« アーティストとプラモデル | トップページ | アーティストが選んだGKといふ表現媒体 WF卓番6-26-01   »

2014年1月28日 (火)

怪獣たちの逆襲4 WF/TOKYO冬2014 卓番6-26-01です

WFの告知がまだでした。卓番6-26-01です。
今回は非常にバラエティ豊かです。当日、オドロキゲストも要るかもです。
ツールマテリアルでホライジング・ジャパン、ダイヤモンドツールのクロスワークス、プロユース彫刻刀の道刃物、アメリカから簡易3Dプリンターエギザクトナイフ等々。
GKディーラーでアクセル/ヤタケくん、他お楽しみの日本の創作系原型師の新作があることでしょう。
フィギュアメーカーでダンクジャパン-上手くいけば今年販売予定のオドロキの全容が紹介できるかも・・・っといった案配です。
洋モン販売は朝イチから準備しても、たぶん昼からの販売で一杯一杯デス(汗。
ですから遠方の方々でも朝一から出ていただければ並ばず入ってちょうどいい時間に展示販売出来る頃合いだと思います。
当日版権は・・・モーレツに大怪獣落ちたのは新作ゴジラの影響かも?
んでも、怪獣7点あります。
Imgp1081_2 Imgp1083_2

大怪獣の魅力・・・やっぱ大型キットで再現する方がエエですよね。

で大型キットたるや最初にかかる資本も相当要ります。
当日版権モンでドイツ車(小型だけど)買える程の金額を投入ーチャレンジした大型怪獣キットもございました。
ナゼ?リスキーな当日版権??・・・コレはまたの機会にしましょう。
Dsc00058_2Dsc09881_4
大怪獣と云えば、ガメラ。親と映画館に行った最初で最後の唯一の映画が「大怪獣ガメラ」。ソレ以来ー大怪獣と云えばガメラ。
スクリーンで大きな山が動くような絵図らは、トゲと尻尾のゴジラと双璧な構図が出来るから迫力ありますね。
Dsc09879
っと、わかっていながら今回はバストモデルです。
大きな怪獣を場所問わず、置ける、展示出来るメリットがあります。
原型は大山竜。2年前の作品ですね。
Imgp1519_2 Imgp1523
バストモデルでも全体的には随分大きなガメラ造形です。
イメージはガメラ3のバランス。コレをデスクトップ大怪獣モデルとしてトリミングしました。
同時期にもう一つのガメラ3(開発コードイメージ:ナイトメア)もあり、今回のこの造形の美味しいトコをトリミングし、50cmサイズの大型モデルのデストトップバストモデルとしてWF当日版権アイテムとしました。
Dsc09882_2 Dsc09883_2 Dsc09884_4 Dsc09886_4
デスクトップスタンドはアクセル/ヤタケくんの渾身!?の作です。
Dsc00063_2
このG3の立体文字、虫食いパターンテクスチャーなんて、エライよ〜出来てますよ。
今回ウォールハンガー・・・壁掛けの展示も出来るようにウォールハンガー仕様と出来る様、ヤタケデザインの治具をパーツとして造ったのです。
コレはたぶん、ウレシイパーツとなる事でしょう。
簡単に壁に装着できます。
大山竜→アクセル/ヤタケくんの連係仕上げとなりました。
しかも塗装はクロスワークス代表/T氏(玉村サン)によるものデス。
Dsc00061_2
ボディ、腕、スタンド、ネームベース、壁掛け治具の5パーツ構成・・・
えっ、アゴは?牙は?・・・ボディと頭はオドロキのイッパツ抜きです。
Dsc00163_2 Dsc00158_2
Dsc00161_2 Dsc00169
Dsc00168_2
Dsc00172 Dsc00176_3
Dsc00178_2 Dsc00179
Dsc00184_2 Dsc00180_2
おそらく壁掛け時はやや高所150cm以上になるので角度を下げてます。
デスクトップ時は逆に70cm〜100cmを想定しています。
だから、角度が違うのは敢えて行なっている事であり「造形の見せ場」をしっかり考えた演出しました。
怪獣の魅力のデカイ頭骨を表現するこその大型怪獣サイズー
それを置き易くしたデスクトップモデルはいかがでしょう。
WF当日ならではの企画です。
現在、鋭意製作中ー、価格¥19000-です
P1080054_2 Gamera3nm_4
また、もうひとつのガメラ3フルスタイル¥38000-(大山竜原型)も再販。
コレ画像がなくゴジラBBSからお借りしました。松本サン(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ
これもこれ程のサイズを当日版権で販売する事はコレで最後だと思います・・・
カラー成型しているので黄色と緑以外の色ではキャスティングしていません。
っと、今日は大怪獣・・・平成ガメラの当日版権モン告知でした。
このままWFネタ続けます。
お問い合わせ yo-ko-kaibutsuya@nifty.com

|

« アーティストとプラモデル | トップページ | アーティストが選んだGKといふ表現媒体 WF卓番6-26-01   »

イベント情報」カテゴリの記事