遠の放浪者」(別にボクはココをめざしている訳ではない(汗!!)。
なんでチャップリンが70年代やねん!!っと突っ込まれるだろうが、猛烈な回顧ブームが起こった。日本でも怪獣映画からチャップリン映画が多く上映されるようになった。この後、またもやクィーンの曲と共に傑作SF映画「メトロポリス」の世界的上映の引き金になったっと思う。
Dsc04876_2
チャップリンって家のどこかにポスターがあったり、広告展開含め70年代は再び大活躍したのだ。なんたって喜劇の「王」である。日本で云うと藤山寛美(もういい?)。
産業革命の頃の人なので「人類の進化と平和」を感じて作品づくりした万博のような偉大な人。
チャップリン全盛期のバストモデル。原型はサイ○ショウで活躍するガルシア。1/4チャップリンバストモデル¥5800- 
また彼が得意とするフィメールモデルも再入荷。

そいえばエリックのフィメールキットも届いている。スペースホスト1/6スケール¥15000-
サイ○ショウ、日本のコトブキヤさんでも活躍するようになったエリックの創作モノ。美しい顔と躯のラインである。こんな縁のないキレイなオネーさんにこっち来いって呼ばれたら・・・きっとブッ飛ばされるに違いない・・・被害的妄想しか生まれないがキットなら更にここからいじくるのもいいだろう。
以前に送られて来た原型から載せていこう。(原型はNSPのブラウンかマジックスカルプのフレッシュだと思うが双方ともWFで販売します。¥2500,¥3000-)
Img_0961_2
Img1110f
Img1108ns

更に、、、同梱アイテムだが、個人的に昨年度のお気に入りBEST3に入るスティーブン・キングの青春ホラー!?「IT」のペニーワイズ。1/5スケール¥8500-でやさしいピエロと鬼ピエロを見事に再現したバストモデルになっている。
Dsc04877_2
Dsc04878_2
Dsc04879_2
顔の表情が良いのでレジンのまま載せてみました。穏やかな表情の作り方から髪の毛の彫刻処理・・・かなりデキル!!
Clownprog_058_2
Clownprog_062_2
そう・・入荷直後・・・売れますよ。こーゆーのは。
で、WFには少量持っていきマス。
ひきつづき入って来ますので(ジツは追加分が間に合わないのが今日判明!!イロイロあります)御注文ください。
ンっ、突然、キャラの宝庫90年代にワープしましたネ。。。まだまだありますがWF会場で。

ちぃーと古い情報アイテムでしたが、久々に洋モン入荷レビュー。どうですか?
このまま、もっとイキます。
が、製作作業もMAXレヴェルなので次回お楽しみにください。

| | コメント (0)

2012年2月 6日 (月)

必須#3  とかとか使える彫刻刀¥500!!

昨日書けなかった部分からご紹介していきましょう。鼻の穴とか耳の穴とか唇とか眼/目蓋の彫刻とか指の根元とか指先の爪とか髪の毛の流れるようなモールドをシャープに彫るとか鎖骨の彫りを深くするとか服のシワを柔らかくするとか細かいステッチシワを彫るとか貼りポケットを立体的に見せる為に浮き彫りするとか袖もと首もとの彫り込みを深くするとか・・・ETC以上は実際にボクがこのツールでやってる事です。
1/35から1/4スケールフィギュアまで幅広く使ってます。
サイズはS1.2mm径、M1.6mm径、L2.0mm径の3種類でどれでも¥500-。素材はタングステン。硬くしならずに彫れるので精密な彫刻に向いています。
コレ、ホルダーまでつけると高くなるので先端のみの販売とし、写真のようにピンバイスのホルダーなどを使ってください。使い馴れたホルダーが最も使いやすいと思いますよ。またピンヴァイスで開けた穴をキレイに広げたり、涙滴形状に彫れるのが最大の特徴です。WFデヴューです。
個人的に切削している素材はレジン樹脂、スチロール樹脂、プラモデル、エポキシ系パテ及びクレイ、石粉粘土などですが、改造から原型製作、プラモの排気管の穴開けまでジツに幅広く使ってます。
Dsc04785_2
Dsc04787_2


昨日からの「あたらしいカタチツール」のバックでグラマラスなバディを披露していただいていたのは・・・ベティ・イン・ブルー1/6スケール¥12000- 原型:ジム・マッドドッグス アメリカンコミックタッチで造型されたベティ。このアメリカ〜ンな体幹を鍛え上げられたようなフォルムがウリですな。
Betty05a

Bpbuilta

ついでにベティ繋がりで・・油断すると売り切れる!? 1/4スケールのベティ・ペイジ¥21000- 原型はヴァンピと同じに見えるからブラジルのロヴェルトだったかな? すみません。曖昧ですが、ベティのジャングルフィーバーのこの衣装ーレトロでエエです。先のAヒューズぽいイラスト版ベティと対象的な造型なので再びご紹介しました。
Bettyquarterpaint

さらに、マジックスカルプの黒とフレッシュカラーがWF会場へ上陸。サイズはそのままでお祭りお試し価格の¥3000-これについては使い方、考え方のレビューが要ると思いますのでまた書きますが、!!っときた人はご訪問ください。
Dsc04729_2

さて、昨年からジツはUSGK界は1970年代がアツいんです。
今日!?-明日再アップ時の予告ネタであります。
Ming10092107_2
昨年末に話題になったチャック・ニーダムのフラッシュゴードン/ミンです。
元祖スペースオペラです。巨匠フラゼッタも作画した超メジャーコミックです。元々が世界大恐慌後のブッ飛び空想科学なのとアールデコの終焉の様式美が混ざっておりナカナカアートなんですが立体物に恵まれず、GKではかのランディボーエンがスクリーミン社でデカイソフビキットを出したくらいです。
スターウォーズはルーカスがこの映画のプレゼンに落ちたから出来たと聞きました。っと考えると皆、あの世界感を再現したかったにちがいありません。アツい70年代アイテムはこれだけではございません。。。。

では作業かかります。またのアップご期待ください。

| | コメント (0)

必須#2 あたらしいカタチ

ん、少し時間あきました。仕事の動脈硬化は已然あまりよくないのでご勘弁ください。
さて告知しておりました。ツールのご紹介から、、、
リューター、ドレメル含め先端切削/研磨ツールってあまり模型用に考えられてないように思います。
先端ツールに併せて作り方を考える・・・コレって逆な気もします。
ではフィギュア製作/模型製作には、、、から考えました。
「こうあって欲しいをカタチにしていくのがクロスワークスのツール」っと思って下さい。何か要望あればクロスワークスでも怪物屋/吉尾でもご連絡ください。

昨日紹介した「切ったら仕上がるースカルプナイフ」よりより速く細く削りたいって時あります。造型は感覚です。速くスムーズな作業こそ作家個性が延びるものだと思います。
で、造った先端ツールがコレ。限界近くまで長くし、厳選ダイヤモンドを長く敷き積めた丸棒。フィギュアの腕/脚/ボディ等を細くしたり、服のシワをグリグリ深く削ったりするのに便利。
これまでの標準的なモノと較べてみてください。これバリ取りにも大活躍します。
また、ストレートなのでメカ系にも大活躍する事でしょう。
このクロスワークスのダイヤモンドのスゴイとこは馴れれば柔らかいプラスチックも活用出来る事。フツー摩擦熱で、削ってるプラ側が溶け出すんだけど厳選ダイヤと特殊な接着法により極めて摩擦熱を抑えて切削していく。そんだけシャープにストレスなく切削していくから出来ることでもある。ただ、これは馴れもいるので、あくまで自己責任という事で御理解ください。。。

Dsc04844

Dsc04795_2

先端工具としてはフィギュア向けとして発想イメージ-試作-生産したはじめてのモノではないでしょうか。丸棒タイプ¥1500-WFデビューです。無いと落ち着かなくなる先端ツールになると思います。

Dsc04810
サイレントヒル/バブルヘッドナース(当日版権¥12000-)です。コレ、新たに入れようとしていたワックス型クレイでしたが、型取り用粘土に侵されジュクジュクに・・・カタチもモロモロになりました。
よく使う型取り用粘土でこれほど侵されたら日本での・・フィギュア原型での普及はムツカシイですね。ある程度、新素材見つけても実際に何か試してから販売してます。安価でよかったのですが・・・引き続きZEN、FUZEもWF販売しますヨロシクデス。
Dsc04779_3

Dsc04775_2

Dsc04776_2

Dsc04777_2

さて、ジュクジュクになってしまったのは仕方ないので最大限まで復旧させて、抜き上がってきました。いつになくバリが多いので一つ一つ磨いていってます(汗!汗!汗!!!!
ここでタマタマ出来上がって来たクロスワークスの丸棒ヴィットが大活躍してます。
まぁ、多少粗くても設定が灰を被って埃ぽいのでアリかな・・・でも、映画版のようにエロカッチョ良いスタイルで出来ました。
設定イラストと共にン〜こんな解釈もあるかなっという別の頭もついてます。中にバネ入れるとボビンヘッドになりましてあのブルブル動きが再現できます。

Dsc04808

WF直前にすべてリストアップしますので完成画像はもうしばらくお待ち下さい。


Dsc04845
Dsc04846_2
もう一個、コダワリの先端ツールはコレ。3本のうち一番上がよくあるタイプ。んで、真ん中が限りなくシャープにし、ダイヤモンドを円盤部だけに付けてライン引き用にしたモノ。そして3番目がシャープな円盤部は残し太い軸径のものを通常の軸径まで削って仕上げた自信作。引っ掻いてシワ彫ったり、髪の毛の「スジをキレイ」に彫れます。円盤部のみのダイヤ加工なので軸が作品に当っても削れません。
フィギュアのシャープな髪の毛が造りやすくなりました。もっと以外なホド活躍します。WFデヴューです。

ありそうでなかった丸棒ヤスリの登場です。
もともとヤスリの台釥自体にテーパーがかかっている(先端に行く程細くなるってる)為、面の張りを気にするフィギュア/模型向けのヤスリって無いっと云っても過言ではありませんでした。
テーパーがかかってると人形、ロボット関わらず便利なのに棒ヤスリは使えません。
シンプルですが模型/フィギュア製作を見つめるとこんなシンプルなヤスリになりました。
これは離せなくなると思いますよ〜。
融着のダイヤモンドなので樹脂、プラスチック系なら一生もんです。まず眼詰まり、摩擦熱によるダイヤの脱落などほとんど無いと思います。ステンレスの台釥が曲がる位かな・・

Dsc04792_2
Dsc04793_2
Dsc04794_2
サンプルが届いた当日から怪物屋ではコレがアッチ行ったり、コッチ行ったりしています(笑。誰かが必ず使ってる状態。。。ヤッタネ!!
価格は太L:¥1800- 中M:¥1700- 細S:¥1600-
*これは次回はあり得ないWFお祭り価格です。限定が20本だったかな??

もちろん、、普及すればいいんですがこの小ロットでこの価格はあり得ない・・・
でも、理想として、、普及させたく頑張った価格です。よろしくどうぞ。

でも、、、まだまだあるのです〜〜〜ちっっと作業します。お楽しみに。

| | コメント (0)

2012年2月 3日 (金)

必須#1 スカルプナイフ

さて、イロイロなホビー業界関係者からは不景気な声が聞こえてきます・・・。が、昨年の入院時、ベッドの上で一日中イヤホン耳にはめてたがホビーのTVコマーシャルは以外に多い。最近でも鉄道模型とかトヨタ2000GTなど大型キット!?のTVCM!?

やたらとロゴカバンの付録付き女性誌。もう本屋は雑貨からホビーショップ化している。
考えてみるとネットの他、本の流通って大きな2系列で、模型、オモチャの流通よりシンプル。街の本屋さんの数がそのままホビーショップになったっと思えば・・・流通の根っこから変わったっと思えば・・・!?
逆にニーズは増えてる・・・!?っと思えるのではないか!?

四半世紀前には全く考えられなかった事だ。

TVからオッサン向け!?ターゲットに絞られたアイテムがCMで流れてくるのだ。

少子化と共にヘビーユーザー層が明らかに変わってる?

ちょい前まではゲンキな女子コーセーに時代を造られてた感すらあった・・・これは未来的にも明るく楽しくもあるのだが画一的になりやすい。
女子高生、大阪のオバチャンを喜ばす事は比較的容易に感じるが、オッサンを喜ばす事・・・これは非常にムツカシイ。
戦後の自由な時代、いざなぎ景気-バブル崩壊を経験し、ホンモノを知ってるオッサンは非常にムツカシイターゲットである。しかしオッサンを唸らせ、購買層に仕立てる事ー、これはスバラシイ価値があると思う。

で、模型店は60-70年代は百貨店の時代、70-90年代は専門店の時代、90~は量販店の時代を経て、今はネットを含め本屋さんも模型を売っている「超模型大好き国家」になった感じがする。

ウチは暇な店なのだが何かを製作しながら、元旦から店を開けていたのだが、最近、御来店いただいている客層は10-20代、また60代っという年の差がスゴイ。逆にこの年齢層の離れ方に明るい未来を感じている。。。

さて、超長〜くなりましたが、新しく始める人たちも、机の上が工具で整理がつかないというベテランも「コレだけはいつも手元に置いておきたい・・・」、「コレだけでフィギュアが出来る・・・」,
「コレがないと・・・」、「コレ、もう30年も使ってる・・・」・・・・・・・
工具を見つめ直し、もう一度整理して考えた必須工具をクロスワークスさんがWFで発表ー販売します。
「机の上に常にないと落ち着かない工具」「明らかにスピード、精度が上がる」・・・オッサンというホンモノを知るマニアから造った事ないという超ド素人サンまでズ〜っと使い続けていただくモノを目標にしています。フォーエバーなツールですから安くはありません。フツーに原価償却から換算すると高くなってしまいます。
が「普及させたい理想」があるから高くありません。

また詳細、販売ヴァリエーションはイヴェント前にも出しますが、ひとつの製品をご紹介・・・

そうメスです。しかし、市販品を加工して別物にして売るには医療用品なのでNGです。ステンレスをプレスで量産することに・・・第1試作です。
Dsc04000

既製品のメスのホルダーより、カッター、ナイフ系のホルダーのほうが模型には使いやすい事などから、全体形状を換えました。
Dsc04565_2
ここでプレス機ですから多くは抜けますがエッジが立ちます。これをナント職人さんがひとつずつ磨き落として、ナイフ部分のシャープな歯も入れていきます。
単純に、カタチが同じに見えますがまったく異なる製造方法です。

ここまでするのは前回の反響が余りにもデカかったから。

ボクが理想とする[切ればそのまま仕上がる]、[切削と磨きが一度に出来る]っといったのがウリで、
商品名も転転としましたが、正式にキメたのは先週!?で「スカルプナイフ」。
型まで造って・・職人さんが磨き上げ・・さらに厳選ダイヤ加工して¥2000-!!!
またスケールモデラーで[エッチングソーがよく曲りいつも買ってる]人などもゼヒ使っていただきたいツールです。ペナペナしないので正確に切れてそのまま磨き仕上がってますから、工程がひとつ省けます。こういった余った時間をファイナル仕上げに持っていきましょう。
またスカルプナイフの「切って削れる」機能は造型に思いのほか突っ込んだ仕上げが出来てきます。
製作ストレスも軽減する為、仕上がっていく作品もイキイキしてきます。

フィギュアの髪の毛の彫刻、GKでも髪の毛とかバリがあると非常にとり難い部分でしたがアッサリ出来ます。しかも彫りの深さのコントロールできますから、作風が変わります。
Dsc04788_3

製品はストレートとアーチ鎌タイプの2種類あります。
服のシワ表現を強めたり、一皮剥いて細くしたりの加工も出来ます。つまりコレ1本で切削ー研磨のコントロール幅が広がります。
Dsc04790


WFデビューです。が、以降は怪物屋でも販売します。是非のご来場お待ちしております。

この他、ゾクゾクあります。店内ではボク使ってますのでお気軽にお尋ねください。実際使って使用感をお確かめください。

今日のラスト1枚:怪物屋初のボビンヘッドモデル。首をふる恐ろしい看護婦さん。ジツは次ぎに紹介するツールが大活躍しました
Dsc04778_2

| | コメント (2)

ご報告#1

昨日の続きより、、
ごく一部の方のみでボクの入院の事は全く知らせておりませんでしたが、何件かのご連絡を頂いた事もありました。ツイッター、フェイスブックもとよりスマートフォンの普及がよ〜くわかりました。
そろそろ「怪物屋のスタイル」そのものを見直す時だと思います。
う〜ン、、もともと10代の頃から高血圧でしたが昨年は200オーバーしておりました、「WF夏」直後の真夏なのにダウンジャケットを着込み・・何故か吐いては寝て吐いては寝てを繰り返し、動きも鈍くなり、、やる事多いのに気力も出ず、、云われても病院に行くタチじゃないので(←単純にコワイから!?)救急車を呼ばれた始末。。。
もの静かな病院のベッド・・・そうマトモに寝た事は何年ぶりだろか・・・ベッドの上でモノ想いにフケル・・・大事な時間だったんですね。こうゆーの。。。
そして休日に関わらず朝一から連日のお見舞い訪問・・・もう、素直に感謝!!
たまたまお客様で腕利きの脳外科の先生もおられ・・VIP待遇の検診・・・スゲ〜!!もうただただ感謝ー!!

命という時間を無駄に無責任に消費していた自分に喝!!

を入れる為もあり、キッパリタバコヤメました。
ボクを知っている方は皆、驚かれます。店で作業している時も常に煙りを出してました(汗!
飛行機乗る時も空港着くなり煙入れてました(汗!
映画館でもエンディングロール観ずに真っ先に飛び出す(汗!
ゴメンナサイ。マズはタバコは完全にサヨナラです。

あっ、でも、怪物屋店内は喫煙OKです。

少しずつ、、、新作、再販及びイベントもんもアップしていきます。

今日は・・・
強力な耐光性、塗膜を持つデュポンで仕上げたガッチャマンヘルメット。コレ次の当日版権アイテム。
版権申請したら通って慌てた・・・。が、とりあえず(勝手に)シリーズ化も決定している・・・。
もちろん、被れるが、置物として見てほしい。
アレックス・ロスなどアメリカのコミック作家に多大な影響を与えたニッポンのヒーロー。
ニッポンらしい色使い・・・造型的にオシャレである。
だから、コダワリ塗装!! 先月、店の前のマイドーム展示会場で塗料の展示会をしていた。別に其処でGETした訳ではないのだが専門分野ではデュポン社は非常に幅広く使われている事がわかった。
会場でぜひ見ていただきたい仕上げです。もちろんそのまま製作依頼受付マス。
コレクションケース、本棚なんかにコレ置くととてもイイと思う。
レジンキットだが完成するとこうなる・・・価格、生産数、工程もまたお知らせしていきます。
よろしくどうぞ

Ours_2
Ours_3
Ours3
Ours4

| | コメント (4)

2012年2月 2日 (木)

スタート

半年・・・それ以上ぶりの更新です。スミマセン。
いっぱいイロンナ事があり過ぎました。
未だに昨年の処理に手をとられてます。
まず、溜まってる事を少しでも動くように流れを創っておかないといけませんでした。
そうそう体も同じようにパンクしてしまい、、、人生初の救急車→即入院も経験しましたよ。
仕事、体の復調共々まだまだですが、いっぱいお待たせしている事含めて毎日!?毎週!?アップしていきます。

遅スギのご挨拶となりましたが、今年の目標としてサイト自体もっとエキサイティングなものとしていきますのでよろしくお願いします。

| | コメント (4)

« 2011年7月 | トップページ | 2012年3月 »