« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

ヘビロテ。その8 スカルプナイフ誕生秘話 & 大御所スカルプターシリーズ:トニーマクベイP1

紫外線も強く感じる日々になりました(*^-^)
センバツ高校野球は佳境へなり、サクラ前線も聞こえて来る「春」です。

2012WF「冬」で登場以来ー、驚異的な販売枚数!?のクロスワークス謹製「スカルプナイフ」。


Dsc05353_2

御覧のように市販ホルダーに入れて使えます。
ホルダーはオルファ、タミヤ、エグザクト、百均、他、デザインナイフのホルダーなら入ります。
最初のネーミングではスカルプソーといふ案もあったくらいで、狙いの方向性はエッチングソーも凌駕する・・・という事も最初から考えてました。
エッチングソーってグニャグニャになって真直ぐ切れなくなったりして何度も買わないといけない様な使い捨て感覚でした。。。
サージカルナイフ(医療用メス)にダイヤをつける事により「しなり」をなくし、ソー(ノコギリね)としての切削性もよくなるだろうといふ考えです。
が、サージカルナイフは医療用具の為、2次加工は出来ないとの事で(汗、
金型製作→ステン切り出し→刃入れ→ダイヤモンド加工・・・
っという非常にコストのかかる製品になってしまいます。。。

が、クロスワークスの熱意が見事コレをカタチにしました(v^ー゜)ヤッタネ!!

模型ツールってホント、チープで使い捨て感覚も多いと思います。
しかも買ったら捨てれなくなってしまい・・・
机、工具箱がグチャグチャになっていきます(;´д`)トホホ…
いつまでもホンモンの道具だけでシンプルな机の上・・・を目指して、
模型/フィギュア造型用として一から考えていくのがクロスワークスのホビーツール事業です。
だからトコトン使いこなせるように設計されてますヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

最初から頭で描いた使い方として・・(決して後付けじゃありませんよ(^-^;
たとえば飛行機のラダー(方向舵)などの切り離しや、胴体などの筋彫りにも使える・・・

つまり、スケール他、キャラロボットなどの「切断」と「筋彫り」にも向いてます。
Dsc05343


Dsc05341_2

切断と仕上げが同時に行なえるのでスチロール樹脂のプラモに使うと作業時間の短縮になります。
またキレイに流し込み接着が出来るので極力パテを抑えた美しい仕上げを目指せます。
このあたりの事をふまえて商品名に「ソー」っとつけたかったトコロであります。
実際、WF直前まで「スカルプソー」という商品名で呼び合ってました。しかしながら、ナンカごろが悪いというかマジスカ等エポキシクレイ、ファンド/ラドール等の石粉粘度にも使えるのでナイフとした次第です。

レジンキットや原型製作でも切断は基よりエッジをしっかり立たせたい部分や筋彫りなど様々なトコロで活躍します。

Dsc05337


Dsc05338


Dsc05339_2

髪の毛のモールドを入れたり深くしたり、服のシワ、継ぎ目再現など[切って]→[仕上げる]が出来ます。
[切って]→[仕上げる]・・って事はディテール再現のコントロールが出来るって事。
このコントロールしやすい事が模型/彫刻の[個性]に繋がり、新たな[スタンダードツール]が産まれていく事になると思います。

スパチュラヤスリも、フィギュア造型/製作はもちろんですが、スケールもんの3次曲面の部分など使い道は多いです。

Dsc05332

これは飛行機の胴体と翼の曲面の修正とか、クルマのフェンダー、微妙なカーブなボディなどスケールモデルにも十分使える魅力的形状です。

Dsc05336_2

また近日中にスパチュラヤスリも「ポチッ」と買えるようになると思いますのでご期待ください。
スカルプナイフR&Sも週末再入荷します。よろしくどうぞ

クロスワークスのツールはスケールモデル/フィギュアモデルのスタンダードツールを目指し、開発しています。また、夏のWFではニュウスタンダードとなるだろう新ツール、オモロツールも展示販売~見本展示もあるそうです。乞うご期待!!

さて、入荷案内いきましょう

大御所特集ってまったく公開してませんでしたね

トニー・マクベイPART1(マクベイ2もあるよ)
ムービーキャラ全盛の20年前のガレージ・キット界・・・。
ムービーデザインにソックリなのがスバラシイ=ウマイ!!っとされてた時代です。で、多少似てなくともタレントキャラ、或はイラスト/コミックキャラならある程度売れるっといった時代だったように思えます。
そんな時代にオリジナルデザイン造型した人がトニー・マクベイ。
その人の傑作がメタルーナ・ミュータント¥16800-
ホンモンよりカチョいい。。。のがマクベイ作品のスゴイところ。
ホンマにこんなのいたら嫌や〜。とか、こんなん走ってきたら嫌や〜。みたいな造型です。
ミュータントの場合、宇宙船の中でコイツと目が合ってしまったって感じ・・・かな。ホントに居そうでしょ。
重そうなデカイ頭は前屈みに落ちてて、手は長く、足は細く、猫背・・・これですよ。やっぱ。
フェイバリットなキャラクターを独自な解釈でデザインする・・・これこそ「造型!!」
似せてナンボの原型もそれはそれでアリですが、GKをよりアートに近寄せたマクベイの力はスゴイ。
んで、コレが20年も前の作品というのもスゴイ!! 久しぶりに見ましたが全く色褪せて見えません。
これはキャラを買う感覚ではなく、リトグラフを買うようにアートな感覚です。


Dsc05347_2


Mcveymutant3_1_2


つぎは新作のソーサーマン¥9500-

昨年のグレムリン!? むっ、無紹介・・・だったかな? に続くモンスターバストシリーズ。
これ、コノ顔のエグレ方ナイスです。
非常にユニークなアイデアです。より肥大脳みそを強調しています。こういったリデザインはサスガです。
ナルホド・・・って思っちゃいます。
'50年代の頭がデカイ-脳みそ丸見えの宇宙人というのはレトロでエエでしょ。


Dsc05349_2


Dsc05350_2


Alchemyworkssaucerman4_2

しかし、マクベイの新作大型キットの画像も届いてるのと、もう一便、マクベイから近日中にキットが届くのでPART2をご期待ください。

・・・新作ラッシュ、入荷ラッシュなのでお楽しみに。


| | コメント (0)

2012年3月27日 (火)

ヘビロテ。その7 大御所ご愛用NSP

ホライジングのサイトを見てみるとWhat's newなのにcoming soonになってるのが「NSP 春のキャンペーン祭り!」その内容聞くと・・・
エエッ〜〜そんなんエエの!!ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
って企画・・・デス。フライングでココで云えない程のものなので要チェックしておいてください

しかし、ノリ的に今日はNSPを訴求したいのでそうしましょう。
NSP・・ニュー・サディスティック・ピンク・・コレわかる人は[ポプコン/つま恋]がわかる人・・古!!
ポプコン・・中島みゆき、円広志、クリスタルキング・・時代を表現しましたネ。
最初にこの名前聞いた時は70年代フォークソングが流れてくる程、日本ではNSPって粘土ぽくないから、名前を考えなおしましたよ・・・。
しかし、既に一部、特殊メイクの世界では知られた存在というか「最も扱い易い造型粘土」として名を馳せてました。
先日、チャーバントの歴史を軽く書きましたが、120年の伝統が造り上げた最高傑作のクレイだと思います。
ボクが知る限り上手いベテランスカルプターはマズ、コレ使ってマス。時代を表現してマス!!
では「NSP-三神」っとボクが勝手に呼んでる3人を紹介しましょう。

まず神の手を持つ男!! マーク・ ニューマン

Boy_by_marknewman_2


P1030003_2


P1020980_2


P1020985


P1020979


P1020972
守備範囲の広い造型は圧巻!! 最近作は・・・見覚えあるスタチュウ
Vampirella_sculpt_1_by_marknewmand3


Vampirella_5_by_marknewmand3r8izq

もう、文句なしに神ですな(o^-^o)
ボーエン、サイドショウなど大手スタチュウメーカー、宗教団体、大学から誰もシッテル超有名映画監督のプライベート作品までマサに造形家!! 目指すべきアーチストです。


では2人目の神!?
そうスパイダーゼロのサイモン・リー。
少し古い4年前の送られてきた画像ですが・・・

Spiderzero_monstromemiya7_2


Spiderzero_somethingwicked1


Spiderzero_dragonhead2_2


サイモンの無限なクリーチャーイメージは本当に驚かせられました。
最近は定職の他、自ら主催する造型教室、またムービー関係のキャラデザインで忙しいと、キットを出してくれませんが、サイモンの興味があるままバンバン創造していくのにNSPは向いているようです。


3人目はこれまた大御所のティム・ブラックナー。
マーク・ニューマンに気になるスカルプターは? の問いかけに彼の名前が出て来ました。
ボクも同感です。個人的に憶えたのはジオメトリック・デザインのスタートレックTNGの1/6ソフビキットのスカルプターでしたね・・・んっ、もう20年前の出来事ですね。
そいや、あのシリーズ自体、トーマス・クンツを中心に夢のような腕利きスカルプターも起用してましたね。20年前の出来なのにクンツとブラックナーの手がけたフィギュア作品だけは未だに超える製品がないと思います。スゴイですね〜〜。そ・れ・が「今」お買い得BOXに入っとるんですよ〜。
ティム・ブラックナーの作品は彼から大量の画像と製品が送られてきてますので、また後日、NSP/PART2でも最新作/製作途中も交えて入れていきましょう。

Pen08_4


Lp02p_2


Ll06_2


M02_2


Lvb03_2


Q03_2


Ww02_2


Wwh301_2


Aq05a_2


Aiming03a_2


Bellbete1_2
ブラックナーの作品群はNSPのポテンシャルがすごく出ているので掲載しました。激リアルからコミックスムージングまで造型の守備範囲そのまま生かせてます。
次回キットの入荷に伴い、ブラックナー承認企画なんてのも考えてマス。
NSP祭りと共にブラックナー祭りも開催しましょうか( ̄ー ̄)ニヤリ
NSPの特徴はノンサルファーなのでシリコンに喰い付きがなく、型取りやすいのでプロフェッショナルからアマチュアまで幅広く愛されています。まさに模型/フィギュア向きと云えるでしょう。
また、その性質を利用して使用したシリコン型にNSPをオーブン/チンでトロトロにして流し込み、更にディテール追求ナンテのもアリです。

つーことは・・・保存性能の高いシリコンがベスト。
ここで昨日のシリコンにも繋がります(^-^;

NSPのポテンシャルはまだまだ語れませんので次回,二廻り目もご期待ください。

・・・っと朝イチEMS入荷、、、おおっ!!昨年から待ってた生体造型のメキシコ便が到着!! 
お待たせしました〜ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ


| | コメント (0)

2012年3月26日 (月)

ヘビロテ。その6 飽きてきた?じゃ、こんなんどう?

友人がコレ買いましたw(゚o゚)w
http://www.youtube.com/watch?v=ZXCSUOQqwqY&context=C3f738d8ADOEgsToPDskJ0IuHhZBWZIlBw-ch-bwTc
直径120cm、長さ270cmの造型物が出来るそうです。
PCファイルで大きくしたり、小さくしたり出来ます。
http://www.youtube.com/watch?v=-rtJjhxTBmo&context=C3894384ADOEgsToPDskLW-UKHjoHljuX2OmpVJgn0

光造型の出力マシーンも4,5年前に購入してますが、さすがにアレではこんな大きな造型ブツ無理なのでコレ買ったとの事。アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

やっぱアメリカって造型大国ですな(@Д@;
考えたら、そこらじゅうに造型物あるし・・・ポスト、玄関口、庭、エントランス、リビング、壁・・・一軒の家でもホント多いよ・・・。
これが店になると・・ディスプレイアイテムがワンサカ・・・マクド、スタバ、アウトバック、フーターズ、ハードロックカフェ、チーズケーキファクトリー・・・もう店の外の中も造型物でハデハデじゃん。
店舗設計のアイデンティティが行き過ぎな感じもするが楽しい方がいい。
大阪道頓堀も負けちゃいないけど、集合して纏まりなさが賑やかな感じもする・・・。

こんなモノが気軽に買える国って・・・、でも使わせて貰いましょ(*^-^)
なにかスゲ〜大きなモノ創りたい方、メール連絡ください。

じゃ、いつも長文すぎて飛んじゃうからカンタンにシリコンを訴求ー
引張率、収縮率、硬化時間、作業時間、粘度っとすべてを凌駕した性能・・・利点は?

1.利益(通常のシリコンより多くキャスティング出来る)
2.時間の短縮(耐久性がある為、何度もシリコン型を作り直さなくてもいい)
3.精度(収縮が少ない)

っと非常にプロユースに感じますが、
言い換えれば、不慣れな方が作った多少の逆テーパーでも抜けちゃいます。
つまり、逆に弩シロートでも多く抜けちゃいます。

また、個人的に思う事は「保存が効く」ということ。
怪物屋の当日版権ゴジラなど大体足掛け3年、同じ型から抜いていた故ー、
再販が出来て価格を抑え、利益が出るようになりました。

アメリカのGKメーカーで見つけた7年程度前のシリコン型から注型出来た事もあります( ゚д゚)ポカーン

実際、アメリカでフィギュア原型の仕事をして帰国した原型師(タナベサン!?他)からも、何故、日本のシリコンはスグ固くなるの?っていう声を聞きます。

なが〜く退屈になるので怪物屋、ホライジングにお問い合わせいただければシリコン比較データは添付ファイルにてメールで送ります。


P1040741_2

信頼のGI-1000は水色です。店頭在庫4.54kgのみとなりました。透明型シリコンP-44も店頭に多少在庫あります。

禁断のアースバウンド工房写真!!
ハードなディテールの御覧のキットはこの型から100個以上抜けました。リケイザイはベビーパウダーのみ。
Dscn0024


Dscn0054_2


Img_2386

左:怪しいのがボク、右:闘病中のマーク(ガンバレ)、中:大阪/日本橋のオタクBAR78のマスター。
カレは強豪校/甲子園出場経験者ながらクールオタクである
m(. ̄  ̄.)m
日本橋に行ったら行ってみよう(o^-^o)

アメリカの多くのGK工房、映画工房、模型工房で使われ、業者サンはGI-1000のコストパフォーマンスを口にします。

在庫少々っとなって来ましたがお早めにどうぞ。


あ、最近アップしてなかったお買い得の¥3000-¥2000-¥1000-ボックスコーナーね
週末ボチボチ出て行ったので月曜朝一だから・・・

コレ¥1000ボックスにモヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

Dsc05112_2


Dsc05114_2

ヤングフランケンシュタイン1/4バスト!!

¥3000-にはマイクヒルのあの名作が~~w(゚o゚)w
シミアン/バルサムのアレまで〜(゚0゚)

玄人サンはガッカリさせず、初心者サンにもやさしく入れます!!


うん、明日か今晩は新作/新着画像貼りますι(´Д`υ)アセアセ

| | コメント (0)

2012年3月25日 (日)

ヘビロテ。その5 ワックスクレイ:ZEN/FUSE

なんとまぁ(´;ω;`)ウウ・・・シリコンについて長文と画像を絡めて書いてたら、またしても飛んで消えました(´Д⊂グスン
おかげでこんな顔文字使える事を始めて知りましたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
うれしがってるのか半分壊れたオッサンです(・∀・)ニヤニヤ

気を取り直してワックスについて訴求しましょう。


Dsc05143


Dsc05137_3

夜になるとカラフルに変貌する怪物屋の奥に行くと、怪物屋セレクトツールのケースがあります・・・。

では、ワックスクレイの出会いから・・・10年前、USのイヴェントにて隣で見慣れぬクレイを売ってました。
しかし、既に原型師の皆さんは知っているようで、パッパッとモンスターを中心にフィギュアの顔を創ってました。そのハンドリングの良さは見ていて「ホォ〜〜」、「おお〜〜」っと感嘆な声が出てしまう程でした。そのクレイがチャーヴァントの「キャスタリン」っというクレイでした。確かスモーキーなフレッシュ、グリーン、アイヴォリーなど主に3色ありました。
マジックスカルプをアーティストパテとして日本に入れた1年後だった頃で、当時、モンスターキャスト、モンスターシリコンってこれまたボクが勝手に理想設計したキャストを入れた頃でもあります(後日紹介ー)。
もちろん、持って帰りましたよ。
しかし、重量も半端ないので、モニター/デモで使ったキャスタリンを小分けしてジップロックに入れて貰い、大量に無料配布用として持ち帰りました。
新しい素材すぎるのでマズ、何コレ!?っとなる事でしょう。
カンタンな説明した上でお買い上げ頂いた袋の中、通販の箱の中に入れていきましたから、憶えているお客様も多いのではないでしょうか。んっ、ここでジップロックの中に超絶作例写真、使用方法を日本語で入れていたら「その時、歴史は動いた」かも知れません・・・。

ここで販売元のチャーヴァントって会社について・・・
フランス人科学者チャーヴァントによって出来たノン・ドライ・モデリングクレイ(今で云うインダストリアルクレイなどネ)を100年以上に渡り生産している粘土メーカーの老舗。
創業は1892年にも遡る・・・完全に明治時代ですよ。この頃にモデリングクレイを開発しているのです。文化の差を感じます。。。

で、「キャスタリン」この頃は多くのスカルプターが使ってました。インターネットも普及し、スカルピーの有毒ガス問題が指摘され出した頃です。しかし・・・

店の中に電熱型のスロークッカーでも置いてもっと実演していれば、もっと早く普及したかも知れません。しかし・・・

お問い合わせいただいたのは僅かお二人だった記憶があります~(°°;)))オロオロ(((;°°)~。

しかし、それでも入れようと試みた頃・・・
材料が変わった!? ハンドリングが変わった!? この頃、アメリカではインターネットのフォーラムが盛んになってきました(日本では巨大掲示板がより大きくなった頃ですね)。

ここで各模型、フィギュア原型師の集まるフォーラムに於いてキャスタリンが、、日本流に云うと炎上が起こったのです(A;´・ω・)アセアセ
皆、楽しそうに創ってた姿が見られません・・・。まず、ハンドリングが変わった事は致命的だったようです。
「ベタつき」がある・・・このベタベタするとスパチュラ押し付けて、離す時に喰い付いて来てカタチを整え難くなります。
マジックスカルプの優れて拘っているのはこの「ベタつきない-ハンドリング」でした。
そういったマジスカ、スカルピータッチのワックスクレイですっとお客様に説明しているのに、これでは・・・(。>0<。)っという状態でした。
よくはわかりませんがワックスクレイと同じ性質を持つNSP一本化したのかも知れません・・・。
NSPは今も昔も多くのアーチストに愛されているインダストリアルクレイです。

そ/こ/で、Willowの社長が「俺ならもっといいワックスクレイが創れる」っと立ち上がりました
o(*^▽^*)o

そこから、様々なスカルプターたちの意見を取り入れて創られました。
そこで硬めを好むZENっと柔らかめのFUSEの2つにしました(*^ー゚)bグッジョブ!!。
柔らかめというのは手の温度でも柔らかくというモノです。

これがボクの知ってるゼン、フューズワックスクレイの産まれた背景です。
また、最初にデモで配ったワックスクレイから10年かかってしまった背景でもありますが「想い」は「現実に」なり個人的には(v^ー゜)ヤッタネ!!です。

ぜひ、ワックスの持つ特性をあなたのものにして超絶な作品を仕上げてください。

ゼンで芯を造りフューズでテクスチャを創る・・・ナンテのもポーズから修正も出来ちゃいます。

↑ここの[製作ラボFUSE]で使い方ポテンシャルがわかります。

サイドショウなどアメリカのスタチュウメーカーで活躍するスカルプターエリック・ソーサの製作過程が載ってます。
ンっ!?、最近は日本のメーカーで大活躍してますね。重複ネタもありますが彼のワックス原型作例集です。主にFUSE/フューズを使ってます。御覧アレ(*^ー゚)bグッジョブ!!

Dscn7837_2


Dscn7836_2

Img_5511


Img_5492


20120318_41889f_2


20120318_56cd43_2


Crs04_2


Img_5173_2


Img_5187


Img_5333


Img_0722


Img_0713

じゃ、エリックからの写真画像を使わせてもらったので彼のGK作品-スペースホスト¥15800-残り僅かです。


Img_0961_2


Img1111rg_2


Dsc05303_2


Dsc05304


Dsc05305

超クールな顔つきがウリではありますがベースもステキなフィメールキットです。
コノ手のタイツというかピタピタスーツって普遍ですな( ^ω^ )

| | コメント (2)

2012年3月24日 (土)

ヘビロテ番外編。その5 わたくし開発しましたよ。

春の香りが漂う桜より一足早く春を伝えるのがプロ野球のキャンプ情報〜オープン戦。
怪物屋を始めて数年間は、野球関係のお仕事もしており、この時期は沖縄ーアリゾナ〜転転でした。
ちょうどWFの頃なのに、割と長期間-まるまる閉めていた時期もあるのでミステリーな店だったと思います(汗。。。
高校野球も始まり、もうじきサクラ満開の春ですね。
「サクラ咲く」・・・そんなこれまでムズムズしていたレジンキットのクリーナー液。
イロイロな製品も出ていますが、殆どがソルベント系。コレ、古いデザイナーは必ず使っていたペーパーセメントの天然ゴム系の接着剤の希釈液、もしくは汚れたアクリル定規を拭くクリーナーにはとても活躍するモノ。アクリル樹脂を溶かさずゴム系を「キレイ」に落とすにはサイコーです。
だから、カンタンに考えるとソルベント系がGK界では使われてたのでしょう。
またブレーキクリーナー系・・アレは危険で効果も期待できません。危険度で云うと五つ星です。知り合い宅はガスのタネ火に引火し、爆発し、大ヤケドをおいました。
し・か・し、皆さんこれらで取れましたか? モデルキットに色がノラナイっとかありませんでしたか?
これはプロの抜き屋さんに頼んで多く抜いてもらう場合ー、さまざまな離型材が使われたりもしますからイチガイには云えませんが、殆どがフッ素系とか油系です。以前も書きましたがリケイザイを振る場合ー、完全乾燥が絶対条件です。まだ湿ってる時にレジンを流されるとヌルヌルしたレジンキットになってます。箱を開けキット触るとヌルヌルする・・・これは十中八九、生産数を稼ぐ為の工夫です。
・・・実態、現実的描写はコレ位で本題にいきましょう。
つ・ま・り、レジンキットの専用洗剤はナニか適当な製品を代用しているだけで未だに開発されていないのです。
そ・も・そ・も、工業模型業界は大昔から樹脂にカラー着色していき(俗にカラーレジンってヤツ)、ソレを抜く為のリケイザイ開発をしているので、後で色を塗って楽しむホビー用のレジンキット用リケイザイってなかったのです。

シリコンの主成分はシリコンポリマーです。さらにこのシリコンを柔らかくする為にシリコンオイルっという成分・・・このシリコンオイルが何度かキャスティングしているうちにシリコンから染み出しレジン(ウレタン樹脂)にまで染込んでいく・・・っと同時にシリコン型はどんどん固くなっていき、キャスティング不能になっていく・・・っとシミュレーション出来ます。

シリコンと生ゴム?別物スギです。シリコンとブレーキクリーナー?リケイザイにヌルヌル油系を使う場合、ソコソコ使えるでしょうが、問題は型のシリコンそのものにあったと考えられます。

GKを知り、手に入れたのがまだ10代〜20代の頃、30年以上前だったと思います!? エポ樹脂でしたネ。
当時、日本でGKも産まれてない時代です。チェコとか東欧から来ていました。量産化されないマイナーなアイテム模型=GKでしたね・・・。
ジツはキット洗浄問題は、この頃からの悩みでした。

作者のアツい思いが詰ったGKをルンルン気分で組んでサァこれからって時に、

色がノラナイ〜、色がハゲル〜・・・

超テンションダウンです・・・

全面ペーパーがけもしてるのに何故?

これで嫌になったモデラーも多い事でしょう。

ハイ、そのような事も今日からサヨナラです!!

モニター販売でリピート率100%・・・

この現象は、、以前マジックスムースと同じ・・・

わたくしのGK歴30余年の想いを込め、国内ケミカルメーカー御協力の基、全く新たな発想でGK洗浄剤・・・モンスターGKクリーナーです。

というか、正直な話、イロイロなご依頼いただいている国内外キットの洗浄で本当に困っていて怪物屋始めた当初から、ああしてこうして造ってましたが、接着と共に明確にしたかった部分でもあります。
何度かケミカルメーカー、工場へ訪れた時、偶然出来たモノでもあります・・・
理想から始めましたよ。水道水で一緒に洗い落とせる完全水溶性で手荒れしない・・・こういった基本を踏まえ、安全な模型クリーナー液・・・っと、、メーカー含め、皆オドロキの効果がありました。
「偶然は必然」・・・思いで出来たアイテムですね


とりあえず店頭ですが、やがて↓でも販売。お問い合わせはどちらでも承ってます。

80ml ¥1000- なが〜い文章スミマセン!!!
でも、テックボンド親父のように動画訴求したい程の自信ありです!!

Dsc05302_2

じゃ、朝イチ穫れたてニュース!!
シフレットからルル・ザ・デストロイヤー発売決定です。
創作キャラでありながらWFディーラーダッシュを呼び込み、怪物屋で創作系、フィメール系で最も売れた「クロエ」。海外GK界に新たな流れを創ったと思います。
彼等兄弟がヘッドロング/赤尾くんの丁寧な生体造型をとても評価してくれました。が、彼等の造型は「勢い溢れた造型」でファンも多い事でしょう。。。う〜ム、、買ってる人思い出すと、、半分以上が業者さん、、というか原型師が多い。つまり玄人受けする仕上がりです。
極端にいうとキット製品に指紋がついてる・・・スパチュラの動きがわかる・・・それらが見えます!!
逆にGKは作り手が表面仕上げをする方が本来の姿な気もします。。。
マサにフィギュア造型美が漂ってきます。
シフレットの製品をソコに置けばシフレット時間軸になり、シフレット空間が出来ちゃいます。
キャラに頼らずコンテンツに頼らないシフレット兄弟の新作ー、ご期待ください。
とりあえず、たぶん、来週にはいち早く届きますが、御予約リクエストはお電話/メールでお願いします。yo-ko-kaibutsuya@nifty.com


本家よりアメリカより速い情報・・・う〜ムエエのかな?
しかし、これだけではなく、この春は大御所スカルプター大特集をやりますよ。オヤジパワーGK魂爆裂です。
オヤジ・・・ボク含めて・・・ネ。ようやくタイショック-入院ショックから開放されつつあります。。。
もうね、、、ドキドキ、ワクワクの往年の名作再販からフィギュアGKアートとはこんなんどう!?っ良い作品が目白押し。また、ご本人たちのサイン入り、他、各企画を考えてます。
完全にGK色に染まった春の怪物屋お待ちしております。(数年前まで閉まってた春の怪物屋(汗)!!

Lulu21_2


| | コメント (0)

2012年3月23日 (金)

ヘビロテ。その4 もいちどテックボンドとキット入荷案内

スミマセン油断すると空いちゃいますね・・・また気の油断で「カゼ」に入られたのか鼻水の止まらない毎日です・・・
やり方わかったので↓

プチッとボタンなったかな・・・? アップル歴だけで云うと27年なのに未だに使えないボク・・・というかパソコンそのものが理解出来てないアナログ人です。・・・ちなみに27年前・・・楕円が描けるだけでアップル/マックって「スゴイ」でした・・・。

さてもう一つ添付↓
http://www.youtube.com/watch?v=7ITr-BdBc5Q
コレ、テックボンドの社長自らパフォーマンスしてます。
テックボンドの分子接着の強さを云ってますが耐衝撃性のスゴさがわかると思います。
実際、このパフォーマンスをアメリカで見て惚れて「地味〜」に売ってましたが、2年間のモニター価格販売並び日本での使用実験も終わり購入者からはオドロキの声が届いています。
んっ、シュンカンで耐衝撃!??って感じしますが、シュンカンの特性として密着性の高い接着面を有すれば異常に喰い付く時があるとおわかりだと思います。
ここで重要なのが「カゼをひかない事」だと思います。この親子のテックボンド社のお父さんの心意気!?
2年保証-!?というのに参りました。
どちらかというと映像にあるように大型ラジコンにも向いてるような気もします・・・。
それ位、耐衝撃性に優れています。
ここで、スムースとテックボンドの耐衝撃接着について明らかにしておかなければいけませんね・・・
スムースは硬化後レジンの固さになり切削性に優れているという点です。また繋いだレジンパーツ同士「しなり」まで合うので強力です。
テックボンドも強力ですが数日前ご紹介したアメリカ軍採用のエポキシ接着剤メタルセットのような金属のような固さです。主に接着面の少ない部分とかに有効といえるでしょう。
おかげさまで怪物屋でのストックは0になって入荷待ちですが、ホライジンジャパンの方には多少あるようです。また、週末には入荷しますのでよろしくお願いします。

さてキットも届いておりますのでご紹介ー
本当はコッチメインですよね。。。スミマセン。少ない入荷だと紹介した段階でないーって事もあるので・・・

AFM#51にも掲載されていたバーサーカーとエイリアン入荷してます。

Dsc05271_2


Dsc05272_2


Dsc05273


Dsc05268


Dsc05269_2

バストモデルといっても全高がエイリアンが31cm、バーサーカーが29cmもあるのでデカイです。
しかもレジンの固まりなので、少々重いのですが、コールドキャストとは違い程よしです。
今やあちこちで引っ張りだこのジョーサイモン。この人の仕事は速いですね〜。逆にこの人がいなかったらアメリカのモンスター系GKは寂しかったでしょうね。。。
っというのがAFM#51で彼の最近の仕事をみればそう思われます。
ベテラン、新人含めスカルプターの多くは大手のフィギュアメーカーのお仕事、また個人マニアさんからのお仕事がいっぱいでGKディーラーから新製品がナカナカ出ない状態がこの5年?・・10年続いている中で(んっ、日本と同じカモ・・)、この間のGK界を埋めてくれたのがジョー・サイモンっといえるでしょう。拍手!!
AFM/テリーに紹介されたり、各ディーラーからもジョーには新作頼んでる・・・とかよ〜く耳にします。では何故これほど人気があるのでしょう? まず、「時間」ーこれがモチベーションがすべての作家スカルプターが多い世界の中でプロとして当たり前に上がって来るのでしょう。
本当に見習わなければいけない部分です(汗。
#51見ればわかりますがこれほどの量をこなすジョーですから、どんどん上手く、かつ独創性な捉え方、まとめ方になってます。
おそらくUSGKのヘビーユーザーさんはジオメトリックデザインの1/4スケールのモンスターバスト、1/8のモンスターレジンキット時代のジョー・サイモン、もしくはPSIのデカイ、ヘルボーイバストなどで彼の作品を目にしておられると思います。
今回の作品も彼のまとめ方のオモシロさが出ていますよ〜。
エイリアンバストは裏側に楽しめる部分があります。チェストバスターの頭が別パーツで付いてます・・・この辺り・・アクリルで加工すればもっとギラギラ、ドロドロ、ダラダラ、トロントロンの楽しーキットです。
バーサーカーの方も裏側に捉えられたプレデターが・・・
そう、ジョー・サイモンの作風は「GKとして楽しめる作品」になっていってます。
製作者が塗ってパフォーマンスを発揮すればする程-良くなって行く・・そんな作品です。
製作途中のグレーサフで満足する方も多いのですが、ソコで止まるより突き進んで欲しいキットです。
1/4スケールエイリアン、バーサーカー各¥13500-

Dsc05266_2


Dsc05267_2
この3年間、切れれば入れてる・・・油断するとなくなる・・・ないと落ち着かないから入れてるジョー・サイモンのプリンセス。1/4スケール¥9500-。
これはジョーの作品の中でもベスト3に入る出来だと思います。
まず美しい。今回ボクのお気に入りのやや後ろから見たネイティリを添付しました。
たぶんボクがこのプリンセスの隣にいたら・・・この角度からのネィティリが見えるはずです。
美しい首筋、あごのラインです。。。このバストモデルも優雅なバンシー?レオノが彫刻されていて楽しめる逸品になってます。

他、朝一採れたて入荷案内


Dsc05296_3

先々週、、、コメントで慌てたヴァンピ最速入荷。
あと、ボクのお気に入り!?クリント・イーストウッドの夕陽のガンマン!? イメージディフォルメ入荷。
これも30cmを超える見応えタップリの造型・・・キットは気に入ってるから、また後日レビューします。
60年代に完成されてしまったマカロニ・ウエスタン。映画でこの時代作品を超えるのってムツカシイ・・・もともとは日本のクロサワ作品が源流って有名だけど、この曲調を平尾昌晃サマが時代劇に用いた「必殺」はマカロニ・ウエスタンの最終形だと思う・・・ナンノコッチャ!!
しかし、マカロニって淀川サンが付けた名前なので、イタリアン西部劇、日本の時代劇好きなロブに「マカロニ・ウエスタン」は通じない・・・が、残虐性を売り物にした正義感の少ない主人公っといった60年代マカロニスタイルは70年代もタクシー・ドライバー、マッドマックスなどにも継承され・・最近の日本のアニメも継承していると思われる・・・ナンノコッチャ!!
・・・マカロニ主人公-お待たせしました。朝イチ鮮度バリバリ入荷してます。


| | コメント (0)

2012年3月17日 (土)

ヘビロテ。その3テックボンド モデルマニア

今日は「スーパーグルー」っと呼ばれている接着剤ー日本名:「シュンカン」のご紹介。
家庭用から工業向けの瞬間などある程度のものは試した結果、やはりレジンが主体のガレージキットには先日のマジックスムースをメインに考えオススメしている。
では、なぜエポキシがメインだったか・・・「シュンカン」瞬間接着剤は衝撃に弱い、これは大なり小なり変わらないにせよ、「カゼ」をひいていき接着力の強さのコントロールが効かず、次第に弱くなったりする。「道具、材料」をコントロールできなければ良い創造物はできないっと思う。
で「安定度」に欠けるシュンカンは除外していた。
また大きなパッケージの瞬間接着剤は工業向け、家庭向け問わずよ〜「カゼ」をひいてしまうので、内容量の小さいパッケージを好んで使っていた。

し・か・し、ボクと同じくココに不満を持つアメリカ人親子が「新しいスーパーグルー」を創りました。

瞬間分子接着ーすべてのシュンカンはこうかもしれないが異様に接着力が強い!!

ボクがホレたのは強さ以外に「カゼ」をひかない2年保障!?っという心意気!!

マジックスカルプ、マジックスムースもそうだが、あの時差のある砂漠も森も氷河もあるアメリカで2年保障ー!?って・・・

ここがスゴイ!! スゴイ自信だ。


Dsc05280_2

テックボンドは御覧の通り何種類かのフィラーなりプライマーなりオプションもある・・
白いボトルにグリーン文字のスプレーケースはアクセレレーター:つまり硬化促進剤。日本では瞬間硬化スプレー、プライマーなどの名前でお馴染みなモノ。
白いボトルにブラウン文字のケースはフィラー:日本でもゾウネンザイとしておなじみの白い粉。
サスガに同ブランドの方がより強い。が、日本で売っているモノでも互換性もあるようだ。
注目はメタルボトルで、これはポリプロペレン、ポリウレタン、ポリエステル、ナイロン、シリコンなど通常のボンドだけでは接着できないものを接着する時のソリーュジョン。
と・こ・ろ・が、このソリュージョンのウレシイ特性をも新しいテックボンドに盛り込んだとの事。スゲ〜。常に進化していくシュンカンがテックボンドです。この気構えにホレました。
Dsc05192

実際に使うだけでもこの接着力の強さには惹かれます。

しかも製造から2年保障ー。日本でも1年は保障ーって云われた。
問題があればただちに交換。ただし、適切な場所の保管が条件です。との事です。

ジップロックに入れたり冷蔵庫などの保管が望ましいでしょう。
実際この大容量で2年以上実験しました。WF等でマンモスなど大型キットの接着にも使ってました。

まぁ、とにかくやらないよりやってみようとした男気あるこの企画ー。
売り切れる前にお試しください。

もちろん、ホライジングではお買い上げいただいた段階で保障登録の対象となります。

怪物屋店内で買われたお客様は怪物屋だけのスタンプ印刷されてますので
マジックスカルプ、マジックスムース並びテックボンド、シリコンまで私が責任もって保障します。

テックボンド 1オンス(28.35g) ¥1600-

http://horizing.ocnk.net/product-list/7

さて以前にご紹介したAFMテリーのコレクションルームというか壁

Dscn0937_2

で、こっちはDフィッシャーのコレクション棚


Model_wall


Office_cases

っとAFMのお馴染みの作品がトコロ狭しと並んでおります。

今日はこれらフィギュアモデルのお手本というか発売-15周年!?になるモデルマニアのご紹介ー。
http://www.youtube.com/watch?v=OYSgedDjKkE
DVDになり映画一本分は収録されてます。
これを見てプロになった方も多いと思われる位、言葉わからなくともの映像手順で製作〜塗装までわかっちゃいます。
上のユーチューブ見て頂ければその手際の良さが伺えると思います。
個人的に彼D・フィッシャーの作品を見たのはジツは模型より古く(たぶん20年は経つかな?),
彼のイラスト作品を「ブラックブック」というイラストレーター他クリエーターの自己アピール型ファイルブックで見かけた時なので20年以上前だったと思います。
模型でもイラストでもその作風はとてもコダワリが感じられ、上手く美しくまとめられています。
フツー、小さな事にコダワリ過ぎて時間をかけすぎると「嫌味」っぽくなったりするものですが、ソコは全く感じられないのが彼の勢いというか速さにあることもこのDVDを見ればわかります。やはり楽しんで造らないと作品も死んでいきます。
本当にGKを楽しんで造っているその姿はいつ見ても飽きません。
デビッド・フィッシャーの作風はあらゆる部分を参考にするべきところが多い作品です。
その手のウチ技法を曝け出したGKガイド。
フィギュアモデラー以外のスケールモデラー、鉄道モデラー、ドールモデラーすべてのホビリスト必須です。
モデルマニアDVD1と2 各¥4500-をスプリングセールで¥4000-
今回はスペシャル企画としてフィッシャーのサイン付きです。
プラス先着5名の方にフィッシャー夫婦で主宰するノクターンプロダクションのGK(タマタマ掃除で見つかったデッドストック)プレゼント。

こちらはお電話メール注文でよろしくお願いします。


WF手続きから夏の販売アイテム絞り込みなど・・・
更新空きましたので穴埋めの為にバンバン爆裂します。

| | コメント (0)

2012年3月13日 (火)

ヘビロテ。その2マジックスカルプ

まずはホライジングのヘビーローテーション。
http://horizing.ocnk.net/product-list/4

マジック・スカルプのお話。

エポキシの歴史のようなものは昨日のマジック・スムースである程度お話ししたので、怪物屋の13年前の話からいたしましょう。
USGKメーカーのホライゾンさんとはサイドショウ主催の最後のマッドモデルパーティで一緒に出させていただき、ホライゾン社の100近い原型に多数の在庫製品等を受け継ぎ日本に送っていただきました。ところが、余りの量の為と狭い店内の為、いきなり激安セールしてしまいました(汗。
そう、スタンウィンストン等SFX工房のオリジナルを型取ったキット原型(ターミネーター、ジュラシックパークetc)などほぼオリジナルプロップで¥10000~という信じれない激安市!! 最も高価だったのがスティーブ・ワン原型のバットマンだったような気もしますが、ペイントはすべてスティーブワンもしくはカリスマペインターのトム・ギリラントですから、1桁のン万円はそれでも激安です。今はどうなってるのでしょう? 
Dsc05214
この時、ジツは棚の奥・・店の壁面の床から天井まですべてホライゾンのソフビキットでした。ホライゾンのキットの手前に何かGKがある状態・・ナツカシイですね。。。

しかしながら、この時、少々壊れているのをこちらで補修していました。その時に主に使ったのがアーティストパテー現マジックスカルプです。

とにかく皆から聞こえてくるのは「ハンドリングの良さ」でした。
実際、使ってみてこんなにベタベタネバネバしなかったら接着出来ないんじゃ?っと不安を憶えた感覚があります。
そうエポキシの場合ー、パテの認識が強すぎるのです。どちらかというとパテとしても使える・・こう云った方が適切かも知れません。しかし、パテとしても十分の接着能力がありオドロキました。
商品名はマジックスカルプであり、エポキシ系造型用ネンドなのです。
それをGK用パテとしてスカルピーのように使っているという感覚です。
マサにスカルピーのクレイ感覚で造型出来ます。コリャエエワ〜〜♪
スカルピーは焼かないと固まりませんがこれは温めると速く乾くレヴェルで確実に固まります。
開発者によるとベタつきを抑える為に極めて純度を高くしたとの事。
使用感が衝撃的だった為、話を付けてアメリカで黒と白のキャップの化粧品パッケージを用意していただき(これがかなり底上げパッケージでした(笑)、アーティストパテのロゴを入れ初のマジスカ日本販売になりました。


他、お付き合いでエーヴェスとワンダーパテを紹介されるまま同時に入れました。
エーヴェスはハンドリング面では少々ベタつきがあり、スパチュラ離れが悪く持っていかれます。その分、モノに対する接着力はあると思います。
ワンダーパテは最近まで入れていました。ハンドリング、粘り、ノビ具合は良いです。ややファーストタッチが固めかなっ?という感覚ですがパッケージからナカナカ離れない点ぐらいでしょうか。
あとUKのスカルプターからUKではポピュラーな青とキイロのエポキシパテを推薦されモニター販売しましたが、ニオイの点と形状的に魅力を感じず2回目は入れませんでした。

このような結果でマジックスカルプをイチオシにしました。
ケースの上部が裂け易いとかのご指摘をいただいておりますが、ケース本体が裂ける事もないようなので価格に跳ね返るよりこのままキープして安価でご提供しようとしています。
また、このケースの形状特徴を活かして昨日、ご紹介したお湯にケースごと入れて温めたりしてお好きな固さにチューンしてお使いください。

最大特徴は「ハンドリングの良さ」「丈夫で磨ける」「ヒケない/事後変形がない」等々ですが、
お店に来られるスカルプターの皆様はスカルピーに混ぜて焼かずにペーパーで磨きやすくしたり、石粉粘度に混ぜて丈夫にして磨いたりで、随分個性的な使われ方されてます。マサにマジックです。

マジックスカルプ(フレッシュ/ブラック/ホワイト)各色¥2500-
http://horizing.ocnk.net/product-list/4

フレッシュが色濃く感じると思いますが、実際、人の肌って結構色濃いものです。
しかしながら、一皮剥けばあのような筋肉色であり、実際造ってみると非常に「陰影がわかり易い肌色」になっている事がわかります。
NSPも色がブラウンに見えるのも「陰影がわかり易い」からだと思います。
また、萌え系アニメキャラのようにどうしてももっと明るい肌色がよいと思われる方はホワイトを混ぜて調色されるとよいでしょう。

では好評ヘビロテ第2弾!!
¥1000-ボックス、¥2000-ボックス、¥3000-ボックスから取り出す今日の入れたて取れ立ての逸品シリーズ。
今日は¥2000-ボックスの紹介ー、

ドイツのGK。
や〜コッポラのブラムストーカーズドラキュラですが90年代を代表する映画ですね。NO1かも知れません。ます錚々たるキャスティング、ゲイリー・オールドマン、アンソニー・ホプキンス、ウィノナ・ライダー、キアヌ・リーブス、モニカ・ベルッチ・・・ん〜皆、絵になり過ぎてコワイ位ですが、ボクはこの映画での衣装デザインを担当した石岡瑛子サンの仕事が独創的かつ美し過ぎて頭から離れません。
個人的衣装デザイン部門で永遠に1位かも知れません。
石岡瑛子サン、先日お亡くなりになられましたが、広告デザイン、アートディレクターから映画、北京オリンピックの開会式までの衣装デザイン〜演出された仕事は圧巻です。
日本の誇る歴史的クリエーターの一人だと思います。
この人のワークスタイル・・モノ創りにメディア、ジャンル、何事にも影響されない姿勢はこの分業化の時代に忘れてはいけないスタンスだと思います。合掌ー。

Dsc05123


Dsc05126


Dsc05127


で、当時ホライゾンから傑作な1/6ソフビキットが出てしまった為か、GK的な造型物に恵まれませんでした。が、出て来る時はイイモノしか出ないのが'92ブラム・ストーカーズのドラキュラ。
スティーブ・ウェストのウルフタイプダイオラマは石岡サンの仕事のワンシーンも入った個人的にも持っておきたいキットでありました・・・。

で今日のご紹介はゾンビ、ウルフ、バットタイプのバストモデル。欠けがあるからですが、気になる方はマジスカで治しましょう。アメリカより安い価格ですよ〜。ジャーマン製。

| | コメント (0)

2012年3月12日 (月)

ヘビロテ。その1マジックスムース

さて、ポチッっと買い易くなった造型資材。しばらくブログの立ち上げはヘビーローテーションからです
http://horizing.ocnk.net/

マジック・スムースのお話。

「193X年・・・ヨーロッパはナチスの炎に包まれたぁ(ガシャ)
 あらゆる国々は降参したかに見えたぁ(ガシャ)
 しかし、家具職人魂は死に絶えてはいなかったぁ(リ〜〜〜チ)」

第一話:ボクの大好きな爆撃機モスキート。
ドイツの傑作戦闘機メッサーシュミット、フォッケウルフより速い偵察型爆撃機を!! というムチャな要望に応え、設計者とエンジニアと家具職人のジョンブル魂が見事に重なり出来た名機デハビランド・モスキート。
木製である。木だから鉄より軽いがよく燃える・・・追いつかれれば燃える・・・かなり真剣勝負の「鉄」vs「木」である。

Moss16b

美しい戦闘機には迷彩より、シルエットが強調される単色の方がいい。
しかし、この当時英国で採用されたプルブルーって戦後の日本のオート3輪トラックとかミゼットの昭和の色ぽくって大好きなんだけど、最近コノテの色のクルマ見ないですね・・・脱線(ボカッ!!

このモスキート、ヨーロッパを守ったとは言い過ぎだが0011ナポレオン・ソロのイリア(D・マッカラム)主演モスキート爆撃隊、633爆撃隊など機体そのものが映画の主役になるホドのものなのだ。

で、、この木製傑作機モスキートはエポキシがあってこそ完成した事はあまり知られていない。

1930年代に600kmを超える爆撃機を可能にしたのがイギリスーオーストラリア間レースで優勝したDH-88コメットの合成木製樹脂の成功から来るもの。

Images2_2

いや〜、真紅に塗られた流麗なバディは美しい・・・脱線(バキッ!!

・・・時は経ち、フォーミュラーワンで活躍するフェラーリも未だにエポキシ(アラルダイト)を使っている。
また最新の市販車のロータスも使っている。

速度600kmを超え、300kmで走るという物体メカに使用される・・
そんな絶大なる接着力があるのがエポキシなのだ。

では、何故!? 市販のエポキシ接着剤は弱いの?っと思う方も多いと思う。
単純に家庭的なマルチマテリアル的な汎用性と速乾性を求めた結果だと思われる。
よく5分型、10分型とかあるが、ソレ、ハ/ヤ/ス/ギ。
またそういった汎用性を持たせたエポキシ接着剤って削れない。削る作業が出来ない事は模型作りには少し難点だ。
汎用性と速乾性を重視しすぎてエポキシの良さを削ってるようにしか思えない。

14年前に怪物屋ってお店を始めて、GK専用の接着剤を明確にしようとした。
そこで相談したのが当時1アイテム3万個販売計画(スゲ~!)していたUSGK最大手のホライゾンだった。ちょうど、トム・ギリラント(現サイドショウ副社長)と組んでホライゾンカラーをリリースした頃と重なり、模型資材充実の為、腰をあげてくれた。
調査、実験の結果ー、現マジックスカルプとマジックスムースに絞られた。
マジスカは白/黒キャップのパッケージに換えアーチストパテとし、少量にして¥1000-の買いやすい価格で出した。これはその後、V社からも出たのでご存知の方も多いだろう。
スムースは希釈してチューブタイプにして¥1000-で出した。これがオドロキのリピーター率100%で、同業者の買い占めにあった。

もっとも接着の強さだけならアラルダイト、メタルセットの方が強いだろう。


Dsc05211_3

メタルセットなんかアメリカ軍用の接着剤だ。
弱いと命が危ない・・・。それほど本来のエポキシは強い。(この2点は要、メール問い合わせネ。)

しかし、マジックシリーズの特徴はレジンキャストの「硬度」に合わせた事にある。
製造元が元々造型工房なのだ。そこから産まれた知恵が詰っている。
レジンキットのパーツ同士を接着すると「しなる」、←ココ重要。

よく真鍮線でセンター軸打ち補強とかあるが、アレだとしならないから「バキッ」っとなる。金属入れてるから丈夫な補強なんて意識があるとイタイ。
「真鍮線での軸打ちは補強ではない」。
あくまで軸ウチは位置決めと接着面積を増やすという意識でいい。
レジンキャスト、真鍮線、瞬間+ポリパテ補修の場合、最も最悪で3つの硬さ違い、溶剤系盛付け剤による事後変形で保存には向かない。仕上げて3ヶ月ー1年後にパテ跡が出て来たとかになるハズ。
スピード勝負の型取る前の原型製作作業ならまだしも、キット製作にはこのあたり一切やってはダメな作業。

昨日、東北地方太平洋沖地震から1年経過した。合掌ー。

怪物屋始めた当初は阪神大地震で壊れたというGKの補修をかなりやった。ほとんどが真鍮線が入っていた。
振動-落下でバキバキに折れ、接着の喰い付き悪い真鍮線が出ている。またかろうじてノンダメージでも経年変化でパーツ接合パテ跡が塗装の上からでもわかる。
これらの経験からイロイロな作られ方をした怪獣、クリーチャー、アニメモデルのリペアを相当数見て来たから本当のガレージキット専用ツールが当時「要る」と感じた。

最大の特徴はエポキシは「ヒケが殆どない」ところ。つまり、事後変形がない。

長く書いたがまとめると、
強力接着! しなる! ヒケない! この3拍子揃ったレジンキット専用接着剤なのだ。

極初期ロットのチューブタイプに近づけて、もう少し、トロトロの柔らかくとの声もあるが、
給湯器からお湯をトレイに溜めて、ソコにケースごと入れると柔らか〜〜くなってきます。
マジスカ製造会社の工房でもそのように使ってます。
この粘度調整が出来るのもこのパッケージスタイルの特徴で良いところです。
もちろんドライヤーで温めてもいけます。

またココの会社社長からお湯で溶いて使う事も聞いた。???だったが、ある事を思いついた。
ジオラマベース製作って水性が多い、しかし、メデュウムの代わりとしてスムースを使う事を思いついた。
これなら本体と同じラッカー系でそのまま塗装出来る。ウォッシングもエナメルでバシャバシャできる。
で作ったのがコレ。

Dsc05212


Dsc04840_2


溶いたスムースに砂、乾泥、瓦礫を混ぜてベースを作った。恐ろしいスピードで仕上がったのもスムースがあったから。
プラモのバイクのハンドルプラパーツ上に軸打ちも何もしないカッパが乗れたのも溶いたマジックスムースを上から塗りワンコートし、表面上ではレジンの一体型とした。非常に接地点が少ないのにしっかり止まった。こんな事が出来てしまう。

グエムルの河原も溶いたスムースに砂利入れたもの。
ラッカー→エナメル塗装が出来るという事は彩色コントロール幅が広がる。
こんな使い方も出来てしまうのだ。

マジックスムース:サイトオープン記念価格¥2500-
http://horizing.ocnk.net/product-list/2

ポチッとよろしくお願いします。


まだまだ性能アピールあるケド、また次にしましょう、
では店のお話です。

Dsc05173

怪物屋玄関に登場した水槽看板。OPEN/CLOSEDっとなってますが、中で人を見かければ開いてますので入ってこれます。とりあえず納品等で閉まってたらリターンの時間があるのでご参考にしてください。
模型に興味持たれていない奥様、お子様、などの為にタコが入っていたり、イカが入っていたり、カエルアンコウが入ってます。どうぞ、来店時はご活用ください!?

さて告知していた「買っといた方がエエよ〜」いきましょう。

Dsc05136_2


Dsc05133

店内も鮮度じゃなかった感度のイイGKを市場風に売ってます。これはオカタツケから出て来たもの、エエ〜ってものをボリュウムが減って来ると補充補填していく企画ボックスです。

¥1000-、¥2000-、¥3000-、の3つに分けられたコーナーはお宝もあります。そうでないとつまらないですよね。ここは来てのお楽しみにしようと思ってましたがヘビーローテションと共にココのボックスも毎日ヘビーローテーションいきましょう。早いもん勝ちです。

今日は¥3000-コーナーからバルサムの作品を取り出しました。


Dsc05119_2


Dsc05115

1/4のクープバストモデル。ツノとアゴが欠けている為、プレミアもんのキットですが、こういった正規品のB品も入ってます。
Dsc05121_2

こいつの眼は凹面に彫られているので、プラレンズ仕込むと気味悪く生きてそうな鬼になります。
とてもポップな逸品です。この当時はアースバウンドで抜いてたな・・¥3000~だよ〜。

さらにバルサム初期の作品のクロウ1/2.5。
バルサムって初めて会ったのはLAのサイドショウ企画のマッドモデルパーティ。しかもサイドショウの極初期のスタチュウシリーズ/ブロムとかのファンタスティックイラストレーターの立体化の担当していたと思う。
ボクの知るかぎりブロム、クープ、ブルース・ティム、エドロスまでいろいろなアーチストの作品をオモシロがって3D化していた。
完成度は高く楽しんで作ってるのがよくわかる作風はアッサリしていて好きだった。
そう、ウマイ人ほどアッサリ、、スッと眼に入って来る作品を造る。
そんな彼の作品の中では映画キャラはめずらしい。見えない背中、気にならない部分に傷がある程度で・・・このスケールだとコワイほどリアルに出来るよ¥3000-だよ〜


入荷・・・してるけど検品ね〜、明日もお楽しみに〜

| | コメント (4)

2012年3月11日 (日)

オープンキャンペーンのヘビーローテーション

前の更新からまだ3-4日の感覚でしたが2週間の間隔が空いたんですね。アッという間に時は過ぎます(汗。今しなくてはイケナイ事が多すぎて更新できませんでした。

さて、告知していたケミカル系の別サイトが御用意出来たのでお知らせいたします。
オドロキ価格のオープンキャンペーンです。

ココでもFM局のように連日のヘビーローテーション組んでいきます♪
改めてその性能を掘り下げていく企画でお送りする予定で海外の大御所スカルプターや大御所モデラーの作品、製作過程までココで観れていくと思います。

かなり本気印のサイトにしていきますのでヨロシクおねがいします。
http://horizing.ocnk.net/

まず、価格は本気のオドロキ価格です!!
これは契約した製造元の協力もあり、成し遂げた価格で品質保証もシッカリしています。
渡米時に製造工程まで見せていただき、実際に映画関係の模型工房、大御所スカルプター/モデラーを訪問して本当に愛され使われているモノをセレクトしています。
彼等が選んだ理由をご紹介していったり、開発工程、またデモで試供されてくる新製品のモニターなど、「正規輸入ならでわ」の記事が増えると思います。

感謝の気持ちの新価格は・・・

マジックスムースは¥4500から¥2500へ
マジックスカルプ(フレッシュ・ブラック・ホワイト)は¥3000から¥2500へ
送料も格別に安くなるよう努力しました。

下記サイトでポチッ購入出来ます。
http://horizing.ocnk.net/

怪物屋店内では実際にカラーの混色見本、デモを置いて販売しています。

それではケミカルのヘビロテご期待ください。
もちろん、その後に続くキット、完成品、製作テクニック記事もありますのでマウス?カーソル?ダイヤル?は一応・・下まで降ろしてやってください。

Dsc05189_2


Dsc05191

http://horizing.ocnk.net/

それでは「ポチッっと」よろしくお願いします。

| | コメント (2)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »