« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月28日 (月)

WF/TOKYO夏2014 #5 Dunk & Amazing Model Expo

WF/TOKYO夏2014無事終了ー。沢山の方々にお立ち寄りいただき誠に感謝致します。

(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ
さて、昨日、意識絶え?レディの告知しておりませんでしたのでご報告の続きです。
いやぁ〜、毎日意識朦朧となる限界までツメてますがホントスミマセン(^-^;
ダンク新製品のレディです。
20140718mf_pg1_cover
コブラ、レディ・・・誰もが知る代表的な傑作ポーズだと思います。
Imgp2804_2
Imgp2534
原型はダンク工房の新人ダンくん。
っと、書くと紛らわしい・・・が憶えやすいでしょ。
冬にも展示はしてたんですが、表現したい部分が薄いので奥にひっそり置いちゃってました。
やっぱり、ヒーロー系メール/フィメールモデルの場合ー、フェチズムがウリでなければなりません・・・さまざまな部位にフェチが香らないと製品には成り立たないと思うのです。スミマセン。今更、当たり前すぎる事書いちゃいましたね。
だから、2月にはあった原型ー、監修中という版権元様の有り難いご好意もありましたが発表を避けておりました。
Imgp2533 Imgp2536
レディ・・・ボクのフィギュア表現に於いて勝手なイメージ的には60-70年代の花椿..前田美波里サンだったり、70年代パルコなどのセクシーなヴィジュル広告だったりしました。
Maedasan60_2
これらを創られた故石岡瑛子サンの強烈な画はどれもこれも頭に刻まれ、70年代から広告業をしてた人間にとっては離れないんですよね。
映画でもブラムストーカーズ・ドラキュラ、ザ・セル・・・ 石岡サンの仕事がなければあれほどのビジュアルが成立しなかったように思えます。
悔しいほど美しかった北京オリンピックの開会式・衣装など広告を超え、日本を代表するビジュアルアーチストですね。
この方の「時代を超えろ、革命を起こせー」という意識言語は座右の名となってます。
ハイ、以前にもご紹介しました。スミマセン(^-^;
特に全身スーツのヒーローフィメールの場合、視覚をあらゆる部位にグイグイ惹き付け広角レンズで攻めたくなるような感覚を目指したいのであります。
モーションモデル全盛ではありますがソフビの質感を活かし、ヴィニール彫像というべきレディの登場です。
画像は原型複製のレジンキャストです。この段階でソフビ用に分割いたしました。
ダン君、コノテの仕事は非常に巧みでピタピタに合わせます・・・
Imgp2811_2 Imgp2812
有機曲線でありながら、一分の隙なく丁寧な仕上げは流石で得意らしい。
インカの石積みの末裔か・・・アナログでコレはスバラシイ技術ー、
Imgp2808_2
ひっくり返すと・・・美とエロス!!
なーんかギシギシ、ベッドの軋み連想しちゃいます・・・ここも3Dの魅力でしょ。
とりあえずの原型のご紹介でございました。
ダン君含め、新たに養成した新人君、サイドショウ等フィメールスタチュウで活躍する海外スカルプター、お馴染みのスカルプター等々で構成される極少量生産のDUNKプロジェクト、ご注目くださいまし。
m(_ _)m
もうひとつ、WF会場のDUNK卓で・・・
Imgp2865_2 Imgp2864
ラットフィンクの途中段階のモデリングサンプルを展示しておりました。
ようやく本国でも承認とれたので展示告知が出来るようになりました。
今回ソフビ化に伴いタイのT事業の時より大幅にモデルチェンジ。
Imgp2862
お腹の丸みと猫背を見直し、顔はよりエグカワに・・・
サブカルチャーの帝王といえるRFー続報をお楽しみに。
少女ファイトは日本橋ヨヲコ先生の素晴しいご協力もあり、全力で進めております。今はただ息を潜め・・・爆発力高めてます・・・。
アツい夏はまだ始まったばかり・・・
イヴェント情報、完成品、新着アイテム諸々ー更新ラッシュをココとAmazing Model Expo、Dunkなどなど行ないますので宜しくお願いします

|

2014年7月27日 (日)

WF/TOKYO夏2014 #4 看護婦 Amazing Model Expo卓番8-22-02

タイのT事業での最後のカタチとなった看護婦のリクエストもあり、構成は当時のままですが、今回、分割も変え、表面ディテールも大幅に変更したカタチで再デヴューしました。

Photo Photo_3
Imgp2926 Imgp2923_2
Photo_5 Dscn5974_2
御覧のように、塗りやすいパーツ毎に別れています。
ピッタリと合うので、仮止め塗装後スグばらせます。これはどういうメリットがあるかというと描き難い血管など容易に描けるようになります・・・
作例は超GK初心者:Dunk代表のヤノ君仕上げ・・・はじめてのペイント作品となりますがソツなく仕上げる事が出来たようです。
Dscn5977_2
サイレントヒル2 ナース[当日版権]¥12000-
Amazing Model Expoですが少しづつですが版権許諾されてきました。
受講委員の方々も出来る限りの努力はしていってますが、このアタリの情報は今週からラッシュしていきますのでよろしくです。
つづいて・・・
Imgp2809
です。
 

