« モンスターパローザ#8 エールチョコレート | トップページ | モンスターパローザ#10 愉しい創作造形2 »

2014年4月 5日 (土)

モンスターパローザ#9 ジャポネスク竹谷隆之氏登場!!

10年以上前のスーフェス時かな?久しぶりにお会いできました。

大変、人気高く終始、本、プリントにサイン書かれてました。
そのシャシャシャーっと速記で書かずゆっくりした筆書きの丁寧な気の入ったサインは細やかな仕事を表している様でした。
Imgp0357_2
エリック、ノーマン、ジョド・・・工房訪問したスカルプター、サイドショウの友人等々皆サイン本持ってました。超絶人気なのです。
モノ造り系のゲストではダントツの人気NO.1でした。
大型モニターからは作業場でのお仕事シーンなど流れ皆、釘付けデス(*^-^)。
Imgp0209_2 Imgp0216
Imgp0218_2
Imgp0222_2 Imgp0217_2
この縄文様式から弥生様式の2つの顔を持つ鬼「ニクネカムイ」をはじめて見ました。
スゴイですね。コノ発想、アイデア・・・w(゚o゚)w
常日頃、縄文美術のスゴさを語ってるのに恥ずかしながらコノ存在を知りませんでした(汗。
アツき炎を象った火焔土器のイメージを鬼と絡め、誰が見てもタケヤデザインだとわかる造形・・・個人的に一番好きかもデス。
竹谷氏の仕事はスケッチドローイングから3D粘土造形、仕上げまでパーフェクトだ。っと或る大物アーチストが語っていました。
よく似た作風のアーチストも要るがMr.タケヤがあってこそだと・・・とも( 汗。
この最大級なコメントは10年前、故高柳祐介氏とヴェガスで行なわれたイマジネーションエキスポで造形アーチストとして共にゲスト出演していたジョード・シェル。
本人もしっかり本、イラストプリントにサイン書いて貰ってました(*^-^)。
・・・確かに彼が云う通りアーチストとは常に独自なアイデンティティを発揮できなければいけません。そんなコンセプト造形アーチストだから出た言葉でしょう。それ程スゴイという事デス。
造形界のジャポネスク様式と云えるかもです。
故 高柳祐介さん・・・喫煙場所でのイロイロな話が懐かしく思い出されました。ご冥福をお祈りします。
Imgp0319_2
ニッポンからの参加ディーラーで自由廊さん。
http://jiyuro.net/index.html
昨年花魁フランケンモンスターが好評だったので今年は花魁マミー。
うむ、ゾンビだが造った人に似て美人だ(*^-^)。
WF/東京にも参加してるとの事だが知らなんだ。やっぱあのイヴェントは廻らなきゃね・・・
Imgp0316 Imgp0317
Imgp0318
これ、スゴイ気に入りました。
「鬼の碁打」
造った人はERI TORII [http://erisfx.com/]エリさんデス。
彼女は相当な凝り性でこの碁も伝説の勝負の再現らしい・・・。
碁盤の裏を見てみると、しっかり「血溜まり」まで再現されていた。見えんトコまでコダワル・・・この人はモデラー要素もタップリ持ち合わせている(*^-^)
コレは売らないと云われてましたが、今後は複製を意識したモノ造りも心掛けるとも・・・彼女の新作に期待しましょう(*^.^*)
今回、ゲストアナウンスされてた片桐裕司氏は大阪ー東京で特別造形セミナー中・・・3日間とか1週間の特別講習をアメリカでは割と昔から行なってますが、日本でも増えてきましたね。
自由廊のお隣ではゾンビアプリのTYFFONのCEO深澤氏が来場される家族連れの子供達をゾンビに変化させてました。
モバイルを持たぬボクにはそのスゴさに釘付けデス・・・
恐るべしアプリ・・・恐るべしTYFFON・・・天才・・・深沢氏・・・w(゚o゚)w
http://www.zombiebooth2.com/
http://www.tyffon.com/
こういったゾンビアイデンティティを自由廊さんに協力していただいたとの事・・・スバラシ。
Dsc00771
チョイ小休止。
おおっ、ゲストにルドガー・ハウアー・・・サスガに並んでる・・・ここでアストロゾンビーズの藤原氏と出逢う。価格聞いて引いてしまった。遠目で見るだけで終了(;д;)
ココはチラーシアターのようにゲストが多数サイン会を開いてる。。永くなりそうなのでまた別の時に・・・
アストロゾンビーズの藤原氏とはたぶん、日本よりアメリカでよく遭う(*^-^)。
今度開催する大阪でのイヴェント話もジツは2年前アメリカで話をしてる時に生まれたモノだったりする。
だから怪物屋とアストロゾンビーズの日頃お世話になっているお客様も楽しめるアメリカ〜ンなイヴェントでもあり、コンクールもあるがコレクタブルな要素もなければならない・・・
マニアさん納得、ファン拡張する愉しいイヴェントにする為、運営委員は新たな別会社に頼み、今年は特別なプレ開催となる。
だけど、打たれ強い責任者は要るから暫くの間、年長な私がするというモノ。
既にイベント会場から、ご挨拶も来られ、施設の備品の詰め段階・・・ココも透明性持たせる為、公表していこうとも思います。
もちろん、各メーカーさんにも協賛をお願いしたいです。それでもメインとなるディーラーさん、造った作品に埋もれてるマニアさん、コレクターさんヨロシクです。
もちろん始めたばかりの方々も大歓迎デス。
ワンダーフェストの様にスケールもん参加の模型ジャンルも割と広くしたいのもあります。
只今マニュアル作成中・・・
Dsc00775
今年公開されるゴジラは前評判上々のようで、アメリカでの怪獣イベントでゲスト出演の多いミスターゴジラ中島春雄さん、ミスター東宝特撮 佐原健二さん2人は別格で別室でのサイン会でした。
Imgp0872_2
で、中島サンにサイン頂くには、やっぱコノ写真、コノ絵・・・ジツは大きな意味をもつ画・・・それにしてもど真ん中とは大胆なサインだ。
ボクにとってフェイバリットはウルトラQとサンダ対ガイラ・・・このお二人は感動もんなんです。
次回予告:愉しい創作造形2

では、重複ながら・・・

近く、アメリカ〜ンなスタイルでイヴェントを「一番アツい夏/2014/8月17日/

日曜日」に大阪で開催しようと思いマス。

既に会場は押さえ、もはや後戻り出来ません(汗。

メーカーさま、ディーラーさま、コレクターさま、ご参加のお客様方々のコンクール作品等々大募集します。

賢い専門スタッフを組み、申込み電話、電子メールアドレス、専門のサイト、も製作中なので、こちらも続報をお待ち下さいませ。

|

« モンスターパローザ#8 エールチョコレート | トップページ | モンスターパローザ#10 愉しい創作造形2 »

イベント情報」カテゴリの記事