« 怪獣リミックス スーフェス1/11参加 1/35ウルトラ計画 | トップページ | スーフェス1月11日って何がいいかな? »

2015年1月 7日 (水)

1DAYフィニッシュ 大脱走マックイーン

昨晩ー、2度も飛んじゃいました。心折れちゃいますね。ノウハウ含みコメントが長いので画像だけで一日をまとめました。スタートはキットの洗浄/下処理からです。またノウハウ詳細入れれたら入れておきます。飛ぶ可能性高し・・・(゚ー゚;
Imgp4297_3 Imgp4298
洗った後ー、乾燥機で強制乾燥。するとキットに不気味な脹らみが・・・
押さえるとパリっと穴があきました。
Imgp4299_2 Imgp4291
レジンのガスで中の空気が膨張してたんですね。デカイバブルです。
デカイし、事後収縮の少ないマジスカ使用。
Imgp4292 Imgp4293
最近はこのフレッシュをよく使います。
NSPと同じ色ー。オキサイドレッドのような色です。
Imgp4295 Imgp4296
強制乾燥で乾きやすいし、研ぎやすくなるのでラドール/プルミエと同比で混ぜます。するとNSPをもう少し白ぽく人はだのような色になり、軽く柔らかくなります。
これで原型造る人も増えてます。
軽くて強度もあり、研ぎやすいからだと思います。
何でも混ざるマサにマジックでしょ。
Imgp4300_2 Imgp4301
バブル結構、広範囲でした・・・塗りたくって乾燥機へー。
大体30〜45分でカチカチです。
Imgp4303 Imgp4305
その間でベース仕上げます。
スポット50ブラックプライマーを吹き、クレオスオキサイドレッドサフを適当に・・・見えますが、一部コレでフィニッシュ(終わり)です。後程見て下さい。
Imgp4308_2 Imgp4310_2
エナメルの赤/青/黄/白でドライプラシー、その後艶消しクリア吹いてウォッシング。
Imgp4311_2 Imgp4319_2
完成ー。
Imgp4312_4
乾燥機から本体を取り出すとカチコチ。これ、プルミエ混ぜる効果で切削性がやたら良いので仕上げはGKナイフでカンナがけー。スグ仕上がります。
Imgp4314_2 Imgp4315_3
アララ〜アゴにデカイバブル発見!!
よくありますよねーこういう事。これはマジスカだけで穴埋めー。
乾燥待たず下塗りへー
エポキシなので上から塗料を塗っても勝手に乾き硬化します。
仕上がる頃には完全硬化しているでしょう。
これも溶剤系パテ-ポリパテとかラッカーパテではない,事後収縮が極めてないマジスカだから出来る技ー練って盛ってそのまま塗装出来るって事自体がウリです。
Imgp4316_3 Imgp4317_3
クレオスのオキサイドレッド・・・オレンジぽいなぁ・・・これはアジア人に向くかもです。光沢ツヤも気になるので上からガイアノーツのオキサイドレッドを噴く。あれれ〜NSPで造ったみたいな色でしょ。エエ感じの下地です。
Imgp4320_3 Imgp4324_2
ガイアのオキサイドレッドにガイアのフレッシュサフ50/50で調子つけていきます。
その後、フレッシュサフだけで調子つけて下地完成です
Imgp4325_2 Imgp4327_2
マスキングガムでマスキング。
ラッカーの赤/青/黄/白でダークイエローみたいな色造り、そこにクリアシルバータップリ混ぜてブロンズヘアのベースとなるヘアカラーを吹き付けます。
大体、この感覚で金髪ベースは調色ダークイエロー×クリアシルバーで行けます。
Imgp4328_3 Imgp4330_2
エナメル赤/青/黄で黒を造りウォッシング。
Imgp4333_4 Imgp4334_5
キムワイプで表面の凸部を拭き取ります。
次にエナメル赤/青/黄の黒に白を混ぜてグレイを造り眼球の下地塗ります
Imgp4335_3 Imgp4338
後ー、おのグレイを濃くしたり、茶にしたりしてボカシ筆でレザーの下地テクスチャー仕上げます。
Imgp4339_2
で、マスキングしてラッカーの赤/青/黄で黒を造り、ヴィンテージA2ジャケットをイメージしてエアブラシで吹き付けます。
っと同時にヘアカラーの暗色を髪の房をイメージしてエアブラッシングーこの髪を梳かすようにエアブラッシングで立体感増します。
Imgp4343_2 Imgp4348_2
調子にノッテエナメル赤/青/黄/白ヒゲまでボカシ筆でいっちゃいます。。。
トレーナーの部分もA2と同じようにスエットのテクスチャーを描き込みブルー系の色を叩き込みます
Imgp4349_4
白目です。
眼球の下の方を白くなるよう塗ってください
Imgp4351_4 Imgp4352_2
エナメル赤/青/黄/白でブルーぽい黒をつくり瞳を塗ります。
この時の注意ー
瞳の位置、大きさ優先。
瞳の廻りをボカス。
瞳の上方を濃く。
表現のツボはこの3つを意識してください。
Imgp4355_2 Imgp4356_2
瞳の光彩、瞳の奥行きある色をのせていきます。
このノセル感覚です。
また、店内でいつでも塗ってるので時間あれば御覧ください。
Imgp4358_2 Imgp4359_4
パレットに展開された色々な色をシンナースポイトかけて肌の毛穴、唇のシワなど描いていきます。背景のパレットは最初のベースのペイントから御覧になられているパレットです。
Imgp4360_3 Imgp4361_2
首の下のバブル埋めたマジスカもだいぶ固くなってるのでヒゲそり痕など描き込みます。
ほぼ完成ー。
Imgp4362_4
デコパージュなどの艶だし剤トップコートグロスです
水性ウレタン光沢剤でホムセンから画材店で買えます。
もう10年20年使ってマス(゚ー゚;、が模型レベルでは減らない・・・
200ml¥1300ーカンタンにスタチュウ等フィギュアの艶出しに・・・
Imgp4364_2 Imgp4366_2
左が1回塗り、珈琲ブレイクはさみ右が2回塗りー、今回はこれで終わり。
十分でしょ(*^-^)。
最初にカンタンに塗ったブラックプライマーにオキサイドレッドを残していた意図はココの見せ方にあります(*^-^)。
Imgp4370_2 Imgp4371
最後のツメ、シェードをエナメルで筆書きしてほぼ終わり。
パレットの色の移り変わりで1dayというか1/2日での製作がお判り頂けた事と思います。また御来店の機会があれば見たってください。っと同時にココに書けなかったエアブラシ、ドライブラシのストローク(動かし方)含め説明しちゃってます(*^-^)。
手というのは体温もありナカナカ筆をしごくにはサイコーだったりもする・・・
エナメルの濃さとかシャバ度、ココで測ってココでやや粘土調整してるかも・・・
エナメルってボクの記憶で・・・
ピラーカラー、ハンブロール、パクトラカラーに始まり、
パクトラタミヤ(現在のタミヤカラー)、テスター、海外複葉機模型ディーラーによるローゼンジエナメル等々、人一倍エナメルを使って来たつもりで、個人的に最も扱いやすい。油彩のペトロールとか溶剤の使い分けでも広がりを見せる。
ここでは長くなるので店では塗料の見方から扱い方、考え方をレクチャーしながら云ってる(この10数年)のでよろしければお尋ねください。
Imgp4381_2 Imgp4389
っと、こんな感じです。
コノテのキャラまでトイ化の波が来てマス。(ガンバレX-PLUS!!)
Imgp4392 Imgp4396_3
古いコノテの洋モンGKなど行き場を失ってませんか?お気楽に1DAYフィニッシュで楽しまれてはどうでしょう。
プラモデルもガレージキットもスグ-インスタントに出来るからモデルキットなんですよ。
キットである以上ー、早く出来てナンボって事もキットの機能なんですよね・・
また定期的にこの1dayフィニッシュは掲載していきますね。
もちろん、至高なスタンダード!?怪物屋受注仕上げも掲載しますのでよろしくです。
1/35ウルトラ計画
Imgp4271 Imgp4272
スーフェスでの販売ードキドキしてきました・・・
では、また今晩ー

|

« 怪獣リミックス スーフェス1/11参加 1/35ウルトラ計画 | トップページ | スーフェス1月11日って何がいいかな? »

1day Finnsh 1日仕上げheno挑戦!!」カテゴリの記事