« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

WF夏 ご来場ありがとうございました

毎度ながら、もの凄いドタバタ劇でもっともっと書き続けるつもりだったのに、突然のサイトロスト!?の為、ご心配をおかけした事をお詫び申し上げます。
いづれにせよ、これを機会に少しサイトでもしっかり御注文受付け出来るように変更していきますので、今後ともよろしくお願いします。

さて、おかげさまで無事に事故もなく帰って来ましたが、持って行った荷物が多過ぎて今週〜来週までは店のおかたつけになります。(ん〜持っていた半分も陳列出来ず、パフォーマンス的には最悪でしたネ。ゴメンナサイ)

が、昨日もWFに間に合わなかったアイテムなどゾクゾク入って来ますのでブログアップしていきますので、お問い合わせ等はyo-ko-kaibutsuya@nifty.comまでお願いします。

しかし、10年以上ぶり(ンっ、20年ぶり!?)に新幹線に乗りましたが、あの長い鼻先をはじめて生で観て感激しましたョ。シンプリーレッドのHolding Back The Yearsの映像のような感じが鉄道だった田舎モンのボクにはタイムスリップした気分でした(笑。時代はスバラシイ進化してますね。

では尻切れトンボの画像になっていた当日版権アイテムの当日画像からー

まず、今回の大物、ガメラ3[ナイトメアガメラ]原型:大山竜http://blog.livedoor.jp/ryukundayo2/ 30個生産/¥38000- ナント塗装は前日の簡易ベタ仕上げで当日の朝6時からウェザリング〜細部塗装したといふ・・いつもの!?仕上げながら、この見栄えになるのは大山竜独特のディテール彫刻によるものだと思う。
怪獣キットはデカクてカンタンな方がイイ。土曜の晩に造り出し、日曜の朝に完成し眺めながら至福のコーヒーを飲む・・・こんな製作スタンスだとパーツも散らからず日曜家族サービスも出来る。置き場所の問題はこんなトコロでカバーしましょ(汗。
イヌネコサイズのデカイ怪獣、は床に置いてもサマになるから案外カワイイ。実際、今回のガメラは「リアルに感じるサイズ」だと思う。
今回は竜自身もプライベート作品を並べたテーブル出していたので多く方々もじっくりお話、コミュニケーション取れたのではないでしょうか。今回は初版としてナイトメアながら幸せを運んでくれる黄色い成型色としました。

もひとつの大物ジラ ウォール ハンガー 10個生産/¥18000-
怪物屋がボクの個人通販から中津に店を出した時の想い出深い映画でもあります。
ワニ、トカゲ爬虫類を参考にしたディテールはデータ造型のハシリでもありました。
レッド・ツェペリン/ジミー・ペイジを音楽に起用するなど昭和ゴジラ世代を惹き付けるには十分だったから、そのカタチ、生態の違いのギャップ故の批評を受けてますが、マグロを喰う息の臭さまで表現するあたりのリアリティはスバラシイと思ってマス。
この展示モデルもボクが寝ている間の数時間で虎キチが仕上げた応急塗装ながらジツにUSしてました。
これもバンバンフィーリングで塗装すればサマになるディテールが入ってます。

怪物屋の大きな怪獣GKの当日版権にコダワルのはUSシリコンの訴求にもあります。ホライジングジャパンで販売しているGI-1000の収縮率の少なさに加え超耐久性、長期保存性に優れているのを製品をもって実証していこうという意向で、最終的にはコストパフォーマンスに繋がるハズです。

が、シリコンは予想以上のリピーターの為、今回はWFでの販売出来なくなる事態でした。シリコンを尋ねて来て頂いたお客様、スミマセンでした。現在、船の上だと思います。
今回はGI-1000に抜群の相性の低温硬化レジンも入って来ますので、もうしばらくおまちください。

とにかくこの2体を2週間でのキャスティング作業~梱包送り作業を間に合わせてくれたクリントに感謝です。

更に今回GKデヴューのユーキhttp://iwakaneyuuki.blog.fc2.com/の青坊主。賛否両論ある造型ながらナントカ販売出来ました。が、時間があまりにない為、本人の手流し抜き。
時間もなくキャスティングがキレイに行なえていませんでした。組むには大変かも知れませんが、どちらかというとクリーチャー感覚なので粗さをタッチに置き換えて観ていただきたく思います。
事実・・・このサンプル、新幹線の中でバリ取り(汗!!、ホテルの深夜の温泉に入ってから接着ーパテ盛り(汗!!・・ナント2-3時間程度の塗装作業なので、この造型の良い部分を活かしきれませんでした。
また、後日、アップしていこうと思いますので宜しくドウゾ。

P1060830_2


P1060831_2

P1060834

Img_0917

P1060847_4


P1060834

デビューといえばデミくんのキンゴジ。あまりに時間ない為の販売数7個!? ¥3500- エッチングプレート、ヴィネットベース付き。

Dsc06846_2


Dsc06852_2


Dsc06863


Dsc06866_2

どうしたらこんなキンゴジのロンパった目がマネ出来るんだろうっとオモシロイから全景写真載せてなかった・・・スミマセン。
んで、キットにセンター穴も開けてなかったようなのでベースと本体の取り付け写真を急遽掲載。
しかしながら、まだ荷物の何処に入ってるのかわからないのでブラックプライマーを吹き付けた時の画像でご勘弁。また後日アップします。
ベースは透明マホガ二ー色で塗装してます。
サービスで入れるつもりだったネジ軸もデミくん入れてなかったとの事なので要る方はお問い合わせください。yo-ko-kaibutsuya@nifty.comコレ付けるとクルクル廻しながらセットできます。
このキットもキャスティングはギリギリの手流しでバリ取りにデミくん一杯一杯・・・WF当日の明け方どうしようと思ってたところヒョコっとヤタケくんが登場ー!! 久々のゴジラ塗装っとなった(笑。アリガト。

今回の反省点として、キャスティング作業とパッケージングをもう少しゆとりを持たせたいっと思いました。

当日版権モノお買い上げいただきありがとうございました。

P1060843

ボクのイチオシ!! インダストリアメカニカは日米の価格差なく販売。おかげさまで好評でした。案外、大物の船から売れていきビックリでしたが期待の大きかったフィギュアももうじき入荷します。引き続き御予約受付中!!

告知無く置いたゲーテルさんのガイナックスアイテムも会場持ち込み分は無事完売。残りは怪物屋店内、ゲーテルブログでも販売中!!
http://blog.livedoor.jp/saliamallo/

Dsc06730


Dsc06729_2


Dsc06725_2

ボクはシリーズ中、ミサトが最もキレイだと思う・・・残り少々あります。

Dsc06733

今回のガメラに乗じて完売したフェイマス モンスターズ オブ フィルムランド¥1000-。
主に60年代〜70年代の怪獣映画、TVの特集でスペクトルマンまでキレイな写真で編集されてます。


Dsc06857

土曜日の出発の日に届いたキットビルダーズDVD ¥1000-は既に観られた方も多いと思いますがストック豊富にあります。

つづく。

次回予告:WF総括(怪物屋のね)

| | コメント (1)

2012年7月28日 (土)

WF夏#5 卓番6-16-01 今日出発だけど・・・NOW

ヤバイ・・・あと数時間で出発・・ん〜〜でも、いつもの事だな(汗。
Dsc06849
ここからの段取りはフレキシブルにだが、今回は作業が多過ぎなのでボク自身、初の新幹線で行く事になるかも・・・

キンゴジは漸く型が出来て今、キャスティング中・・・今回の目玉はロンパリ目玉が出てる・・・


Dsc06852_2


Dsc06853


キンゴジのとって付けたような偶然なのか?ナントモ云えない張り出た瞳を立体再現!!

でも、塗装はいつ出来るんだ!?

Dsc06854


Dsc06855_2

ナイトメアガメラは塗装にかかり出せた状態!?


Dsc06856

ジラはナント皆が寝ているウチに虎キチが気を効かせて仕上げてました。

ここまでやってくれるとラクだね。ホント。あとはホテルでも・・・

さて、今回のWFってプラモも多く揃えてます。
モビウスのウワサのブライド オブ フランケンシュタインから電飾セットを初めから付けたセット売り等等ですが、目玉は旧オーロラのジャイアントT-rexが¥5000-!! 同じく、ネイチャーモノの傑作、ブラックベアー ウィズ カブスが¥1800-、同じくアメリカンバイソンも¥1800-、ゾロ オン ホースが¥2800-、他、モナーク、ホーク、一部持って行けたらヴィンテージもんまで・・・プラモもよろしく!!

あ〜、、、朝が来る~~~(汗・・・

つづく

| | コメント (1)

2012年7月27日 (金)

Wf夏#4 卓番6-16-01 INDUSTRIA MECHANIKA

今回、WFで販売する洋モンGKで是非観て欲しいアイテム-インダストリアメカニカ。
http://industriamechanika.com/blog/
通常、毎回50個平均の生産ながらナカナカ、アメリカ国外にでない程の人気を誇る。
パッケージの美しさから、インストの丁寧さ、美しいキャスティグ、適材適所なエッチングパーツなどなど箱を開けてみるとドキドキづるような感覚は往年のモノグラムータミヤの「あの感覚」が蘇り、プロターのバイクモデルようなオイルの香りがきそうな・・・もうシビレますよ。きっと。
造型デザインテイストはスチームパンクと呼ばれるものから非常にファンタジーに富むデザインに酔いしれてしまいます。
もうココんちに集まってるクリエイターたちを知るだけでも新たな創造の扉を開けてくれるでしょう。
模型の楽しさを集約したようなそのデザインはアーマーモデラーはもとよりエビエーション、フィギュア、ヴィンテージカーモデラー、多くのロボットモデラーまで自分の虜にすることでしょう!?

原型ってことではなく造型・・そうデザインの力、模型の力をボクは感じました。
また、高額な金型を使って造るプラモももちろん大好きですが、比較的速く生産できるレジンキット・・50個生産のショートショートで繰り返して売って行くこのスタンスにレジンキット並びガレージキットメーカーの未来を観た気さえします。

WF向けにフィギュアサンプルも送ってくれてるのでその出来を確かめ下さい。

日本代理店として価格はきっとご満足いただけるプライスでご奉仕させていただきますので是非御覧いただき、御購入ー御予約ください。

464__420xfloat_sashamain_2


Sasha01


Remoracover_2


Remora37


Remora43


Remora44_2


Figures01_2


586__420xfloat_deckhandsannouncem_2


Deckhands108_2


Boxsleeve01


Mg_3098_2


Fichtenfoofishsub19_2


Fichtenfoofishsub00


161__420xfloat_fichtenfoohornet00_2


Horneta


Ffhornetprebuild05


Hornethopterscan01


Instructions02_2


Thumbs_ffhornetprebuild06_2


Prodchallenge001_a_2


Prodchallenge001_z


Frankenstein08


779__420xfloat_cb5samplelabel_2


626__420xfloat_chompprint03_2


628__420xfloat_chompprint05_2


779__420xfloat_cb5samplelabel_3


626__420xfloat_chompprint03_4


628__420xfloat_chompprint05_4


659__420xfloat_redstar18_2


Redstar19_2


Dustbuster04_2


Driver2


Dustbusterprint2_2


Ffhornetprebuild06_2

つづく

| | コメント (0)

WF夏#3 卓番6-16-01 当日版権もんその2 THE ROOT OF PREDATOR(1968) & 1962GOZ 

青坊主のお問い合わせもボチボチ増え始め、ハイテンションなZくん。http://iwakaneyuuki.blog.fc2.com/
現状は、ようやくテストショットが抜けたレヴェル。製品版は塗装を考えると黒がよいと思えるが、実際は定かではない。
     Dsc06844

アメリカNY出張を共にして帰国後スグにとりかかった訳だが、イメージ優先でもスイスイっとはいかない・・・
途中、何度もポーズ変更を繰り返した・・・やっぱこのアタリはNSPクレイだから、クリーチャー造型素材として便利だ。リンを含まないからそのままシリコンの中にドブ漬け完了となる。
指先、手首の角度まで些細なポーズが造りながら変更できるのもイメージ優先のモノ創りには向いていると思う。

Dsc06773

何度もポーズ協力してくれたデミ坊主くんもご苦労さま。ナントカ間に合いそう・・・
(塗装はまた当日のホテルかな…(汗)


そういえばデミくんは当日版権でキンゴジトロフィーモデル¥3500-を販売する・・・!?公開50周年記念モデルとして、50歳のお客さまにも捧げるモデル!?
いわゆるの着ぐるみ1/4サイズでエッチングネームプレートに、ビネットベース(7×7×4cm)の付いた仕様の模様でシリーズ化決定らしい。
写真は原型途中のモノ。
こちらもZと共に初GK化する。コチラも当日朝までかかるだろう・・・(汗。

Dsc06840


Dsc06841

つづく

| | コメント (0)

2012年7月26日 (木)

てぇへんだ、てぇへんだ、てぇ〜へんだ〜〜!! 卓番6-16-01クロスワークスWFスペシャル 当日版権もんその2

久々更新した直後にサイトが消えた!?
大失態というか意味わからん・・・契約したOCNの貴重品/重要書類に記載されている電話番号に電話すると「現在使われておりません・・・」いよいよ意味わからん。
なんとか繋がったNTTのそれらしいトコでは支払いは出来て終わってます!?・・・しかし、4月に既に契約切れてますとの事・・・!? 余計に意味がわからない!?
アクセル/ヤタケくんとこ借りてのこのブログ出来るだけでも感謝!!

ではここで昨日アップ予定だったクロスワークスのWFスペシャルツールのご案内ー


Dsc06787_2

そうスパチュラやすり1本¥3500-
これが何故WFスペシャルなのか? 最大特徴は通常版スパチュラヤスリに較べて薄い。

Dsc06798_2

できるだけシャープに職人さんが一本一本丁寧に薄く加工しています。

そこへほとんど永久保障と云える融着技術により、いつまでも切れ味は衰えない曲面やすりが出来上がりました。


Dsc06788


Dsc06790

通常ーというか、大体のダイヤモンドツールってメッキによる接着の為、本来の性能・・・地球上で最も固い鉱物のダイヤモンドのポテンシャルが発揮できていないものが多い中で贅沢といえる融着技術を使ったこのツールは離せないモノになると思います


Dsc06797_2

しかも今回はハード、メディアム、ファインをWFスペシャルに御用意しました。
どれでも¥3500-デス。

Dsc06799_2

さらに今回は協力してくれているパジコさんのスパチュラの針側を斜めにカットして彫刻出来るようにしました。案外、切れ味鋭いので、彫刻刀がわりにもなり楕円からイロイロな彫り込みに重宝します。


またスパチュラヤスリ試作品も実際に試供展示しますのでぜひ試してみてください


Dsc06803_2

さらに限定8個の巨大サークル ¥3000-
これあると案外便利です。切断からマジスカ、ラドールなどおおまかな削り出し、パーツの平滑面出しに便利。このサイズはナカナカ見かけません。超オススメのWFスペシャルアイテム!!


Dsc06806_2

更にWFスペシャルとして融着ダイヤヴィット4点セット¥3000-

ベーシックな形状ですがコノ融着ダイヤタイプを一度使うと・・たぶん、、他は使えなくなると思います。切れ味鋭いって事はプラ版にまで彫刻できちゃいます(コツ要りますが)。どういうことかというとメッキ接着の場合、回転摩擦により熱が出易くプラを溶かしますが、融着なので殆ど表面はダイヤなのでサクサク削れてるので発熱し難いという事です。またメッキタイプより強力なので樹脂レベルでは殆ど摩耗せず、ほぼ一生ものとなる事でしょう。
ぜひ、違いを確かめてほしい逸品です。

Dsc06792_2

更に大好評のスカルプナイフ¥2000-のファインタイプももちろん販売-!!

ファインタイプは予想はしてたけど、やはりガンプラなどロボットプラモ、飛行機、クルマなどのスケールプラモのスジ彫り目的に多く使われている模様。
エッチングソーのクニャクニャ感もなく、ダイヤモンドによる安定した切削能力は模型表現をワンランクアップさせてくれると思います。

Dsc06832_2

もちろん、通常のメディアムタイプも販売します。
これらスカルプナイフシリーズは独自に金型を造り、職人さんがヒトツヒトツ、刃を磨ぎ出し作られた形状にダイヤをメッキ接着したものです。
融着に較べ耐久性は劣りますが薄く仕上げる事のメリットがあります。
しかしながら、この商品もダイヤの性能のイイモノを厳選していますので、模型レベルでは割と耐久性を保たせています。

革新的工具を目指すクロスワークスよろしくどうぞ
http://www.x-works.co.jp/

復活!!?ヘビロテ ホライジング [マスキング編その1]

マスキングガム¥300-
これは便利!!というかアメリカのホビーシーンでは数年前からポピュラーになってるマスキング材です。
元々、1940年初頭に戦争によるゴム資源不足から開発されたゴムの替わりアイテム素材でしたが、採用するには扱い難い理由により、永く放置されていた素材です。
AFMのデヴィッド・フィッシャーも愛用しており、殆どのフィギュアモデラーが使っています。
使い方はざっとこんな感じ・・・


Dsc06812_2

細いとこでも小さなコヨリを造って埋めていけます・・・


Dsc06814_2


Dsc06816_2

で、一瞬でマスキングできちゃいます。。。

Dsc06817_2
ヨゴレがわかりやすいよう本体はアイボリーで造りました。
よごれが目立ってきたら接着力も弱まりますが、驚くホド永い事使えます。

容量は30cmフィギュアには十分な量です。
(上の画像で使った量の10倍以上入ってます)
¥300という価格がウレシイでしょ。
モンスターゾルのお問い合わせが多かったんですが、コレ待ちでした。

模型って塗装ってココをカンタンにするともっと楽しくなると思うのでマスキングに関してはマダマダ世界から取り寄せていきます。(マスキング編その2に続く)


さぁ、サイトは復旧しないけどまだまだつづくぜ〜


| | コメント (0)

2012年7月25日 (水)

WF夏#1 卓番6-16-01 当日版権もんその1

油断していた訳ではないケド、更新できなくスミマセン。
気がつけば、アクセル/矢竹くん、ホライジング/ジェントルマンさんが怒濤の更新してるから、今更ながらではありますが、ここから毎日、朝、昼、晩、!?の大更新していきます!?

まず、卓番は6-16-01です。
今回も輸入資材のホライジングジャパン、ダイヤモンドツールのクロスワークス、っと最近ではお馴染みになった共同出店に加え、アクセル/ヤタケくんとアメリカ帰りのフィメールフィギュアスカルプターのタナベシン氏がいます。
http://www.monkey-com.com/yatake/accel-hp/
http://shintanabe.blog45.fc2.com/
アクセル/やたけくんはお馴染みですが、タナベシン氏は西洋人-特にスパニッシュ系美女を創らせると世界一べっぴんに創る事のできる人だとボクは思っています・・・。
結構、サイドショウ、マーヴェルなどのUSスカルプターの美女GK作品も展示販売予定なのでアイテム系被りでどうぞこのお二人の力作を御覧ください。怪物、怪獣と美女は付きもンです。きっとよいお買い物が出来ると思います。


で、、店は,,,
Dsc06776_2


Dsc06778


Dsc06795
・・・っと、こんな感じでWF向けアイテムが届いて、狭い店には入りきりません・・・・
しかしながら、当初、予定していた洋物など、届いたり、届かなかったり、既に売りきれたりでどれだけアイテム展開できるかボク自体不明です(汗!!!

では既にイロイロ発表されてますが、目玉の当日版権アイテムをご紹介ー。

まず、ガメラ3。プロダクトネーム/ナイトメアガメラ。価格¥38000-30個用意完了(7/25)
甲長40cm、甲幅30cm・・・甲長っと書きたかったョ。やっぱ、こ〜ゆ〜カメ見るとココ表記でしょ(笑。
このボディに頭、手/足、尻尾が入るから相当デカイ。デカイけど、GMK、デス、っといつものサイズと云えばいつものサイズ。通称:イヌネコサイズ。普通よりデカイ分、存在感タップリー。だが、ソコがカワイイ。イカツイ表情もホンマに映えるサイズだと思う。原型は大山竜。
本来、USシリコンのGI-1000使用で大量に抜き3マン前後での販売を目指したー
ケド、アメリカの工房でのキャスティング後ー時間的にFED送りになった為、申請最終日に書直し・・(汗!!
イメージは前々回書いた通り、悪夢のガメラ。実写でも全景は出て来ないーイメージの部分を多く造型出来てノリで造型出来るから、ペイントもイロイロ楽しめるものになると思います。いかがですかー
(上から製作中の画像〜キャスティング画像〜キット画像・・以降ペイントへつづく)


Dsc06153


Img_0740_2


Img_0742


Img_0911


Img_0924


Img_0926


Dsc06777
ホライジングのジェントルマン。http://horizing.ocnk.net/
大きさがわかっていただけると思う。しかし、目に眩しいキイロい成型色はきっと風水的に西に置くといいのかな?黄色いカメ・・・きっと幸せを運んでくれるに違いない。


Dsc06828


Dsc06826


Dsc06825

今、現在ー、夜中ー真夜中の写真。大山竜が組んでいる・・・
そういえば30個の中の10個はもれなくホライジングジャパンのマジックスムースがサプライズで入っています。
この写真で竜が使用している接着剤です。今回、ダボ凸凹も何もないがその広い接着面でカバーできると思います。3/12のセレクトツールでも書いたケド、真鍮線の軸ウチ補強は意味がない。まだ、お使いになってない方、ホライジングからのウレシイオマケです。
そいえばガメラ販売は怪物屋6-16-01だけど、今回は竜もテーブル出ます。いろいろな作品を展示するみたいなのでこちらもよろしくどうぞ
http://blog.livedoor.jp/ryukundayo2/


で、次の大物はジラ。(ファイナルウォーズでオーストラリアで暴れた怪獣、その前にNYで暴れていた北半球、南半球を泳ぐ怪獣)
着ぐるみサイズ。着ぐるみ?そう、ライフサイズ1/1スケールのデカイ頭モデル。価格¥18000-
個人的に14年前、NYで暴れてマジソンスクエアーでエイリアンのような卵を産むまではとても気に入ってる・・・ジラ。
これは塗装がオモシロイ。体表のパールにムラサキ-オリーブドラブ-ターコイズブルー-カーキといった多種多用で豊富な色使いの出来る怪獣は完成させると新鮮で美しくなると思います。
また複雑な目の光彩塗装もソソル・・・異種な存在だから光るアイテムはいかがでしょうー
Img_0746_2


Zilla1


Zilla4_2


昔、妖怪大戦争観ててダイモンとタメ張れるのは青坊主だな〜って見た目で想い、激しいバトルシーンを妄想し、あっさり裏切られた憶えがあります。。。
して、プレデターの元の基らしい・・・というか、ボクもプレデター観た時、青坊主想い出した。
青坊主のキーワード:落武者、野武士、鎖帷子、褌、スピアー、ネックレス、たすきがけ、梵字、牙・・・ほら、プレデターじゃん。
また、野武士というキーワードからは七人の侍の菊千代のコスチュームが頭から離れない。
で、造型イメージとして側に居って欲しくない野武士妖怪・・・しかもゴッツイ強い。またジャパンテイストの阿形腹したスグ喧嘩売って来そうなヤバヤバなヤツ。
そんな、あっさりダイモンに負けない青坊主を創りたかった。。。現在、分割中!(汗!!!!


Dsc06785_2


Dsc06786


Dsc06821_2


Dsc06830

原型はユーキZ。http://iwakaneyuuki.blog.fc2.com/
顔はラーメンマンによく似てるケド、ガンダムのアムロの声で接客します。つまり、星飛雄馬のモノマネもできます。芸能人の似せ顔フィギュアを得意としてますが、初の1/6フルスタイルGKデヴュー作品になります。よろしくどうぞ。

・・・つづく。

| | コメント (4)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »