« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

1/6 DYSTOPIC インダストリアメカニカ

通常ー、1/6スケールのラージスケールで大きなアイテムは初回販売のみで終わります(この辺り、頭に入れておいていただければと思います)。これは多くのラージスケールGKの場合、型造りのコストの問題で再販して残ったら・・・再販分は赤字になったりでリスキーな事が多いので次のアイテムに予算を注ぎ込もうとします。

昨年末に入って驚くホドの人気で絶版になっていた1/6 DYSTOPIC ¥24000-が早々と再販決定です。
Dystopic_med_2 Imgp0199_2
このような???なアイテム?フィメールもんではなくイメージ的には硬派なアイテムがリクエストが多かったのはウレシイですね。
セグウェイのような気味悪い動き(ゴメンナサイ)を空中でもしてるようなこの造型物ーポーズはイメージをダイレクトに具現化しています。
こういった造形物キットを見れば見る程、SDプリンター効果の恩恵を感じます。
こうしたデザイナーがそのまま造型師になっていく・・・ワクワクする時代ですね〜。
造型って言葉の枠そのものが一気に広がったような感じです。
Imgp0200_2
ベースの玉はこんなにデカイ・・・完成すると高さ40cmのかっちょええ〜造型物になります。
この重力を感じないオーラを出す物体・・・ステキでしょ。
Imgp0201_2
この動きあるポーズを完璧にピタッと合うように分割されているのもGKとして新しい時代を感じさせてくれます。
オバマさんのSDプリンター戦略はGKの世界も豊かにしてくれそうですね。
音楽みたいに造型物が一気に配信される時代かもです・・・
Imgp0202
このようにモールドも深いです。
クールデプス!!っとボクは呼んでます・・・

Imgp0205
おどろきの素材ディテール
80年代に流行ったパラシュータークロス素材を多用したCPカンパニーを思い出しましたよ。。。1/6の表現は素材目の雰囲気まで出せる時代なのです。
また、このシワの凸凹まで均一に素材ディテールを入れれるのもSDプリンターだからできるこその技ですね・・・
ここまで来るとアナログ派のボクは寂しくなりますがワンダフルです。
キットは関節凸凹も大きく、接着箇所も大きくとってあるのでデジタル造型の参考にももってこいの内容っとなってます。
まさにフィギュア造型の未来系ーなDYSTOPIC、予約受付中!!

yo-ko-kaibutsuya@nifty.com

| | コメント (0)

2013年4月29日 (月)

陸モン、海モン、そして宇宙へーインダストリアメカニカ入荷

昨日に続き陸・海・空の紹介ーとなりました。

陸海空と云えば「丸」って月刊誌。ボクの廻りで「丸」買ってるって人を聞いた事ありませんが、んとの根強さってこうしたもんなんでしょうね。
WFとかコミケを凌駕する!?入場者数聞いて(しかも抽選)、兵器マニアのスゴさ-熱さに毎度毎度驚かされます・・・
・・・昔は自衛隊基地側に住んでいて、舗装道路になっていない家の前を走る戦闘車輌の爆音憶えています・・・薄暗い中で延々と続く戦闘車輌の行進はサンダ対ガイラのL作戦とダブります・・・こうした光景が頭に残ってるから昭和怪獣ドラマがリアルに思えるんでしょうね。
では陸から・・・
1/35 ROOKwith歩兵3体 特15000円
ハイ、見ての通りの多脚思考戦車です。
多脚思考・・・タチコマね!!っと云われれば-ハイ。そうです(*^-^)。
多脚思考・・・EVA 仮設5号機ね!!っと云われれば-そうかなです(゚ー゚)。
しかし、最初にヴィジュアルとして登場したのはサンダーバードw(゚o゚)w。
飛行機マニアが昂る伝説の第1話「SOS原子力旅客機」番組終了40年後でもファイヤーフラッシュプラモを発売するほどの空モン最高傑作ー。
して第2話は「ジェットモグラ号の活躍」というジェットモグラにジェットブルトーザー大活躍というキャタピラ好きアーマー系陸もんファン感涙の最高傑作が続く・・・ここで出て来たのが米軍兵器ゴングが多脚思考。
この古くからSFドラマに登場する多脚思考戦車というのは人類の「夢のひとつ」なのかもです(*゚ー゚*)
Imgp0240
この突然TB脱線ネタは岸川靖氏から送って頂いた最新検証!!サンダーバード読本 洋泉社 1680円によるネタからです・・・アリガトウゴザイマシタ(^-^;
ゴッツイパーツ数ですが解り易いカラーインストにより、組むのに迷う事はないと思います。インスト見る限りリアルな可動しますね・・・
Imgp0194_2 Imgp0234_2
中/軽戦車レベルですが、高さがあるので大きく感じます。
Imgp0236_3 Imgp0238
Imgp0237
いつものようにエッチング等、ふんだんに入ってますが、整形もシャープに出来てます。
しかし、ミッチェルはゲート処理が気に入らないとの事で次回作からキャスティング工房が変ります・・・どちらかというとモンスターフィギュア系を得意としていた工房だったので、モンスターもんはコレでも良いと思いますがメカ系GK製品の理想を求めていく姿勢はgoodですね
で、フィギュアは・・・
Imgp0225
凸凹シッカリ付けて組み易くなってます。
メカ、コスチュームとも創って行くこのシリーズはそのメカ、その世界観によりフィギュアのタッチも変っているのも昨日からの流れで解って頂けると思います。
シリアス系、ややコミック系、コミック系っと大きな流れが3種ありますね。
個人的には「ややコミック系」が好きですが、生産数を見てもセールス的にも一致しているようです。
これは小さいスケールでは顔とかスタイルを「極端に表現できる」からオモシロイ造形が生まれるからだと思います。
海モンは・・とうとう来ました。
1/35 ロングノーズ潜水艦with乗組員フィギュアセット 特13500円
Imgp0193_2 Longnosefish_08_med
昨年もご紹介しましたがクルマダイ型潜水艦に続くオオフエヤッコ型潜水艦です
日本では沖縄から千葉あたりの太平洋側、つまり黒潮、日本海流域にフエヤッコダイが生息していますが、このさらに口もとが長いオオフエヤッコはベリーレアな個体。
クワガタで云うとコクワガタに対してオオクワガタ。
っと云うとレア度が解り易いかも・・・脱線(-ε-)!!
インダストリアメカニカがエライのはココの違いを解ってデザインしてるのもスゴイとこ。
しかもオオフエヤッコに至ってはハワイには真っ黒個体もいたり(何故か水槽にいれると黄色くなっていく)、ノドが長いだけで飼育難度はモーレツに上がるミステリー個体でもある。
こう書いてしまうのもボクが初めて飼ったチョウチョウウオでもあり、この魚の思いはソコソコあって長文になりゴメンナサイ(^-^;
Imgp0226_2 906__420xfloat_fishsub2pilotprint_2
フィギュアもこんなに出来がいい。
魚型ボディのまわりに泳いでる兵士つければとても立体感増してエエ感じに。
*一緒に写ってるSKIPPER船長はクルマダイ型のファンタスティカル フィッシューシェープド潜水艦の専用フィギュア(1800-)です
Fishsubone_06_med_2
またの御注文よろしくおねがいします。
で次は
Imgp0199
・・・再販決定!!デス。やりました。お待たせしました。。。

| | コメント (0)

2013年4月28日 (日)

空モン~インダストリアメカニカ入荷!!

お問い合わせメールもキッチリ返したいのでもう暫くお待ち下さい。

GW突入しますね〜したのかな? イロエロ焦ります。
GWという模型週間ー怪物屋で最もHOTなアイテムのミッチエル・フィッチテンメイヤー主催のインダストリア・メカニカのご紹介ーです。
GKのひとつの未来系としてインダストリア・メカニカがあります・・・
勝手にそう思ってしまいました。
これほど一目惚れしたのはスパイダーゼロのサイモン・リー以来でしょうか・・・その前はシフレット・ブラザーズ・・・その前はマクベイ・・・
ん〜皆、創作系というか独自な世界の創造・・・、もしくはキャラそっくりに創るんじゃなくイメージ優先、自己表現としてのカタチを求めて創作してます。
そんな造形模型の世界をぜひ体感してみてください。
Imgp0196_2 Imgp0197
1/35ホーネットホプターwithアビエーターズ(飛行パイロット4体セット)¥特12000-(残少)
メカニカで最も売れたアイテムのひとつです。
ラピュタのフラップターと同じような虫の羽根で飛ぶ形状ですが、雰囲気的にはワイルド・ワイルド・ウェストのスチームパンク寄りテイストを色濃くしたデザインです。
キレイなグレイレジンパーツにウリとなる立体感抜群のエッチングパーツがコレでもか〜とばかりに入ってます。
今日はオプションのフィギュアにも焦点を当てて紹介していきます。
スケールは1/35なので一般プラモデル、アーマー系GKとも比較できると思います。
Imgp0207_2
フィギュアは第一次世界大戦の枢軸国イメージですね。エエですね〜。ナイスです。
Imgp0212 Imgp0216_2
出来もこの通り・・・表現としてのエフェクトー、ペイントも考慮された彫りの深さも生され完璧デス。アンティックな小さなゴーグルの立体感、あえてボタン等イラストより心持ち大きくして魅せるなど、スケールもんを相当造ってないと見落としてしまう部分もしっかり出来てます。
この辺り、ラージスケールのGKフィギュアのみを造っているとナカナカここまでエフェクト表現できません。相当熟れてます・・・・。
本格的なスケールモデラーも楽しめる内容クォリティです。
ボクとガレージキットの出会いは・・・今から35年前!?くらいでしょうか・・・
一時、ソ連の大戦機にハマりました。
Imgp0195Imgp0198・・・・・・・・ポリカルポフ、ツポレフ、ペトリャコフ、イリューシュン、ヤク、ミグ、ラボチキン・・・ズングリとか超ロングノーズとかパッチワークとか・・・理想を追いかけ執念でカタチにしたみたいな「豊かな個性」を見るとどうしても欲しくなり、図面あればスクラッチするという時代・・・70年代後半、ヨーロッパ・アメリカではこれらマイナー機体がヴァキュフォームキットから樹脂キット(いわゆるGK)まで次々とメーカーが乱立ー
これらもコレクション対象になってしまいました。
コレがボクのGKとの出会いでした。
この頃のGK・・エポキシ樹脂だったりで組んでは主翼が垂れ下がったりするので結局、パーツはテンプレートでプラバン積層で主翼は造る・・・ナンテ、ナンノコッチャキットでした。
やがて簡易インジェクションの時代になり・・・そこで出来たカナガタ技術の応用で今のモンスタープラモの販売ラッシュに繋がっていったんでしょうね・・・。
体、、、いくら金使ったかわからん…考えるのがコワイので敢えて思考を変えるクセまでついてます。
で、1/35レッドスター47(パイロット4体、整備兵4体セット特¥16800)です。
Imgp0223_2
流れで云うとポリカルポフにペトリャコフ入れてミグ15を意識してさらに鳥山明風寸詰まりデザイン。。。さらに流行りのBT戦車のリベット感、サビサビ排気管まで取り入れた単純にウケる造型・・・個人的にドハマりです。
これでもか〜とばかりソ連テイストで造形を仕上げてマス。
ペイントアイデアがイロエロ湧いて来てホント楽しくなりますよ〜。
注目はフィギュア!!
Imgp0218 Imgp0221
ガスマスクしたぽっこりお腹が出たカワイイ整備兵が機体の廻りを彩ります。
Imgp0222
して、作戦順備も整ったパイロットたちもユーモラスなコミックタッチで再現、非常に高バランスな作品が出来上がります。
フィギュア造型もスケールを考えるとコレ位-砕ける事で、作品全体を生き活き見えるようにしています。
スケールモデルの資料と睨めっこに疲れたとか、試してみたい表現も思う存分出来るお気楽模型でもあり、創造っというワードを実感できる模型です。ヨロシクドウゾ。
つづきは海もんと陸もん・・・こっちもスゴイです!!

| | コメント (0)

2013年4月26日 (金)

Wildlife#3 ダイアウルフ

ワイルドライフというか今日は絶滅動物のご紹介。

っといっても一万年前・・・日本ではギリ縄文時代・・・の頃っと云ったら身近に感じます。
今も、LAのお洒落〜な通りとして有名なラ・ブレア。
大阪ではアメ村? 東京では原宿?に値するストリートだから、日本では服のブランドとか美容室とかの名前に使われてますね。
このオシャレな土地、ジツは天然アスファルト底なし沼から大量のダイアウルフを含めた絶滅動物(人間もね)・・・がウジャウジャ出て来るファンタジー溢れる土地。
アスファルト→油田だから金もウジャウジャ湧き出てくるしね。
プラモでも半世紀近く前にオーロラから販売されておりました。
Saletar_pit
再販ーがんばってほしいもんです。
しかし、スゲェ〜ロマン溢れる造形であり、プラモデルですよね〜。
こんな切り口のプラモ・・・最近ナイですよね。
箱絵で昂り、キット組んで昂る・・・して塗って昂り、改造して昂る・・何度もエクスタシーを感じるプラモデルー待ってます!! 
で、時が経ち細かいモールドと造形本意の複製が出来るGKでズバリ、ラ・ブレア・タールピットシーンが販売!! (キット¥29800-)
Tarpit17_2_1 Tarpit8_2_
クーパーによる原型でスケールは1/20。(スケール表記ないのでボク見て1/20です。間違ってたらゴメンナサイ)
アメリカの自然史ミュージアムでも3種が絡み合った化石がラ・ブレアのタールピットから出て来たまんまを展示していたりで、このような「日常」を模型にするという事の方が自然なのでしょう。
さて今日はAFM#46号でも取り上げてくれた1/6ダイアウルフのご紹介ー。
(3体セットのみ¥21000-在庫少々)
っといっても2回目ですね。今は閉じた方のブログだったのと、原型はそのままなのでリクエストをお待ちして再生産ーの機会も考えられるのと、1/6補完計画も再び進行しだしたのでお知らせです。
Dsc05104_2 Dsc05094
Dsc05095_2 Imgp0190_2
ダイアウルフとはイヌ科史上最大なのでオオカミ史上最大サイズということです。
もののけ姫では三輪さまの「モロの君」、神話系ゲームの世界では「フェンリル」という事になりますね。スミマセン極端すぎです(^-^;。
Dsc05090_2
Dsc05092_2
Dsc05093_4
 
3頭揃っての再販はムツカシイかも?ですから、この3種の中から、選ぶとすると・・・一番最後の個体でしょうか・・・
(いつでもリクエスト受付中!!)
デカイ体格の割にはハイエナのようにサーベルタイガー(スミロドン)の喰い残しなど腐肉食性だったようなので、頭をやや下向きにした個体は雰囲気抜群に思います。
造形ディティールは哺乳類、特に毛モノの獣はクーパーの真骨頂なディテール表現が生されています。
犬系の造形にはゼヒ参考にしていただきたい「旋毛」による毛の流れを素早いスパチュア捌きで活きた表現に導いています。
また、キット棚写真に写ってますがテラトルニス(大型コンドル)も特別販売中~1/20スケール ペア(2羽)¥4800-よろしくどうぞ。
特報!!ーNEWアイテム!!
以前からお伝えしていた1/6補完計画・・・
イメージは・・・↓コレ
Imgp0192
更に、この箱・・・
Imgp0191
40年の時を経て・・・このボックスアートイメージを1/6でクーパーが造形しました。
数多くのスミロドンを造り倒したクーパーの最も大きなスケールです。
で、この赤い型は!?
Photo
金型に起こす前の原型です・・・
エッ!? 金型? カナガタです・・・
既に数年前に原型紹介告知も済ましていたが、ネイチャーもんの勢い感じプロジェクト再始動ーです。
ベース付きの今にも飛びかかって来そうなスミロドンが「キット」で販売になります。
海洋堂さんもネイチャーもん、イロエロ一杯出すし・・・便乗出来ればと・・・(無理!?(゚ー゚;)
販売的には生鮮食料品感覚、アペレルちっくなトレンド感覚の今買わな〜、「今でしょ」的な爆売れキャラアイテムではないので、末永く定価販売していくネイチャーもんラインですが、少量生産なのと日米のインターナショナル販売になるので、どうぞよろしくお願いします。
価格未定ーしかし、オドロキの安さとクォリティを目指します。以下ー、続報・・・
この硬派企画がウケれば次回、次々回に繋がって活きます(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

| | コメント (0)

2013年4月24日 (水)

70年代のセックスシンボル ファラ・フォーセット

セックスシンボルって言葉・・・日本語の言葉にすると結構ハズカシーもんですね。

しかし、こう呼ばれる人達は男女問わずスゴイ魅力的な人達ばかりです。
50~60、70年代の強く健全に輝くアメリカを連想させる言葉でもあります。
これらはフィメール系GKにも多く登場します・・・
グレタ・ガルボ、マリリン・モンロー、ベティ・ペイジ、ジェーン・フォンダ、ラクゥエル・ウェルチ、ファラ・フォーセット、マドンナ、パメラ・アンダーソン、ミラ・ジョボヴィッチ、サルマ・ハエック、アンジェリーナ・ジョリー、ジェシカ・アルバ・・・などなど殆どをGKでカバーしてました。
今はトイもすばらしい仕上がりになり、GKのリリースも少なくなってきました。
しかし、AFM, KBともフィメール特集するとスグ絶版になる現実・・・、
これは人類の歴史上でも裸婦像が神のように創られている点からも、「造形」の対象として「女性の裸」は崇高なものなんですよね。
だから堂々とセックスシンボルなGKが欲しいんだ〜っと云ってもハズカシくないんです(*^-^)
また、GKの場合、女神の肌を舐めるように整え、塗って行く・・・この作業がエクスタシー〜を感じながらの作業なので人気高いのでしょう(^-^;
だからGKでフィメールキットでセックスシンボルアイテムは鉄板デス。
20年、15年前はそのキャラを立体化するだけで共感歓迎購買に繋がりましたが今はトイ、スタチュウの氾濫からじっくりしっかり造ってないと見向きもされません(゚ー゚;
今日はレイ・サントレリ1/6ファラ・フォーセット・メジャースのご紹介です。
80年代の輝くセックスシンボルも4年前お亡くなりになられました。・・・合掌。
(チャーリーズ・エンジェルの方々は番組が終わっても女優の他、モデルとかの活動もされてました。ボクがはじめてのUSロケでモデルオーディションした時も歳を召されたエンジェルが・・・ナンテ案外フツーの出来事でも感動してました)
ポーズはお馴染みというか有名なカットから立体化されています。
レジン・キャストですがコレ、ジツはキットはありません。
完成品のみの販売で、しかも日本には送らない・・・っと。
最近、フィメール系ではこういったスカルプターディーラーが多いですね(;д;)。当初サム・グリーンウェルもそうでしたし、スペース・シティなどなどコレはアジアン裏キャストの問題も多いのもあります。日本は違うんだと何度となく説明してもフィメールもんは順調にセールス伸ばすので、頑に送ってくれないトコもありますね。
レイは国際便は壊れるから怖いっとした理由でした。何度云っても頑なので、USのお友達のトコに指定し、自己責任で送って貰うという事とし、非常に複雑な経由とコストが重なりますがリクエストも多いアイテムなのでガンバリました。
レイはポールんとこ、アモック・タイムで販売していたGKの原型を多く手がけていました。捉え方も巧く一言でいうとアメリカ人らしくない日本のGKキットのようにピッタリ合う凸凹ダボ間着のキレイなキットが特徴みたいな感じ。
一時アースバウンドがキャスティングしていたのでUSGKは組み易いよ〜っと云うセールストークが出来た程の完成度ー。
主にボリスカーロフ関連モンスターでした。フィメールでもスタートレック/ヴォイジャーのセヴンオブナインとか綺麗なキットだった憶えがあります。
Imgp0109 Imgp0110_2
Imgp0111 Imgp0112
Imgp0114 Imgp0084
微妙なサンタン(日焼け)した肌、ほんのすこ〜しのお肌のシミも入れLAのカラカラなUV・・・太陽を意識した肌に塗り替えました。
新しいカメラまだ調整不足で肌調子出てないですね〜・・・再トライで過去のPin-up特集をするのでまた見たって下さい。
んでも、スタイルええですね〜そのプロの膝頭というか尖ったヒザがカッコエエ〜です。
白いシャツのルーズな着こなし・・・80年代のウェストコーストのメロディが流れてくるようです。
今日はこの白いシャツの調子の出し方が焦点ですー!!
Imgp0077 Imgp0079
カリフォルニアの午後の空のブルーが写し出されているようなシロを再現しました。
変にシワに立体感を持たせると不潔になるし、「白の調子」を出すための廻りの環境を想定した色をわずかなサジ加減で入れ込んでいきました。
また素材もエジプト綿の細番手をイメージして肌がやや透けている部分も表現の要素に加えています。
白いシャツに肌とカリフォルニアの青い空を描いて行く・・・そんな感じです。
時代を象徴するセクシーシンボルを永遠にGKで残していきたいもんですね。
*溜まってるメールのご返信ー、しっかりとした書きたいので遅れててスミマセン。本日-晩迄には返せると思いますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2013年4月23日 (火)

Wildlife#2 アフリカゾウ 色彩調子とタッチ調子の融合

1/20スケール アフリカゾウ ¥24000- ベース、木製ベース付きー

送料基本¥500-。

ギャートルズってアニメが始まった頃、大昔、日本人は象を追いかけて東の果てまで来た。その後、日本海が出来ー閉じ込められ、水田が普及・・・っと猛スピードで習った。

モーレツに興味の湧く1万年以上前の授業・・・火をモチーフとした狩猟時代の土器と稲作用土器較べなど野性味溢れロマン溢れる授業は残念な程アッという間に終わる。。。

日本人のルーツは究極の狩猟民族・・・ザ・プレデターなのだ。

だから、象を見ると血が騒ぐ・・・(まさか〜(^-^;)

人も要るかもしれない・・・(スミマセン(゚ー゚;)

しかし、象と人は関わり深く、神であったり、戦車だったりする・・・

愛すべき地上最大の生き物・・・

アフリカゾウとアジアゾウは全体型-顔つきからすべて違う。

アフリカゾウは体長7m 高さ4m 体重10トン。デカイ!!
50年前は300万頭生息、が30年前には100万頭、そして一時は30万頭になったらしい・・・

この半世紀だけで1/10になったって事!?\(;゚∇゚)/

って、こーゆー事書くとNow is the Timeが頭の中に流れてくる・・・

♪人はこの世に 生きるすべての生命を愛せる ただ一つのもの♪

♪人はこの世に 生きるすべての生命を守れる ただ一つのもの♪

ワイルドな画像探すと、アジアゾウほどではないが牙も小さくなった感じもする。
100年以上前のアフリカゾウの写真は牙の長く、もっと体格もデカイ。
シカゴのフィールドミュージアムにある100年以上前のアフリカゾウの剥製は世界最大とされるT-REXのスーよりデカク見える。
そんな、本来の姿を模型で残していこうとする1/20Wildlifeシリーズです。

原型はクーパーなのでいつものようにアニマルアナトミー系資料から針金骨格を造り(ボクは何度か原型をぶった切ったり分割もシテルので解るのですが、かなりカタイ。カモシカとか細い足の哺乳類などジツに多くの作品を造っているので柔なアルミ線などは使っていないようです)、頭骨から創って行きます。

そういえば頭骨資料、骨格資料にはもってこいのスカルズアンリミテッド取り扱ってます。

Imgp0160_2 Imgp0161

・・・ジツはけっこう古く15年前から・・・

昔はココもGKイヴェントに来てましたね・・・

スカルカタログ特¥500-(残り僅か)

昨年はオサガメの頭骨が入ってきました。オドロキのデカさに感動しますよ〜。

キットは一見、簡単に見える体表ディテールですが「最小で最速なスパチュラの動きで最大な効果」を発揮している事がわかります。

また最大の見どころは量感の持たせ方・・・重力というか引力というか肉の垂れ方、張り方という部分でしょう。

ざっと車10台分のボディですよ・・・肉の重さが解るような量感の出し方はスバラシイの一言。

さらに下の写真見て頂ければわかりますが、鼻、耳が大きなせいか少し目線変えるだけで、随分、表情-ポーズすら変って見えるのも不思議です。

造形コンセプトに対して塗装コンセプトも、生態をしっかり理解して仕上げる必要があります。

一昨日のシロサイのようにそのデカイ体表故、皮膚の乾燥を防ぐ為の水/泥浴びをする。

じゃ、DRY→WETを繰り返した体表につく泥・・・

ゆーてもスケールモデルだから1cm角(実際サイズ的にはA4サイズ程度ネ)の体表でも○●色とか一言で言い表せない豊かな色彩調子と多様なペイントタッチを融合させようと試みました。

Dsc09157 Dsc09158

Dsc09164 Dsc09166

Dsc09171_2

ペイント方法は先のシロサイとほぼ同じです。

筆50、えあ50・・・であらゆる色、タッチを駆使して塗り込んでいきます。

「牙」は写真をジックリ見て詳細な部分を描いていきます。

Dsc09163

シカゴのフィールドミュージアムの写真・・・見つからなかったケド、去年行ったNY自然史博物館はありました。

Imgp0218_2

やっぱ昔の生体剥製はデカイ。

小さな個体でも立派に長い牙・・・本来の自然な形態バランスを見るには剥製展示の方がよ〜くわかる。

動物園もステキだけど模型展示でしっかり魅せる大型ミュージアムも欲しいですね。

そういえば岡山にある人間の剥製・・・初代館長自らの遺体を展示している津山科学教育博物館は日本家屋スタイルながら22000点の生体展示を誇ります。あまりメディアで紹介されないGWオススメ!!スポットです。

http://www.fushigikan.jp/index.html

ペットを飼うライブ感もイイケド活きたように魅せる模型Wildlifeは製作してる時のイメージが仕上げに反映されるのもウレシクなるトコです。

| | コメント (0)

2013年4月22日 (月)

セサミストリート OSCAR THE GROUCH サビ汚れの時系列

セサミストリート・・・

今風にユルく云うとパペットマペット!?
パペット・・・60年代イタリアはトッポ・ジージョを生んだ。
パペット・・・60年代日本はひょうたん島を生んだ。
マペット・・・70年代アメリカはセサミストリートを生んだ。
マペット・・・そして400年前、日本は文楽を生んでいた。
永きに愛されているマペットはジツはセサミストリートからの造語で元々は日本の文楽からヒントを得たとの事。
400年の歴史を持つ文楽があるからこそ40年間愛されて続けているセサミストリートがある。。。(←勝手な解釈スミマセン(^-^;)
怪物屋の近くにある大阪歴史博物館にも文楽人形が操作出来るように展示されている。
早い時間に怪物屋に来られたらココの訪問をオススメする・・・
すばらしいジオラマ模型のオンパレードを観るだけでもモデラーには価値があるが、今はコレしてる・・・
Title_2
なんとなく・・・今、ひそかにWFがらみ?で行なわれている妖怪造形大賞エントリーもコレ観てからでも遅くはない・・・
http://www.mus-his.city.osaka.jp/
はい、いきなり脱線デス。ボカッ!!(^-^;
昨年、抜群の人気だったGKはモンスタードークのセサミストリートイメージのオリジナルGK(^-^;
まだ、完成品写真をアップしてなかったんでアップップ。
今回のオスカーは組めば30cmを超え、ボコボコのトラッシュ缶(ゴミ箱ね)でも12cmあるので1/4〜1/6スケールですね。きっと。
先端恐怖症、不潔恐怖症、錆恐怖症・・・の方は観るだけでぶっ倒れる程の迫力ある造型をさらに色彩表現で頂点まで高めようとした意向です。
今回は特にサビ~汚れの時系列を表現しようと試みました。
前回のシュワルツネイガーの「キズの時系列」に続く・・・なぜ時系列かというと「時」を色彩表現する事により、よりリアルに生っぽくなります。
ココあたりが今後のウェザリング表現、スキン表現の焦点になっていくと思われます。(今に始まった訳じゃないケド・・(゚ー゚;)
Dsc09085
マズ、このキットのウリの先端恐怖症を引き起こすディテール。
Dsc09091_2 Dsc09105_2
Dsc09090 Dsc09093
不潔恐怖症を引き起こすディテール。
生、半生、半乾きのゴミ類・・・おしぼりから傘、魚の骨、リンゴの喰いかけ、ソースの茶瓶、オイルの缶キャップ等、仕分けされてないのが70年代スタイル!?
Dsc09087_2 Dsc09088_2
Dsc09100_2 Dsc09109
錆恐怖症を引き起こす塗装表現・・・
(実際、素材的に錆びないかもですが60-70年代なのでイメージ的に薄〜い鉄性なのですよ)
Dsc09089_2 Dsc09101
Dsc09103 Dsc09102
生きた活きたスキン表現・・・
Dsc09086_2 Dsc09096
徹底描き込み眼球・・・
Dsc09094 Dsc09095
Dsc09099
ハイ、キャラモノのようでキャラモノではない・・・
個人的創作物というべきコノ手のアイテムは「造る」「表現する」楽しさに溢れています。
皆さん、それぞれが思い思いのイメージで仕上げてください。
この完成品展示してから、これまではクッキーモンスター(イメージ!?)が売れ筋だったのが、一気にオスカー人気になりました。新製品ビッグバードも上がっていると思いますのでこの先ーカラフルモンスターがギャラリーを賑わすでしょう。
オスカー¥14800-クッキーモンスター¥14800-在庫アリ送料¥500-
やっぱ模型屋はいち早く作例を仕上げて並べるべきですね・・・
しかし、ボクには組む時間がない・・・\(;゚∇゚)/

| | コメント (0)

2013年4月21日 (日)

ビリケン商会 キングコングの逆襲 MECHANIC KONG

新しくなった怪物屋の玄関まわり。

Imgp0147_2
ナニかしら関わりのあるアイテムをザッと並べましたが、GKカオスですね〜。
ビックリセールではWW1~大戦間の試作機、オールディーズの車、フォースターモノのアーマー系プラモからGKまでジツはあったりです。
ボク個人的に集めてた60年代プラモから80年代初頭の西欧のGKまで¥100ボックスに入れてたもんだから、「ホント、カオスですね」 ・・・っとお褒め?のお言葉をウレシク受け取り、コッチの世界ではチンプンカンプンだろうな〜っと勝手に思ってたアイテムもしっかり解って頂けて遠方から御来店された(ナント近所に宿泊マデされて・・)ベテラン出戻りモデラーさん達も納得いただいたようで「ホッ・・」っとしましたよ。
作業場オカタツケでマタ見つけ次第ー、入れていきますんで、御近所に寄られたらゼヒお立ち寄りください。
さて新しい玄関に出したショーケースをジックリ見て頂くと、新製品の紹介もひっそり入れてました。
↓コレデス。
Imgp0145
Imgp0146
ビリケン商会さんのメカニコングです。
Imgp0144
なんとなく、今回のメカニコング製品ラッシュを着火させたようでホントウレシク思います(勝手に喜んでマス(汗)
昨日、土曜日午前中に届きましたよ。
ビリケン商会 メカニコング ソフビキット¥5000-
ボクはコレ大好きです。
はじめてビランズもんで好きになったアイテムかもしれません。
なんとなく愛嬌あるフォルムもスチームパンクぽいでしょ。
数ある東宝ビランズ怪獣もんで秀逸なデザイン・・・
だからWFではこの10年ー何度も何度も原型造っては版権申請してましたよ。
今回のWFで奇跡というべき当日版権許諾は執念ー(;д;)!?
どうして好きかというと感受性の強い少年期に講談社/少年マガジンでキングコングが連載、TVでは朝日系で日米合作の東映(←!!)動画でアニメが放送され、、、
その内容が酷似してて人のエゴで死んで行くエイスワンダー猿ではなく、でかい人類の味方ヒーローゴリラ。その好敵手がメカニコングー。コレに昂った。
ドクター・フーという当時のSF大国英国のドラマからパクったネーミングも共通で(ボクはドラえもんって見た事ないケド、内容聞いたら、あれドクター・フーですね・・・どこでもドアーとか・・・)、メカ・ロボット型コング-メカニコングが出て来る設定が各メディア同じというおおらかな時代の作品。
こどもに版権など解る訳なく、落語みたいな統一ストーリーでも素直にかっちょええ〜と喜んでいた。
アニメはニューヨーク、映画は東京・・・メカだけど猿だからエンパイヤの替わりに高いトコって意味!?で東京タワー登っていく・・・悲しい猿型ロボット・・・
しかしメカニコングって版権は誰が?どこが持ってる?って問題に・・・
ムムッ・・・業界色出し過ぎナノデ〜中略〜おおらかに考えて欲しいな・・・
っと、漫画でもTVでも映画でもキングコング対メカニコングだった黄金の60年代ー
60年代怪獣では欠かせないアイテムでしょ。
__tn_magazin19670723_kingkong_esc_2 Mgn2_4gif_2
コレに昂った少年は大人になり、新車を買う年齢になり、ソコをターゲットにした頃に流れたCM・・・
http://www.youtube.com/watch?v=fzciJfIGnek
買わんかったケド・・・厳密には激ビンボーで買えんかったケド・・・
そう、80年代はストップアニメーションCMの花盛り・・・
特にサンクアールの創り出すストップアニメーションは模型センスもよく、そのようなお仕事に憧れましたね〜東京行かなとか思いましたよ。ホント・・・
このホンダシティターボ2のCMアイアンブルドッグはあの大友克洋デザイン。
AKIRA以前だけど、当時、大注目の漫画家起用が当った。
マッドネスのスカ・ビートのCM以上のインパクト与えるのに十分だった。
ボクは、このCM見た時ーメカニコング思い出した。
Thjpeg_2
LS(つぶれちゃったぃ)から、スゲー出来のええプラモまで出る始末。
ボクはこの成功がコミック作家をデザイナーとして一気に表舞台に押し上げたように思ってる。
また、マクセルが宮崎駿デザインを起用して生まれたワンダーシップ号ストップアニメーションCMなど、刺激的な世界観が築けるデザイナーとしてのコミック作家に注目されるようになったと思う・・・(インダストリアメカニカみたいでしょ(*^-^)
http://www.youtube.com/watch?v=5YN-MsgmjqQ
ザ・大脱線!!のようで云いたいのはレトロフューチャーと云うべきかスチームパンクと云うべきか・・・
大人の事情は置いといてメカニコングのデザインはレトロフューチャーパンキッシュであるという事。
そして時代が経とうが薄れない造形的魅力ー。
まさにメカニコングは「造型物」なのだ
50個入荷予定ーだけど、もう残りわずか・・・スゲェ〜ビリケン商会のご紹介でした。
で、イヴェントのメカニコング造ってくれた「鋼」イワガネユウキ。
http://iwakaneyuuki.blog.fc2.com/
サイズ選定はリボジョイントでカキカキ動かしたかったから・・・リボジョイントの穴を開け易いサイズでリボサイズにしました。
ビリケンさんから四半世紀も経っての企画だったので、溶接痕に見える接着痕とか少しくたびれた感など、それなりにの処理はしてました。
Dsc08820 Dsc08821 Dsc08822_2 Dsc08860_2
Dsc08845_2
ポーズは同じですが、ちょい解釈のちがい、レジンキットとソフビキットだからこその違いがわかるよう玄関廻りに2つを展示しました。
ビリケン商会さんのメカニコングのソフビの御注文は
yo-ko-kaibutsuya@nifty.com
送料は基本¥500-です
よろしくどうぞ。

| | コメント (0)

2013年4月19日 (金)

Wildlife#1シロサイ

4mを超える体長、3トンを超える体重・・・サイ科最大のシロサイ。
以前にニードフルシングスがクレタセウス/ショーンに依頼して販売していたクロサイも人気があった(今、どうなってるんだろう・・・)。
シロサイもクロサイも見た目あまり変わらない。クロサイは木の葉を食べるから唇が尖り、シロサイは大地の草を食べるから平べったい唇。
だから、殆どの写真が顔を下向きに落とし、肩から首にかけてイカツイ筋肉が際立つ。
体色はどちらも体温を下げるための泥浴びするから、いよいよ見た目シロもクロもなく解りづらい・・・っとwikiでも解るからこの辺でオシマイ。
800pxceratotherium_simum_kwh_2
アメージングな程ドデカく、セクシーなふくらはぎのような逆関節、地球上、最も泥ウエザリングが大好きなシロサイ模型・・・ステキでしょ。
戦車とかのウェザリングなど生ぬるく見えてしまう泥埃と半乾き状態の泥ウェザリングで仕上げる・・・ペインターが思い思いのテクニックを駆使して楽しく仕上げれるモデルキットです。1/20スケール ワイルドライフ シロサイ11000円(木製ベース付き)
1/20ワイルドライフは今後、強化していくシリーズで完成品紹介していきますのでカテゴリー「Wildlife」造りました。よろしくです。
Dsc09110_2 Dsc09116
Dsc09111_2 Dsc09112_2
Dsc09114 Dsc09113
クーパーによる造形なので、恐ろしい程の正確さと程よいスピードから生まれるスパチュラ捌きにより、最小な動きで最大限のディテール効果を出しています。
ではペイントも最小な塗料(基本4原色)で最大限の泥ウェザリング効果を狙いました。
WET→DRY、その上にまたWET→DRY・・・またその上にWET→DRY・・・
灼熱のアフリカをイメージし、湧き水の泥池をイメージし、何度も何度も重ねます・・・
イメージ的にはどこの1cm角をとっても○●グレイなどと云えなくなるような複雑なグレイ・・・
色使いでアフリカの大地を連想出来るような・・・そんな気持ちを入れて塗り込みました。
Dsc09117
アカデミックなワイルドライフ1/20完成品のご紹介でした。
*昨日、思わぬ程の大入り・・・御来店ありがとうございました。
未だ整理途中な工房部分もありますが、お気軽にお問い合わせご質問お待ちしておりますよろしくどうぞ。

| | コメント (0)

2013年4月18日 (木)

The Walking Dead

朝の情報番組観てたら安倍総理が「おはようございます」っと出て来て驚きました。

まさか民放の朝の生番組で現職総理大臣が・・・眼を疑いましたが、さらに耳を疑う発言が・・・
民放故のリアルな突っ込みでストレスの発散は?の問いかけに
「ウォーキング・デッド」を観ると!?
w(゚o゚)w
ゾンビ見てるんですか!? の問いに
○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*
ハイっ!!っと
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
「美しい国づくり内閣」っという、大国主さんに似た総理大臣が7年の時を経てクールニッポンというニッポンカルチャーの引き上げ・・・サブカルチャーさえもサブでもなくなりそうな勢いを含ませつつ随分、柔軟な指向に驚いた。
そういえば国づくり・・・日本神話もよ〜く考えればゾンビ伝説だと思った事があった。
日本で最初の死体となったイザナミは黄泉の国で腐敗した姿をイザナギに見られてしまい恐ろしい姿のまま追いかけるとある・・・・
考えてみると日本は二千年以上前からゾンビ伝説を神話として語り続けている、ファンタジー溢れる国なのだ!!
_/\○_   ε=\_○ノ イヤッホーゥ!
大国主の父がスサノオで・・・その父がイザナギ・・・
ナンカこの3人が安倍サンのような顔を連想してしまう・・・
実際、安倍総理の顔って数多い大国主の彫像に似てるし。
そこで急遽-今日は昨年紹介してなかったウォーキングデッドのキットのご紹介ご紹介〜
Imgp0133_2
セサミストリートのモンスターGKをヒットさせてノッテルモンスタードーク製
ウォーキングデッドの主人公リック・グライムズと日本刀でバッサバッサと切り倒すミショーンの1/4バストモデル(各¥9800-)
Imgp0135_2 Imgp0136
Imgp0137
御覧の通り,コミック版を立体化。
Walkingdead1_2 Thewalkingdeadcomicwallpaper11
セミリアルにするもよし、オリジナルコミック調のハイコントラストのしっかりがっつりシャドウで攻めるのもなかなかアートな仕上げ挑戦するのも楽しいでしょう。
見た衝撃のまま記事書いちゃいました。
よろしくどうぞ。
*この日本に於いて日本神話とか掲載した本がホンの1300年前が最古だとは到底思えず・・・いったい誰が何のために燃やした?処分したのだろう・・・昔の疑問が沸々・・・

| | コメント (0)

2013年4月17日 (水)

Pin-Up Figures #1

AFM#54でも紹介されてるアンドレアのピンナップフィギュアーズ[¥4000-]入荷しています。

Imgp0117_2 Imgp0118
さて、コノ手ピンナップガールというのはWW2の米軍爆撃機に描かれたノーズアートとしてもとても有名であります。
ボクは70年代の雑誌ポパイで紹介されて以降ーイロイロ集めましたネ〜・・・そこで紹介されていたヴァーガスガールを知り、キレイなオネェちゃんを描きながら巨万の富を得たヴァーガスに憧れ、「透明な肌」を表現するエアブラシは必須テクとして精進し、ヴァーガスのように一生、綺麗なネーサンを描きながら生きたいと思ったものであります。
さて、ヴァーガスのようなオイシイとこポーズはあの画集を見る限り、実際には出来ない関節の曲がり方、やや破綻させつつ、自然に魅せるオイシイポーズを創った事がわかります。
ヴァーガスはモデルを使い、それを写真に納めてそこからヴァーガスポーズともいえるポーズを造ってます。(実際、大昔に雑誌撮影の時にヴァーガスのピンナップポーズをモデルさんにお願いして殆ど出来なかった記憶があります)
絵ですから写真よりドンドン作者の理想になっていきますよね。
そんな創作的なピンナップガールは造形物としても古くからもあります。
80年代ーまだ「萌え」とかない時代、ガールキットそのものは主にヨーロッパ製が多くを占めていました。メタルモデルですけど・・・。
その中でもやっぱ絵になるのはピンナップ系でした(個人的主観です)。
あっ、アンドレアの本はフィメールキットに於ける肌の色調子を中心に色の出し方、重ね方の他、筆の動かし方、エアブラシの方向性からストッキングの描き方まで詳細な写真で構成されています。見ればストッキングもん欲しくなりますよ〜。
書籍送料は基本¥300です。よろしくどうぞ。
ピンナップとは壁に貼りたくなるような画・・・
GKに於いては殆どがPin-Up要素でも造形されているので今後フィメール系はPin-Upとして項目を立てシリーズ掲載していきます。
Imgp0103 Imgp0056
さてタマタマ棚がシロモノが並んでいたのでパシャしました。
ナースが3体も・・・
そこで今日はエロイ!!ナースのご紹介ー。
今はGKディーラーを休止したモデルジャイアントのキット[kit¥16000-]。
(今はウィリアムパケットのゾンビ、モンスターを中心にスタチュウ化するディーラーになってますね)
Imgp0097 Imgp0104 Imgp0106 Imgp0108
ナンカ・・・ドキドキするポーズです。
コレ、設定はキットにチャンス・ボードF4U試作機のような機体が飛んでる半立体の背景が付いてますから1940年代前半・・・
場所は??です。天空の病院?・・・丸窓がモデルを引き立てる構成になってます。
ん〜、オモシロイから無理矢理シチュエーションをイメージしてみると大戦中、ケガしたパイロットが天空病棟で入院・・・看病してくれるエロイお姉サマ・・・なんでしょうか(*^-^)
で、ここで間違い発見!!
(ナント、ココに写真貼って気付きましたよ…とほほ)
正解はこちらです↓
Imgp0128 Imgp0131
足首にパンツ掛けた状態で正解です。
う〜ん後ろ向きの方が絵になる造形ですね。
1940年代のビンテージナース服を思いっきりエロくしたアメリカ〜ンなピンナップ造形です。
各ディテールを視ナメてみました
Imgp0067_2 Imgp0069
Imgp0095 Imgp0065
Imgp0105
Imgp0085
っと、最近、完成品ここに載せていなかったので、まだ掲載していなかったキット及び完成品をご紹介していきます。
Pin-Upはフィメールキット画像集としていきますんでよろしくどうぞ

| | コメント (2)

2013年4月16日 (火)

ナントカ

なんとか数週間ぶりに開店できました。

作業場はもう少しかかりそうなんですが、店舗部分は漸く動けるような導線が出来たのと展示物のクリーニングもほぼ終わり、陳列できたので日曜日の午後3時33分に大袈裟改装とまではいかないけれど販売を始め出しました。
これまでストック棚に置かれていたモノ、ショーケースの奥に入っていたモノとか、移動中に欠けたモノ、試し組、試し塗りに使ったモノなど(完成品及びガレージキット・プラモデル・スタチュウ・PVC)をびっくりドッキリセール!! 
永らくお待たせした分ー、無告知ながら¥100からという暴落フリマ価格!!
(このセールアイテムは訳アリアリなので御来店の方のみとさせてください)
元々GK・プラモだけを展示販売する店なので(今後ももっとココに特化します)、この機会にゼヒ御来店ください。
Imgp0025_2 Imgp0024
アタカスのエイリアンウォリアー(箱デカスギの為?もちろん本物)¥1000- ネカのLOR(未開封/同じく箱デカスギ)¥500-とか多少わかりずらいですが袋に入っているのは展示物だったエイリアンの完成品、スタチューなどなどです・・・ちなみにマーミットエイリアン¥2000-、ホライゾンスピーシーズシル¥500-、フューチャー/エイリアンパイル¥1000-、エイリアンウォリアー¥1000-・・・などが入ってます。
袋詰めもんはこれまで展示及び棚置きモンの他、怪物屋で試作製作途中モンもありお買い得です。
Imgp0035_2 Imgp0031_2
イベントでお馴染みの特売カラーボックスも注目です。今回はキイロが一律¥500-に!! 
よ〜く見るとマックスファクトリーのタケヤデビルマン、ホライゾンのキャットウーマン(もちろんオリジナル)なんて名作の姿もチラホラ・・・
Imgp0032Imgp0029
市場のような並べ方になっちゃったケド、何故かココにあったモノたち(理由はイロイロね)ナント未開封¥100-ボックス!!
また、試作もんとかでウィリアムパケット、スティーブウェスト原型のアースバウンドもんなど特価1000円~~!!
よ〜く見るとその他エエ〜ってもんもあります。
でも、最も数を多くしたのが¥500円ボックス。
絶版プラモとかアリエネー¥500-ボックスに入ってます。
Imgp0030Imgp0037
まだ未公開のままストック棚に置いてしまってたレジェンド:ダークネスとか1/3プレデターとか完品キットも紛れています。
もともとは作業スペースが手狭になり、大掃除から始めましたが、・・・ついでにっという想いがエライ事になってしまいました。
何度も配置換えを繰り返し・・・
Imgp0051
↑最終的な配置図です。
もともと偏った模型店ですが、より偏った模型資材、工具をより見やすくする為に広くしました(*^-^)
これまでは「スミマセン」っと声をかけて頂き、やっと通れるーそういった導線を解消しました。
模型浴っという感じはしませんが、展示エリアは完成品とキットの素組みで、きっと心を満たしていただけるように心がけています。
また、作業場1の前にあるカウンターを利用してイスを置き製作レクチャーなども久しぶりに復活します。
まぁ、ボク個人がイスに座りながら接客と製作作業をするだけに話ですが、主に座ったままー作業効率を良くするための配置換えでもあります。
蕎麦打ちのパフォーマンスの感じだと御理解ください。

まだユルイですが、取り敢えずの現状ー
Imgp0034
完成品と新製品を外からでもわかる様しました。
Imgp0041
入ってスグにAFM雑誌ならび怪物屋セレクトツール、模型材料、模型工具、塗料、ワークシャツ等・・・道具をメインに配置しました。
Imgp0039_2
ツールの反対側、怪物屋イチオシーインダストリアメカニカをパーツ精度、出来がしっかりわかる様に並べていってます。
Imgp0040
普通ーではない!?・・・造形、フィニッシュに魅力的な本、DVDを取り揃えています。
Imgp0042_2
これまで奥の間は「棚」でしたが、完全入れ替え。
ショーケース1800を三本、1500一本、90ニ本、化粧棚ニ本でという完全展示室というか完成品と仮組みのGK/プラモショールーム(コトバ程ハイカラじゃないケド)としました。もちろん、ここでの仮組みGKはすべて販売アイテムです。
Imgp0044 Imgp0045
Imgp0046 Imgp0047
Imgp0048
出来る限り、原型師ごとに分け、出来る限りジャンルを一纏めにしました。
Imgp0043
っと、海外もんの中に日本人スカルプターを集めた怪物屋ショーケースも・・・
Imgp0050_2 Imgp0049
なかなかこういった機会でないとキットのクリーニング、ガラスを一枚一枚ナカナカ磨けなかったので、古い組みなおした名キットも輝き出しました。
っとアベノミクスにより円安になりましたが、GKは昨年と較べ確実に120%高くなります。
しかし、現在庫は昨年を下回るお値打ち価格でご奉仕します。
今週も引き続き、作業場のオカタツケは継続しますが、販売はしっかり金曜午後2時から開けますのでよろしくどうぞ。
(また、営業時間外の場合など事前連絡で対応いたしますのでよろしくどうぞ)

| | コメント (4)

2013年4月 5日 (金)

不完全!?

スミマセン、4月5日にナントカ間に合わそうとしていたのですが、かたつけられません・・。夏に向かいーさまざまな書類提出から、ニガテな事務整理!?も重なり思うように捗らなく、今週イッパイかかりそうな感じです。

スミマセン(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ
しかしながら、インダストリアメカニカ、生もの系、ニュウアイテムも続々到着していってますのでココでも告知を頻繁にしていきます。
これまで一人が通れるかどうかの圧迫感があった店舗部分ですが、明るく、見やすく、選びやすくしてます。
ショールーム区画!?ミラーの間は4面ともGKの完成品とキット仮組み展示していきます。
Imgp0003_2
空気の抜けも良くし、余裕で通れるという!?構成まであとチョットなので、どうかもう暫くおまちください。
配線関係もクリア出来たのでキットレビュウを兼ねながら更新していきますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »