« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月27日 (水)

アモックタイム

何年か前にもご紹介したけど、アモックタイムに久しぶりに行った。
店舗はコミックショップ+トイショップってスタイル。数年前まではダークカーニバルを中心にGKも多く展示販売していたが、引っ越しを機会にそういったモデルキットも殆ど影をも隠していた。。。
Dsc06387_2


Dsc06388


Dsc06389


Dsc06391


・・・っとお店も以前の場所よりやや奥まった場所に変わっていた。
寂しくもあるが、リアルなUSGK事情として、殆どがサイト/ネット注文が主であるから、倉庫がより広い場所の方が有利なんだろう。それにしても倉庫がデカイ・・・

Dsc06394


Dsc06422_2


Dsc06423


Dsc06424_2

第一、第二、第三倉庫・・・そのすべてが店舗よりデカイ・・・スタッフも朝から入荷と出荷でバタバタシテル、、、
ストアである以上ー、コレくらいが普通なんだろうが、普段、ボク自身が、いろんなお店にも行かなくなったから活気をより感じた。

して、倉庫置くの禁断の秘密の場所へ・・・

Dsc06409_3

メーカーでもあるから、何点かの新製品のテストが届いてた・・・

しかし、ここには以前の店に飾っていたコレクタブルトイ、GKが眠っていた。。。


Dsc06398_2


Dsc06403


Dsc06404_2


Dsc06406_2


Dsc06419

Dsc06418

・・・数多くあるが、ジョーカーなどの完成品作例なども見てもGKに力を入れて展示販売していた事がわかると思う。
トラウマバットマン・・・なつかしい。。。

ポールのプライベートデスク廻り・・・

Dsc06407


Dsc06395_3

国土の広さが羨ましい限りのキングコングカウチセット。こんなものがラクラク置ける。
ニューヨーカーらしい造型テレビ、ソファーだ。

っと、何点かのプロップも無造作に置いてあるが、ヴァンパイラのチェアソファー発見!!!

Dsc06410

オリジナルらしい。ここにあったんだ。
サイズからしてジツは小柄な女性だった事がわかる。
ヨメの為に買ったらしい・・・カッチョエエ〜〜じゃないか。

トーマス・クンツの伝説的モデルキットも入荷するし、いろんな角度からパシャパシャ。

どうでもええがココのスタッフは皆デカイ。そのせいかトイレの位置が高い。。。
今回同行の新人スカルプターのZは結構背が高いがチンチン乗っけてヨウタシ・・・出来る位だ。

Dsc06429_2

帰りは自然史博物館へー


Dsc06431_2

恐竜系は今回足速に、動物ジオラマを重点的に見ていった。
シカゴもそうだが、ナイトミュージアムの舞台となる博物館は模型製作がジツにウマイ。
ジオラマに於ける草木の再現、雪の再現、グラウンド泥の再現など非常に細やか。
模型を通して、その場の温度まで伝わってくるくらい空気感まで再現されている。
もう、モデラーには絶対オススメだ。

Dsc06568


Dsc06571


Dsc06609


Dsc06611

それぞれの展示にはストーリーがあり、小物に至るまで超精巧に再現されている。

Dsc06617

コレ、熊の足元に転がってるサーモン。スゴすぎる。しかし、このまわり泥のリアリティ、ドライ-ウェット感も繊細な気遣いが伺える。。

・・・ワイルドライフGK・・・ご期待下さい!?

で、本日の締めはやっぱエンパイア登りでキングコング。


Dsc06633


やっぱ億の値がついたポスターは美しい。
そのポスターを再現したAFMテリープロデュースGKが再び入荷。

よろしくどうぞ。


Dsc06645

エンパイヤ土産に追加してほしいっと思ってる50セント望遠鏡。
ほしいな、こーゆーの。1/6、1/35あたりで・・・いいと思うんだが・・・


次回、
WF/TOKIOアイテム!?

| | コメント (1)

2012年6月26日 (火)

れれれ、撮り忘れゴメン!!

完全、に舞い上がって写真撮れませんでした。。。
しかし、最初に入った事務所のコレクション棚を勝手にパシャ!!した画像・・・

Dsc06375


Dsc06378

っとお宝キットがバラバラ置いてあり、、、この後、アダムス、レンウォール、オールドタミヤの箱を発見し、撮るどころではなかった。今回、一緒に廻ってるGECCO代表者も体温が2度上がったらしい。

落ち着いてる時にこんなのもあった・・・

Dsc06379

以前にも何処かで何冊か見た事あったが、今回のはコンディションがよかったモデルエアプレーンニュース。
コレ、1944年の模型誌。
ゼロ戦がF6Fヘルキャに落とされてるし・・・(泣!?
サイパンがイメージかな?主に図面をベースにソリッドモデルの造り方を示した雑誌であるが、それにしてもこの国のゆとりを感じる模型誌である。

して、このような時代アイテムも大切に保管している趣味に対する情熱はすばらしい。
こういったコレクタブルなものを大事する文化の歴史を感じるし、そういった人達がもともと多かったから「常識的プレミアプライス」が成立していると思う。

帰国後、少しばかりのヴィンテージプラモ(もちろん年代もん)市、またまたモビウス、ペガサス、アトランティスetcの激安市開催予定ー。

ところで渡米中、WF版権通過通知が届いたとの事ー、
今日から、WFに向けてのドタバタ内容も紹介していきます。よろしくどうぞ。

マズはガメラ・・・デカイ。が、安い!!っと思う。。。
原型:大山竜


Dsc06172


Dsc06173


Dsc06174

個人的イメージタイトルは「ナイトメアガメラ」。
おわかりの方も多いと思うがナイトメアってトコにイメージを集約。カタチは見てのご判断。現在、アメリカの工房でキャスティングにかかった。っと同時に新作東宝キャラまである・・・また、後追ってご紹介していくドタバタ劇・・・よろしくどうぞ。

次回予告
NYのコミック-スタチュウ/トイショップ、メーカーのレポート

| | コメント (0)

2012年6月25日 (月)

衝撃!! 新メーカーGECCO!!

ジツはこの秋-販売される新アイテムの発表があった。
メーカー名はGECCO。
アイテムはサイレントヒル。
Wao~~!!!!

原型師はクリーチャー系にヘッドロングの赤尾くん。
フィメール系にタナベ・シン氏。
Waoo~~~!!!

赤尾くんはあのシフレットブラザーズもベタ褒め、キット購入するほどで自身これで3つ目の△頭。
タナベくんはフィメールキットを創らせれば、今、最もウマい!! っと思う。この人が泡頭。

Waoo~~~~!!!!

日本のスタチュウ界!?に衝撃必至の新メーカーGECCOが
この小さなイヴェントで遂にベールを脱いだ。


Imgp0931


Imgp0929


Imgp0930

スゲ〜迫力満点のレッドピラミッド。
コナミさんの版権も通り、展示了承もOKだったので原型展示。

クリーチャー好きの目に強烈に焼き付いた。
彩色された姿でサンディエゴ・コミコン展示されるので更にこの熱はヒートアップしていく事となる・・・。

次回予告

NYのホビーストア事情

| | コメント (1)

レジントピア

ショウも終わり、一番感じたのは来場者の高齢化。つまり、ファン層が高齢化してるって事!?
主催者はストレイキャッツの如く(笑!?ロカビリーファッションでバッチリ決め、流れる音楽も含め会場雰囲気は悪くない。
ケンタッキーのSci-Fi、ホラー、ファンタジーの模型総合的なイヴェント規模は大きく、それぞれ同伴ファミリーの為の配慮も行なわれ、チビちゃんたちへの模型教室などなど、未来に繋ぐ為の企画も継続している...が、ホラー、ファンタジーベースで考えるとチィーと無理がある・・・。


Dsc06340

して、今回はボクが次世代-USGK趣味人に向けて塗装について講演する事になっていた!?
ン、よ〜く見ると、ブログから採ったアイテム画像もチラホラみれるではないか!?


Dsc06342

・・・!? エエッ〜っ何じゃこのペイントマスター ショーグンっての(笑(笑(笑!?

普段というか通常、店でしているパフォーマンス的、また、無料塗装講座みたいな事をやった。
瞳の描き込み、スキン表現を特に実演してほしかったとの事でプラスーマイナスーレイアー技法など1時間30分をナントカ乗り切った。
ハァハァ・・・たぶん、ウケたと思う。。。
デヴィット・ディルは相当なショーグンになったに違いない。。。(笑

アメリカではイヴェント=コンテスト。
必ずある。
つまり、この趣味のわかりやすい発表の場でもあるし、これが無いイヴェントは存在しない。
プロからアマまで参加を楽しむ為に欠かせないイヴェントの一部なのだ。
ここが日本と大きく違う。
皆、同じ趣味人だから造る事に敬意を表してくれる。
この辺りの成熟度はホント素晴しく思う。
だから、ディーラー参加だけど出品作品は欠かせない。


では、そのコンテスト作品の一部をご紹介ー。


Dsc06306


Dsc06307_2


Dsc06308


Dsc06310


Dsc06311


Dsc06313


Dsc06315


Dsc06316


Dsc06317


Dsc06318


Dsc06319

ボク目線のピックだから、、ホントはもっともっとあるんだけど、、、
日本人目線から見て新鮮なのは必ずシャドウボックスジオラマがあるってトコ。
コレする人って或る一線を超えたテクニシャンが多い。アイデアもオモシロイ。
今回ハンチバックのフレームデコレーションはムービーイメージピッタリの創作がgood。
コレ、先月からホライジングでウリ出したバルサフォームで比較的ラクに造れます・・(宣伝)
もうじき、専用のレジンも売り出すと思うので再び注目アイテムです。

して今回はアクセル/ヤタケくんが1,2フィニッシュ!?だったらしい!? コングラチュレーション!!!

ちょうどバルサム作品のエントリーだったので、怪物屋の前のバルサムに見せると随分喜んでくれた。

Dsc06361

っと、とてもお茶目なバルサム。甘いマスクでオシャレな彼も随分気に入った模様・・・。で、とてもクールなデビルガール(笑もノリノリなので・・・


Dsc06363_2

なんか、、キマリ過ぎてるゾ!! もう一枚!!

Dsc06366

たぶん、、コレ日本のWFでも展示すると思うので御覧下さい。

大体、こういったイヴェントに参加しながら、パフォーマンスとしても次の作品を造るスカルプター、次の作品のアイデアスケッチを描くディーラースカルプターも多い。

Dsc06367


Dsc06369


Dsc06373_3


Dsc06374

サスガにモンスタードーク/カールの次回作のスケッチはお見せできない?が、彼の作品スケッチの完成度高さがわかるスケッチブックでしょ。こういった「生」なパフォーマンスが見れるのもイヴェントの醍醐味だと思う。

また、ケンタッキーと共に総括はまた今度・・・。貼り忘れ画像と共にご紹介します。

次回予告

激震!! 大注目アイテム登場!!


| | コメント (1)

2012年6月24日 (日)

掘り出しモン!?

タイトル通り、売り切れゴメンのヴィンテージ・・・。
(本もあるよ)

Dsc06230

Dsc06224_3


Dsc06233_2


「DSC06232.JPG」をダウンロード

Dsc06231


Dsc06197


Dsc06198


Dsc06237


Dsc06238


Dsc06239


Dsc06240


Dsc06241


Dsc06242_2


Dsc06243

・・・オーロラのドリトル、、船までシールド未開封がある・・・未開封2つコンプリートで$600---
コレ、未開封ミントの現地相場・・・どう?

あと彩色済みだけど・・・


Dsc06302


Dsc06303


Dsc06305

とかとか、、

だけど明日もヴィンテージプラモ、GKを置くNYの店にいってレヴュー予定だけど・・・、ヴィンテージは思い切り!?が大事!?

| | コメント (0)

注目の近作と復活GKキット

注目というかイチオシはモンスタードーク。カールのアイデアセンスはGKとしてオモシロイ。
Dsc06210_2


Dsc06211


Dsc06212


Dsc06213


Dsc06214


Dsc06215


Dsc06250_2


Dsc06249_2


Dsc06251

コミック版ウォーキング・デッドのバストなどウレシイとこ突いて来るカールの新作はセサミ系キャラ!?
続報に期待しましょ。

うれしい復活情報は・・・
ポーカープレイヤーが少量生産されるらしい!?
販売はハロウィン前との事だが、ボクは傑作ディフォルメGKだと思ってル。うれしい10年ぶりの再販。
以前に造った画像あるので・・・少し紹介。たぶん、再販ってキャスティングが随分よくなってきてるのでこの画像よりいいものになると思われる。

Dsc00365


Dsc00369

ジョー・ラウデッティとバンタイムのコンビも注目!!


Dsc06244


Dsc06247_2


Dsc06246


Dsc06245_2

Dsc06207
個人的にも猿の惑星は好きで、今回のシーザーも結構気に入ってる。
こういったUSGKらしいまとめ方も見ていて落ち着く。


Dsc06221


Dsc06220_2


Dsc06219_2

アースバウンドから美しいバランスのサイクロプスをリリースして注目を集めたレジン・モーション。
新作は33年キングコング。動きが当時にコダワッテル・・・。ジオラマ含めたパース造型は新鮮!!