|

WF/TOKYO夏2014 #3 Ma.K Amazing Model Expo卓番8-22-02

もうひとつ大物があります。

1/6スケールのMa.K [当日版権] ¥30000-
Dscn5906_2 Dscn5907_2
Dscn5908_2 Dscn5947_2
Imgp2851_2 Imgp2858_2
まず、佇まいの良さを追求しました。
しっくり来る立ち姿のため何度も足の位置関係を擦り合わせしココって場所を決めましたが、造り手のイメージも様々だと思いますのでゼヒ、エンジョイしてみてください。
その為、基本部分は可動しますが、もっとーという方は自作ということになるでしょうか? 
人の入る部分のテクスチャー再現は皮革をイメージして再現しました。外側もテクスチャーを色々思案しましたが、ココは皆さんそれぞれが楽しむトコロですので敢えてマットなスムージング仕上げとしました。
しっかりとしたレジンなのでステンレスの金属パーツもスムーズに可動できます。
会場で腰の据わった佇まいをゼヒ御覧下さいませ。
現在、Amazing Model Expoに向けては中に入るフィギュアを大物?スカルプターに依頼しております。ご期待下さい!!
Imgp2841_2 Imgp2849
Imgp2835 Imgp2836
Imgp2806 Imgp2837_3
開閉ハッチ、パーツの合わせ目などの立体感も豊かに再現してあります。
現在、Amazing Model Expoに向けては中に入るフィギュアを大物?スカルプターに依頼しております。ご期待下さい!!
ココへ来て情報ラッシュスミマセン・・・お次ぎはネタは・・・
今回、Amazing Model Expoのメイン協賛メーカーのDUNK Japanでイヴェント開催に向けてレジンキット生産サービスを実施し、そこで抜いたカラーの殆どがNSPのブラウン、マジスカのフレッシュのようなカラーでキャスティングしております。(現在は時間の関係で打ち切りましたが、次回ぜひご検討下さいませ)
デジタル派にはZブラシで3Dモデリングする時の色ですがメリットは量感がわかりやすい。
ご依頼いただいたお客様も満足だったようで安心しました。
(提案者はボクなので・・・)
今回、WFでも出されているキュービスト(5-01-12)藤輪くんの1984ゴジラ¥5000-もこんな感じ・・・
Imgp2796_2 Imgp2795
Imgp2797
なかなかイイ感じでしょ。
さらに新工房も検討中との事で、クリエーターサポート体制も図ろうとするAmazing Model ExpoサポーターのDunk japanは4-09-12です。
ここでアッというアイテムもあったりします
つづく

|

2014年7月26日 (土)

WF/TOKYO夏2014 #2 ゴジラ Amazing Model Expo卓番8-22-02

数年前、英国のカイジュウディーラーが新婚旅行で日本を訪れるからイノウエアーツ/井上雅夫氏を紹介、ならび工房を訪問させて欲しいという要望・・・から始まった企画がイロイロあります。

その中のひとつが今回のゴジラ60周年記念、井上雅夫氏60歳の還暦記念などから「水爆大怪獣東京上陸」より55cmゴジラの再販でございます。
WF当日版権1954ゴジラ55cm  ¥58000-
Dscn5614
Dscn5622_2
Dscn5629_2
Dscn5956_2
パーツは御覧の通りでございます。
側で井上氏を応援、支えた古の造型師から極初期品からの分割修正を行い、モールドの深さ、ディテールなど損なう事なく再現しております。
もちろん井上氏(後日、新作と共に登場予定)許諾済みです。
また金属など補強はいらないような凸凹ダボを造っているのでアッという間に完成します。ボディなどはムクだと事後変形してしまうのでマズ中空ボールを造り、その廻りにレジンを流すダブルキャスティングを試してみました。
これにより適度な重さの均一な重量で生産できました。
軽すぎず重すぎずのバランスです。
Imgp2815 Imgp2816_2
Imgp2824_2 Imgp2831
Imgp2825 Imgp2827_2
Imgp2828 Imgp2829
今回、井上氏のオリジナルヘッドと新たに怪物屋初ゴジテイストのヘッドの2種類が入ってます。
左側がNEWヘッド、右側がオリジナルヘッドです。
NEXT 巨大!!1/6スケールMa.K
Imgp2858

|

WF/TOKYO夏2014 #1Amazing Model Expo

すみません、私事含め、近年にない忙しさで、ひと月以上も更新出来ませんでした。

Amazing Model Expoの告知も来週からようやく頻繁に更新できると思います。
さて、明日はWFですが、Amazing Model Expoもテーブルを出しています。
フライヤーなどと共に、AMEとしてカオス的なイヴェントである内容を反映させたアイテム、当日版権を含め出品しております。最終的な到着が今日土曜日だったというスゴイスケジュールの中身はコチラ・・・
怪獣王ゴジラ 55cm、Ma.K 1/6スケール、サイレントヒル2ナース・・・
他、インダストリアメカニカ多数ー、
アメリカ、ギリシャ、シンガポールのクリーチャー造形等の展示販売・・・
また、Amazing Model Expo参加でもれなくもらえるオリジナルプラモデル・・・などなど、只今から画像アップごとに更新してまいります。
よろしくどうぞ。
っと、注意されました・・・
卓番8-22-02です。

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »