« モンスターパローザ#12コンナノ♪アンナノ♪ソンナノ♪ドウナノ? | トップページ | マーク・ニューマン・・・神の手か! »

2014年4月 8日 (火)

マクベイルネサンス劇場 7幕 訪問

再会するのはラスヴェガスのイマジネーションエキスポ以来・・・この頃もGozirasaursを販売した後でマクファーレントイの全盛ー、ネカもギフト業界からコレクタブルトイ業界に本格進出してきた頃だったと憶えてる・・・

時代って変るね(@Д@;
工房は年代モンの車が多数止められている板金、及び車修理、販売してるお店ひしめく真ん中にある。
Dsc00721_2 Dsc00722
Dsc00724
だから、目の前に広がるクジラカー時代のステキなアメ車がいる。
47年式ハドソン。カーズで大活躍するドッグの5年前の姿。凛々しいねハドソン。
玄関開けるとお馴染みアイテムが並ぶステキな作品棚がある
Dsc00641 Dsc00649
Dsc00656_2 Dsc00659_2
Dsc00657_2 Dsc00650
Dsc00651 Dsc00655_2
これらの作品、、、10年20年以上前の作品ながら色褪せませんね。
それだけ卓越した造形ーデザインセンスを当時から発揮していた事になります。
ハイ、わかっております。
ミノタウル、オーガ、ウィッチ、フランケンシュタイン・・再販・・モアファンタジープラン打ち合わせ中です。
モデルキットとしてもコノページに掲載するアイテムすべてのお問い合わせ待ってます。
次の大阪イヴェント企画テーマはレジェンドです。ナントカ・・・間に合わせたい想い一杯です。
Dsc00661_2
工房の半分、広い、一人でこれだけのスペース。しかもトコロ狭しにモノが置かれている。
でも、実際の作業テーブル上は我々のデスクとあまり変わらなかったりする・・・
しかしながら大きく違うのは天井の高さ。生み出された作品の感じる空気感、オーラは天井が高いのも造形に広がりが出るのかも知れない。
ボクだけかもしれないがアメリカンスカルプターの作品には伸びゆくような広がりを感じる事が多い。
Dsc00665_2
はい、クリーチャーフューチャーズで売ってた限定3個のアリス&ジャバッキオ。
こんなにデカイ。またクリーチャーフューチャーズ訪問でも登場するけど、ちゃんと2個目製作中の画。ジツは別のキャスティングデスクには3個目が既に抜かれてた。確か35万くらいだったと思う。女の子のアリスは1/8あたりだったと思う。
ふむ、マクベイデザイン→造形→組み付け→彩色・・・で3個限定・・・そう高くない気がしてきた・・・リミッター外れそう(^-^;
Dsc00667 Dsc00668 Dsc00718_2 Dsc00717_2
匠はこーんなキャワイイ造形も出来てしまう。
ナンカ「愛」を感じる・・・造形。ホレっぱなしダネ\(;゚∇゚)/
Dsc00670_2 Dsc00671
Dsc00672 Dsc00675
Dsc00679_2 Dsc00674_2
Dsc00676_2
またまた再生産リクエストお待ちする、バストモデルからフルスタイルモデルたち、この上ない出来のモーロックーデザインセンスも進化してます。
カッコ良くないもんをカッコ良く創る・・
カッコ良いもんをよりカッコ良く創る・・
偉大な先人に敬意を払いデザインする・・
再現より表現・・・
この造形感覚を20年間も続けているのも、レイ・ハリーハウンゼン、ルーカスのスターウォーズなど実際に映画に携わってきたからだと思う。
プロとして現場で、やりきれなかった事など汲み取れて造形してるようにも見えたりするのもキャラに愛情を感じてるからだと思う。
公表出来ないプライベート作品の依頼者もその版権元絡みの大物だったりするのも造形に愛を感じてるに違いない。
ホレっぱなしダネ\(;゚∇゚)/
Dsc00678_2 Dsc00682_2
このステキなサンタクロースとシングはリクエストしても製品にはしないもの。
サンタクロース・・・ステキなジイさん表現されてる。
シング'50sと'80sの融合・・・造形切り口がオモシロい。
Dsc00681 Dsc00680
マクベイポテンシャルのうちのひとつ。
歳とったから、しばらくゲテモノは造りたくないと昨年聞いた時の習作だと思える。ボクはこの役者さん知らない。けど、ウマイ。美しい。
Dsc00697
造型アーチストとなって初期のお仕事らしい。
照れながら話してくれた。ボクはコレでピンクフロイドのレコジャアート造りたくなった。う〜ン、知らんよね・・・
牛っていいな〜、牛ってオモロい造形だな〜、誰かやらんかな・・・やろかな・・・。
Dsc00684 Dsc00688
Dsc00693_2
オドロキのオリジナルメカまで造ってらっしゃる。しかも運転するロボットキャラまである・・・完全可動変形だし。
イタリアンスクーターデザインを意識したラインもオシャレ。
マクベイポテンシャルは無限だ。
Dsc00700 Dsc00699_2
Dsc00702_2
ライフワークと云えるストップアニメーション。
これもアーマチュアが仕込んであり、動く。歩いてるよう・・・
いろいろ新しい素材に関してお話した。今後更に楽しみだ。
Dsc00664
これもアーマチュア?っと思いきや3個限定!?
ジャバッキオとも今なら間に合う。注文はメールでご連絡下さい。
Dsc00703_2 Dsc00705_2
Dsc00707_2 Dsc00709_2
Dsc00711 Dsc00710
Dsc00708_2 Homecookin640x531640x531_2
何故だか置いてあったホームクッキン。
ツイッターヘッドはご近所さんらしく、マクベイ工房に置いてあった。
キットはしばらく絶版中。同社のオーロラの箱絵の1/6再現シリーズ。
ペイントはデヴィッド・フィッシャー。
スゴイ!!!!!座布団5枚もん!!!!!よくぞココ迄描き込んだという描き込み。
しかも全体をボックスアートの様に全体をアンバー系でまとめきり。火の部分は明るいトーンで電飾ないのに1/6の魔女の部屋の空気感を出しつつ、丁寧な塗り分けにより清潔感漂う仕上がり。ボクは数多くのデヴィットの作品を生で見てるけどコレ、ベストワークに入る出来だと思う。
再販が望まれる。
御注文も数名聞いてますが、この際、再プッシュするのでお問い合わせくださいませ。
はい、完全脱線\(;゚∇゚)/
Dsc00719_2 Dsc00687
Dsc00685_2
問い合わせいただいてるドラキュラバスト、ありましたよ。ハイ、生産可能だとも・・・しかし、数のまとまりが要りますので、皆様ふるってお問い合わせ御注文下さいませ。幻の逸品の生産話です。
ダーウィンよくないですか?コッチをナニがナンデモと頼んでます。
モデルキット化、永い眼で見て下さいネ。
Dsc00714_2
マクベイはリキテックスを使う。
この使い方懐かしい。70年代のイラストレーターは大体こうゆーリキの使い方してた。久々見ましたよ。
感涙な想い出多数・・・このままね鳥の巣のようになったりもするんだよね・・・。
Dsc00720_2
サスガ元英国アーチスト。王室御用達のベロールの色鉛筆使ってらっしゃる。
今や同じ王室御用達の筆:ウィンザー&ニュートンのシリーズ7も模型界に定着し、その感覚は味わっている御仁も多いと思ふ。そんなアイテムです。
ボクもこのベロールとイーグル使ってたケド、これら一度使うと色鉛筆を愛するようになってしまいます。
高価ですがカンタンなラフスケッチなどスレ移りも少なく、なんたってキレイな色で重ね塗りで色が出せます。
色の・・・混ん色のお勉強にもなるし、激オススメなのですよ。さぁ、アマゾンへーポチッ。
Dsc00712 Dsc00713
コレ・・・スゴイ画です。お気に入りに入れて欲しいです。
チンパンジーからイーマになってる・・・コレ、ひょっとすると師であるレイ・ハリーハウンゼンからも何らかのインスピレーションを伝達されてるように思えます。
いたるとこがナルホドなんです。
しかし、このラフドローイング、巧上手スギしょ。←何故か巻島口調!?
ここまでウマイ人・・・やっぱシーン・クーパーくらいかな・・・
二人とも古生物好き・・・
でも、後々から出て来るけど、訪問した造型アーチストは皆ドローイングから巧い。その模様も掲載ー、また会場であったポールコモダ氏の怪獣スケッチなどここから更にエキサイティングな訪問記の始まりです。
この訪問に於いて怪物屋/ホライジングJ両方見ていただくとそれぞれの視点から愉しいと思います。しかし、製品はナントDUNKJAPANならび他の日本企業からも出て来ると思いマスので造形寄りの視点で今後も書いて参りますよろしくどうぞ。
次回予告:神だ!! マーク・ニューマン降臨

近く、アメリカ〜ンなスタイルでイヴェントを

「一番アツい夏/2014/8月17日/日曜日」に

大阪で開催しようと思いマス。

既に会場「マイドームオオサカ」は押さえ、もはや後戻り出来ません(汗。

メーカーさま、ディーラーさま、コレクターさま、ご参加のお客様方々のコンクール作品等々大募集します。

今後を考え透明性を持たせる為、「賢い専門スタッフ」を組み、申込み電話、電子メールアドレス、専門のサイト、も製作中なので、こちらも続報をお待ち下さいませ。

コンクール作品は第一回なのでジャンルも幅広くして未発表に限るとか考えてませんがご自慢の逸品でと考えてマス。レギュレーション、その他詳細はお待ち下さい

また、模型界/トイ界を支えておられるのは「積んどくモデラーさん」並び「家族の目を盗んで即、オモチャ棚さん」だとも思っております。
そんなコレクタブルな、フェイバリットな逸品をエピソード含めて展示してみませんか?「エピソード具合」で景品等用意も考えてます。

そんな景品含め、会場限定プラモ、スタチュウ、ソフビやれること全部やりますが、覚束無い部分もあると思います。年1回、パーティのような感覚も持ち合わせつつ、アツい模型/トイのイヴェントそのような概略製作中。今週ー来週には専門サイトオープンさせます。ので、お申し込みご質問はソコで出来るようにします。

仮タイトルは「AMAZING MODEL EXPO」 「アメージングモデルエキスポ」 通称「アメスポ」もしくは「アメコン」もしくは「AME」などなど略読みしていただけるよう続けたい気持ちもございます。

只今、AFMなど海外の協賛もとってますが、どうぞご関心いただける企業様よろしくお願いします。


|

« モンスターパローザ#12コンナノ♪アンナノ♪ソンナノ♪ドウナノ? | トップページ | マーク・ニューマン・・・神の手か! »

工房訪問」カテゴリの記事