ダークカーニバルの新作は・・・・


Dsc06199


Dsc06204_2


Dsc06205


Dsc06206


Dsc06202


Dsc06203

ジョーズ!! 他、リアル系GKの復活!!
また、アモックタイム・ダークカーニバルのお誘いで夕食にいき、ロブに今後の展開を聞いてきたが、ダークカーニバルはメカ系を含んだアイテムも計画中との事。要注目!!

・・明後日は新しくなったアモックタイム訪問するので生なアメリカのコミックショップ&メーカーのスタイルをお届け出来ると思います。

では次は掘り出しモン!?に続く・・・

| | コメント (0)

クラシックUSGKの逆襲!! トーマス・ クンツ、バルサム。

トーマス・クンツ・・サイドショウ主催のマッドモデルパーティ1998年以来のGKイヴェント参加ではないだろうか・・・。
厳密には2000年からはGKイヴェントはケンタッキーのみだったように思えるし、GKベースのイヴェントが今になって復活しだしているのは何故?っとも思えるが規模は小さくとも皆、大歓迎のようだ。

Dsc06265_2


Dsc06266


Dsc06267


Dsc06268


Dsc06269


Dsc06270


Dsc06271


Dsc06272


Dsc06273


Dsc06275_2

これらクラシックGKの大御所!? トーマス・クンツのキットがこの夏、再上陸予定・・・。少し、新作もあるらしい・・・!?

クンツ氏にこれらのインストに昔はパフィューム振りかけてたね?っというと、なつかしく喜んでた。
そう、クンツのキットって箱空けると甘美な香りと共にオドロキモールドのキットが出て来てた。
GKにパフュームも取り入れたオシャレなスカルプター・・・!?である。。!?

できるだけ、安くする工夫を打ち合わせしたが、これから先はベース裏にサインが入ると思う。

Dsc06332_2


Dsc06331_2


Dsc06333_2


Dsc06334_2


Dsc06335_2


Dsc06336


Dsc06337


Dsc06338

さらにバルサムが会場に来た。
バルサムはDCダイレクト、サイドショウなどスタチュウ原型で忙しいらしい・・が、掲載写真のアイテム・・・極少量ながら襲来すると思う・・・!?
バルサム独特の量感ある造型は、その美しい面の張りと共にエロく美しい。

| | コメント (0)

イヴェント模様・・・


Dsc06355


Dsc06356


Dsc06353


Dsc06352


Dsc06351_2


Dsc06350_2


Dsc06349


Dsc06347


Dsc06346_2


Dsc06262


Dsc06260


Dsc06345_2


Dsc06344_2


Dsc06343

Dsc06328


Dsc06327_2


Dsc06326_2


Dsc06325_2


Dsc06324_2


Dsc06300


Dsc06299


Dsc06295_2


Dsc06294_2


Dsc06290


Dsc06292_2


Dsc06289_2


Dsc06287_2


Dsc06286_2


Dsc06283_2


Dsc06280


Dsc06279_2


Dsc06259


Dsc06258_2


Dsc06257


Dsc06252


Dsc06217


Dsc06209


っとこのような感じで・・・次回、たぶん2時間後続く・・・

| | コメント (0)

2012年6月23日 (土)

NJ2日目・・・マズはAFM

うむ、今年はGKイヴェントが多い。
レジントピアって産まれたばかりのイヴェント。
AFMとNJ、NYに住むディーラー、お店を集めたものになっている。
今回のウリはゲストのトーマス・クンツ!! ゲストに大きく- この人の名前を打ち出すあたり、通常の地方SFートイイヴェントではなく、GKよりのクラシックホラー、造型中心のイヴェントだと云う性質を物語っている。。。というより、そうしたい気持ちがわかるから参加でしょ。
早くから参加は決めていたものの、ワンダーフェストの次でコミコンの前というこの時期もあり、多い集客は見込めないだろう・・・っと大方の予想。しかし、GK寄りでGKスカルプター中心のイヴェントはワクワクする。。。
ではそのワクワク感をレポートしていきます。。。
(気になるモノあればメールください)


Dsc06185

今、展示中です。
次回更新時にアップしていきます。


Dsc06179

マズはAFM。
新刊出ましたよ。リーのドラキュラが表紙。ハマーが表紙飾るのも久々。レジンキットからプラモデルの製作バイブルは必見です。今回からヴィンテージプラモデルを使った作例など見ていて飽きない編集となってます。

Dsc06181


Dsc06182


して、このモビウスのベラ・ルゴシドラキュラは既に購入された方も多いと思うけど、これAFMの小冊子が入ってます。
こうなると、怪物屋も大プラモデル大会にしなければ・・・!?っと云う事になりました。
この夏、帰国後プラモ棚を増設ー販売していきます。
このミニAFMはプラモの歴史からプラモ造りまでAFMライター、あのモデルマニアDVDでお馴染みのデヴィット・フィッシャーがステキな塗装方法を大型の写真で綴ったデザインでお贈りするもの。
AFMのバックナンバー自体、結構なプレミアがついたりしちゃってるし、オマケには勿体無い出来だと思いますよ〜。
次回のフランケンシュタインの花嫁も現在編集中!!
この2つのキットを皮切りにSFメカもこの企画は生きていくみたい。
しかし、こういったクラシックモンスターって50年前はプラモデルー。20年前はレジンキットー。10年前は彩色済みスタチュウ並びアクションフィギュアー。今は再びプラモデルに・・・・!?

もともと50~60年代ってフィギュア系プラモの時代だった。

怪物屋も10年前は一時ポーラライツを主にしてた時代もある・・・
ポーラライツのオーロラ復刻ラッシュから10年・・・今はGKスカルプターが新造型として新製品ラッシュ!!

また衝撃価格は帰国後・・・メール御予約受付中!!

yo-ko-kaibutsuya@nifty.com

| | コメント (0)

2012年6月22日 (金)

今NY・・・!?

う〜〜ム、前回の更新も途中で終わってしまい申し訳ありません。
前回のイヴェント更新前からなんですが、ヘルペスが躯に廻ると死ぬという・・・ストレス性帯状疱疹に襲われました・・・意味不明な都市伝説ですがナカナカイタイもんですね。。。痕残るらしいし。。。意識とは別にドンドン老化の道を歩んでいくのだな〜っと思い知りました。
しかし、今、NJに居ます。
今年から始まる、プラスティックモデルキット&スタチューエキスポのレジントピアのショウレポートとアメリカの生なコミックショップ並び模型店を取材!? 通常禁断の店レポも出来ればしていきましょう。
もし、!!っとピン!っと来るものあればお問い合わせメール下さい。また、移動中のメールレスポンスにより、しっかり返せなかったケースもあるようなので、御理解ならびご容赦ください。

↑っというのは明日からで、今日は前回の続きから書いていきます。
また今後のUSGKの傾向みたいな上半期の締めも書きたいのでしばらくお付き合いいただければ幸いです。

マズ、反響の大きかったモノでは想像通りのセサミストリートの面々、これは明後日モンスタードークの面々も入れてもういっかいご紹介するとして、案外、メカ系というかスチームパンク系が人気爆発の予感!?
スチームパンク系といえばインダストリア・メカニカ!!

Dsc06175_2

この箱絵ボックスアートのクォリティがそのままキットになっている。
価格も3千円前後~1.5万円前後でアメリカとほぼ同じプライス感で販売します。独創的なキャラも魅力なんだけど「模型として欲しいアイデアがカタチになった」感が強くモデラー意識の心の奥まで染みて来ます。

Dsc06176

雰囲気タップリといえばインスト。クルクル巻きにしてロウ付け。
う〜〜む、オシャレだ。
毎回50個前後の生産なのでお早めに御予約いただければと・・・
販売スケジュールも送られてきてるのでまた日を改めてご紹介します。
案外、このWF夏の洋モンGKの目玉!?かも知れない!?
会場でそのモノグラムタッチのディテール再現、付属フィギュアの出来の良さを見て頂きたい逸品ゾロイ。


Dsc06177

各キットはレジンボディをベースにマルチマテリアルな素材でリアリティとクォリティを両立させている。
これはフィッシュサブマリンだがハンパね〜エッチングパーツが入ってる・・・
殆ど1/35での模型展開だがスケールもんのプラスチックモデルで各種カスタムパーツを買い足していくと・・・思うにこのインダストリア メカニカとドッコイ価格になったりしないだろうか?
では、この数名の作家で展開していくスチームパンクフルな模型はこの造型そのもので勝負している数少ない模型だと思う。
先月ー今月、また来月と注文数を増やしたいシリーズです。ベストプライスで御注文をお待ちしております。ぜひどうぞ。

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »