« WFレポート#16 こぼれ画像ともれなくプレゼント | トップページ | WFレポート#18 おこぼれ画像2 »

2013年5月22日 (水)

Wfレポート#17 偲ぶ

造形模型好き趣味人が神と拝める二人の巨匠がお亡くなりになりました。

レイ・ハリーハウンゼンとジェリー・アンダーソン。
お二人を偲ぶテーブルがゲストルームのメインに設置されていました。
Imgp0679
ボクが記憶する限り、このイベントで最も来場者が多かったのはレイ・ハリーハウンゼン氏がゲストだった時ではないかなと思う。
熱い人達が多過ぎて空気薄かったから・・・(^-^;
この時コンテストエントリーするフルスクラッチ造形のハウンゼンモンスターを持って通路を歩いていると、幸運にも奥様の目に止まり、ハウンゼン氏を呼んでいただき、直に評価していただき誉めてもらった事は朝食を一緒に食べれた事と共に忘れられないもう一つの出来事でした。
もちろん、今後のお役立ち寄付金ボックスに入れましたよ。
また頂けるピンバッチ数個はハウンゼンキャラ購入されるお客様にも偲んでいただけるよう、販売するハリーハウンゼンモンスターキットの箱の中に忍ばせておきますね・・・。BOXに入っていたら「当り」デス。
Imgp0687_2 Imgp0686
Imgp0688
また昭和世代には忘れる事の出来ないジェリー・アンダーソン。
もともとWF/ケンタッキーはSci-fiメカモデルがメインでもあるからして、アンダーソン氏を偲ぶアイテムが展示されていました。
映像で残された迫力あるシーンの一つ一つが模型とは思えない・・・
日本人には最も馴染み深いSci-fiメカであり、コレがあったからウルトラセヴンもエヴァンゲリオンも産まれた。
また日本はジェリー・アンダーソンの模型天国でもある。
そうした日本独特のアンダーソンネタもんを今回は大量用意し、訪れるSci-fiマニア/ディーラーさんに心ばかりのご提供・・・。
数多くのアンダーソンキャラをご提供していただいたお客様にも深く感謝ー。
必ず感謝還元いたしますよ・・・
世界大戦後の平和が訪れ、世界が一つになろうとした時ー、
二人のSci-Fi模型神が造り上げる映像は世界を繋げ、人類の未来を明るくしたと思います。ー合掌ー

|

« WFレポート#16 こぼれ画像ともれなくプレゼント | トップページ | WFレポート#18 おこぼれ画像2 »

イベント情報」カテゴリの記事

コメント

巨匠がまた旅立たれましたね~。
『シンドバッド虎の目~』のストップモーションの衝撃と『謎の円盤UFO』のインターセプターのカッコ良さ・・何度も落書きしたのを思い出します。
昨年のMoebius氏の訃報もショックでしたが・・
そういえばインターセプタ―のレジンキットって最近のリリースは無いんですか?
(ENA製のキットはでかすぎて・・)

投稿: オタベ | 2013年5月23日 (木) 11時23分

オタベさま

ホント時代を築いた人達がいなくなりますね〜
今後の為にと云えばキリが無いけど、常にもう少しだけ話が聞きたい人達ばかりです。
それだけ積み上げられた階段は高いものなんでしょう。

たまたま今日はサイクロプスが欲しいお客様が来られ、「オリジナルのようなサイクロプスはありませんか?」っと聞かれ、正直、ドキッっとしました。
ボク個人的にも多くのサイクロプスを仕入れたり、製作もしてますが「・・・今のところコレかな?」っと或るアイテムを云いました。

ハリーハウンゼンの中でも真っ先にイメージして、さらに数あるサイクロプス中、真っ先に想像してしまう・・・完璧に脳裏に擦り込まれるあのバランスを再現したサイクロプス模型ってないですね。
カッコ良く-とか、キレイにーとか、バランスよくーとか、ハズしたりーとか、ユルくしたりとか・・・結局オリジナルのサイクロプスの雰囲気を保つのって好きになればなるほど微妙なフォルム~ディテールに目が行きすぎて模型として表現するにはジツにむつかしいモノとなります。
だから、作家ディーラー毎の個性を楽しんだりもするのですが、オリジナルのような・・・っとスルドイ目で云われると・・・困りますね(゚ー゚;

TB2号のフォルムといい、戦争を生き抜き、情熱を自由に注げるパワーから生まれた創造物は神の領域なんでしょうね・・・

働いてたデザインスタジオにはヘビーメタル誌が創刊号からズラッと揃えてあり、メビウス氏の作品も暇あれば観てましたね〜
ボクの記憶では70年代のHM誌にメビウスの書いたエイリアンのコンセプトデザインも多数掲載されて刺激バリバリ受けてました。

程よいサイズのインターセプターですか?
多くのメカ系ディーラーと繋がっているキャスティング工房に計画等を聞いておきます。

投稿: 440 | 2013年5月26日 (日) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Wfレポート#17 偲ぶ:

« WFレポート#16 こぼれ画像ともれなくプレゼント | トップページ | WFレポート#18 おこぼれ画像2 »