« WFレポート#18 おこぼれ画像2 | トップページ | WF番外編 アースバウンドーライカ訪問その2  富士山 »

2013年5月28日 (火)

WF番外編 アースバウンドーライカ訪問PART1 ビッグヘッド

どうも10度以上の温度差と時差によるボケボケ状態でレスポンス悪くなり申し訳ありません。

久しぶりにアースバウンド訪問しました。
Imgp0926_2
サイコーな出来でサイコーなセールスを記録しているJ・イェーガー作のフランケンシュタインモンスター。AFMにもフランケンシュタインモンスターの決定番と記してる通り、エエ顔してます。塗装はスティーブ・パーク氏   イメージ通りの手堅い仕上げがされてます。
アースバウンドのビッグヘッドシリーズもB級からメジャーモンスターまで行き渡るようになってきました。ブラックハーツのウォールハンガー、360°モンスターヘッドと並び、これで20000円〜!?っというサイズとクォリティです。
原型もスティーブ・ウエスト、ウィリアム・パケット、ジェフ・イェーガー、ジョー・サイモン、マイク・ファルシアーノ・・・ベテランから中堅のスカルプターをモチーフに合ったスカルプターを起用してるのも永い間、スカルプター、ディーラー、メジャーメーカーのキャスティングを依頼されててたからーその原型師の表現力を熟知しているのも、この製品クォリティに反映されていると思う。
アースバウンドクォリティという言葉が出来るほど、マークが抜いた製品は美しいのが特徴です。
USディーラー/スカルプターがアースバウンドでキャスティングした事をコマーシャルスペックに入れる程ー心籠った製品に出来上がってきます。
そのバリ、シームの見当たらない美しい仕上げは多くのリキャスター(海賊版)業者の的にもなりました。
そうした事もありオリジナルなのに割と安いです。キレイに安価で多く生産する・・自信作などをマークに頼む方が結局リキャスターを防げるのです。
よく店で云ってるホンモンは安い!!ってゆーボクのセリフはこの事も含まれてます。
昔からフッ素系リケイザイは使わずベビーパウダーのみを使っています。モンスターなど表面が粗く凸凹の多い製品はよ〜抜けます。
洗い落とし易いのも特徴でむしろ表面ピカピカでフッ素系リケイザイ使用されたモノより圧倒的に洗い易いです。(それでもシリコン型使用なのでモンスタークリーナーオススメします)
一時のWF当日版権含む怪物屋製品もマークんところへ押し掛けて生産していましたが、最近は残念ながら映画のお仕事が忙しく、GKキャスティングが出来ない状態でGKディーラーからビッグネームメーカーまで残念がっている工房です・・・
Imgp0928 Imgp0927
Imgp0932 Imgp0933
Imgp0934
すばらしいサンプル塗装仕上げはスティーブ・リオジャース氏によるもの。
AFMの作例記事の他、ミュージアム模型の製作からスタチュウメーカー塗装サンプルまで、安定した作風と仕上げに定評あります。
このようなアメリカンGKライターの仕上げの相場で通常5万円程度だったと思います。
大体、アメリカではほぼ一定の価格があるようで、この数年間変っていません。
こうしたネット時代の中、塗装仕上げから造型までインターナショナルプライス感覚は重要だと思います。
*海外での仕上げ、原型製作にご興味あれば御相談ください。ー指折りのスバラシイ方々チョイスしますョ!!
Imgp0938 Imgp0941_2
新製品のウォー・オブ・ザ・コロッサス・ビーストが生産中でした・・・
ファイナルシーンでしょうか?バスを持ち上げ雄叫びシーンでしょうか?この表情が新鮮!!
スタンド・ベースは当時のアーミー、ファーマートラックが付いてます。このアクセントもナイス!!
日本でも25年、いや30年前か??にビリケン商会の30cm、10年前に竜が造ったエクスプラスの20cm・・・などなど案外この巨人の模型って出来の良いモノが多い。
この巨人獣があったからウルトラQのモルフォ蝶の巨人とか、はたまた巷で話題の「進撃の巨人」とかに繋がったのかな?
関係ナイ!?( ̄Д ̄;;
コノテの映画ー昔から何度かテレビで観てますが、同じように嫉妬に狂うオンナが巨大化する「妖怪巨大女」の方をリメイク含め好んで観てしまう・・・
ナンカ、エロイ・・・
セクシー系B級女優はとてもエロイのだ。(ダリル・ハンナさんには申し訳ない・・)
またエロくないと巨大女の主演女優には選ばれないのだ。
・・・大脱線!! ボカッ(`ε´)
ではAFMの広告でお馴染みのアースバウンド製品各種ー御注文承っております。
ほとんど$=¥での販売可能です。よろしくどうぞ。
Imgp0930_2 Imgp0931
Imgp0918_3 Imgp0920_2
Imgp0919 Imgp0924_2
Imgp0922 Imgp0921_3
何度も紹介シテルけど、来る度に増えるマークのコレクション。写真撮らずにいられない・・・
オーロラプラモデルはマークが幼少時代に造った当時のまんまのオリジナルモノ。保存がいいのに驚く。
マークんとこのホームシアターは独特で50年代の映画館のイスに座って、50年代のTVで観て、50年代のドライブインシアターのFMスピーカーで聴くーといふ50年代趣きタップリ演出シアターヽ(´▽`)/。
そのどれもがキレイでコンディションがいい。
最近入れたという40年代のテレビ&ステレオプレーヤー・・・40年代らしい・・・
40年代といえば日本は戦争~敗戦で多くは贅沢を辞め、イモを喰う時代・・・
こんなモノが家庭用に造られていた事を初めて知った。
同業者のクリントんとこもレトロフューチャーというべき50年代テイストのテレビジョンを創ってたし、案外、今、テレビは大型薄型戦争ではなくフォルム、雰囲気の時代かも知れない・・・
Imgp0925_2
一階は奥様ジョニーのネイティブ趣味インテリアで固められているが、2階は階段の壁からB級モンスターのポスターだらけ・・・もちろん全てオリジナル・・・
ナンボで買ったか憶えてるの?っと聞いたら、すべて細かく答えていった(*^-^)
サスガに趣味人・・・ンでもスゲー価格に驚いた。
33年キングコングのポスターがサザビーオークションで1億円オーバーだった事は知ってたケド、B級ムービーポスターの魅力は暴力的なケバさと勢い・・・まだ額装されてないストックもん横目に、もっと壁が欲しい・・・っと
この際、もっと集めてもらってミュージアムにしましょ。
Imgp0940_2
ビッグヘッドシリーズはジツはシークリーチャー、ソーサーマンがスタチュウ化もされている・・・
しかーし、スタチュウ生産工場がマークに無断で勝手に他のビッグヘッド数点を複製ー塗装済みスタチュウとして販売していたらしい・・・手口はかなり悪質でネームプレートを換えただけでネット販売していると、かなり憤慨して説明してくれた。恐るべし中国・・・恐るべしエージェント。
怪物屋はアースバウンドのGKのみを販売します。
ゼヒ、マーク/アースバウンドのオリジナルキャスティングキットを手に取って、その美しい仕上げを観て下さい。

|

« WFレポート#18 おこぼれ画像2 | トップページ | WF番外編 アースバウンドーライカ訪問その2  富士山 »

イベント情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WFレポート#18 おこぼれ画像2 | トップページ | WF番外編 アースバウンドーライカ訪問その2  富士山 »