« 模型少年だったトーマス・クンツの素顔 後編 | トップページ | エリック・ソーサの本気 »

2014年4月15日 (火)

グランドマスター:ジョード・シェールの実力

サイドショウが主催していたイヴェントMMPに始めて出展した時、隣のテーブルがジョード・シェールでした。彼の実演を目のアタリにして本場のスゴ味を知りました。スケッチドローイングを何枚も速描きし、来場者と喋りながら芯を造り、時に説明しノラリクラリに見えますが、集中する時の波の持って行き方がスバラシイ。

しっかり午後半ばには完成し来場者の目を楽しませてた・・・テクスチャーまでしっかり入った生物感豊かな作品・・・
丁度、この時、竜も同行していて、「もう、出来てますよw(゚o゚)w」っとオドロキの顔を憶えている・・・
スタンウィンストンから出ているDVDもシェールは数種類出てたと思うが安定したその実力から、色々なメジャースタジオ、スクールで教えている。最前線で活躍するアーチストが直で生で教えるのはナカナカめずらしい。
日本、大阪にも来た。ウチにも来た(*^-^)。
そんな中の生徒だったのがサイモン・リー、デヴィッド・メング・・・、つまり造形界のグランド・マスターなのだ。どうしてこんなに早く出来るんだ?っとフォース造形を教え、マスターしたアーチストが次々と活躍している・・・ハリウッド恐るべし。
映画のエンドロール見ればわかるが、言葉で云うより、携わった作品群の一部が・・
Guyver_2 Predator2_2
Escapefromla_2 Alienresurrection_2
Edwardscissorhands_2 Meninblack_2
Starshiptroopers_2 Planetoftheapes_2
Hulk_2 Hellraiserbloodline_2
Hellboy_2 Bladetrinity_2
Aliensvspredatorrequiem_2 Dawnofthedead
Cloverfield_2 Faceoff_2
300_2 Avatar_2
一部でコレである。
プロダクション問わずナニからナニまで引張りダコの実力者ー。
しかしながら、とても気さくなアーチスト。
この心の余裕が固定観念を持たず、豊富なアイデンティティを呼び起こすのだと思ふ。
Imgp0732_2 Imgp0725
Imgp0724 Imgp0727_2
アバターのプレゼンテーション用デザイン。勇敢な戦士の意志みなぎり美しくもなければいけないネイティリのコンセプト造形。スバラシ。
Imgp0729_2 Imgp0731
側にあった見覚えあるドローイングデザインと土着性豊かな民族のコンセプト造形。
では、作業部屋の壁面に飾られた圧巻の作品群・・・
Imgp0645_2 Imgp0648
Imgp0649 Imgp0650_2
Imgp0651_2 Imgp0653_2
Imgp0654 Imgp0655_2
Imgp0657 Imgp0656
Imgp0668 Imgp0669_2
Imgp0714 Imgp0719_4
Imgp0718 Imgp0720
Imgp0722_2 Imgp0723
Imgp0744 Imgp0745
Imgp0695_4 Imgp0667_4
Imgp0670_4 Imgp0672_3
Imgp0696_3 Imgp0697_2
Imgp0699_3 Imgp0700_2
Imgp0702_4 Imgp0721_2
即効の粘土貼付け習作もあり、色々参考になると思います。
Imgp0746_2 Imgp0698_3 Dsc00856_4
ガレージキットも売ってる$65-、日本では¥7800-
造形作業中に関わらず最も良く使うツールを選んでもらった。この2本。やっぱループを多用するのはNSPなどのクレイを使うからだと思う。
Imgp0703_2 Imgp0704
Imgp0706 Imgp0707
デスクの上にはこれくらい普段使うツールを散りばめる。
Imgp0705 Imgp0709
デスクに描かれてあったドローイングというかラクガキがオモシロい
Imgp0710_2 Imgp0711
そう、ポール・コモダ、ノーマン・メイヤー、ジョード・・・それぞれが描いてる。
Imgp0712 Imgp0734_2
彼等の作品もある。ポール・コモダの幼虫がオモシロい。
Imgp0676_2 Imgp0679_2
Imgp0678_2 Imgp0674_2
幼虫といえば、書斎/ドローイングルームには昆虫標本が・・・
ジョードのとこで見つけた他アーチスト作品の数々、サスガの逸品ゾロイ。
Imgp0682_2 Imgp0683_2
Imgp0680_2 Imgp0735_2
Imgp0661_3 Imgp0686_2
マイクヒルのドローング、造れる人は絵もウマイ。絵がウマイ人は造形もウマイ。
Imgp0690_2 Imgp0688_3
Imgp0659_4 Imgp0692_5
テヴェスのドローイング作品もあった・・・感動!!
Imgp0687_2 Imgp0691_4
テヴェスと云えば90年代、超リアルなフランケンシュタインモンスター、ファントムのライフサイズGKでお馴染みだと思うがオリジナルデザインも卓越してる・・・
Dsc06410_3
コレ。その後AFMからもソフビで販売された。スグ売り切れたね。
スカルプルームに掛けられたイラスト・・・日本の誇る滝野晴夫さんの作品を発見。
Imgp0665_6 Takino1_2
70年代後半から80年代のスーパーリアリズム時代を代表するイラストレーター。
若い頃、何度も模写させていただいた。この人の作風は塗膜が薄く、計算された色の重ねによる奥深い色調と光りの魔術的コントロールはマネなど出来ない(^-^;
それも描くアイテムは人物、動物、メカ、自然ナンデモカンデモ神レヴェル。
しかし、この模写、タッチを追求し塗膜を薄くする事が今の模型表現に役立った。
Flyingpira_4
この遊園地のポスター、もしくは地獄の黙示緑などたぶん皆、目にされた事あると思う。その代表作品を一番広い部屋に飾ってあった。
Imgp0738_3 Imgp0741_3
Imgp0739_3 Dsc00855_2
塗装ルーム。しっかり間仕切りされていた。ここで超絶リアルな塗装もジョド自身が仕上げる。クロッキーと喚ばれるラフから(サイモンのような感じね)、ここまでリアルな仕上げ迄ー、ポテンシャルの広さが永年、多くのプロダクションから頼られていると思う。晩からの訪問ながら心よく迎えてくれ、またセッティングしてくれたノーマン・メイヤーに感謝。
次回予告:おもちゃ箱のようなエリックソーサ工房

|

« 模型少年だったトーマス・クンツの素顔 後編 | トップページ | エリック・ソーサの本気 »

工房訪問」カテゴリの記事