« 2015年あけましておめでとうございます | トップページ | 久々のスーフェス参加1月11日 »

2015年1月 2日 (金)

仕事始め 

ボクはエンドレスワークなんで関係ない言葉ですね・・・(汗
今のフィギュア業界の殆どは中国生産だからして、中国のロングホリディ/正月は来月なのでソコに間に合わすとすると今が大事になります(汗。
Imgp1096 Imgp1098
したがって、今、この時も製品が続々仕上がっているものだと思います。
では、㊙的な技術のツボを今年はバンバン紹介していきましょう!!
レディ/マスキング編ー
Imgp3536
仕上げのコツは基本道具にはよいブラシとピンセットを必ず使う!!という事です。
筆、エアブラシは何度か書きましたので今日はピンセット。
Imgp3538
正直ピンセットはイイモノを買えば買う程、作業時間は短縮でき、仕上がりも早くなります。通常、使っているものでも4000円から10000円程度のものを使ってます。
重要なのは必ず先端がピカピカに磨かれていることでコレは製作物にキズをつけないばかりか多少力技にまかせ乱暴にしても製作物を痛めません。
あと軽い力で摘めて、ビターッと根元/付け根まで喰っ付くやつ、模型用で云えばデカール用がそれにあたります。
Imgp3539_2
ビターッと喰っ付くという事は摘める部分が増えるという事になります。
案外この機能が使いやすいんです。
ボクがデコマスを短時間で出来なければ工場で同じように生産は不可能だと思いますので商業製品の場合ー、イメージを打ち合わせ固めて、色の構成手順を考え一気に仕上げちゃいます。だから製作時間そのものが大事でそれをクリアーする為に使い慣れた良い道具がいるのです。これは時間制約あるホビーを趣味とする人も同じ事と思います。
Imgp3541
コノテのマスキングカスもビターっと喰っ付くので取りやすいく、先端研磨により仕上げを傷つけません。
とにかくピンセットはこのビターっと喰っ付き、先端ツルツル研磨が作品の仕上げを左右するといってよいでしょう。
Imgp3546
肩甲骨のハイライトなどエアブラシで角度をつけて噴く場合ー、マスキングガムが便利です。
Imgp3553Imgp3556
エッジ出したい時は勿論テープですがマスキングガムでカバーするとコンパクトで作業効率も早いです。
このマスキングガムー、元々1940年代アメリカで戦争によるゴム不足が予想され、軍から通常の植物からではなくゴムを創れという司令の元、出来た産物。
当時の判断でゴムの代わりは務まらず不採用だったレシピのものを養育用おもちゃネンドとして近年生まれ変わったモノ。
戦争が創ったマスキング材ーといえる。
もう廃刊!?になった6年前のKB誌にも登場してマス。
日本でも安価にして普及させようとの事で300円!!
ホライジング通販ならび怪物屋店頭で売ってマス。
Imgp3565_2
油断して時間経過すると垂れて来ちゃいます・・・
が、使えば使う程、固くなっていきますし、塗膜を侵さないのでご安心ください。
コレ使うと手早くなりますよ。
色を白にしたのは汚れて換え時は個人個人変るだろうという基準ができるし、マスキング部位によりグレーの濃さで適材適所に出来るからです。
ジツはココがマスキングガムのセールスポイントでもあるのです。
Imgp3559
テーピングのマスキング作業はピンセットで
マルアール部分とかに・・・
Imgp3561
マスキングガムを使用します。
そしてピンセットの先端でカタチを整えます。その為、やや高価なピンセットを用意した方が作業ハヤッ!!っとなります(*^-^)
Imgp3562_2 Imgp3564
こーゆートコ、貼るのも剥がすのも塗膜を傷つけないの良いピンセットありきで「時間」に差が出ます。
時間って案外ナニモノにも代え難いんですよね・・・80年代は気の効いた画材店でも揃えており、実際、ウブゲ摘んで試して選べてました。
最近はこの辺りのモノまでモノタロウで扱ってるんですね・・・怪物屋の隣は歯科材料屋さんなので何かあれば御相談ください。
Imgp3570_2
この作業手順はレディの製品クォリティを訴求しております(汗
眼球はメタル色ーその目頭、目尻には1/6スケールでありながらエアブラシで調子を入れて眼球の球表現。
Imgp3571_2 Imgp3572_2
寺沢先生ー、上マブタにアイシャドウ入れられております。こういった再現も通常はパステルもありきですがデコマスの場合ー、「塗らなアカン」のでマスキングガムが重宝します。
Imgp3575
ハイ、完成。
高価ですがよいピンセットを使う事によって速やかに作業出来るので時間が短縮できます。
結果ー、ストレス軽減にもなり、もう一歩先の突っ込み・・・トライするのも苦痛で無くなるので最初は価格に躊躇すると思いますがピンセット換えるだけで変るかもです。個人的に時計修理屋さんがオーダーするようなン万円もするようなピンセットも使いましたが(先端鋭利すぎるとモノをキズつけやすい)、模型仕上げには10000ー程度迄で十分かな?っと思います。
1_2 003
ベースね今回、完全に穴開いてます。だから宇宙船の光!?を仕込みできるんですよ。
昨年のダンクベース開発ストーリーで電飾も出来るようなギリギリな高さを持つ黄金比で構成されたベースを目指したーと書いた記憶ありますが、今月のスーフェス1月11日の先着10個に配布予定ですので宜しくお願いします。
んで、ベースは下地を造り、金属塗装をした後、70-80年代によく見た床塗装剤!?の雰囲気のあるグリーンにしました。ここもシッカリ一度塗って剥がしたいとこに離型剤塗り剥がすという仕上げ・・
Imgp3576_4Imgp3527
塗料の仕入れ兼ねて模型問屋へ行き、イメージに少しでも近い色をすべて購入するだけで3万円・・・にもなった中から選んだ色で構成しました。
70年代にデザイン目指した事ある方は一度は耳にした「ピース紺」をイメージ。
20世紀のデザイン界の巨匠レイモンド・ローウィが戦後、日本の為に生み出した偉大なデザインー「ピース」。
ラッキーストライクとは兄弟な訳であり一番カッチョエエたばこだと云えるでしょう。
日本に於けるデザイン意識を換えた革命的なピース紺をまとい、常に革命的製品を追求するダンク製品にはピッタリだと思いました。
ここでこの写真にある第一工程って・・・左から順に重ねていきます。
・・・奥行きある仕上げにきっと満足していただける事となるでしょう。
やっぱ仕上げで考えたいのは全体の階調と部位の階調・・・トーンってやつですね。
トーンの細やかさがスケールエフェクトを醸し出し、最終的にモノをグッと引き締めます。地味ですけど・・・
2_2 00003_2
撮影現場・・・モチロン画像修正せず掲載しております。
Lady100001 Lady100012
↓ナデナデ、スリスリしたくなるような・・・フォルムと仕上げ・・・
Lady100017 Imgp2533_2
それがフィメールフィギュア/レディってもんですよね。
Imgp2536 Lady100015_2
只今、ダンクジャパンにて2次生産分承ってます。
http://dunk-japan.com/
工場に説明するような写真も随分撮っていたようで技術紹介すると共にご紹介していきます
Imgp3750_2 Imgp1711
また、スキン表現をテーマに16階調ものスキントーンで再現・・・そこで煮詰めた量産工程・・・ミギーも引き続き御注文承っております。
このスキン表現もレクチャー兼ねてまたご紹介していきます。
昨日、大晦日はどん兵衛で年越し蕎麦(*^-^)
Imgp4247
今日は麺づくり餅・・・フツーに即席メンですが大手企業の気配りイッパイアイテムに感謝!!

|

« 2015年あけましておめでとうございます | トップページ | 久々のスーフェス参加1月11日 »

パフォーマンス」カテゴリの記事