« マクベイルネサンス劇場 6幕 遂に再販Gojirasaurus WF卓番6-26-01 | トップページ | 和モン 卓番6-26-01 »

2014年2月 3日 (月)

フィギュアのためのツール 卓番6-26-01

GK、プラモ、フィギュア原型製作に対して道具を見つめなおし、新しい模型の為の専用ツール創り・・・その中で定番化しつつあるスパチュラヤスリ。

今回のWFお披露目となる新型スパチュラヤスリはスカルプナイフの機能を加えた繊細な造りに欠かせないモノとなるでしょう。
ぬゎぁんと、価格聞くの忘れました(汗。また後日ー(*^-^)
Dsc00246_2
シャープに研がれた先端を持つ同形のスパチュラにハードとメディアム/ファイン両方の高品質ダイヤ砥粒を融着させました。
何度も書きますがダイヤの性能をしっかり発揮させるには通常のメッキ接着より金属のロウ付けが必須です。性能の違いにオドロキます。一般レベルではほぼ一生もんだと思われるくらい丈夫です。真鍮ブラシなどでガンガンクリーニング出来ます。模型の世界にこの技法を持ち込めたのはダイヤが専門のクロスワークスだったからです。
Dsc00248_2 Dsc00251_2
先端はスカルプナイフより薄くしたため、扱いはやや丁寧にしていただいた方がいいと思われます。
Dsc00249_2 Dsc00252
パジコの協力を経て実現したスパチュラヤスリ。
3次曲面に対して有効なのでもちろんレギュラー商品として(ハード・メディアム・ファイン)継続販売します。
しかし、もっとシャープさを求められる箇所でダイヤ融着を使いたいと思われる方、スカルプナイフのようなスパチュラヤスリが欲しいと思われるディテールの仕上げなど重宝すると思われます。
萌え、リアル系の髪の毛ライン、縫製跡なども有効でしょうし、プラモでもスジをシッカリ彫りたいなどコレで賄えます。
Img_0616
開発コードネーム:神技3種。価格3500円
通常、リューターの先端工具はコレまた殆どがダイヤをメッキ接着しています。
ダイヤ専門のクロスワークスはココも金属ロウ付けにコダワッテます。
丈夫なので真鍮ブラシのメンテでレジン程度の素材ならず〜〜っと保ちます。
(よく、削ってると性能が落ちて新しいものに交換してまた削る・・・って経験ありませんか? 結果的に時間的にもコストパフォーマンスが高いのは高品質ダイヤと頑丈な接着方法だと思います。道具に愛着湧きますし、馴れたコントロール捌きできます)
また殆どの先端工具は歯科から手芸用の開発工具と思われ、その使い回しだったと思われます。
模型用として開発した神技3種、長さもバラバラ。見た事ありそうでナイ形状だと思います。
Img_0619_2
円柱形は長いダイヤ砥粒面積(ダイヤ層16mm)を持ち、長いからガンガン削れたり、一皮薄く剥くような作業でも重宝します。
デカマルは直系8mm!! ストレスなくガンガン攻めて削ったり、エグったりできます。
テーブル型直系4mmでテーブル皿部分のみダイヤ融着しているのでスジ彫りからエグったり、服のシワを造るのにも便利です。
コレね、4mmの軸を上部テーブルだけを残し、軸径まで削り込んだ非常に凝った逸品。コレ造るまで幾多のサンプルを要した逸品です。
いつもディーラーダッシュで無くなってる気がする神技3種は今回5セット用意出来ました。ホンマ職人さんの手作業なので多く造れませんが、会場で是非御覧頂き、神技見本で使用感をお試しください。
あと、マダマダ新作ツールあるのでまた発表します。
クロスワークスプレゼンツ、販売:怪物屋、原型:大山竜、構成トリミング:ボク、スタンドベース製作:アクセル/ヤタケくんといふWF当日ならではの大怪獣企画ガメラ3のラベル、インスト出来ました。ヤタケくんデザインです。
Img_0633_edited1_2
Img_0631
うん、今回のエエとこ、表現したいとこをダイナミックに確実にレイアウトされてます。スバラシ。たぶん、今、この時も新作に取りかかってる事と思われます・・・期待しましょう!!
Dsc00180_2
Dsc00183
昨日、久しぶりに竜が来てコレ見て「デカッ」って造った本人が云ってました。
コノテのデカイスケールのバストモデルもオモシロいと思います。
パッケージといえばSASHAの最終パッケージ案が決まりました
Sashalabel120_2
価格は現在、本家アメリカとも決めている最中なのでもう暫くお待ち下さい。
ここで終わるとショボイんで、考えている展示訴求内容を・・・
って今ポピュラーなんでしょうか?
余り興味はないのでマジでわかりません(^-^;。
本来、工業模型の抜き屋さんは元々、微妙な中間色もカラーで出してるの見てたのでモデルキットでカラーの重宝さが余り解らないのです。
しかし、近年、レジンの透明度は多いに気にします。
透明度を求めるには硬化が遅く高粘度の透明レジンを使う必要があります。ソコにフレッシュを入れて半透明のスキン表現に向いたレジンキャスト製品が出来上がります。
Dsc00256_2
ただ、コレは表面ディテールが解りずらい点が挙げられます。
では商品としてGKの質感的には?なんですが、塗るとスゴいんです。
Dsc00255
マダム・タッソーのワックス人形に近い質感が得られ、薄く塗るだけで非常にリアリティ豊かになります。
これはスーパースカルピーを更に透明にしたような質感を求めています。
Dsc00253 Dsc00254
もちろん、しっかりオペーク系で塗って生きた瞳のようになります。
この肌との差が心地良いんですよね。
この3-4年前からアメリカで流行り出した半透明レジンキットを訴求していきます。
主に1/4以上の大きなスケールはこの半透明レジンを指定出来るところは指定して入れております。硬化時間の関係でノーマルよりは割高ですが、表現の幅を優先させるべきだと思います。
1/1のブラックハーツは3カ所のキャスティング工房を使っていますので、半透明スキンが出来るアイテムと出来ないアイテムがあります。
今回、BHブラックハーツの絶版アイテムも大セールします。この機会に是非大型モデルにチャレンジしてみてください。案外1dayで出来ます。
303617_4496546928860_691312302_n 530023_4496534568551_1862995332_n_2
392448_4496532488499_229287906_n_2
このアタリも絶対、半透明レジンの方が生ぽいですよね。
再入荷ーもうしばらくおまちください。
Dsc00258_2
これら半透明レジンに使われているレジンキャスト、並びフレッシュトナーカラーはホライジングジャパンが各工房からレシピを聞き出し販売しています。
*要問い合わせアイテムね。
Dsc00259_2
ジツはgeccoのレジンキット、▲頭とナースはすべてUS製のフレッシュトナーをノーマルレジンに入れてキャスティングしておりました。これは主に質感よりオリジナリティの選択です。
同じトナーでも混ぜるレジンによりこれほどの質感差があります。
造形で見せるには透明ではない方が好まれるでしょう。
しかし、塗装再現に於いては半透明の方が幅が広がります。
スキンは半透明、服/コスチュームは通常オペークなんて別けれたら、スバラシイキットになるのではないでしょうか。
塗ればナントカなるより、模型表現に於いて透明半透明不透明・・・この分け方する方が理想だと思います。
レジンの透明度と質感・・・このアタリも展示訴求したいところでございます。
お問い合わせyo-ko-kaibutsuya@nifty.com
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« マクベイルネサンス劇場 6幕 遂に再販Gojirasaurus WF卓番6-26-01 | トップページ | 和モン 卓番6-26-01 »

イベント情報」カテゴリの記事