« 昨年、WFで最も売れたGKアイテムは? | トップページ | メチャ! マジ! ヤバ! チョ〜! ハンパネェ! »

2012年2月 8日 (水)

途中報告#1

WFの当日限定販売・・・なんてリスキーな販売だろう・・・。(今、猛烈に苦しんでマス(笑)
Dsc04848
東宝怪獣は別にこの当日版権でなくてもいいっと云われる・・・が、もともと半期に1度の大きなイベントに衝撃的で安価なキット販売をしてみたい・・・。そんな思いを実現する為にアメリカに行き、友人のキレイなGK成型パフォーマンスを紹介したかった。同時に中空のホロウキャスティングを普及させたかった思いもあった。日本ではポピュラーではなかった中空成型機自体も専門業者さんへ納品し、わずかながらでも大型キットが安価な価格で出来るようになったと思う。そうしなければ「造りたいモノを造りたいサイズで造る」事が出来なくなると思ったから。
Dsc04904
Dsc04905_2
この商売を始めた頃、日本はどうしても画一的なサイズがGKでは多かった。しかしアメリカのGKはジツにデカイものからモバイルストラップサイズまで幅広くあった。
そんな作品を見てGKは共感を大事にした方がオモシロイものが産まれると思った。
80年代の海洋堂さんのHJ広告で鉄人の1/1の足?を造ったという広告があったと思う。ジツに印象深く憶えている。その頃のボクは純スケールモデラーというかヴィンテージモデルコレクター。アノ方向へ近づくと自分の趣味路線が変わりそうなので敢えて行かなかった。
また、毎週、桃谷公園で野球のリーグ戦をしていた時センターレフト方向にはゼネプロがあった・・・。足を踏み入れると今までのコレクションの路線が変わりそうなので入らなかった。

ところが、が、が「今」はバリバリレジン臭の立ちこめる空間に身を置いている(笑。

ここまで心を突き動かされたのは、「情熱溢れるガレージキットの魅力」に敵わなかった。という事。
情熱→共感・・・これこそGKの要るところだと思う。
なぜ、敬遠していたかはまたの機会に書くとして、ゼネプロ→海洋堂→伝統あるWF当日版権アイテムだからこそのアイテムが怪物屋的にも欲しかった。

今年、久しぶりに歴代ゴジラレリーフが通った。

以前から書いてる通り、コレはリクエストの声をいただいてる限り執念で再販します。
WF以降にも書くと思いますが、GI-1000シリコン性能の高さを訴求する意味もあります。
保存が効くシリコン・・・これがあるとディーラーとお客様のバランスが良くなると思うからです。

既にはじめて申請した時のゴジラレリーフ型は残っていませんが
3年前に一部取直して保存していた。恐らくフツーの日本製シリコンでは無理だったと思います。
(使用シリコンはGI-1000。格安販売中!! 4.54kgセット¥15000-よろしくです)
昨年の再申請時にテストした時は真空槽に入れなくても流れた・・・が、レジンの粘度?質?が変わったのか一部流れないのだ・・・。慌ててレジン缶持って知り合いの真空槽の工房にもっていった。
Dsc04851_3
元々、大阪は家電メーカーの多い場所柄故、模型サンプルを造る工房はジツに多い。
最近、GK界でもカラーレジンが普及しているが、サンプル模型工房はそもそも色を塗る感覚ではなく、ハナっから調合した樹脂のケースが多い。どんな中間色でもバッチリキメル。
Dsc04850_2
巧みに樹脂を操り、透明感の調整までコントロールしている。
企画→原型→生産この完全職人技のアナログ体質こそ、たのしいGKが産まれるのではないだろうか・・・
コレでゴジラを造りたい!! のだが大人の都合で東宝怪獣は無理ナノダ。。。

でも、カラーでキット造っても怪獣の場合、ウェザリングの楽しみ、より生物感出すような描き込みはするものだと思うし、ソコがオモシロイと思うんだけど・・・想いあれば叶うと信じテルので夢を見ておこう。

で、未だに生産中なのです。
途中報告でした。

う〜ん、、、このようなネタでもいいのだろうか・・・でも元気な証として書いていきますよ〜

|

« 昨年、WFで最も売れたGKアイテムは? | トップページ | メチャ! マジ! ヤバ! チョ〜! ハンパネェ! »

イベント情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨年、WFで最も売れたGKアイテムは? | トップページ | メチャ! マジ! ヤバ! チョ〜! ハンパネェ! »