« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

ケンタッキーWF 1日目 その2

今、朝の4時です。しかしながら、1Fロビーならび玄関廻りはタバコに出て来るディーラー、年に1度の模型祭りで語り尽くしたい気持ちで眠れずにいる人達が降りてきます。ボクはタバコ止めましたが、外の風吸いに大概ウロチョロしちゃいます。

自然カタチでのロビー活動と云うべきか・・・ココでの再開はデカかったりするのですよね・・・(*^-^)
では続きです。
Dsc_0674_2 Dsc_0677
インパクト絶大なダークカーニバルの新ラインです。
1/3、いや1/2.5スケールくらいありますよこのバスト・・・価格は¥7~8000ーという1/4、1/5スケールのバストモデル程度。
なんたってペイントが楽しくなるカリカチュア造型です。
Dsc_0678_2
代表のロブの人柄そのものって感じで、このシリーズボクは大好きですよ。
他にムービー系のシリアス路線もリクエスト頂いてますが朝からストック探してきますね。
Dsc_0680 Dsc_0681
クレタセオスクリエーションズ・オブ・アメリカの新作・・・ここは日本では大型だけどアメリカではちょうどいいサイズみたい。いつもながら迫力あってしばらく目が奪われます。
Dsc_0511
Dsc_0512_2 Dsc_0515_2
その代表でありスカルプターのシェーンが造型担当したブラックハーツエンタープライズの2001破壊神。新作だ。
タイトルは付けられていないが牙とか丁寧な出来で仕上がってる。
表面ディテールは恐竜を造り馴れた彼らしい生き物のような彫刻に仕上げられている。ライフサイズというかBHの中でも群をぬくデカさ。
コレとは全く関係ないが、日本でもゴジラが再び創られている事を最近になって知った。
いつもながらにどんな話かというより、どんな姿のゴジラか?という事に興味を抱かせるのはスゴイ事だと思う。40年前は初ゴジもモスゴジもキンゴジという言葉もなかったーGKからそういう略式言葉が生まれだしたとも思うけど、どんどんデザイン変化を楽しめるようになった。
では、ゴジラのデザイン公募すればどれほどの多くの数、どれほどの素晴しいゴジラが世界から寄せられて来て生まれるのだろうっと思う。
プロはプロらしく、アマは大胆に・・・案外、航空機の公募のように中学生のデザインが採用される可能性も高い・・・。
いつか・・・そのような企画が出るようになってほしい・・・っと四半世紀云い続けてる呟き・・・永い!?スミマセン(^-^;
デヴィッド・ディルとゴードン
Dsc_0689_2
すばらしいフィニッシャーたちによる楽しめるGKディーラーのコラボ出展です。
Dsc_0682 Dsc_0687
ゴードン×トニー・シピリアーノのフラゼッタバンピレラ。
オーロラの箱絵を彷彿させるその出立ち・・・オーロラの箱あければコレが出来るって感じの仕上がりです。こういうのがGKの原点だったと思います。
ゴードンのアイデア生かした仕上がりが見たいものです。
ガルシアとそのお友達卓
Dsc_0692_2 Dsc_0693
ガルシアは以前にも紹介したジェントル・ジャイアント(現3Dシステムズ)のディレクターでもありますが、コレ、サイドショウで活躍する・・・名前わすれましたスミマセン・・・のハリポタ造型アイテム・・・やっぱスゴイです。
Dsc_0694_2
バストを通して表現したかったトコが見えてくる上に、その丁寧さも群を抜いてます・・・あらゆるお手本となりそうなバストモデル。
AFM
Dsc_0695_2 Dsc_0696_2
Dsc_0697_2 Dsc_0699
コレクタブルなアイテムわんさかです。
伝説のバーガーブラザーズのツリーデーモンもテリーはコレクションしてましたが、それに変わる!?楽しめるツリーデーモンをリリース。
しかし、T・クンツのエイリアンクィーン、頭だけど残ってる・・・し。
Dsc_0698_2
デヴッド企画のエルヴァイラは近年GKの傑作です。この機会にぜひ。
Dsc_0700_2
KB創設ゴルディ・ダッド氏とお友達
Dsc_0701_3
ガールGKを浸透させた初期KBとマイク・ジェームスのコラボ。なつかしい〜。再販です。今見ても楽しいな、コレ確か15年前の作品ですよ。
Dsc_0704
ペガサス他、模型ディストリヴィューターさん
Dsc_0706_2
大体、このような価格・・・洋プラもリクエストお待ちしてます!!
スコットとそのお仲間たち
Dsc_0707 Dsc_0711
こりゃエグイほど迫力ある、フレッシュ半透明レジンの可能性の表現を見ていただきたい。
Dsc_0709_2
思うにこのロベルトのガールキットたちも半透明フレッシュレジンで抜けば生、ナマナマしくなる・・・ロベルトの肉感グイグイって作風には合うと思う・・・
スコットに頼んどこう・・・リクエストお待ちします。
Dsc_0712_2
昨年紹介したカーク船長とこの作品もスコットんとこに置いてありました。
コレみてもフレッシュレジンスゲー威力です。表現の幅広げることが一目瞭然。
隅から隅迄見て楽しむコレクタブルなディーラー
Dsc_0839
昔はね、まだミントもんもあったケド、最近は造られたものを安く売るってことになってるかな・・・すべてオリジナル。リムーバの発達により色を剥がして楽しめる。にしても・・・
Dsc_0840
この大怪獣ガメラの2色刷りポスター$100ー気になります・・・
隅から隅迄見落としませんよ、一応は・・・
いわゆる模型屋さんディーラー
Dsc_0851
浮き世離れした怪物屋は、このようなステキな模型が量産されていることを展示会で知ります(汗。
ドラゴンー、スゴイですね。私的にハセガワと提携して潜水艦プラモを創って、複葉機創って、戦車でタミヤと闘う・・・みたいなトコで止まってました。
スゴイ変化ですね。まさに「企業は有機体であれー」って感じです。
Dsc_0852_5
ところがこのようなオーロラ張り箱初版ものからビリケン商会さんまで・・・新旧取り揃えているのがボクのシッテル、アメリカのホビーショップでした。
ココはスゴイ模型店だと思います・・・
Dsc_0856
Dsc_0857
こんな創作系までも・・・
スケールもんからオリジナルツールまで揃う・・・
ジョージア州・・・ナカナカ地方の方がこのような模型店がバリバリに生き残ってるかもです。
今日のピックアップ1
Dsc_0838_2
知らなかったついでに・・・連邦宇宙船造ってたメーカーがスチームパンクアイテム造ってる事、知りませんでした。
ナカナカいいデザインです。やっぱ潜水艦マニアというか潜水艦って模型心を刺激しますね。
今日のピックアップ その2
Dsc_0854_2
久しぶりに隅っこで見つけました。
オーロラの幻のミュータント。雛形モデルです。
オーロラマニアはこの機会に是非・・・価格は2〜3マン迄です。
そういえば、今年、オーロラプラモデルの造型を担ったレイモンドJメイヤー氏がお亡くなりになりました。
Dsc_0446_2
はじめてキンゴジを造られた方ーというより、模型、プラモデルに多くの夢をイメージを持たせて頂いた方です。
この方とも、このWFで逢わせていただきました。
故Gアンダーソン氏、故レイ・ハリーハウンゼン氏、と同じ場所ー、ココでは毎年、毎年、想い出深い偉大なアーチストが弔われています・・・
しかしながら、裏方と云える模型の原型師にも会場で弔われているイヴェントに敬意を持ちます。

|

ルイスビルWF 1日目 その1

沢山のお問い合わせありがとうございます。お返事はスグに返せなく申し訳ありませんが、あり難くチェックさせて頂いております。

何故かパスワード等入れても、このブログに入れなくなり、お待たせしました。
出来る限り解りやすく編集します。
あと14時間がリミットですがよろしくお願いします。
ガレージキットUS
Dsc_0597
Dsc_0600
Dsc_0601  
ムーンシンガー発見!!
ゾッツのファンタジー女はデカイ。
Dsc_0602 Dsc_0603  
スクリーミンのヘルレイザー&SW&クンツにボーエン原型の名作が激安(箱なし)
Dsc_0604_2 Dsc_0605
Dsc_0606
会場がホテルから出火・・・火事になりました・・・この時、日本でも地震のニュースが入って来ました。パニックなく再開。ハイ。
Dsc_0607_2
Dsc_0608
Dsc_0609_2
ベテランスカルプターは創作アイテムしか出されませんね。
Dsc_0610_2 Dsc_0611
クアランティンスタジオ再び
Dsc_0616 Dsc_0617
だってココはウィリアム・パケットだよ。ゾンビはやっぱパケットいいです。
これ、イヴェント限定企画もの・・・たぶん¥3000代から¥4000くらい・・
Dsc_0619
Dsc_0620 Dsc_0621
Dsc_0844_2 Dsc_0845
Dsc_0846_2 Dsc_0847
Dsc_0849_2 Dsc_0848
Dsc_0850_2
ここでお馴染み?になったドイツ軍ゾンビたち・・・よろしくどうぞ
ポーラライツです。
Dsc_0631 Dsc_0632
Dsc_0628 Dsc_0638
Dsc_0639 Dsc_0637
個人的なツボはホークのコメットだったりしました。
Dsc_0642 Dsc_0645
Dsc_0648 Dsc_0643
美しき黄金の60年代ーを象徴する機体とそのプラモです。このまま50年代を象徴するショートノーズコニーなんてのもホークにありましたから、この再販計画は後があると思います。
Dsc_0655_2 Dsc_0626
Dsc_0654_2 Dsc_0662
ルイビルWFといえばフェデレーションモデルです。
毎回、スゴイ数の宇宙船あります。スケールが1/2500の小型になったのは3機セットのポーラライツの復活再販からなのか、このスケールメーカーが多くなったのか・・・ボクは案外、日本の食玩による刺激からと思ってマス。
Dsc_0841_2 Dsc_0842
クリントとそのお友達ディーラー
Dsc_0650
Dsc_0651 Dsc_0653
Dsc_0652_2
怪物屋がサンダ/ガイラ、GMK出した頃・・よりン●万もする3Dプリンターを導入した工房ですから、このデジタル造型の波に最もノッテルディーラーです。
当時、スゴイ驚きましたが、こちらの國でも1/20スケールとか小さなスケールが多くなってきました。
Dsc_0622_2 Dsc_0623
怪物屋から見た会場の一部です。
背中側にはミック・ウッズ氏がせわしなく梱包してます。
マッドモデルパーティからこの方とは隣り合わせになります。
ミックウッズ/ギルマンプロダクションアイテムよろしくどうぞ。
Dsc_0624
非常にカラフルなレジントナー、今回珍しくサンプルいただきました。
アメリカのレジンは発熱少なく硬化速度も遅いのでイロイロ試せます。
ビル・ウィガー
Dsc_0656 Dsc_0661
今回、イロイロなディーラーで彼の作品がリリースされている事に気づきました。
Dsc_0658_2
で、彼は個人的作品で多くのエイリアンアイテム創ってました。
それにしても今後が楽しみなデジタル造型です。
ギルマンプロダクション
Dsc_0664
Dsc_0666
EXISTSはディレクターが友人との事で所謂ー、公認アイテムーだから出来がいい。
Dsc_0669
で、このTHINGはM・ウッズが造った事が判明ー。
Dsc_0668
ハウンゼンアイテム以外でスピーシーズ以来のクリーチャーかな?彼の腹だ(笑。
Dsc_0672_2
↓次ページへ

|

2015年5月30日 (土)

ケンタッキーWF 前夜祭というか前日搬入その4

時間ないので・・・ピックアップ

ただ朝には再び大更新ー。
Dsc_0593
Dsc_0418_2
Dsc_0415_2 Dsc_0416
Dsc_0408_2 Dsc_0409
Dsc_0420_2 Dsc_0421
Dsc_0428 Dsc_0434
Dsc_0437 Dsc_0438
Dsc_0423_2 Dsc_0441
Dsc_0442
Dsc_0393 Dsc_0400_2
Dsc_0522 Dsc_0521
Dsc_0395_2 Dsc_0398
Dsc_0399 Dsc_0397_2
Dsc_0404
Dsc_0391
Dsc_0458_2 Dsc_0459
Dsc_0461
Dsc_0462_2 Dsc_0464
Dsc_0466_2 Dsc_0470
Dsc_0475_2
Dsc_0530_2 Dsc_0536_2
Dsc_0542 Dsc_0540_2
Dsc_0551 Dsc_0549_2
Dsc_0548
Dsc_0557_2 Dsc_0560
Dsc_0571
Dsc_0513_2 Dsc_0476
Dsc_0569_2
Dsc_0575_2
さて、熱いもんがアチコチにあります・・・
とても多様な方向にそれぞれ熱い想いが籠ったアイテム見え隠れしてます。
ここまでが前夜祭というか搬入中の画像です。この段階ですべてあります。明日にはもっともっと増えるでしょう・・・・
お問い合わせは

yo-ko-kaibutsuya@nifty.com

|

ルイスビルWF 前夜祭 その3

ガレージキットUS

Dsc_0353_2 Dsc_0357

Dsc_0363_2 Dsc_0355

Dsc_0358_2 Dsc_0359_2

Dsc_0365 Dsc_0366

デヴィッド・ディルと仲間たち

Dsc_0370_2 Dsc_0371

Dsc_0368

ミック・ウッズと仲間たち

Dsc_0382 Dsc_0383

Dsc_0384_2 Dsc_0379

Dsc_0377_2 Dsc_0381_2

Dsc_0380 Dsc_0387_2

Dsc_0388 Dsc_0386

Dsc_0390

マダマダ続く・・・

|

ケンタッキーWF 前夜祭というか前日搬入その2

ジョンズモデルズ(セラーキャストの販売)

Dsc_0313 Dsc_0314_2
ウィットワース スカルプチャースタジオ
Dsc_0318 Dsc_0317
Dsc_0319
キットコングス
モデルマンション
Dsc_0320 Dsc_0321
Dsc_0322_2 Dsc_0326
Dsc_0327 Dsc_0328_2
Dsc_0330 Dsc_0333
Dsc_0329 Dsc_0336
Dsc_0331 Dsc_0332
ムーンデヴィルスタジオ
Dsc_0338_2 Dsc_0339
Dsc_0341_2 Dsc_0342_2
Dsc_0340_2
nice n model desgins
Dsc_0344 Dsc_0346
Dsc_0347 Dsc_0348
Dsc_0349
Revel - Monogram
Dsc_0350

|

ルイビルWF 前夜祭というか前日搬入その1

だいたいこちらの前日搬入時間って・・夕方5時から夜10:30!?というスゲー遅くまで設けられている。これは仕事を終えてそれから向かうってディーラーにも有り難い。広いアメリカだから、シカゴくらいなら朝からの車移動でナントカなる距離ー。

カリフォルニア、NY近郊ーは朝から支度して飛行機って感じの時間感覚なのだろう。
Dsc_0261 Dsc_0262_2
じゃ、ディーラー登録済ませて、ウチのテーブル前からご紹介ー、
クアランティンスタジオです。ウイリアム・パケットのゾンビイメージが強かったココもこのようなフィメールキットがDeath Becomes Her$175-
Dsc_0265_2
他、ロンドン アフター ミッドナイトなど洋モン王道路線も展開ー!?
もちろん従来のゾンビも・・・
Dsc_0266_2
で、最近はどんなディーラーも用意してきた「おみやげプライスもん」!?
Dsc_0263 Dsc_0264
・・・この調子じゃ、普段と変わらないので以降ー、ディーラー名と現場画像のみにしていきますね。この段階で要るモノあればメールでお問い合わせください。

yo-ko-kaibutsuya@nifty.com

●モデルプリズナー

Dsc_0269_2 Dsc_0271

Dsc_0276_2 Dsc_0270

Dsc_0272_2 Dsc_0277_2

●フィルミーズガールズ

Dsc_0282 Dsc_0278

Dsc_0279 Dsc_0280

Dsc_0281

●Resinatol lab

Dsc_0287 Dsc_0288


●WM(SDシステムズ/ジェントルジャイアントのディレクター/ガルシアと友人達のディーラー)

Dsc_0297 Dsc_0298

Dsc_0311_2


●KAIJU MODELER

Dsc_0299_2 Dsc_0307_2

Dsc_0309 Dsc_0304

日本の怪獣GKを啓蒙活動のように販売しているマットが遂に洋もん(自国ネタだけど)開発!! しかも、ビル・ウィガーと組んでのGKプロジェクト。次回、次次回ネタみてもシビレルアイテムでございました。


眠い・・・操作ミスで飛んだらいけないのでここらでアップ。どんどん続きます。















|

ケンタッキーWF前夜祭 ビル・キャンベルその1

ルイスビル到着しました。

Dsc_0250_2
宿泊ホテルがWF会場です。
大阪→LA、LA→ダラス、ダラス→ルイスビル・・・ジツに24時間の旅でございました(汗。
で、2回に一度、もっとかな?の確立でトランク紛失します(大汗。
もはや、慣れっこですが、万全の梱包していても目の届かないトコロでトランクの中身のコンクール作品、他が壊れてしまったり・・・最後までドキドキなんです。
いやはや渡米している時の方がボクは過酷です。
その中で出来るだけ、会場の模様をお届けしますのでよろしくお願いします。
Dsc_0254
この通路の奥が会場ー・・・
何度も書きますがこのアメリカの田舎とは云わない迄もロス、サンフランシスコでもなくニューヨークでもなく、シカゴでもないルイビルだからこのGKイベントは20年以上続いている・・・っと思われます。
アメリカの中央部が熱くなると冷め難いという言葉があるらしい・・・。
西海岸、東海岸も流行の風に晒されやすい事から生まれた言葉かもしれないですが流行りモンより、しっかり根を生やしたモノーにしたければジックリ中央を攻めろって事で一過性のモノを追うより確実かもしれないですね。
Dsc_0255
ホテルの電光掲示板に案内されているWF見取り図
Dsc_0256_2
ホテルのチェックインカウンターにも会場のプログラム・・・
今回、思う事もあり、より細かくレビューをして行こうと思います。
じっくりプログラムを観ると・・・ビル・キャンベルのエッセンスが散りばめられてます・・・サイトを観るとウォーキング・デッド、スタートレックに目がいっちゃうだろうけど造型プラモ好きにはHAWK社のプラモデルと切っては切れないビル・キャンベルのコーナーが今回のウリの1つでもあります。
この1960年代初頭は・・・
レベルと云えば=ビッグ・ダディ/エド・ロス(*^-^)
ホークと云えば=ビル・キャンベル(o^-^o)
ホーク社と云えばタミヤさんが下請け・・・
Hawk_crusader
古いモデラーはご存知だと思いますが、勢いあった米プラモメーカーさんでございます。
で、ホーク社の1950-1960年代パッケージは通常赤とピース紺の2色パッケージでございましたが、ビル・キャンベルさん、この方は60年代に入りフルカラー時代突入時にボックアートを描かれていたアーチストさんでございました。
Hawkbanshe_2 Hawkgeebee
このバンシーにジービーレーサーなどガッシュで筆運びの勢いよく描かれたカラフルな絵・・・ウマイです。
P51var_2
真っ赤な空が大胆なマスタング・・・スバラシ。
Kamikazebaka
有名なのは日本のベテランモデラーが散々嫌味を云いつつ、皆ー持っていた1/48桜花ことカミカゼ。このパッケージに白抜きで書かれた「BAKA」って言葉が引き金でしょうね。。。
よくも日本の魂を・・・っと大昔のモデラーのジィさんが云ってました。が、最後にはヨク模型にしてくれたっと感謝の意で終わる・・・ってオチでした(*^.^*)
ヴィンテージモデルコレクターほとんどがジツはモッテル、、、持っておられたと思います。
Montecarlo_2 Goboy
このようなカスタムカーからサンデーレース場のゴーカート(日本のマブチモーター入り)まで幅広いジャンルのボックスアートを描かれてました。
しかし、60年代のサブカル系と云いましょうかレベルに対抗してホークの代名詞と云えるワイアード・オゥを描かれていくのです・・・
Eddie_2
お馴染み!?ですよね。
この表現レンジの広さは異常ですよ。ホントw(゚o゚)w
Aerotoonsgeebee_2
上のジービー書いた人がコレを描くんです・・・しかも、スケールモデルがベースだから量感から細部ディテールまで非常にオモシロく消化されてます。
Aerotoonp51
マスタングも模型にすると・・・こりゃアートですよ。
これらゴジラがモスラやキングギドラと闘っている時代ーマルサン全盛期にプラモデルって素材を使ったオモシロ造型物がゾクゾク出来上がっていったのでした。
Sillysurfers_2 Frantics
こんなモノまでプラモデル・・・
この時代ー、ちょいイカしたニイヤンたちはビーチボーイズにサイモン&ガーファンクルなんて曲聞いてましたから、ボク的には憧れ世代プラモって事になってます。
もの凄い種類が数年間で出ています。だからコレクタブルアイテムなんですよ。
だけどねメーカー的に見ても・・・最初、金型造ってコレやろうって・・・スゴイ勇気と英断が要りますよね。
その気にさせたビル・キャンベル氏の力量とセンス、スゴイものがあります。
今回のレポもお楽しみに・・・
イロイロゴタゴタで飛行機も眠れず・・・今で50時間も起きてる現実ー体力続く限りレポします・・・寝たらどうしょ(゚ー゚;
少し見つけた画像でキャンベル氏が描いたホワールウインド見つけました。
Whirlwfrnt
ウエストランドってワイバーンといいステキなデザインやってくれます。この機種選びもサイコーですね。ホークって。この機種、当時エアフィックス72のみだった記憶ありますがコレ、検討用ラフのまま終わったんでしょうか?にしてもロゴがイカしてます。
スケールもんにハマってた頃の血が騒ぎます(*^-^)
すごいセンスですよ。やっぱ・・・続報は今晩・・・

|

2015年5月29日 (金)

AMEご来場ありがとうございました

毎日の慌ただしさで、ご挨拶遅れておりました。

アメージングモデルエキスポご来場ー、本当にありがとうございました。
第2回に向け昨日、反省会含めた会議もみっちりしております故ー、ご意見ならびご要望を是非お教えくださいませ。

yo-ko-kaibutsuya@nifty.com

ところで今はLAX・・・ロスの空港です。
ルイスビルのワンダーフェストのイベント情報を今日から配信してまいります。
アメージングモデルエキスポも主にUSイベントを参考しております故ー、
本場の模様も併せてお楽しみください。
Dsc_0179

|

2015年5月 5日 (火)

AMEタイムスケジュール

あと、数時間に迫りました・・・

ディーラー様は朝7:00から搬入可能です。
●開場はAM10:00です。
受付はマイドーム正面玄関入ってスグのトコロに受付があります。
模型コンクール受付も朝9:45から受付します。
ネット配信は
です。
できるだけディーラ様のアピールタイムを設ける予定です。
●ディーラさんのインタヴューなど配信予定です。
●コスプレの受付はAM11:00からです。
*今回、力作がドンドン集まっているようでドキドキします。
●模型コンテスト/FTP(お宝発表会)受付は午前中のAM11:45迄です。
●13:00あたりからゲストさんのインタビューなど始まります。
●コスプレ最終受付は14:00です。
●14:30コンクール投票締め切りです。
 開票時間中・・・
●15:00大阪日本橋のアイドルPiGUさんミニステージ15:30終了。
 開票集計時間中・・・
●16:00にょロボてぃっくすさんミニステージ16:30終了。
●16:30コンクール発表
●17:00終了ー
(スミマセン、一部ミスプリントで10:00から18:00と表記がありました。17:00終了ですのでご了承お願いします)
さて、怪物屋店内はマダマダヒッチャカメッチャカでございます(汗。
先程、前日搬入でU-VINYLの大山竜氏原型のツノガエルのアタリ景品見ました。
Dscn7674
真ん中の物体Xのような造型が1等賞らしいです。左側が2等賞、右側が3等賞・・・いずれも大山竜氏自ら造型/彩色した一点モノの逸品です。
売り方も趣向を考えたオモシロい販売方法だと思います。¥600だったかな?
ナカナカココまで手の込んだ事・・・出来ませんよ。
アイテムそのモノもとてもキレイなので買って悪い気はしないオモシロい企画です。
最後までブログ・ラ〜ッシュ!!

|

2015年5月 4日 (月)

アーチストラッシュ  デヴィッド・メン氏パート1

マズはプライベート作品

Imgp5883 Imgp5900
Imgp5874_2 Imgp5897_2
Imgp5898 Imgp5877
Imgp5902_2 Imgp5892
Imgp5884_2 Imgp5882
Imgp5886 Imgp5895
Imgp5887 Imgp5888
Imgp5906_2 Imgp5894
猫の寿司職人、マンキーキング(孫悟空)、猪八戒、ケンタウロス・・・日頃の習作・・・
Imgp5878 Imgp5879
作業机の上にはツールと共に標本が・・・
Imgp5625 Imgp5626
先のモンパル紹介でも紹介したかな?イヴェントに来る生物の標本屋さんにはスゴイ玄人さんが寄って来る・・・サイモン・リー、デヴィッド・メン・・・コノテのディーラーに居れば誘き寄せられるように集まってくる・・・皆、好きなんですよアメージング生物!!
デヴィッド・メン氏も次なる怪獣リミックネタの資料として昆虫とか?イロイロ購入されてました。
お仕事ではデジタルを多用されてますが、プライベート作品、今回の怪獣リミックス作品などはアナログなクレイを使われます。
これはマーク・ニューマン氏もそうでしたが、一度デジタルで粗を描き、テクスチャーを当て込んだりデジタルで探り、アナログで仕上げるスタイルが比較多く感じます、これは実際のスケールエフェクトとその量感のマッチング感覚に相違点が出たりする事かもと思われます。
もちろん一番大きな点は大きなサイズの場合、その出力代のコストにもよるとも想います。
Imgp5899
デビッド・メン氏はあのニュージーランドのウェタでコンセプトアーチストとしてご活躍後、あの話題作「第9地区」のエイリアンデザイン、さらにKAIJUを世界用語にした「パシフィック・リム」の怪獣のデザインを担当されました。
そうした只今、旬ー、真っタダ中のアーチストが怪獣リミックスに共感いただき、参加していただけました。
Gamakujira_1_dm
Gamakujira_2_dm
マズはミーティング後、スケッチによる版権申請ー。
怪獣リミックスはすべてドローイング、又は粘土クロッキーから始まります。
このスケッチが驚くべきスピードで仕上がります。
このデザインソースがボクモッテル生物の本と被ってたのがオモシロかったです。
怪獣通して万国共通な意識ってスバラシ〜イ。
アフリカウシガエル・・・イグアナ・・・ホッキョククジラ・・・付着生物・・・
African_bullfrog
ゴジラ、特にキンゴジ好きにはタマラナイ顔つきのアフリカウシガエル・・・バンバン餌食べさせると猫サイズになる・・・
クジラに付着するフジツボ、さらに鬼フジツボ、さらにはクジラジラミもモンスター級な付着怪物で・・・っとこんな話を入れながらモールドなどが仕上がっていきました。
Barnacles_gama_dm_3_2
ウェタテイストからハリウッドテイストまで盛り込んだ巨大なソフビ怪獣の出来上がりです。w(゚o゚)w
実物はAME会場でその大きさ、迫力を御覧ください。
モールドはダンク自慢のレジン焼きだしのU-vinyl(ユーバイナル)、価格も挑戦価格だと思います。
この怪獣リミックス、マダマダ大物アーチスト続きます・・・
怪獣ラッシュ、アーチストラッシュ・・・ラッシュで明日朝まで追い込みます。
時間の続く限り

|

アーチストラッシュ  ポール・コモダ氏パート1

ココ見てる人では説明不要な人でGK以外でも映画キャラのコンセプトデザイン、ギーガーとのお仕事等々・・・この辺りはまた落ち着いてからご紹介します。(パート2)

