« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

#1 Amazing Model Expo は 5月5日 #0ディーラー紹介その2

Img_0515Img_0516_2

大阪市/大阪府と共にAMEの後援を頂いた兵庫県/福崎町役場さまから第一回全国妖怪造形コンテストのプロモートに来て頂けました。
福崎町/柳田國男妖怪企画
第一回全国妖怪造形コンテスト
http://youkaizoukei.town.fukusaki.hyogo.jp/index.html
日増しに興味抱いて頂ける方が増えてきておりますね。この造形コンテストのご担当のO様の情熱は並々ならぬモノがあります。
柳田國男さん/遠野物語があるから妖怪がある・・・っと云っても過言でもないー、そんな聖地で行なわれる造形コンテストです
ナント私が審査員長を努めさせていただいておりますが、審査員の面々がオモシロいー!!
吉岡和哉さん、荒川直人さん、小林和史さん、あにさん、天野行雄さん、に身近なトコロで矢野正吾、赤尾慎也くんの今ノリノリ原型師含めたジオラマ情景作家さん等々のスゴイ顔ぶれ(このブログでは馴染みないかもですがググってみてくださいオドロキマスよ)・・・しかもアノ(株)ハセガワさんも協賛ー大賞作品が大型の像になり聖地に展示されるという、造形力が輝くコンテストです。
Img_0518_2 Img_0517_2
京都からアーチスト大森準平さん
http://omorijunpei.art758.com/ja/
Dsc_0313
この焼き物には見えないカラフルな縄文土器の数々は血が昂ります。縄文1万5000年の歴史を持つ日本・・・学校の授業では1日で終わってしまう残念な時代ですが、それだけボクの妄想は膨れてしまいます・・・火を火焔を芸術に文化的モチーフにした日本人はスバラシイーっと思います。火を噴く怪獣のような器ですよ。
元々、この頃の日本人は狩猟民族ー。弥生人より縄文人は頭骨からサイズが違います。もっとデカイ!! 
そうプレデターだったんです。m(_ _)m
Img_0519
海外からはアカデミー賞を2度受賞したグラコ・フィルムさん
http://gracofilms.com/
当日は動画配信を見られ次回は参加したいとも・・・グラコさん製作の映像は映画からTVまで非常に多岐に渡りますから必ずどこかで見られていると思います。
サイト御覧になるとそのスゴさがわかりますが、グラコさんのご好意により、むちゃオシャレなグラコオリジナルキャラクターは申請いただければ当日版権フリーアイテム第一弾となりそうです。後日AMEサイトで発表します。
それにしても日本贔屓なので妖怪も大好きだとの事・・・ストップアニメを創って欲しいもんです。会場にはデメキン太朗くんがスタジオから届き、プロモ映像を流してました。今後ー、ご注目くださいませ。
Img_0520_3 Imgp1129
特撮ギター研究所
http://www.miwakazuki.jp/
文句無くカッコエエーギターを造る三輪一樹さんの作品ー、
当日は阪神百貨店でスチームパンク展の方にも出展だったので大忙しでした。彼のご友人のスチームパンクアーチストさんも次回御出店期待しちゃいます。
モデラーとしても凄腕らしく風のウワサで聞いてマス。次回コンクールエントリーしちゃったって下さい。
Imgp1130 Imgp1131
Img_0523_2
凄腕モデラーといえば冷や奴さんのKoba-pla.com
株式会社小林プラスチック工芸さん
http://www.koba-pla.com/
あらゆるプラスチック板の加工が頼めます。
会場には原寸大パトレイバーの凸型、円谷プロさんのジオラマドームなどと共にボトルキャップベアーが持ち込まれていました。コレ、廃棄分別されるボトルキャップを入れていきカラフルな熊に仕上げるというシロモノ。エコな時代のシンボリックなカタチであります。
Ca3i0288_4 Ca3i0287_2
冷や奴さんが即効で仕上げてくれた1/6 Ma.K 今回のビッグ・ダディプラモの件を伝えていたからか気の効いたシャーク・マウスが描かれてます。ありがとうございます。Ma.K専用フィギュア
Dsc_0309_2
Imgp1136
3Dプリンター販売のケイエヌトレーディングさん
http://www.kncolor.com/
ホビーから業者向けの3Dプリンターからスキャナーまで販売されてます。またエグザクトナイフの代理店さんでもあります。
会場ではリーズナブルなキューブをリーズナブルプライスで販売、最新鋭機ケボックスSP4300のデモ、その説明をされてました。
Imgp1135_3 Imgp1137_2
ボクもこの製品のプレゼン/内見会に行きましたが1/35のフィギュアの顔造型はコレで二重マブタ、目がしらまで表現できちゃう制度はオドロキましたよ。1/6,1/4のスキン表現の毛穴テクスチャーの選び方、作り方まで考えなければいけない時代に突入です。
・・・萌え、創作造形など「その3」に続きます。
Imgp2787_2
・・・キットも紹介せんといかんですよね。ココ見ていただいている限り・・・
Imgp2758 Imgp2756
デカイ、ミラジョボ、パンプキンヘッドは大人気・・・来月再入荷時にまたご報告。
Imgp3332_2 Imgp3333
ボクは猿の惑星を見て特殊メイクのスゴ味を知り、その衝動からキャラクター造形したのがウルサスだったように思います。
創世紀ジェネシスは3年前のベストムービーでした。
そして今年、ゴジラ以上に愉しみなのが新世紀ライジング。アメリカでもゴジラと共にまたしても大成功したようですね。
で、ギルマンプロダクションのシーザー2入ってます。¥9500-
Imgp3334 Imgp3337
5月のWFイヴェント情報でお伝えしたREDRUM。¥12500-
1/5スケールのシャイニングのジャック(J・ニコルソン)ですね。スタンリー・キューブリックのホラー映画。個人的にキューブリックって「白」を美しく怖く表現する天才だと思います。暗い劇場で突然、現れる「白」は暴力です。スゴイです。ジョーカーと共に昔からGKアイテムになる機会が多い方ですね。
AMEノ景品としてもこれら御用意しておりました。在庫ありです。
Imgp2763_2
して、すべてマーク・ヴァンタイムのサインが入ってます。
Imgp3342
景品と云えばトニー・マクベイの1/6ダーウィンも好評でした。
送料込み3000円にて販売しております。
梱包作業がたて込んでいる為、ご返信、発送が2-3日遅れる事もありますのでご了承くださいませ。
久しぶりのキット紹介もAME/萌え、創作造形など「その3」に続けていきますね。
よろしくどうぞ

|

2014年8月30日 (土)

#1 Amazing Model Expo は 5月5日 #0ディーラー紹介その1

Eサンに何度も会場図描き直していただきました。感謝!!

次回、第一回からは今日からご紹介する会場図並びタイムスケジュール、ご参加ディーラ様並び版権モノ等を事前に告知出来ると思います。
08141_2 08142_4
結局テーブルを置いて見ると、図面のようには行かず現場テーブルは1800(幅)×450(奥行き)×700(高さ)が狭いのでディーラーには1800×900×700の奥行きが900mm!!という激ワイドなチョイスが出来るようにしました。これは好評だった様で次回も奥行き900と450のチョイスにします。前を畳めば段付き2段も出来ますね・・・。
当日ーバタバタで私自身写真も撮れずにいましたのでスタッフの画像をまとめあげました。よって時間が掛かってます。
全参加ディーラーさんのご紹介ー、また片手落ちもあり、失礼もしますが前日~当日の参加ディーラーさんの模様です。
Imgp3323_3 Imgp3326_2
関西を代表するベテランGKディーラーのNEKOWORKSさんです。
http://www.nekoworks.com/
云わずと知れた20年を突破されたディーラーさんです。
御覧の通り、3卓一杯に手のひらサイズの「趣味の良いクルマ」が目一杯展開されてます。
ボクもジツは20-30代の頃、ヒストリックカーの1/43メタルキット/レジンキットを猛烈に集めてましたから、このラインは大好きです。
最近はサメシリーズも増殖してます。会場にはデフォルメを使った素晴しいディオラマも飾られていました。写真撮れてないので添付サイトから是非御覧下さい。
新シリーズ!?の「チコ・バング」が瞬殺で売り切れたと・・・創作キャラが瞬殺という事実が「新たな価値観を呼び込む」というAMEの思想とリンクしてウレシイですね。
見た時、いいなぁ〜っと思ったら、やっぱ早いですね。
Imgp1161_2 Imgp1162_2
20年以上前に販売された第一弾のフィアット500F-
Imgp3324_2
御本人が乗られていてから造ったという愛情溢れたモノ創りー。
好きなモノだけだから、長寿シリーズになったのでしょう。
ボクの眼にはマッドラボのデフォルメモンスターズがズラ〜〜っと並べられてた10年前の海外イベントの頃を想い出しました。
ここのオーナさんともジツに不思議な縁がありまして、中津/怪物屋時代、天満/怪物屋時代にバイトで働いてくれてたM君が怪物屋から就職した先がここのオーナーさんと同じプロの模型製作会社でした。会場にはナツカシイMクンも来てくれましたアリガトウ。
Dsc_0285_2 Dsc_0282
もうひとつ20年以上ー、GKモデル原型製作から完成品仕上げの活動されているMさんが十数年ぶりにイヴェントに復活されました。
ご自分の名前ではなく販売ディーラーのGKモデル原型を手がけられてたので一般的に殆ど無名かもしれません。しかし、映画、アニメなどメカから人モノまでナンデモ造られる方です。こういう方々が古くからおられたのでGKは栄えたのでしょう。
ソロ活動のディーラーネームはルックラック
古くからGKに精通されている方はピンッ!!っと来るかもです。
今回は15年間!?お蔵入りしていたデビルマン、デビルマンレディを当日版権申請してご参加いただきました。
Imgp1090 Imgp1091
惜しげも無くオリジナルキットだけを完成させてリーズナブルなスタンダードプライスで販売するー。価格を見るとベテランは欲張りませんーの典型かもです(^-^;
もちろん基本工作はシッカリとされてます。しかも懲りに凝った電飾、追加造作は模型を愉しんでいる感に溢れています。フツーに安さにオドロキますよ!!
Imgp1089_2 Imgp1093
このようなセミの抜け殻をスチームパンクったシロモノも・・・
完全に影に隠れてた関西の超ベテランさんです。次回も期待しましょう。
Dsc_0287 Dsc_0288
T・O・P!さん
http://www.top1998.com/
1998年から活動されている巨大ロボットGK中心の関西ディーラーです。
今回、ダイナミック・プロ当日版権アイテムお世話になりました。
16年もロボット一筋って硬派ですよ。デカイし、見応えタップシ!!
イベントのよいトコロは直接ナツカシの濃トークが出来ますよね。
Dsc_0272
アストロゾンビーズさん
https://www.astro-z.com/
USTOYSさん
http://ustoys.reyspress.net/
アストロゾンビーズの藤原さんとは国内よりアメリカで話す機会が多い・・・
その会話から生まれたのが今回のAME。多大な御尽力にひたすら感謝o(_ _)oペコッ
USの通称:玉ちゃんのおかげで海外で良いビジネスが出来たから今があったりする・・・創業20年を超えるコレクタブルショップのアイテムは濃い!!
が、開演してから廻れなく写真がコレだけ・・・スミマセン。
アストロゾンビーズさんのご友人ストアーもご出店頂きました。
NERD ONEさん
http://www.nerdone.org/
Dr.strange toysさん
http://ameblo.jp/strangebrain/
アトム・A・アマレスラーさん
http://blog.goo.ne.jp/atom-a
RESTOREさん
http://www.restore-created.com/blog/
Shamrock Arrowさん
http://shamrock-arrow.com/
NEWTER VISIONさん
http://newtervision.blogspot.jp/
Pop Sodaさん
http://popsoda.jp/
皆、恐ろしくセンスエエお店でございます。
よくよく見るとアレ、アレ毎度〜って方々でもございました。ありがとうございました。そして、当日の画像撮れなくスミマセン(^-^;
そして、地球防衛軍秘密基地さん
http://chikyu-boueigun.jp/index.html
Dsc_0044
スゴイですね。メカから怪獣までマニアックなフィギュア展開を見て個人的に驚きました。ステキなイラストデザインの怪獣Tシャツが彩り鮮やかで華やかでした。
そして、活動歴の激永いダイモスさんも急遽、ご参加いただきました。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~daimos/index.html
村上さんと久々に喋りました。
スミマセン、喋っただけで写真撮ってなかったです\(;゚∇゚)/
しかしながら、次回のご提案ー怪獣ディーラーだけでひと島造るというご提案ーゼヒゼヒお願いします。かって無かったオモシロい島が出来上がりそうです。
AMEは希望があれば出来るだけグルーピングします。また近くにあればいいなっというディーラーを希望していただければ極力、努力します。敢えてその逆も・・・申込み時に御希望をお書き下さいませ。
また知る人ぞ知る!?松村商店さんもご参加。
http://www.matuyamati.com/Toys.html
怪物屋が松屋町にあった時代ー、大変お世話になりました。
Imgp1159_2 Imgp1160
ギガンティックソフビシリーズが好調のエクスプラスです
http://www.ric-toy.ne.jp/
トイ事業代表のGeeOサンとは学校も同じで、思考も「少し」被り、話してて愉しくもあります。会場には専属ペイントマスターの「おっちゃん」も現れました。もう30年・・40年近い付き合いだったりします。一番不思議な縁です。
ボクがココ深く語ると禁止用語だらけになるのでヤメます(^-^;
Dsc_0298_3
AME企画が生まれた段階で決まってたGMKのモデルキット販売。
「送料」込みの17000円ーはTAXから考えて行くと15ラインだから、安くご提供できたのではと思われます。
Dsc09888 Dsc09890
Dsc09891_2 Dsc09893
怪物屋には商品サンプル置いていましたので、そのガッシリした質感、大山竜の激ハードモールドをシッカリ再現したクオリティを見て触れて頂いてました。
ソフビってのはいいですね。邪魔だーっと奥さん、ヨメサンの掃除機攻撃・・・足蹴りされても壊れません・・・子供達が持って落としても壊れません・・・ボク、人一倍、過酷な境遇も体験してますから・・・ハイ(*^-^)
怪獣は邪魔なサイズだから大怪獣なんですよ・・・ハイ(o^-^o)
少年リックでの抽選販売もされますので宜しくお願いします。
http://www.ric-toy.ne.jp/ame2014_08.html
続きは萌え、創作、3Dデジタル造形ディーラー・・・などなど第2部に続きます。
今週-来週中まで店はオカタツケ中と梱包作業が多くバタバタしております。ご訪問いただける際、大変申し訳ございませんが、ご了承の上でお願いします。

|

2014年8月27日 (水)

大山竜

多くのイベント限定GKを創ってくれた大山竜について最近ー書いてませんでした。

ジツに不思議な縁かもしれません。
ボクは怪物屋を始める前(個人通販でビンテージプラモを売っている頃)に何気に入ったコレクタブルフィギュア店に二十歳の頃の大山竜がいました。
関西で地元で造型師を目指すとの事・・・だったと覚えてます。
そこで見せてくれた作品がリスカーだったように思います。その迫力も然る事ながら丁寧に造られたウロコに目が奔りました・・・。
Imgp3208 Imgp3209
画像はキットとして15年前に販売されたもの。本人が持っていた原型複製レジン版を譲っていただき仕上げたモノ。キットとして販売された当時のオリジナルとしては一般的にはコールドキャストだったと思います。
ボクは常々、プロとアマの差は執念ナンダっと云ってマス。
これはあらゆる意味を含んでますが、二十歳の青年が造る造型物リスカーはウロコの流れを意識し、その細やかさはプロの資質を十分に持つ作品だったのです。
その後、竜が商業原型デビルマンを造ってた頃、竜んちの近所「中津」に怪物屋をオープンさせてしまいました。これタマタマの偶然でした。
ここから、本当に永いお付き合いをさせていただいてます。
Imgp3211 Imgp3215
皮膚のスキン表現も案外見せ場でもあります。皮膚の部分の細かいシワディテールからそれ程固くはないような感覚なので皮→血管→肉→神経/血管→肉っと複合的な表現を勝手な透明感を出しつつ表現してみました。
このリスカー、この頃ー飼育されてたワニガメ、ゲッコーなどにオオヨロイなど爬虫類のエッセンスが散りばめられてると感じてます。故に活きたモールドになっているのでしょう。ソコが一層魅力的なモノとなってます。
この頃のライフワークが「リスカー」だったと思います。
当時の中津の怪物屋にもデカイ賞を穫ったデカイリスカー置いてました。
この頃、原型依頼で竜んちに行った頃、造りかけのリスカーがゴロゴロ!?とあったのを覚えてます。
リスカーがライフワークなんだと・・・歯磨き感覚でリスカー創ってから創作活動にかかってたんですね。
そうした勢いで創られたモノにボクは魅力を感じます。素直な感情で創られてるから素敵なんですよ。
これほど楽しんで粘土スケッチする人・・・ボクはアメリカでジョド・シェル、彼が主宰する造形教室の生徒だったサイモン・リー等々、アメリカ人しかこのような粘土スケッチ見た事ありません。粘土を弄るのが好きなんですね。
Imgp3218_2 Imgp3216
この15年以上前のリスカーにもウロコの整合性というか皮膚が角質化してウロコになっていった様なイメージがあります。本家のスティーブ・ワン氏もココのウロコの流れが非常に巧く説得力あるトコロで、きっと爬虫類を飼ってるから解る部分もあるのでしょう。爬虫類マニアだからってツボ・・・も魅力かもです。
Imgp3220_2
最近、やたらと多いベルセルクもの。
これはGECCOのベルセルクアイテム販売が発表されたからかも・・・(*^-^)
作例はギルギルで当日版権モノとして何度か販売されたアイテムなのでお馴染みのアイテムだと思います。
Imgp3221 Imgp3223
・・・数年前、怪物屋ショーケースとか云っていた頃の販売アイテムで身近な原型師を集めたケースを用意して色々と展示しておりました。ヤタケくんが完成させた赤尾くんのゾッドだったか▲頭がショーケースに入ってました。竜の良い意味での造形ライバルって身近なトコで赤尾くんぽいんだ・・・っと云うと、ボクが▲創るとこうなってしまって・・・とスラスラ描きだしたスケッチが・・・ステキな竜らしい▲の世界感。。。しかし大山竜の色が濃いものでした。力強い造形の中でも棲み分けってあるんですよね。微妙なテイストの違いがこのフィギュア造形をより愉しくさせてくれるんだと再認識しました。
Imgp3224 Imgp3227_2
Imgp3229_2 Imgp3230
ご依頼者のイメージを聞き造形から受けるイメージで仕上げました。力強いムラサキぽい熊毛?と炎・・・というナントモ抽象的なお言葉とガッツと競り合う・・・ポスターを・・・ググってくださいっと・・・ナルホドでした。
色的な法則でブラウンの上に青紫を吹きかけると黒になります・・・
怪物屋的仕上げは主にこの掛け合わせを利用します。掛け合わせはより奥深く、イメージを豊富に描けるようにマズ計算します。
此処ブログで何度も云うトコの演算技法ってやつです(*^.^*)
このスタンド側ゾッドの口からでている煙のようなモールドはエエですね。良い造形アクセントにもなってます。このモールドを黒煙とイメージ付け、そこから覗く火焔も描き込みます。
Imgp3231_2 Imgp3238
造形の裏側は燃え上がる炎とし、スタンドの人型ゾッドは熱い黒煙と炎を纏い、その黒煙が熊/牛型ゾッドになり、咆哮する・・・ってイメージで仕上げました。
濃い茶に濃い紫を混ぜると濃い黒になります。そんな色の応用で仕上げておりますが、透明色ばかりで仕上げると退色しますから、透明色だけというのは殆ど使いません。
Imgp3236 Imgp3233
このキットのエエとこはツノの生物感かもです・・・竜のモールドに負けない程描き込んじゃいましょ。
Imgp3241_2
モールドに沿って炎・・・火焔をイメージしたんだけど・・・良かったかな?
しかし、少し仏像に見えて来た・・・(*^-^)
Imgp3240_2
怒りと咆哮・・・ナントモ、大山竜らしい造形である。
Dsc_0300
AME会場でのエクスプラスブース、5卓とっていただき大感謝!!
話題となった1995バーニングゴジラを展示。
コレ創ってる時、このゴジラを創る上で重要視したのが太ももの量感とその表現ー。ああでもない、こーでもない、こう見せるべき・・・とか盛ったり削ったり・・・太ももだけで1週間、二人でやり取りした事を想い出す。
怪物屋からは怪獣ばかりのお仕事依頼だったので実質このデスゴジを最後にしようと決めていた。
透明パーツを見事に重ね合わせた二重成型は下地に銀をペイントしてるから普通の光りでも御覧のように見事に発光する。
かって無かった既製品の革命的ゴジラ表現だと思います(大袈裟失礼(*^-^)。
3年前に販売したレジン版をより熟成させ、ソフビだから出来た技術でもあります。またGMKでも好評だった足回りはレジン注入して固めてあります。
今更ながら御注文宜しくお願いします(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ
2001GMKゴジラはAME会場でモデルキットとなって100個限定販売ー。
価格はナント送料込みの17000円!!
ホントは半年前から決まってたケド、ちょうどAMEと重なり逆にいいタイミングになりました。
少年リックでも抽選!?販売される事となったので、少年リック要注目です。
ディーラー模様はまた次回紹介します。
AME終わり、カタつけ並び整理、御注文承けている発送に追われております

|

2014年8月26日 (火)

#0-1 AME ゲスト大山竜

日本の暑い夏を演出する高校野球が終わりましたね。

甲子園90周年記念大会だったとか・・スター選手がいなくなりコールド負けから始った新チームが全国で一番長く試合が出来、優勝するという「1年間の可能性」を教えてくれる結果となりました。
終戦記念日を挟む一番アツい夏に開催ーというのは戦後、敗戦ショックで肩を落としている国民の発奮/カンフル剤として全国学生野球選手権を行なうといった事で開催され、国営/民放放送も朝から夕方まで一日中放送するに至ったっと聞いた事あります。GHQ並び政治主導だったんですね。ハイ、春にも書きました(^-^;。
だから、ボクらの学生時代ー、ガッツポーズとか絶叫は審判から注意/警告されてました。何故ー!?かというと相手に対しての敬意もありますがコーフンした老人が倒れるから(笑・・・っと聞きました。娯楽が少なかったんですね。
しかし、ひたむきな若い力が戦後の産業復興に役立ったというエエ話であります。
AMEは0回ですが、模型/ホビーのパフォーマンス文化として続けていきたいものです。
Tfimage_2 Tbimage
記念すべき#0回のAMEスタッフTシャツ。
案外、派手な色より激地味なチャコールグレイに黒文字の硬派感が目立つんじゃ?という事で昔の阪神のユニフォームのようなデザインに・・・。
今後、スポーツのユニフォームをイメージし、何らかのテーマ性を入れて展開しようと考えてマス。
普段もガンガン着て宣伝して貰う為!?、厚めのシッカリした生地にしています。
案外、好評で記念になるのでと販売してくれー、譲ってくれの声も多かったのでエースナンバー背番号1は販売も考えてます。
イノウエアーツと並び隣に設置した大山竜の造形ライヴ卓ー、ライブ配信は最初しばらくはにスポット当ててましたね。
Dscn5962
講談社さんから当日版権許諾いただいたシドニアの騎士/紅スズメは開催1ヶ月前に許諾お返事を頂き、急遽ー、分割と共に手を入れ直し完成させたものでAMEキャスティングサービスでギリギリ間に合わせたモノでした。
最初、画像見て大きく感じましたが、尋ねると、「こんな小さいですよ」との事で3000円申請に・・・実際見ると普通に小さくない・・・模型的にエエサイズです。3000円はかなりお得だったと思います(^-^; 関係者誰も得してないお祭り記念価格でございました。
このエピソードはジツはよくあります。GMKゴジラの時合、雛形は28cm程度でした。数週間後ー3倍体に変身しておりました。ノンスケール申請ですが当日版権で申請した価格は換えれません(^-^;・・・ボクも30cmより往年のイノウエアーツのようなサイズ感に憧れももってましたから、GOGOですよ(笑。怪獣はオカーチャン、ヨメサン、家族から邪魔がられる存在だからカワイイんですよね。購入したオーナーがしっかり守るペットのような存在感が怪獣モデルのひとつの位置づけだと思いますし(汗。
まぁ、こうゆートコも当日モンの実際、見てみないとわからないデンジャラスなトコもイヴェント当日版権モノのオモシロく魅力あるトコでしょう。
Dsc_0261 Dsc_0263
ガイナックスさん、円谷プロさんから正式に展示申請許諾いただいた大山竜の怪獣造形たち、シオマネキのようなバルタン星人、走る気まんまんのケムール人など今後の造形模型の1つの方向性を示すものとして是非とも作品を見て頂きたかったシロモノでした。
2014 Photo
版権元さんも好意的に見て頂いた事に感謝したい気持ちで一杯です。o(_ _)oペコッ
デジタル造形全盛になりつつある時代ー、多くのキャラクターは正確なライセンス・シート/設定もされているので正確な着ぐるみ再現はやがて好きなサイズへ配信される事と思います。
シフレット・ブラザーズ/サイモン・リーのような造形スケッチと呼ばれるようなイメージ優先させーモチベーション高まった時に爆発させて出来る造形はアナログ!?ならではの勢いがあり魅力的に写ります。
コノテの造形は私は大好きでして、ココに何度も登場するジャック・デービス氏(マタカイ!!)などのモンスター達も大好きで学生時代模写してたもんです・・・
Jdbigpin Jdart2
Idart1_2 Dsc04809_2
リアリティ豊かでコミカルである・・・'60s〜'70sの香りする造形は洋モンGKでは古くからあります。ボクが竜造形の好きなトコは凶悪だけどナンカ・・みたいなトコ。被るんですよね・・・(*^.^*)
さらに突き進めた感ある大山竜造形のテイストなエヴァ、ウルトラ怪獣・・・今後の1つの造形路線になる事を望みます。
WF/AMEでDUNKが日本/アメリカ/世界の有名アーチストで日本のキャラクターを造形する新シリーズも発表しました。乞うご期待!!
Dsc_0362_2 Dsc_0360
紅スズメ販売終了後から始った造形ライヴー。
巧みにスッスッとカタチを成して行く様は見ていて参考になると思います。
プロ/アマいろいろ原型製作について質問で賑わってました。
昼にはタナベ・シン氏、リフレクト/吉沢光正氏も加わり、即興で・・・
Dsc_0364 Dsc_0365 Dsc_0366_2 Dsc_0369_2
エエですね〜。レクチャーしていただいた全ての人に感謝です。
思惑的には2日間開催にして初日、このようなデモ・プレゼン造形して、晩にキャスティングし、翌日GK販売ーっといきたいもんです。
AMEはパフォーマンスを打つけ合い、発表させる場というコンセプトから初日は製作レクチャーメインで捉え、2日目はコンクール発表会/コレクターズデイにするとか・・・アメリカのイヴェントもこういったスケジュールです。が、今は少し無理あるので構想として持っています。
Rtroimage_3 Rtytroimage_2
オスカー像をイメージ!?に大山竜が造形したコンクールトロフィー。当日の朝6:30に完成した(大汗。
何気にオスカーをゾンビにしたのがいいなぁっと云ったけどマミー/イムホテップになっちゃいますね〜(*^-^)
もちろん3個限定!! 御協力ありがとうございました。
Dsc_0335
参加者の皆様、多数の力作、想い出深いアイテムを持ち込んでいただきありがとうございます。
コンテストに関してはまたディーラー画像の次ー最後に大特集行ないます。

|

2014年8月24日 (日)

#1 Amazing Model Expo 「NEXT」

以前、雑誌編集部に居た頃、創刊号は問題無く興味を持っていただけるが、肝心なのは2号目で、その内要がその後を決定する・・・っという教訓を得ておりました。

次回、第一回アメージングモデルエキスポは5月5日

五月五日大きなこどもの日〜♪
そう、今後、基本的に「大きなこどもの日」に設定しております。会場は同じくマイドームオオサカ。
基本スタイル/コンセプトは新しい価値観を呼び込むー、
パフォーマンスの場であり、ガチなコンクールの場という事は変りません。
より充実した景品と賞金、トロフィーを御用意します。
また、最初に書いた通り、記念すべき第一回なのでオドロキのゲスト、オドロキの企画を企てております。次はタイムスケジュールもあらかじめ発表出来るかと思います。
肝心なのがこの第一回であるという意識で、企画を練っている途中でございますので何かご意見、ご要望があればAMEのお問い合わせ、もしくはyo-ko-kaibutsuya@nifty.comまでお送りくださいませ。
Imgp3117_2 Gojira_1954_poster_2
画像は今回のゲストテーマである「レジェンド」伝説の男の復活祭!!
っと具体性もなく春先に謳い上げたテーマなので還暦イヤーのイノウエさんとゴジラの2ショット。後ろの伝説作品を生み出したの作業場には新たな製作中の原型が存在します。
Image_3
次回をお楽しみに。
また還暦ばかりではなく、平成に入ってからのシリーズも20年を超えてます。新しく生まれ変わったハチヨンなども30年の歳月が経っているのですね・・・
ハチヨンくんと呼んでるcubistのハチヨンくんの造ったハチヨン。WFで販売してました。
Imgp3096_2 Imgp3094
Imgp3090 Imgp3092
そう、仕様が怪物屋のゴジラバストモデルと同じ仕様なのです。
70年代、80年代から怪獣造型は色々とDNAを受け継いでいってますね。
来年の還暦・・・逆襲と獣人でございます。
Gojira_no_gyakushu_poster_
海外ではタイプ55と呼ばれ、日本では逆ゴジ。
大阪城を挟んでのアンギラス決闘・・・大阪城から5分の位置にあるマイドームオオサカでの開催・・・第一回、2015/5/5を飾るのに整ってます(*^-^)
また怪獣殿下、古代怪獣ゴモラといえば大阪城・・東京タワーと並ぶ怪獣スポットであります(^-^;
その大阪城ー、1984年に発見された豊臣時代の石垣・・・
Img_0514
今回、AME会場/後援自治体ブースにて公開された豊臣石垣公開プロジェクト。
今とは異なる「黒と金のイカツイ豊臣時代の大阪城」の金箔瓦を募金箱と共に展示していただきました。
ナント、造幣局製造「太閤通宝」記念メダルが寄付特典としてあったりします。
城郭モデルファンも興味深いお話がいっぱい出来てるようでした。
http://www.toyotomi-ishigaki.com/
このプロジェクトどういう事かというと、今の大阪城も登録有形文化財ですが、姿、カタチは徳川大阪城と呼ばれ、それまでの大阪城の石垣から堀を破棄した上に10メートルを超える盛り土をした上に江戸城型を建てたという事のようです。
Map_awase1 Jisei3_2
本来の姿は大阪夏の陣図屏風(このブログ登場3回目・・好きなんですね。こういうの)で見る事が出来ます。
Osaka_castle_2
この画に閉じ込められた生地獄のような女、町人を襲う虐待は戦争というものを写し取っていて暫く動けません。
Osakasummworgen_2 Osakasummfem
Osakafemsum_2 Osakasumm
Oosakaohkawa2 Osakaohkawa1_2
AMEは一度入場して頂く際の「ギグ・バンド」を巻いていただければ何度でも出入り出来ます。
Imgp3381 Imgp3382
最もチープなギグバンですが耐久性はスゴイですね。もちろん普通にシャワー/風呂は入っての1週間モニターです。アメリカ/NYのチラーシアター等トイショウって3日間だったりするので通常、コノテのギグバンだったりします。
ダンクのヤノ君は2週間モニターしてましたが外れませんでした。今回はエヴァ初号機カラーです。バットマン、ジョーカーカラーでもありますね(*^-^)。
400年前の大坂の陣と共に、標的となった大阪空襲、ゴジラvsアンギラス、古代怪獣ゴモラ・・・を偲びお散歩はいかがでしょう。
遠方からご参加いただける方々、また来年度ー第1回AMEを是非ご検討くださいませ。

|

2014年8月21日 (木)

femto

完成品のご依頼頂く際、まずイメージを尋ねます。

フェムトをお願いしますというご依頼ーフェムト・・・マイクロ>ナノ>ピコ>フェムト・・・マリンアクアリウムを趣味に持つボクはナノタンク、ピコタンク、究極はフェムタン・・・などと思ってましたから、このようなキャラだとは全く思いませんでした(汗
ではイメージ画像を送ってくださいから始めます。それがコレ。
Ref127242_2
ムーンライトに照らされ、何やら肉色-オレンジの蛍光蛋白質に照らされたイラスト・・・がご依頼イメージ。
ムーンライトも蛍光蛋白も勝手な私自身の解釈です。スミマセン。でも、ココが仕上げの大きなポイントなのです。
スケールモデルを単純に造る際は再現性を重視します。しかし、空想世界の場合ー空気感を含めたイメージを表現するのです。
T・P・O(時・場所/環境・場合/状況)をより濃く入れて仕上げるのです。
恐らくダークヒーロー系の黒スーツされど・・・って感じながら、このイメージ表現を優先させました。
Imgp2691Imgp2722
Imgp2701_2 Imgp2700
Imgp2706_2 Imgp2694
Imgp2727_2 Imgp2707
Imgp2730_2 Imgp2731
実際の肉眼での色彩は下段の画像のように仕上げてます(写真は勝手に明るくなっちゃいますね)。
いつものダンクベースに珊瑚のような蛍光蛋白により「輝く女性器」?のような造型物をマジスカで製作してベースとしました。
ダンクベース、1/6には非常に使いやすく、作品に「品」を与えます。
怪物屋では店頭販売の他、ホライジング、DUNKの通販ご利用下さい。
今回の仕上げテーマは肉肉しい黒スーツを活きてるようなテクスチャーを入れる事(イメージイラストのアクリルガッシュで描かれているような感じですね)、と蛍光蛋白の反射を描く事でした。
テクニック的にはDUNKのブラックソードゼロの量産型と同じライブメタルテクニックの応用ー、ライブスキンアーマーっと勝手にイメージ。
反射は指の先までしっかり描く事により、スケール感アップにも繋がります。
Imgp2622 Imgp2666_2
シールケとイヴァレラという魔女と妖精らしい・・・
個人的にソソッタのは妖精。しっかり透明の羽根・・・
Imgp2619_2 Imgp2628
昨日のフェイト/セーバーと同じくコノテモデルでは禁断のテクスチャー表現のアンチサフレス仕上げ!?
Imgp2629_2 Imgp2664
フェイトもそうだけど、造形的にややリアルにしないと保たないとボクには思われる・・・
Imgp2640_2 Imgp2644
妖精は1/35サイズかな?このサイズはピリッとした描き込みが映えるね。
アイライン、瞳-光彩による輝きまで肉眼で描き込んだ・・・
次回、ベルセルクでは熊のような牛のようなゾッドのご紹介ー
ボクは怪物屋をオープンさせてから、お客さん・スタッフが何度もこのベルセルクコミックを持って来てくれてます・・
が、未だに読んでなく、どうしても1巻を読みきるパワーが出なく申し訳ない限りでございます(;´д`)トホホ…
基本的にキャラを知り、キャラを愛す迄ー、惚れ込んでお仕事にかかりますが、今となっては読む時間もなく、イメージをお伝えいただき、私のイマジネーションと閃きをお伝えし、時にはスケッチを描きご了承を得て進めております。

|

#0 Amazing Model Expo 「femto」 大和コス

今は開催出来た事と無事終われた事に感謝しきりです。

版権を巡り最後までハラハラドキドキでしたが、最後迄ハラハラしたのがコスプレスペースを巡る問題(゚ー゚;
告知もままならむ状況だったので参加人数は少数でしたが、ご参加いただいたコスプレの皆様に感謝致します。
最早、文化としてコスプレは認知されてるようにも思います。
ボクの耳にはコスプレを行なう場所問題というのが少なからず入っておりましたし、最近の艦コレの完成度には作品としても高く見ておりました。
33087999
特にコーチ君、マリーちゃんコンビの大和は今回の華としても早くから決定してました・・・
1399017803926_4
天候が悪くとも屋根が大きい1Fトラックヤードとか決まってたんだけど、突然の見直しに・・・結局、1日前に喫煙スペースの邪魔にならないような配慮するというと云う事で落ち着きました。
だから3日前の・・・どこでやるの?って問題が突然ー急浮上\(;゚∇゚)/にはマイッタ\(;゚∇゚)/
トラックヤード全部囲う暗幕まで手配した程でした(結局使わずでしたが経費拡大がドンドン増える・・)
33087982_2 33087994
結局、会場内でもステージ設置してましたので、涼しい?中、ステージの壇上に上がっていただきの撮影会・・・
新たなコスプレ出来る会場が増えたという事でもあります。
それにしてもコーチ君、この装備ーよー出来てました。
総重量がわずか6キロ!!
モデラーならではのツヤ分けからウエザリングなどもシッカリ出来ておりました。
ボクのコスプレ認識が薄いのかもですが、コスプレ造形家というジャンル出来そうな気さえします。
数が集まればコスプレも「作品」としてコンクール対象とし、投票していただこうとも考えております。
AMEはパフォーマンスの場であり、ガチなコンクールの場というスタイルだという事も御理解いただきたいのです。
より興味を持って頂くよう、造形作品を創るのようにミクロからマクロへの視点を交互に繰り返しながら熟成させていきたいと思います。

|

2014年8月19日 (火)

fate

で、文章だけではちゅまらないと思われるので完成品仕上げのご紹介ー
FateのSaber・・・運命の剣士の怪物屋的萌え!?仕上げPart1
Imgp2548_3
こーゆーアイテムも製作しちゃいます。ベースはDUNKベースにマジスカで戦場仕上げ。1/6には適した高さが稼げるベースです。
Imgp2555_2 Imgp2560
Imgp2563 Imgp2564
この辺り・・・リアルとアニメの融合・・・を図ってます。まぁ、ご依頼いただいた方もソコを計算した上で怪物屋に依頼していただいたものと判断しております。
Imgp2567_2 Imgp2568
各素材のテクスチャー表現を換えていってます・・・今、DUNKでもコブラシリーズで量産化されている表現です。
Imgp2580_3 Imgp2612_4
また、AMEコンでも今回エントリーのあったアニメ美少女フィギュア、レギュレーションを設けようと思いますので奮ってご応募ください。

|

#0 Amazing Model Expo 「Fate」 イノウエ初ゴジ

AMEの会場となるマイドームおおさかは怪物屋の目と鼻の先・・・一方通行の4車線道路挟んでほとんど目の前にあります。

Dsc_0041_3 Dsc_0042

今回のゲストの一人、イノウエアーツ井上雅夫さん、今年、ゴジラと同じく60歳の還暦イヤー、だから赤ゴジ。

トークショウの後、皆が俺の話聞いてくれたよぉっと感動されて製作中の新作怪獣造型のモチベーションが一気に高まったとの事でした。来年ー、ご期待下さい。

井上さんと共にVさんで多くの怪獣造型を産み出したKさん、お疲れさまでした。また来年、宜しくお願いします。

Img_0406 Img_0416

Img_0407 Img_0408_2

Img_0410 Img_0411

お問い合わせいただき、しっかりしたお返事が出来なかったのも正式許諾を待っておりました。申請中予定とも表記も出来ましたが、東宝さま、円谷さま、ガイナックスさま等々過去に発表したGK展示も展示申請→許諾を頂き次第っと決めておりました。

マイドームオオサカでは様々なイベントが開催されます。目の前ナンデ、昼食がてら工具、塗料、手芸、プライズ、ラジコン・・・ナンデモカンデモ時間さえあれば見にいってますが、ボクが知る限り激アツなのは、ヨーロッパブランドもん激安販売、各業種/各メーカーのプレゼン祭、で来月開催される「手づくりフェア」・・・
手芸用品/服飾マテリアル/ホビークラフトっと主にオバチャンメインとなりますが、コレがスゴい!! この場所にこれほど入るのか・・・という程で東京ビッグサイトでは5桁行くとの事。
w(゚o゚)w
Imgp3313_2 Imgp3315
イノウエアーツアイテムを販売したタカハシスポーツさん、岐阜からの参戦でございました。最近はナカナカ見る事もない箱を含めた井上コレクションの販売っとあって開演前から話題になっておりました。井上さん来場でサイン付きとなって販売されました。
その他、ゴジラ松井のスポーツグッズ、イチローなどご専門アイテムの販売もありました。
ジツはイヴェント前になるとタカハシさんがサプリを毎回送って頂いてるので過酷な準備をクリア出来てたりします。
今回、まったくのダークホース的ディーラーでした。また各ディーラーさまのご紹介、作品のご紹介は次々回掲載されて頂きます。
こういったイヴェントで知り合った業者さんと仲良くさせていただき、模型用にアレンジしていただき我々模型世界の中へドンドン入って来ていただいてます・・・最近では道刃物さんの彫刻刀などです。
http://www.michihamono.co.jp/fs/carvy/c/gr68
趣味にアツくなれるのは老若男女問わず文化水準を高めます(*^.^*)
「きっかけ」は昨日の通りでしたが開催に当っては、あらゆる部分で運命を感じてしまいます・・・
コレクタブルトイ&模型イヴェントとして大阪でもパフォーマンス豊かな事ができるのではないか?という事で文化事業としての後援を頂きに大阪市役所へ・・・
ナカナカ上る事のない8階へ・・・よくテレビ会見とか見る場所?かな?
怪物屋のご近所でもあった大阪市議会:村上満由議員http://www.murakamimayu.com/、杉村幸太郎議員http://www.sugimurakotaro.com/先生が熱心にお話を聞いていただき、御理解並び共感を得て正式な後援をいただきました。
現在、大阪維新の会はニュースでマイナス!?が浮き立ってますが、イマジネーション豊かでエネルギッシュに動いていただける議員さんも多いです。
ハイ(*^-^)。
大感謝でございます。
こういった細やかな書類提出も一つ一つ丁寧に提出する傍らもあり、短期間ではありますが出版、映像、映画、ゲームなど版権元さまから当日版権もギリギリ許諾していただいた経緯でございます。
Imgp3321_2
大山竜/真造形とかの会で販売した「シドニアの騎士/紅スズメ」当日版権は今回、真っ先に講談社さんから版権許諾していただいた記念すべきアイテムでした。AMEにとっても始めてのキャスティグフォローサービス(AME実行委員会がレジンキット生産するシステムです)第1号です。クォリティは製品を見て下さいませ。っといっても30個限定なんですよね・・・。
今後、このサービスも煮詰め治していきますが、ディーラーさんと一体になってレジン、ソフビ、彩色完成品をベストなカタチでご提供出来るよう熟成させていきたい部分です。
次回はこの辺り版権事〜生産事もスムーズな運びとなります故、AMEサイトにご注目くださいませ。
⑨月には開催時期から見直した来年度の発表が出来ると思います。
っと、こんな感じでマダマダ続くAMEの道のりと交互に完成品、新着アイテムを絡めていきます。

|

2014年8月18日 (月)

#0 Amazing Model Expo きっかけ

今回のアメージングモデルエキスポについて構想何年?っと聞かれました。

構想を遡れば10年になると思われます。
しかし、キッカケはアストロゾンビーズの藤原さんと年に1回行なわれるワンダーフェスト/ルイスビルのイベント会場で、この様な製作者もコレクターも参加者全員が気軽にワイワイ出来るイヴェントを行ないたい・・・という会話がキッカケです。
Fujijuliemy
だから、私が知る限りのアメリカンなイベントが基本ベースとなってます。
Imgp2242
アメリカン!? どんなん!?ってトコですが、
まずはモデルコンテストが基本ベースとなってます。
そのモデルコンテストはプロもアマも同じ土俵に起っても楽しむ事もあります。
これは皆ー、同好の趣を持つ者同志ー、敬意をはらっいあっての事だと思います。
当然、アマがプロに勝つ事も起こりえます\(;゚∇゚)/
Imgp2209 Imgp2222_2
一年の一回というのも各々スキルアップ、表現レンジの拡大、あらゆるパフォーマンスをぶつけ合うには良い期間でもあります。
Imgp2221_2 Imgp2223_2
Imgp2229_2 Imgp2231
また、わたしの知る限り、このスタイルは60-70年代のフェイマス・モンスターズ・フィルムランド/オーロラ社、ビッグダディ/エドロス×レベル社等々で行なわれたコンクールイヴェントがベースになっている様です。
今回イヴェント名をアメージングモデルエキスポっと決めたので、それを謳う限り、AFMのテリー、デヴィッドにロゴ使用の許諾から始めました。
ジツはこういう許諾事も一つ一つ非常に時間掛かるモノゴトだったりするんですよ。
最終、最後までイマイチご案内が出来なかった事はこうした細やかな事を一つ一つクリアにして行く事柄が多かった事にあります。
今から20年前のWF/ルイビルのプログラムが出て来ました・・・
この年のゲストがビッグ・ダディ、エド・ロス氏だったのです。
プレゼンテーターズでボブ・バーンズ、ジョン・デネット、デヴィッド・フィッシャー、マイク・パークス、クリス・ウェラース、テリー・ウェブっとあり、殆どこの20年間、モンスターGKを引っ張って来た人達の名が連なられています。
が、コンクール作品は宇宙船メカ、スケールモデル等のエントリーも上の画像のように多く、模型文化の底上げになっているように感じます。
Imgp3350_4 Imgp3353_2
Imgp3351 Imgp3352
第1回は記録としても残るので今回の当日版権アイテム作品、ご参加者、コンクールエントリー作品を主体にした作品集を兼ねたプログラムブック等を考えております。
また今回、入場記念ー参加記念として888個お配りさせていただいたー
1/35ラットフィンク赤色成型
Imgp3354
1/35のサブカルの帝王!?のミニ・プラモデルでございますがー販売もしてくれと大好評でございました。
このラットフィンクも告知したかったアイテムですが正式許諾が今月入ってから・・・ギリギリでした(@Д@。
準備は数年前からしていたものの日本の版権ご担当さまから米国のご担当者さまの尽力に感謝しきりでございます。
(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ。
告知も出来ずヒヤヒヤした分ー皆様から歓んでいただき、大変感激しております。
また、次回コレを使った1/35ヴィネット作品など次回コンテストに期待してしまいます(*^.^*)
Imgp3355 Imgp3358
御覧のように、凄まじい歯の抜け具合ー、体全体のイボ、尻尾の細やかさー、ランナーレスの組み付けの良さ等々是非お楽しみ下さいませ。
もちろん、配ってはいるものの、価格を¥500-に設定しての版権料は発生しております。しかしながら、イヴェント記念としても良いものになるので今後もアイテムテーマを決めつつプラモデルを製作して配布していこうと考えておりますので、次回アイテムを当日迄お楽しみにして下さいませ。
今回、第0回という事に関わらずメーカーさま含め、多方面から興味を持っていただき、ご参加していただいた全ての方々に感謝します。

|

第0回Amazing Model Expo ご来場ありがとうございました。

おかげさまで、好評なうちに閉会することができました。

真夏の激熱の中、予想を超える力作の数々、カオスと云うべきバラエティー豊かなディーラー展示などなどご来場の皆様ー並びご参加ディーラーさま、また当日版権許諾いただいた版権元さま、後援いただいた自治体の皆様、ボランティアスタッフの皆様すべてに感謝いたします。

第1回へ向け皆様のご期待に沿えますよう、スタッフ一同全力をあげてよりスムーズな運営に努める所存でございますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。
Amazing Model Expo
発起人 吉尾政高
Imgp3348

*数名のスタッフで撮った会場案内をこれまでこの半年バタバタで紹介出来なかった新製品告知、完成品紹介と共にご紹介していきます。

|

2014年8月17日 (日)

Amazing Model Expo 開催

http://www.ustream.tv/channel/amazing-model-expo

|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »