« 2013総集編 一年を振り返る春夏編 | トップページ | 賀正 紅白2 神とストリップ バーバレラの破られたタイツ »

2014年1月 1日 (水)

2014 謹賀新年 紅白その1 水着を着た宇宙人

本年も宜しくお願い致します。

紅白歌合戦ってエエですね。家族みんなで蕎麦食べて・・・戦後、日本の平和を象徴する特別な番組。「ヨイトマケの唄」の神々しい感動から1年ー、サブちゃん(大変失礼)白金のキングギドラ?ヘッドに乗って「祭り」熱唱-これまたグサっと突き刺さる感動・・・50回出場!?って日本の経済成長期からズ〜ッと心を支えられた事になります。
50年前ーってモスゴジ、東京オリンピック、新幹線・・・華やかな昭和の映像がオジサンたちの頭の中を「祭り」を聴きながら廻りました・・・お疲れさまでしたm(_ _)m
紅白って元々、源平合戦の旗から初まり、源氏が勝って「日の丸」が出来、それ以来ー紅白は慶事のお祝い事に換わったらしい・・・。
勝利と歓びの象徴が紅白・・・縁起がエエんで今日は紅白特集しましょ。
白い衿の付いた紅い水着を着た宇宙人ーそれがヴァンピレラ
一部、仕上げた完成品も随分前のものでご了承下さい。
ヴァンピレラを産んだアッカーマンもお亡くなりになり、ヴァンピレラアーチストの第1人者のホセ・ゴンザレスも追うようにお亡くなりになられた事で、追悼するようにヴァンピレラのキットが登場し、スタチュウも造られるようになったと思います。
個人的にも知らず知らずのうち、ゴンザレスは参考にするようになっていてイラストレーター目指した70年代のスクラップブックを振り返ると、勢いよく走らせた鉛筆のドローイング、ペン画のタッチに痺れて集めてました。たぶんこの時代の人は皆、憧れ参考にしていた存在です。しかし、そのコマカットのイラストに心奪われ、殆ど内容を憶えていない・・・頭に入らなかったス(^-^;
Gonzalez_vampirella_poster_2 Dsc00042_2 Dsc00039_2 Tumblr_lfi3mylfic1qzuahno1_1280
一番最後は90年代を代表するB・ティムですね(汗。ハーレクインを生み出した人でこのシンプルな面のまとめ方もタマリマセン!! やっぱここまで誇張するとファンタジー度上昇します。(ハイ脱線!!
だから、初期のGKはこのホセ・ゴンザレスのヴァンピレラが選ばれたのも納得です。ではゴンザヴァンピを時系列にまとめました。
まず日本のスクープです。アルゴノーツプレデターで有名なコサカさんもゴンザヴァンピでした。スケールは1/6。
Dsc02075_2 Dsc02073_2
Dsc02080_2 Dsc02078
キットは四半世紀前のものだったと思います。腰ケツ廻りの量感の持たせ方、まぁ・・・いわゆる棒立ちです。しかしながら、当時、魅力溢れるキットでした。こーゆーキットは敬意を表して無改造がオススメです。
この頃、模型店ではツクダのジャンボフィギュア、現存するGKメーカーの殆ども棒立ちで、今で云う「萌え」的アイテムだったに関わらず、洋モン中心としたスクープの功績は非常に大きいものだったと思います。
ゴンザヴァンピの顔って、誰も再現出来ないんですよ。コマ毎に違うんで仕方ないんです(^-^;。でも、でもね・・・ボクはフィギュアスケートの安藤美姫選手視た時ー、コレだ!! ゴンザレスのヴァンピはこの娘だっと思いました。スパニッシュ系にして少し整形顔になりますが今なら出来そうに思います・・・
Dsc00008_2 Dsc00030_2
Dsc09553_2 Dsc09556_2
Dsc09641_2 Dsc09661_2
Dsc09651_2 Dsc09670_2
Dsc09669_2
ジョン・ライトの傑作1/6ゴンザヴァンピです。
コレも古ーいキットですが比較最近上がったものなので血管ムラ-日焼けなどのスキン表現を施しています。ゴンザレスのオリジナルも日焼けしてますよね・・・うーん、画像は解り難いですね。
Dsc09613_2 Dsc09617_2
Dsc09629_2 Dsc09616_2
Dsc09559 Dsc09558
現在販売-常時御注文受付中(¥22500-)のインナーサンクタムプロダクションのゴンザレスバンピレラです。トニーシピリアーノ原型でややコミック風なまとめ方です。スケールが1/5といふ大きい割にロゴ入りベースが作品を締めてます。
コウモリの出来が秀逸で瞳のモールドが作例のように薄く右上側に寄ってます。
上から目線にしたい方、気になる方はカンタンにペーパーで削ればいいでしょう。
トニー・シピリアーノの新作です。フラゼッタのイラストの立体化ですね。
Jy98_2 7d6s
new1/6スケール ヴァラ・ディア ¥22500-です。フラゼッタガールズの肉感的な腰回り・・・ステキでしょ。
アメリカでは肉感的な劇画タッチが良しとされてる頃、日本ではキューティーハニーの歌でもあるように「小さなお尻」がキュートで良しとされてました。
Dsc02839_2 Dsc02851
ずいぶんとお仕事させていただいたキューティーハニーさまです(^-^;が、GK界でも小さなお尻のバランスがスラッと見え、顔を引き立てるので独特な美学として成立してるように思えます・・・が、60-70年代の巨匠たちの女表現のように腰、お尻まわりに肉感を持たせ量感タップリに仕上げるのもフィギュア立像としてアリだと思います。
Vampirella3
Vampirella8_2
10年前、モーレツに売れた記憶があるヴァンピレラです。コレ、キャスティングがアースバウンドスタジオ(ボクも手伝ってました(笑)、販売が昨日もお伝えしたMGこと現クアランティンスタジオ、原型がウィリアム・パケットでした・・・ここから随分フィメールGKの腰回りが大きくなったような気がします・・・。或る意味、革新的なフェーメールキットでした。
Dsc06750 Dsc06752
で、今-再生産リクエストしているヴァンピです。1/5スケールで予価¥21000-¥22500迄です。
Dsc00043
個人的にず〜っと欲しく思ってるのは残念だったオーロラヴァンピー、そのボックスアート版。コレMPCエイリアンと並び頭の中で立体描いてます。コレはマダやってないアイテム・・・コレ確かフラゼッタ。それを描き直したという、MPCボックスアートのエイリアンと同じような経由・・・ココもGKで突いていきたい新年の思いです。
しかし、フラゼッタヴァンピも何故か安藤美姫選手に見える・・・紅いヴァンピ衣装で滑れば外国ウケもよかったかも知れない・・・
次回予告:縁起担ぎで紅白その2 バーバレラ
平成26年、西暦2014年、皇紀2674年 元旦 怪物屋 吉尾
お問い合わせは yo-ko-kaibutsuya@nifty.com
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 2013総集編 一年を振り返る春夏編 | トップページ | 賀正 紅白2 神とストリップ バーバレラの破られたタイツ »

Pin-Up Figures」カテゴリの記事