昔からのご愛用のスケッチブックを開くとオドロキのクリーチャーやら女の子やら怪獣がワンサカ出て来ます。
怪獣リミックスはそうしたポール・コモダ氏のスケッチブックを立体化していきたいシリーズでもあるのです。スケッチブックで暴れたり、いきなり現れるウルトラ怪獣がとても気持ちよく私達の目を楽しませてくれます。またパート2をご期待ください。
Bemular_drawing_2
アストロモンスに続きベムラーが完成しました。
コモダ氏のスケッチは勢いありながら繊細に画かれ、大変魅力溢れてます。
だから怪獣リミックスでもコモダ氏は1stインプレッションのスケッチを採用しています。また、この熱い企画に共感いただき許諾していただける円谷プロ様に感謝です。
怪獣リミックスは第一弾の大山竜氏のセミ人間はドラマになかったアフターストーリーでした。
このシリーズはアーチストの個性を生かしてもいくシリーズでもあります。まだまだ日本はもちろん、ハリウッドから世界中のアーチストさんが世界用語となったKAIJUを創ってくれてます。ご期待下さい。
Bem_sans_tail
芯の段階です
Bem_spikes_3 Bem_r_leg
だんだんらしいディテールが・・・
しかし、コレ、ソフビですよ・・・
そんなん抜き云々関係なく、表現したいディテール優先!!デス。
この段階で、工場とソフビ技術との格闘戦、ディスカッションも始まるんです・・・
Bem_chestplates
一度は仕上げたケド、もっともっとディテール欲出て来ます。
わかります。ハイ。納得出来るまで、もっと突っ込んで行ってください。。。
Bem_head_pattern_2
やっぱ、コモダ氏は日本人の血が流れてますね・・・アジアンというかジャパンテイスト入ってます。さらにディテールの追求が始まります。。。
Imgp6097_2
お引き取りに伺いました。
Imgp6098
エエ感じの戦いの痕・・・ボク、好きです!! 大好きです!!
Imgp6099
やっぱ、ボクら世代というかオールダースカルプターは基本はオーロラのプラモなんですよ。いろいろ工房訪問しても殆どオーロラプラモあるんですよ。かなりの確立で・・・パート2はこのあたりのお話を・・・
Imgp6105_2
Imgp6106
リクエスト多い机の上画像とメインツール・・・殆ど創ったもんが多いですね。
Imgp6165
日本の地を知らないコモダ氏ですが、日本フーズは大好きなんです(笑。
来年のAMEはゲストで・・・
Imgp6153
台所の棚開けると・・・怪獣わんさか入ってました〜〜
このブログではココまで止めて実物の原型のレジン複製はAME会場で御覧ください
NEXT  元ウェタ、現ハリウッドの怪獣クリエーター、デビット・メン登場!!
Imgp5874
圧倒的なスゴイオリジナル造形力!!
ブログラッシュー!!!!!

|

当日版権その2 U-vinyl 1984GODZILLA

只今、一個一個パーツ確認、袋ツメ中ー・・・
なのが1/35カネゴン。
Dsc01483
コレ、当日のディーラー参加、コンクール受付、FTP(お宝発表会)にご参加いただけた方優先配布・・・という新しい試みであります
もちろん版権モノ、金型を使っての生産アイテムなので、割と掛かってます\(;゚∇゚)/
Imgp4422_2 Imgp4424
Imgp4423 Imgp4420_2
しかしAMEは新しい価値観の創造って事も根底にあります。
個々のパフォーマンスのコンクールなので、ご発表された作品でも構いません。(*模型ライターさんで雑誌掲載作品等は出版社さんのご承認をお願いしますネ)
昨年の0回では40年以上前のマブチモーター、グンゼ産業さん時代のレベルカラーなんてナツカシのアイテムを持ち込まれた方もいました。案外、コレらが票を集めたりするんですよw(゚o゚)w・・・キメてはコメント欄の想いのメッセージだったりするんですよ。ここから新たな価値観が生まれそうな気がするんです。
自慢の作品をコンクールエントリーするもよし、何気に何年も置かれたままになってる模型、ツール、本・・・などなどチョイっと持って来れるモノでカネゴンゲットできちゃいます。
是非のご参加お待ちしております。
ジツはコレ、「怪獣リミックス35」という新シリーズの幕開けだったりするんですよ。
1/35なら、撮影中の光景だとか、情景シーンも手のひらサイズでリアルに出来ちゃいます。またまたカネゴンだから1/35のブルトーザーキットで劇中シーン、またまた1/35情景シーンに登場させたり・・・楽しめます。
今回は前回に配った1/35ラットフィンクの完成作品エントリーなんて期待しちゃってますが、益々オモシロくなる怪獣リミックスご期待ください。
Dsc00011 Dsc00018
Dsc00035 Dsc00031
もういっこ幕開けといえばスゲー当日版権アイテムが1984GODZILLAの30cmソフビキット!!
(¥10000-だったかな?(汗)
で、これも一昨日に続きソフビのテストショットを1dayフィニッシュで仕上げたモノです。(だからヒレパーツ3個抜けてます(汗)
ソフビだからパーティングラインないし、週末で仕上がっちゃいます。
そしてコレ、U-vinyl(ユーバイナル)訴求として出来ちゃいました。
ハイ、ご存知、大山竜氏原型、怪物屋WF当日版権アイテムでございました。
真面目なディテールが気持ちよいモデルです。ビオゴジ、キンゴジっと出した後で着ぐるみ感を残しつつ生体感を入れるにも関わらず、大山竜氏ってわかるディテールの気遣いとポーズ、創り手の個性も出ている30cm級の傑作です。
この販売当時も週末モデラー向けに凸凹ダボ大きくし、カンタンなパーツ割りにしました。っとずぅーっと変わらぬ事云ってます(汗。マァブレてないってコトデス(*^-^)
U-vinyl(ユーバイナル)とはアルティメイトバイナル・・つまり究極ソフビってコト。
レジンの焼き出しにより、レジンキットのような表面ディテールが再現され、ワックス型でないので収縮率も抑えられる・・・20年前、一度スタンダードになりそうでならなかった技術であります。それはワックス型より高価になるため・・・もあります。
挑戦しがいあるじゃないですかー・・・w(゚o゚)w
それを当日版権の少量でやっちゃうトコに心意気感じちゃいます。
だって50個だったかな・・・販売側から見るとかなり無理ある数字です(汗。
誰が徳するんだ??みたいなー(*^-^)
さらに画像の仕上げでよければ一昨日のようにまとめて並べて仕上げて¥?0000-くらいの総額¥?0000-で・・・みたいなー誰が得するんだ??みたいなー(*^-^)
まぁ、とにかく会場DUNK卓になりますが生産/製造含め塗装まで仕上がりを見てお確かめください。
当日までブログラーッシュ!! 

|

2015年5月 2日 (土)

アメージングモデルエキスポ ゲスト韮沢靖さん

クリーチャーモデル/クリーチャーデザインの大御所:韮沢靖さんが久しぶりに関西に来られます。

Portlait_tate_v_2
マズはご存知と思いますが経歴のご紹介です。
韮沢靖氏
1963年8月26日生まれ。 クリーチャーデザイナー、造形作家、イラストレーター。
小林誠氏に師事し、その後ホビージャパン誌上でデビュー。
多くのゲーム、映画、アニメ等の作品にデザイナーとして参加。
主な作品に「バンパイアハンターD」「HELL BOY」「ゴジラFINAL WARS」 「妖怪大戦争」仮面ライダーシリーズの「仮面ライダー剣(ブレイド)」 「仮面ライダーカブト」「仮面ライダー電王」の敵怪物のデザインを担当し話題に。 フィギュアでもデビルマンシリーズ、マリリン・マンソンシリーズなどの原型を手掛けるなど、海外でも人気が高い。
近年はソーシャルゲームでも活躍。不定期だが都内でトークイベントも行っている。
お正月のスーフェスの時に軽くお話をさせていただいておりました。
キッカケはダンクの怪獣リミックスのポール・コモダ氏起用から、大変興味を持って頂き、大阪のアメージングモデルエキスポへ是非来て下さいとお願いしておりました。
当日はグッズ販売・サイン会等の他も企画中であります。
先月、怪物屋でも韮沢氏の10年以上前のGKキット作品を仕上げました。
Imgp5477 Imgp5492
Imgp5499_2 Imgp5480
Imgp5490 Imgp5497
Imgp5494 Imgp5496
Imgp5487_3 Imgp5506
Imgp5486 Imgp5483
韮沢氏の作品って黒色の調子の出し方が非常に楽しめます。
テクスチャーとか調子を楽しめば楽しむ程ー、映えていきます。
P1040135_2 P1040139
P1040122_2 P1010248_2
お手持ちの韮沢氏のGK作品などコンクールエントリーして、そのままサイン・・・なんてどうでしょう。
ブログラ〜ッシュ!!

|

当日版権訴求その1+ベテランディーラールックラックさん 

:水爆大怪獣ゴジラです。

Imgp3117_2
コレ、1dayフィニッシュで仕上げます。
以下過程画像です。
Imgp5422 Imgp5424
Imgp5425_2 Imgp5425
センター背ビレ(C-3)、舌の凸ダボが上下逆についていました。申し訳ありません。
元々、凸ダボは付いておりませんが、組みやすい用加工したのですが間違えた様です。
御購入の方々で御入用の方は画像のような白成型になりますがAME、もしくは怪物屋の方へご連絡ください。yo-ko-kaibutsuya@nifty.com
赤い成型色がよければナイフ及びカッティングソーで割とカンタンに治せると思います。
キットは比較大きめの凸凹ダボを付けなおしているので補強も要りません。
補強としての「真鍮線などのセンター軸打ち」はこれら大型キットには向きません。GKに於いて殆どの場合ー、真鍮線の軸打ち補強は要らないと思います。
模型界の都市伝説とも思える工程であります。この辺りはバックナンバーご参照ください。
Imgp5426
キットはパーツそれぞれが接着面積を増やす大きな凸凹なので擦り合わせをシッカリしてマジックスムースで接着でレジン樹脂とほぼ同じ硬さ材質になるのでほぼ同化しちゃいます。
マジスカ、スムースも強引ですが、保温器で温めて使うとトロトロになってで混ざりやすくなります。
お湯の中にカップ事入れていただくとよろしいです。
しっかりフタは閉めてください。あくまで自己責任で(^-^;
Imgp5429
割としっかり組合います。。。
Imgp5435_2 Imgp5437_2
キツイとこは擦り合わせでお願いします。
ボクはカーヴィングナイフ多用します。ココ見てる人はお馴染みの道刃物さんとこの彫刻刀シリーズですね。今度、日本の超有名原型師さんの監修で新シリーズ出て来ます。日本の彫刻刀がドンドンGK/模型ツールに広がり、なんかウレシイです。
Imgp5438
ボディと太もものパーツです。
センターに継ぎ目が見えてますが、極力パテは少なめ!!が模型造りの基本です。
その方が造るのも早く、仕上げも丈夫です。当たり前ですね。スミマセン。
Imgp5440
スポット50ブラックを噴きます。
スポット50はあくまでプライマーです。ガスに秘密が隠されてますので、分解して塗料だけ取り出してエアガンで噴いたら性能換わります。意味がありません。
黒いサーフェーサーでもいいですかって質問された事あります。そういったモノがあるんだと知りました(汗。しかし、サーフェーサーの黒って少し意味がわからないのです・・・アクリルで絵を描く時のジェッソブラックみたいな役割かな?
下地だからできるだけ強固なモノ薦めます。
Imgp5441 Imgp5442
イッキ塗り・・・昭和の車の埃だらけのタイヤゴムの色イメージして・・・
さらに下半身、シッポは粉塵埃で白ぽく汚れて・・・なんてイメージを重ねます。
Imgp5472
ほとんどエアブラシで色吹き付けて、筆で叩き込みタッチを付けていく・・・
Imgp5444
Imgp5445
組み付けから塗装まであっという間に出来ちゃいます。
あっッとはないですね(笑。でも週末楽しむにはとても楽しいと思います。
Imgp5451 Imgp5458
キットの中にはオリジナルと今回の再販で入れたヘッド2種が入ってます。
当日版権5個ご用意できました。¥58000-
ちなみにこのイッキに3個製作だから3日かかちゃいました。
だから一日1個!!・・・ということで1dayフィニッシュ!! 強引かな?
製作費は¥42000-・・・だから¥100000-ポッキリ!!
ン〜高いね(汗・・・ご依頼感謝です。
ボクは昭和の聖徳太子の時代からココの価値観をスゴく感じちゃってますから諭吉さん10枚はすなわち聖徳太子10枚・・・有り難い限りです
Dsc06947_2
そして、平成ゴジラの集大成といえるゴジラvsデストロイア、通称デスゴジ、バーニングゴジラも20周年記念として再販。
Dsc06950
当日版権パーツ集め5個ご用意できました。¥58000-
今後、このサイズの怪獣レジンキットがこの価格で出来る事はマズないと思います。
このサイズ、これほどの透明パーツを多用して当日版権・・・
敢えて当日版権でチャレンジしよう・・・当日版権の可能性を追い求めた頃の怪物屋としても集大成でした。
50個売っても大赤字、2~3回販売させていただき100個超えなら・・・っと挑んだチャレンジアイテムであり、GMKと並び怪物屋的当日版権モノのシンボル!?(大袈裟?)です。
WFばかりでなくAMEにも版権許諾していただき版権元さま大感謝です。

昨年はソフビ版完成品-大変多くの方々に歓んでいただけたようでコレまた大感謝でありました。そのルーツのレジンキットです。ヨロシクドウゾ。
Cimg2429
いきなりコスモドラグーンです。ボクはこの銃についてあまり多くはわかりません。わからないというのはこの時代ーTVも持ってなかったからです(汗。
しかし、松本零士さんは昔から大好きでした。
オトコの性処理してくれる美女型ロボットの話のセクサロイド、大四畳半大物語、男おいどん、戦場マンガのザ・コクピット・・・ほとんどこの70年代初期は大きな影響いただきました。特にセクサロイドに登場する女性の細い肩と腰の流れー、コクピット計器が画面いっぱい描かれた絵はシッカリ脳裏に刻まれました。
で、、今回AMEで販売されるコスモドラグーン・・・80-90年代を語る上では欠かせない銃なんですよね。
最初の販売は1993年ー20年以上ぶりです。当時のホビージャパンに広告も出ている伝説のGKー。
映画版「銀河鉄道999」の設定資料から、その画面から拾い起こされた繊細なディテール。
画面下がソレで一回りデカイ。
巷では夢工房 宝島 /俗称 殿手版というのがコレ。
今回、レジンキットでありながら、変形防止のため金属の鉄芯を型に入れ込みキャスティング。しっかりガッシリ組めます。
価格はナント¥10000ー
販売は先にご登場のイノウエさんと同い年で60歳オーバーの超ベテランのルックラックさん。はい、原型製作された殿手さんはこのルックラックさんです。
永い事、地下に潜んでおられました(笑。
Cimg2438
15年?20年前に造られたデビルマン造形作品も再販・・・デス。
もひとつこの方の大注目は・・・
Cimg2442 Cimg2443
会場ではこのようなギミックされた完成品を販売されます。この人の電飾・ギミックはおそろしく丁寧で、安価なのがスゴイです。
画像のガイバーは怪物屋で塗装したガイバーをルックラックさんがギミックを加えたモノ・・・あれ?逆かな?まぁ、会場でイロイロ見て下さい。
昨年はセミの抜け殻に時計ギアをイッパイ仕込んだスチームパンクフルなオリジナル1点モノが大好評でした。
皆、ギミック完成品はオドロキプライスなんで早いもん勝ちかもです。
Imgp5371_2 Imgp5373
Imgp5383_2 Imgp5386
怪物屋で塗装したガイバーです。装甲テクスチャーが描き応えあります。
目の複眼モールドも歯医者さんだからお茶のコサイサイ・・・。
Imgp5384
このキットもいいキットですね。ソフビキットも20年前に一度ピークを迎えたと思います。熱き90年代のGKカルチャーであります。続きはそのアーチストさん特集で・・・ブログラッシュ!!

|

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »