« 賀正 紅白2 神とストリップ バーバレラの破られたタイツ | トップページ | 鉄の巨人 »

2014年1月 5日 (日)

マクベイルネサンス劇場 5幕 至高なコラボ

昨年暮大阪モータショーが終わりました。毎回車のデザインって楽しませていただいてます。今回ブルバード510SSSの再来!?IDX見て昂りました。エコをブッ飛ばしガソリン車の往年の'70sテイストの復活。コンセプトカーで終わらないで欲しいですね。

車の世界では1940-50年代はドリームカーと呼ばれてたコンセプトカー、デザイン思想をわかりやすく反映させたモノです。
映画、TV、ゲームなど世界観からキャラクターなど肝心なのが雰囲気造り。それらを創り出すのがコンセプトアート。戦前からハリウッドでは確立されており、多くのアーティストが素晴しいデザインを創ってくれてるから、ウチも存在出来ている訳です(*^-^)。
この2年間ー、大躍進したインダストリアメカニカはアメリカを中心にしたコンセプトアーティストのオリジナルデザインを立体化し、見事メディアキャラではないのに成功した例です。今後キャラ寄りからもっと本来のデザイン造型力-寄りにもなりそうな気配ありますね。
今日はそんな中で大活躍のコンセプトアーティスト/クリスチャン・アルゾマンのご紹介からー
既にコミコンゲストで有名なんですが・・・
Aftermath_calzmann_2 Alliance_calzmann_2
Bond_calzmann_2 Clanground
Pirate_calzmann_2 Draw_calzmann1_2
文句なしにウマイです。それぞれの世界観の構築も一人の人間とは思えない広さがあります。フラゼッタもネイチャーから近未来までジツに幅広いんですが、この人の細やかさはスゴイです。こうゆうチャンネルの多さが造型そのものに生きてるんだと思います。
しかも若いのに既に2000年以降のハリウッドの大作ー、スターウォーズ、ターミネーター、宇宙戦争、パイレーツオブカリビアン、ヴァンヘルシング、メン・イン・ブラック、インディジョーンズなどのコンセプトアートならびVFXに携わり、彼が映画の雰囲気、ヴィジュアル創りに貢献してるのです。
近年はADになってます。日本のTVではアシスタントですが、彼はアートディレクターです。
ヴィジュアル-視覚監督なのです。(お粗末ながらボクも20年前そうでした(汗)
トニー・マクベイもキャラクターのコンセプトデザインも仕事しており、マクベイのお友達ということで彼のデザインを立体化しました。
Img_0132_2 Img_0134_2
Img_0135_2 Img_0140
元ネタはコレです。
Poot_calzmann_2
鳥のようなロボット化された足が一本!?
何やら排気口からスチームが出て飛べるオッサン鳥・・・
彼等の事をPootと呼びます。
しかも1213号と呼ばれています。
どうやら彼は止まり木のような彼専用のビットに止まってこちらを眺めてます。
やがてビットを持ち上げるとキューポラが空きポッドハウスに入りエネルギー充塡し休む事でしょう・・・
だからスタンドに見えるベースはきっと彼のおうちです。
Dsc09925 Dsc09931_2
Dsc09933 Poot_calzmann_3
Floater_calzmann_2 Guardian_calzmann_2
Kraut_calzmann1_2 Vampwolf_calzmann_2
かなり活きてるような存在感あります。これもオッサンの気味悪い顔と丸っこいメカデザインの融合が良い意味-生物感を増してます。
馬鹿にすると枯れた奇声を発しながら飛んで来て噛みそうなんです(*^-^)
し・か・し、誰かに似てる・・・ん〜っと・・・
クリスチャン・アルゾマンのメカから生体までジツに幅広いデザインポテンシャルとマクベイのコラボ企画です。もっとやって欲しいですね。
コレ、マクベイが1つずつ造って塗ってナント¥65000!!です。残り僅かです。
巨匠が一個一個造ったモノが今なら¥65000ですよ。奥さん!!
他マクベイ完成作品全般のお問い合わせはyo-ko-kaibutsuya@nifty.comマデ!!
元々マクベイはソフトクリームフランケンシュタインモンスターの頃、20年前からGKをアートとして捉え少量ながら自分で造って塗って販売していた人です。
そもそも昔から海外GKの巨匠たちは塗り終えて販売してました。
クンツ、ウェスト、ウマイ人は塗装もウマイもんです。
大体昔から通常200ドルから500ドル位の作業費で巨匠達は創っています。
もっとも3-5個、10個の限定ですが、たぶんそれ以上はモチベーション保てないと思います。この事も影響し、昔から怪物屋製作料金は通常6万円から〜っとなってます(汗
今回、このインフォーメーションはナントカPootのモデルキット限定10個を予定していただいた事にもあります。(価格未定)
パーツ数は比較多く、抜きも難しいとの事ですが個人的にはこの冬ー、激オススメアイテムです。
Poot1213キット希望とご連絡ください↓
お問い合わせはyo-ko-kaibutsuya@nifty.comマデ!!
明日もグサッと突き刺さる新作ネタ予定です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« 賀正 紅白2 神とストリップ バーバレラの破られたタイツ | トップページ | 鉄の巨人 »

入荷情報」カテゴリの記事