« 2015年5月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年6月

2015年6月10日 (水)

ルイスビルWF →SF トニーマクベイ工房

帰国後、さらにバタバタした中で(汗、お問い合わせ頂いた「順」に梱包作業を進めております。同時にメールのお返事をお返ししておりますので今暫くお待ち下さい。

トニーマクベイ氏の工房は先々月にも訪問紀を掲載したばかりでございます。今回は打ち合わせ後の原型お引き取りでの訪問ーですので画像中心での訪問記とさせてください。
Dsc_0986
車の修理屋さんが立ち並ぶ一角が工房ー。
一人なのにこのサイズがマサにアメリカって感じ。また双んでる車がアメリカ(^-^;
Dsc_0989 Dsc_0990
さて、マズはオフィスでのご挨拶ー。
今回のおみやげ!?は昨年末より怪物屋工房で造型探求している「ねんど星人」くんのインドサイをプレゼント。
トニーマクベイ氏のようなスカルプターを目指した日本の若きスカルプターの生物GKですー!!っと、渡して・・・ジックリ鑑賞。
トニー氏が創られているサイに触発されー、1/20スケールでまとめてみました・・・っと尊敬の念を込めて視て頂き、感想およびこの工房に置いていただきたいっと云う意向です。
Dsc_0991
GKキャリアは初めて3カ月・・・くらい・・・っといったお話をしている中で、
「サンキュウ」って笑顔で快く承けとってくれました。
特にキャリアの短さでは目を丸くされてましたが、こういうモノ創りって表現したいと思った時が旬なので、またまた次回訪れる時は更に進化した作品も見て頂きたいモノですね。
このページの最後に「ねんど星人」くんのプチ紹介入れます。よろしくどうぞ。
Dsc_0992_2
とうとうこの日が来た。
日本のメーカーから販売される世界の匠たちの造型作品が・・・この夏ー、秋,冬-2016年っとゾクゾク販売されるであろう匠の造型作品群ー。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
アメリカのアーチストたちはとにかく創るスピードが速い。日頃、映画などのコンセプトアートをしている為だと思われる。
むしろ時間を掛け過ぎるのはプロフェッショナルとして生きれないだろうし、最短時間で仕上がる材料選択も既に持ち備えている・・・。
GK、スタチュウなどの造型物の場合ー、ベテラン、実力者ほど自分の力量も知っているので「目安」でアバウトな日数計算からギャラ迄弾き出る。
表現力の力量、そのスピード、そのギャラ・・・通常は1時間、1日ナンボで出て来る・・・このアタリ日本の常識で考えるとクォリティ・コストパフォーマンスなど全てに驚くことだろう。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
ブレない企画で自己表現をしっかり持つアーティストになり創作アイテムになればなるほどスケジュールは経てやすく魅力的なアイテムが出て来ると思ふ。
そこで頑張って再び90年代のGK繁栄ラッシュになってほしいものでもある。
Dsc_1009_2
なんと、壁補修剤・・・これも造型材料。
日本では主にスケールモデルのダイオラマベースが一般的だけどクリーチャー、生物などにも使われている。
Dsc_1010
もちろんマジスカもね。
Dsc_1011
少し、特徴的なスパチュラがあった。
Dsc_0994_2
いくつもの自作のスタンピングシート。
粘土型シリコン要るしょ。
Dsc_1013_2
Dsc_1015
コレ、誰の作か聞いてなかったけど、スバラシイ工房には素晴しい作品が集まる・・
Dsc_1053 Dsc_1054
Dsc_1069_2 Dsc_1043
Dsc_1066
この工房にはツイーターヘッドのマスクとかデコマスなどがイロイロなトコに置いてある。
お友達らしい・・・これらトレーバー・グローブの作品たち。
ウマイw(゚o゚)w。
Dsc_1007 Dsc_1008
これはトニー・マクベイ氏のもう一つのコミカル造型ライン・・・ステキだ。
Dsc_1017_2
コレ、仕入れてます・・・創って、抜いて、塗ってすべてトニー・マクベイ作で¥75000-
Dsc_1020
このエイプね、手前が古いタイプで奥にあるのはジツは改良されているもの・・・
リリースを待とう。
Dsc_1019_2
怒り狂うコング。久々入荷-¥24000-
Dsc_1035_2
近日入荷のIDモンスター。御予約受付中ー!!
なんとね、今度はオペーク素材ではなく半分透明素材でキャスティング予定!!
この傑作をこの機会に是非!!
Dsc_1034
フラゼッタ好きも昂るヴァイキングー。再販要望中。
Dsc_1032_2
こんなん見〜つけた第2弾ー、スターウォーズ/ファントムメナスのJJビンクスのコンセプトデザインのプロトタイプ・・・この目など・・・よ〜く見て考えたらマクベイセンス爆裂してますねコノキャラ・・・ナンカ好きになっちゃいました。
Dsc_1064_2 Dsc_1031
スゴイ!! カッチョエエ!! オリジナルデザインのドラゴン。
今回、イロイロな造型物見て来ましたが、案外ー、コレ一番頭に残りました。
Dsc_1045 Dsc_1046_2
ライフスタイルと化しているストップアニメーション。
コレ、アーマチュアが仕込まれてたんですよ・・・
Dsc_1040_2 Dsc_1039
学生時代ーに描いたというエッチング技法のイラスト発見ー!!
ああ・・・思いだしましたよ・・・ボクもアートスクール時代ー同じように描きましたね哺乳類・・・これで動物の毛の流れというか顔だけでも複数箇所にあるツムジを理解させるんですよね・・・で、ストロークタッチに活かして行くって教えだったと思います・・・だけど丁寧です。40年前のモノが未だにこの状態であることにオドロキました。
Dsc_1060_2
ロッカーのつまみがアンキロ・・・
Dsc_1062
ハンガーフックはパラサウロ・・・これらインテリ雑貨で製品にすればソコソコイケルんじゃないか?っと思われる・・・
Dsc_1057_2 Dsc_1058
恒例の直にサインを書いていただき販売ー。
日米の価値観をソロエル事が怪物屋の信条ー。お問い合わせよろしくです。
さて、トニー・マクベイ氏の「おみやげ」として歓んでいただけたかな!?の怪物屋工房で造型探求中の「ねんど星人」くんのインドサイ画像ー。
お問い合わせはhttps://www.facebook.com/nendoseizin
又はnendoseizin@gmail.comです。もしくは怪物屋でも構いません。
Indrino1image_2
Indrino2image
Indrino3image_2
インドサイ1/20スケール:パーツ数6、価格¥7000-
ジツは怪物屋工房で造型探求する若者たちが増えて来ている・・感謝ですよ。ホントに・・・創り手も増やさなければニーズ無くなりますよね\(;゚∇゚)/
またイロイロな機会にで紹介して行こうと思います。
今日はネンド星人くんがAMEで販売した当日版権アイテムたち・・・
大体、人間スケール1/4くらい。すべてベーススタンド付きで4000〜5000円
たぶん、落ちてなければ東京WFでも初見参出来ると思われる・・・
Gmk2image_2 Gmk1image
狂犬のような凶暴な表情を+して表現されている。
Rk2image_2
「何か文句あるんかい!!」っと突っかかってきそうな表情を加えている。
Rk3image Rk1image
Gomo1image
幾多の闘い故ー、片方の角は短く三日月型になり、右目は切られ失われている・・・勇者な表情に。
Gago1image
ダダッ子のようにカンシャクで暴れている表情を求めている・・・
この「ネンド星人」のFくん、怪獣に感情を持たせ表情を付けて行く表現を目指している。
いろんなリミックスのカタチがある方がとても楽しく、ココに造型表現としての可能性もあると思う。
怪獣たちの喜怒哀楽を表現していく「ネンド星人」くんでした。
Dsc_1071_2
イロイロな事が起こり、これほど眠れない出張もはじめてでしたが、嵐の飛行機から車移動でSFからLAヘ・・・
またまた新着アイテムも届いてきているので記事と混ぜながら紹介していきます。

|

2015年6月 7日 (日)

ケンタッキーWF 移動中画像SFO カーク・ハメット展

2年前にご紹介させていただいたメタリカのカーク・ハメット氏・・・

The_mummy1_2 The_mummy2
が、所有する「クラシックモンスターコレクション」の一部がSFOサンフランシスコ空港に展示されてました。
ココSFOは昨年は日本の怪獣ソフビのコレクションを展示していたり、日本製ブリキとか、毎度毎度オタク心を刺激し、空港で過ごす時間を有意義にしてくれる空港でございます。
Dsc_0957
カーロフが好きでゴゴスが好き・・・クラシックモンスター好きは皆、この感覚を共有していると思います。ハイ。(*^-^)
Dsc_0958
映画ポスター、絵画、書籍、模型、プロップ、トイ、ボードゲーム・・・本では見た事ある・・・ってモノのオリジナルが見れちゃいます。
しかも、程度がいいです。
Dsc_0959
コレ、オーロラ/モンスターシーンの店頭ディスプレイPOPってのが超貴重ー。
そいえば当時のオリジナルハンギングゲージ、ゴルディブースから大発見・・・入荷。
Dsc_0960
フェイマスモンスターズオブフィルムランドのカバー表紙とその原画・・・
こーゆーのいいですね。コレクター心燻りますね。プラモデルの箱とその原画・・・ナンテのも至高なコレクションを持たれている方々とかコノテのコレクションを維持するには安定した経済力がジツは一番必要だったりするんですよね。
ボクは40で諦め販売の方へ目を向けるようになりました(汗。
Dsc_0961
「金星人地球を征服」の金星ガ二から出て来るコウモリ型洗脳装置。
劣化は思ったほど進行していないようだ。
ステキ〜!?ダッサ〜!?個人的な見解は前者でありますが、このような異星モンスターからこのような飛行生体型装置が出て来るアイデアそのものが素晴しく、その後の日本の特撮TV〜アニメまで影響力がデカイと思うのです。
だけど、ビリケン商会さんのソフビキット持たれている方ー、コレがオリジナルの金星ガニ塗装カラーの参考になると思います。
Dsc_0962
50年代B級モンスターといえばモールピープル。地底国という発想ー、言葉フレーズ自体がアンティック感、漂ってます。
だが、それがいい。っと思う方・・・
販売コラム・・・・・・(*^-^)
Dsc_1227_2
アースバウンドのビッグ・ヘッドシリーズのモールピープルの在庫あります。
この頃の同シリーズは1/1のバストモデルと化したシリーズでした。しかも大きな手の付いた豪華なキット。このボリュウムで18000円
Dsc_0963 Dsc_0964_2
クリーチャーのグッズ展示も多くありました。
クリーチャーって言葉はこの大アマゾンの半魚人ー3部作が普及させたと思ってマス。
半魚人のアクター/故ベン・チャップマン氏はハワイ出身であのパールハーバーの日曜日の朝の奇襲攻撃の模様を話してくれたのを思い出します。
あの真珠湾の近所だったんですね。
ハワイのレストランを御一緒させていただき、ご自身のご子息、孫まで戦地に行く軍人さんであること・・「戦争」と「人」って事を少し遠い目で語られてたのを想いだします。
ちょうど今、朝7:10ー、70年前の日曜日の穏やかな朝に空爆ー・・・真ッ先に奇襲攻撃した地なのに、真っ先に日本の観光地になり、ようこそ大歓迎/アロハ〜って。
すべて過去の事は「戦争」だったからー。で握手できる・・・って事が平和条約。
アメリカの有名なモンスターコレクターからサイドショウまで紹介してくれたりで半魚人には感謝尽きません。
販売コラム.....(*^-^)
Dsc_1228_2
だから!?怪物屋はフランケンモンスターと共に半魚人のアイテムは切らしません。
アースバンドのビッグヘッドシリーズの大アマゾンの半魚人¥21000-在庫あります。1/1スケールのピラニアも入ってます。
Dsc_0965_2 Dsc_0966
こっちはブラウニング版ですね。
ボクのフェイバリットTVドラマ「わんぱくフリッパー」の監督さんでもあるのです。キケンな水中スーツアクターを通して水を使う映像のスペシャリストになられたんでしょう。
この色ー、この色が半魚人の色なんです。
販売コラム-------------------(^-^;
Dsc_1229_2
で、これはスティーブ・ワン氏の半魚人。そう海洋堂さんからレジンキットが出ていた、アノ半魚人の1/1ヘッド。ブラックハーツ製ー、既に絶版ながら特価¥8000-数に限りあり。
キットコングス/モデルマンションの1/4も再入荷ー。
Dsc_1236_2 Dsc_1237
このね、オーロラスタイルのバスタブカーに乗ったクリーチャークレイト。
久しぶりに発見しました。リクエストも多かったんですが、複数あり年月も経ち過ぎてるのでまたコレ見て再注文お願いします。価格は¥15000-
Dsc_0967 Dsc_0968_2
そのパールハーバー奇襲と同じ年1941年に公開された「狼男の殺人」。
ロン・チェイニー・ジュニアに施したJ・ピアースの額のツムジデザインがジツに良く出来ています。ただ、「倫敦の人狼」の方がオシャレでハマーの吸血狼男の方がGK世界では人気があったり・・・(^-^;。
Imgp1413_2
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
Dsc_0969_2
マミーですよ。ミイラ再生ー。
手前はオーロラのマミーズ・チャリオット。
ン千年前の恋人の生き写しヘレンを見つけてしまい魂が蘇る壮大なラブストーリー。
販売コラム・・・・・・・(*^-^)
Dsc_1238_2
これらディメンショナルデザインズ/ディフォルメモンスターズ各¥7000-
Dsc_0971_3
この美しいポスター初めて実物みました。
それにしてもコンディションキレイ。
Dsc_0972_2
コレ、今度造りましょ。1Dayフィニッシュ・・・むつかしいかな?
Dsc_0973
Dsc_0974_2
このコンディション・・・スゴイ。
販売コラム・・・・(*^-^)
Dsc01300_2 Dsc01304_2
只今イチオシのクラシックモンスターGKメーカーのキットコングス/モデルマンションの1/4スケールレジンキット各¥21000-で奉仕中!!
さらにブライド&モンスター2セットで¥40000-
Dsc_0247_2 Dsc_0249_2
コレね、スゴイ表情がいいんですよ。またブライドは「うなじ」がキレイ!!
Dsc_0248
コノね、上から見たヘアスタイルが、ああ、ナルホドなんですよ。
Dsc_1239_2
フランス製のフランキーです。まだ少し在庫あります。
Dsc_0977_2 Dsc_0978
Dsc_0976 Dsc_0975
魔人ドラキュラ。なんかのコレクタブルブックで見てたものがダイレクトに見るとその美しさにオドロキマス。やっぱこのレヴェルを収集するには覚悟と経済力が要る様なきがします。紙って粉になりますよね・・・。いい状態を維持してメンテナンスしないといけません。スゴいモノをSFOで見れました。
販売コラム・・・・(*^-^)
Dsc_0243 Dsc_0240_2
Dsc_0245 Dsc_0242
イチオシ、キットコングス/モデルマンションの1/4スケールのドラキュラとファントム。各¥21000
個人的に見てドラキュラのキット中ー、似ている雰囲気出してるのはコレが最も良く出来ていると思ふ。手と顔がどちらも半透明レジン使用ー、これにより生っぽい仕上がりに出来てしまう。
Dsc_1240
ツイーターヘッドがGKを止めちゃったので今のところ入手不能となったトニーマクベイ原型1/6ドラキュラ¥21000-在庫少々ー。多分販売されているのココのコレだけだと思われる・・・よろしくどうぞ。
Dsc_1232_2
ジャヌスがあった頃のメーカー仕上げのベラ・ルゴシ/ドラキュラ。つまりイヴェント展示用仕上げです。
これは珍しくなったレジン版。これ塗装済み完成品で¥25000-
Dsc_0979_2
ゴゴス・カッコエエ・・・イメージを色彩に換えれる天才ですね。
Dsc_0980_2 Dsc_0981
Dsc_0982
フェンダーにキレイに描かれデザインされたカーク氏のギターたち。
Dsc_0983
このウィージャだったかな?日本で云うとコックリさん・・・
ボクには恐ろしいイメージしかない・・・
Dsc_0984
御本人・・・アメリカのギター雑誌にも納品作品を載っけてくれたらしい・・・何気にGKの啓蒙活動していただいてます。感謝。
Dsc_0985
うむむ、コレは半魚人好きなアダム作かな?
ウマイ!! もう一度、創作活動に戻って頂きたいスカルプターです。
Imgp1412_2
さて今日はSFOの模様に在庫と入荷アイテム絡めてみました。お問い合わせはメールでよろしくお願いしますyo-ko-kaibutsuya@nifty.com

|

2015年6月 4日 (木)

ルイスビルWF 木曜日LAにてコボレ画像-コンテスト2

イベント終了してからの方がムシロ忙しい・・・訪問先で聞かれて眼が点になってるし・・・そう、もう1週間が経ってる・・・。帰りの乗り換えで特に感じるケド、ケンタッキーって、ント遠いんですね。

では、そのイベントの華のコンテスト画像続けます。
Dsc_0786_3
Dsc_0779_4 Dsc_0781_3
この塗装ええですね〜。もはや自分なりの「色彩テクスチャー」どれほど持ってるかが3D色彩表現のポイントとなってます。一般的なフィギュア/スタチュウーの完成後があがれば上がる程ー、通常の仕上げでは太刀打ち出来なくなってきてます。
テクスチャータッチにも気持ち入れて打ち込まな〜みたいな〜(*´v゚*)ゞ
Dsc_0782_3
今日行ったサイドショウでも1/4が小さく見えてきました。やっぱ執念で創ったデカイ模型はデカイオーラ放ちます。昨日は小さな模型も・・・とか云いながら1/3、1/2.5ってやっぱエエですね。
Dsc_0783_4
ミック・ウッズの傑作1/35想定キングコング・・・毎回登場するケド・・・
Dsc_0785_2
第9地区のエイリアンって・・・ラットフィンクのような色使いだったかな?
0383010508
本日、この映画のデザインのデヴィット・メン氏の新作引き取り完了しました。
コチラの方々は皆ー、手が速いというか速く創れて表現に適した素材をマズ、イロイロ知った上でのお仕事。ハリウッドのクリーチャーデザインのプレゼンコンパとか手が速くなけりゃヤッテいけませんよね。恐るべしー。
Dsc_0786_8
ニッポンの宇宙船もね、毎年、毎年出て来るんですよ。
世界の松本零士さんなんです。
Dsc_0791_11
いつもながら魅せてくれる農作機器のようなSci-fiマシン。
独創的なんです。
Dsc_0792_2
で、いつもながら魅せてくれるカントリーチックなスチームパンク的センスがイカス。
Dsc_0793
フラッシュゴードンメカって言葉に出来ないほどレトロを通り越した感が素敵です。案外ー、誰が見ても宇宙船に見えるしね。インスピレーション豊かというか落ち着くラインなんですね。
Dsc_0794_4
コレ、日本から来てる「サカナくん」がエントリーした友人作品らしい。
サカナくんといえば・・・
Imgp4758_2 Imgp4776
このようなリアルモデルキットを創ってる人で、モデラ、ピクザの頃よりデジタル造型に挑み、勉強ノ為に中国工場に就職し、商業原型一筋に生きるいぶし銀のような苦労人さんです。大体、日本人に合わせた?1/7というか1/8スケールです。コレは最近になって塗装仕上げしたものですが、塗り込む程に味わい出て来ると思います。ハイ、ズッと怪物屋でキット扱わせていただいてます。よろしくどうぞ(*´v゚*)ゞ
Dsc_0795_2
スタンドデザインがよいノーチラス。
Dsc_0798
でもね、目を惹かれたのはコレですよ。
ハイ、ドラえもんの元ネタの「何処でもドアー」ですよね。
未だに続く、、、スタートレックより長い?TVドラマDr.WHOですよね。
シンプルながら模型にするとオモシロいですね。
これこそ、こーゆーアイテムこそWFなんですよね。よね。
Dsc_0800_3
Dsc_0803_2
デザイナーも頑張った。原型師も頑張った。販売メーカーも頑張った。そして製作者が一番頑張った。ジックリ見て下さい。オドロキの電飾細工に塗装処理してあります。
Dsc_0805_3
一際デカイ、スタジオスケール。
Dsc_0806_2
久々に見た発射台セット。
Dsc_0804_2
確か、日本の模型の問屋さんでも見かけたような・・・
Dsc_0813_3 Dsc_0814
ボクにはわからない日本のロボットたちも居ます。
Dsc_0818_3Dsc_0819_2
わからない中でもこれほどのロボット造型・・テキトーでしょうが始めからビジョンが崩れずバージョンアップさせながら最後迄出来てる感があります。
イワユル、テキトーパワー大爆発!!みたいな〜出来です。
Dsc_0820_2
にしてもデカイ!!
デカイとナンデモ作品って感じ強まるなぁ・・・
Dsc_0817_3
これも・・・
自由なのびのび感はココならでわかも。
Dsc_0816_3
やっぱゲストに合わせた作品もあったりしますよ。
こう見ていくと60年代の模型造型パワーってスゴイですね。
なんというかGKはまだプラモに追いついてない・・・!?(*´v゚*)ゞ
Dsc_0815_2
別次元に行っちゃってる!?・・・イエイエ、結構、見るんですよ。コノテのアイテム。
開演前の模型イヴェントの行列とか参加者も皆が思い思いに発表作品も持ってニタニタしてる・・・もちろんディーラーも作品持ってニタニタしてる・・・ココ。ココもAMEが目指すトコでございます。
Dsc_0808_2
ほとんどストレートながら雰囲気抜群。
Dsc_0810_5
これも・・・
Dsc_0821_3
たのしい怪獣・・・
Dsc_0822_4
プラモデルになったゴルゴ。
仕上げイメージは燃える英国都市歳・・・
Dsc_0824_2
たのしい怪獣・・・っと。
Dsc_0829_5
この連邦の宇宙船はスクラッチビルドかな?
Dsc_0825_4 Dsc_0828
電飾から塗装・・・このクォリティは半端ない。画像クリックして見て下さい
美しいアズテックが見続けていくと出て来ます。
Dsc_0831_12
オシャレなストリームラインの宇宙船。
ウルトラマン/ジェットビートルもキレイ仕上げよろしく・・・
Dsc_0834_2
やっぱ白い機体にブルーのパンナムでしょ。ほんと美しい。
この2001年/宇宙の旅で姿を現したスペースプレーンを超えるデザインって見た事ない・・・。1960年代は人類が宇宙に出て立つのに10年も経たなかった。
科学ばかりか音楽/ファッション/生活スタイルなど文化も飛躍的に延びた年代。
20世紀に入り自転車屋さんが揚力を利用し飛行してから宇宙まで行くのに僅か60年。
・・・しかし、ソコから50年は何かソコをなぞって生きてるような気がしてきた。
模型を通してこんな感情を持てるのも素晴しいと思える。

|

ケンタッキーWF 水曜日 こぼれ画像 コンテスト

サンフランシスコでトニー・マクベイ氏から新しい原型引き取り済ませ、SFからLAへ・・・東京-大阪間行くよりちょっと長いドライブ・・・体力的消耗より精神摩耗な感じがヤバす(@Д@;

20年以上続いてるコンクテスト、展示品の画像集ー
Dsc_0730_10 Dsc_0734_2
Dsc_0733_4 Dsc_0945_3
おなじみジム・ローレンスのステキな毒気あるクドい描き込み!?
Dsc_0947_2 Dsc_0948_2
Dsc_0738_5 Dsc_0737_13
ボクはコノテのカリカチュア×リミックス的な造型が今後増えると思う・・・
とてもステキなんです。
Dsc_0739_2 Dsc_0740_2
Dsc_0741_3 Dsc_0774_4
フィルミー、ダンダン造形的に完成度高くなってますよね・・・上からではなく・・・ドンドン素敵になってます。
Dsc_0742_2 Dsc_0743
Dsc_0744_2 Dsc_0746_3
魔女・・・オーロラ時代からエエ、モチーフですよね。
Dsc_0745_5
Dsc_0747_3 Dsc_0748_2
割と洋もんにある製作者側のモデルキット。モノクロ仕上げが美しい。
Dsc_0749_4
今回、わりと見かけたジョン・デネットのカーロフモンスター。洋もんGKで最も多いGKは?と聞かれるとこのアイテム。毎回毎回どのスケールで出ても素敵です。
Dsc_0750_6
ア〜コレわっ!?とかクリックしてお楽しみください。
Dsc_0752_4 Dsc_0754_3
家の模型は素晴しい作品しか見た事ない・・・。
Dsc_0756_10 Dsc_0759_2
バジル・ゴゴス風フィニッシュを一般化させたジェフ・キャンプ氏の新境地ー。
*要、画像クリック
Dsc_0757_2
AFM最新号でも出て来る彼の巧さを是非見て下さい
ボクが思うにサイドショウのトム・ギリラント氏もDフィッシャー氏もテクニックより色の出し方、使い方、配色センス・・・主にココのコダワリで作品は左右されると思います。テクより色出し・・・コレ重要です。
Dsc_0760_3 Dsc_0761
このセンスもアメリカらしい。模型の完成へのモチベーションはこんなコンテストがあるから生まれると思う。
Dsc_0763_5 Dsc_0764_4
ジャック・デービスの事はココで何度か書いたけど、野球用品のSSKさんが1980年代にこの人と組んでSP展開した事がある・・・ボクは大変憧れてとても羨ましく思った。案外、日本とも馴染み深いイラストレーターさんです。
Imgp5851_6
そういえばモンパルで販売告知していたこのモーションポスターがソロソロ送られてきます。・・・予価2500円
Dsc_0766_2 Dsc_0784_3
Dsc_0807_2 Dsc_0789_3
ジツはね小スケールもあるんですよ・・・
今回、持って行来やすいから怪物屋も参戦してたりする・・・シルバーおめでとうMくん。
Dsc_0812_6
ジツはを続けると、、ジツは怪物屋でもヨク売れるリンゴたち・・・お待たせしてます。
ジツはサイドショーでリアルフィギュアからクリーチャーまでバリバリこなすアルフレッドの作品。ジツは今から会いに行ったりする・・・
Dsc_0767_11 Dsc_0768_2
アメリカにも熱狂的な横山氏ファンは多い。
やっぱGKの世界に1/20スケールを普及させたのはタカラでもなく、タミヤでもなく、バンダイでもなく、横山氏だと思う。
Dsc_0769_6
昔、長期入院を余儀なくされた模型マニア、少しお金持ちのアニキ分の部屋はこんな感じだった・・・
Dsc_0771_11
Dsc_0772_3
Dsc_0775_3 Dsc_0776
こーゆー作品、、、ここでしか余り見えないよ。クラシックモンスターは不滅です
Dsc_0777 Dsc_0778_4
で、今回のAFM賞はデビッド・ディルー。
欲しかった賞でショウ。本当にオメデトウ!!
ボクのNY実演公演にも楽しみに来てくれました。こんなにカッチョエエ男です(*^-^)
Image1 Image2_2

|

2015年6月 3日 (水)

ルイスビルWF コボレ画像-只今サンフランシスコ

嵐の為、大幅なスケジュール変更発生ー(ノ∀`) アチャー

今、サンフランシスコのモーテルです。が、今日にはクルマでLAへ行くスケジュール。出来る限りお問い合わせメール返信しますが、レスポンスはご容赦下さいませ。
基本的に販売されてるモノはほとんど持って帰ってます。
今日から原型引き取りでアーチスト宅訪問です
Dsc_0909_16 Critter80s
マークヴァンタイムの新作クリッターです。
1980年代を象徴する小型モンスターですね。
ミック・ウッズのThe Thing、物体Xもそうでしたがどうもクリアーパーツのドールアイをパーツ化するようです。
このキャラは塗るの楽しそうです。で、毛並みの表現ー、ナカナカイケてました。
Dsc_0376
スパイダーゼロ/サイモン・リーのモンパル限定の「カボチャの中身はエイリアン」ってキット、箱付きで発見しました。これは持って帰るの少なくて、ご要望の数に達しませんでしたが、多すぎるので改めてお問い合わせいただければ幸いです。
Dsc_0391_2 Sealab_2
1960年代アメリカ海軍の海洋深海の人体実験ラボが再販されます。コレ、やや元気が無くなりかけてた時期のオーロラの「力の籠ったモデルキット」でした。こちらも一生懸命、再販希望者集めてました。ハイ、二つ返事で注文してきましたよ。
こちらの御注文ならびお問い合わせもよろしくお願いします。
Dsc_0427_2
昨日、紹介した「クロニクル」で販売するフィル・ティペットの創作モンスター。
流石〜な造型です。同じく御注文OKです。
Dsc_0484_2
これらの画像ー、出したかどうかわからなくなって来ました(汗
ココには絶版って言葉が当てはまらないような洋プラ、イッパイエッパイあります。。。今から遅いのですが再販アイテム等、コレクションの抜けアイテムはメール等でお送りいただければ探します。
Dsc_0494
カット ア ウェイって乞う見るとステキですね。
Dsc_0497
Dsc_0498
ビル・ウィガー原型/ポーラライツのレジンキットシリーズはどのテストショット見てもすこぶるキレイ。当たり前か!?
これだけでエイリアンの版権抑えるのオカシイと思うので・・・ビルに次ネタも聞いて来た。・・・しかしPLとは限らない・・・みたいだ。デジタル造型を操りまくる彼は135(*^.^*)暴走モード突入した。
Dsc_0717_2
会場にはイロイロな模型文化に関与するアーチストさんも居る。
Dsc_0720 Dsc_0722 Dsc_0723 Dsc_0721
Dsc_0724_2
改めてビル・キャンベル氏のスゴさを見ました。
ガチガチのスケールモデルからファンキーなサブカル系?までこなす人って・・・
居るには居るかな・・・皆、ベテランさんばかり浮かんできます・・・
で、皆、模型と関わり合っておられますね。
それにしても60年代パワー感じます。
Dsc_0718_2
お馴染み、ウィリアム・スタウト氏はWFに欠かせません。
そういえばこの1/6キットまだ在庫あります。
Dsc_0715_2
モンスター絵師マーク・マドックスの描くモンスターはホント色使いがキレイ。
日本の怪獣も数多くあります
http://maddoxplanet.com/
そしてこの原画絵が450ドルで買えちゃうんです。
Dsc_0726_2
このWFリトグラフにグッときました。
このWFではベテラン造型師、モデラーが子供達に無料レクチャーしてるんですよ。
また、通常のモデラーさんたちにも朝からみっちり教えてくれちゃうんです。
・・・そう、ジツはAMEの目指すところでもあるんです。
この絵がWFってイヴェントの本質と未来を描いてる気がしました。
Dsc_0935_2
スタジオスケールの60cmジュピター、ハイ、在庫あります。
わすれてました。見て思い出しました。
今度、このアタリのスタジオスケールもんの在庫確認して紹介していきますね。
Dsc_0727_2
エド・ロスの愛弟子というかエドロス氏のイロイロな伝説を現代に伝えるお役目もされてるジェフ・ガイザー氏。
大変な興味をもってくれましたよ。DUNKのラットフィンクに。
そういえば元々のレジン原型はエド・ロスミュージアムにも展示されてたりするんですよ。再販分募集中なのでヨロシクドウゾ。
Dsc_0932_2 Dsc_0933
もう一人、RFに大変な興味を持ってくれたジミー・フリントストーン。
この人が云ってくれてRFプロジェクトは始まったようなものでした。
彼ントコのロケットガールって近年の傑作ですね。
この1/6、1/7かな?のガールキットが50ドルで買えちゃうんです・・・。
恐るべしジミー。
Dsc_0936_2
タールマンでしたっけ・・・モデルプリズナーの新作!! 1/4スケール。
Dsc_0940
Dsc_0941
しかし、いつもながら5ドルとかのアイテムも各ディーラーさんご用意されてるんですよ。
コレね・・・日本のキャンディトイをバンバン売れてた時期があってこうなった様な気もする・・・でも大体このような「おみやげGK」売れてるんですよ。
USGKの換わっていった部分でもあります。
Dsc_0479_2
フィフス・フリーダム・モデルズといふコスプレキメタおねーさんのモデルキットたち。これら1/6から1/20までジツはあったりで1/20はベーシックになってきてるんですね。
Imgp5527_2
さて、ココ、サンフランシスコに居るって事は・・・このスタジオに行ってきます。
Imgp5528_2
GK界のレジェンド、トニー・マクベイ氏からの新しい造型物の原型をチェック&お引き取りに来てるんです。
何か買えるものあれば購入してきますね・・・
この後は・・・
Dsc_0238
デビッド・メン氏に・・・
Dsc_0222
ポール・コモダ氏・・・まだまだ続きます。が、週末には帰ります。
よろしくどうぞ。

|

2015年6月 2日 (火)

ケンタッキーWF 月曜日 こぼれ画像 クロニクル他

悪天候につき、スケジュールが大幅に変更されたので、再び更新(^-^;

やっぱ会場で最も華々しいディーラーをしっかり紹介しないとね。
よ〜く、どこから手に入れたの?ってプロップモデルを提供してくれてたポール・フランシスがディレクターの「クロニクル」ってメーカー。
Dsc_0928_2
Dsc_0930
Dsc_0931
この劇場用POPというかスタンドポスターを背景に使ってるのもオドロキでカッコ良かった。
こーゆー劇場用POPって劇場側が購入するらしい・・・って事をはじめて知った。
ちなみにコレナンボ?って気になるじゃない?
答えは2200ドル・・もするらしい。日本円で280,000円だよ。マジで高い。
コレ、アメリカの価格だから、日本ではもっと高いかも。
だから集客効果抜群なアイデアが要る訳ー。
このノーマルな顔からスカルが透けて見える効果のLEDを多用した光源モーションはアイデア抜群!! コノテのコレクターさんっているのかな?
貰えないっナンテ劇場も大変だねっと思うより、よくコレ手に入れたなポール・・・って思ってしまう。
そんな力の入った製品なんですよ。
Dsc_0913_2
実際、コレ試作でNGらしい・・・渾身な製品がもうじき現れる。
あっ、御注文も受け付けますよ。初期のサイドショウの時と同じように現地価格×円レート+シップが目安です。
Dsc_0918_2 Dsc_0916_2
Dsc_0914 Dsc_0915_2
このスピナーのスケールは1/43。インターナショナルスケールをわすれません。
ただコレはポリススピナーカーなのでポリスが付きます。
デカールは?デッカードは?何番?
答えは想像通りなので、カスタムは自由だよって。Tくん。
10_2 09
03 04
しかしながら驚くのはこの販売価格・・・60ドルらしい。
攻めるね・・・完成品なのに買い易い。
Dsc_0919_2
設定ブラスターまで量産化。
Dsc_0924
今度のエンドスケルトンはね。やや濃いシルバーなんだって。ソコ、コダワッタポイントらしい。これも通常より安い5~600ドルだったかな・・・
ボクの目はいつもエンドスカル持ってるポール見てるから、エンドスカル、ビッグチャップ=ポールって感じがします・・・。
ポールの熱い情熱の製品ですね。
Dsc_0925_2 Dsc_0927
ジュラシックパークT-rex
故スタンウィンストンがこのモデルの腹を持って持ち上げてるアノ写真と同じものを製品化。ジツに2mくらいのモデルですよ。
もちろん彩色済みで2500ドルくらいを設定しているとの事ー。
嘘みたいに安いんじゃ!? コレを20年くらい夢に見てた人ー、チャンスですよ。
素材はFRPー、壊れんよ・・・ポーズは自立するよう換えるらしい。
雛形のこのままでもいいけど・・・ってもスタンドが高価になってしまう。
ここらがディレクターとしてまとめる技量次第ー。きっと素晴しいモノになるでしょう。コレ、限定生産が極めて少ない2桁から・・・それを巧く廻していくコレクタブルな大型プロジェクト。
アイコン社とかこれまで大型アイテムで失敗した数々の例をみても確実な個数を最小で生産できる工場を抑える事が今後のプロップメーカーの宿命かも・・・
Dsc_0926_2
スタンウィンストンのT-rexといえば腹ですよ。トニーマクベイ氏のリドザウルスよろしく腹にディテール入れる発想は絵コンテから来たものかもしれない・・・っと勝手に思ってるんだけどベンツを追いかけるローアングルではココにモールドが絵面的に欲しいトコロだしね。
Dsc_0921_2
スターシップトゥルーパーズのロジャーヤング。
皆さんモデルキットですぞ。これはモデルキット。しかもハイテックキット。
金属パーツ多用して気持ち良く丈夫に仕上がるよう、設計されてます。
ポール自ら凄腕モデラーなのでこのアタリのツボ外しません。
そして価格も550ドルー。
既に3日前の画像掲載で御注文頂いておりますが早くて今月ー来月納めデス。
Dsc_0922_2
さぁ、ホラーファンは狂気のアイテムの登場です。
ユニバーサル+バジル・ゴゴスのダブル版権を払い実現した1/2or1/3サイズのバストモデル。ペイントマスターは2Dを3Dに天才的に反映させるJキャンプ氏。
これがナント160ドルなんですよ。
大好きなクラシックホラー、入れない訳にはいきません・・・
御注文お待ちしております。
溜まったマイル使ってどっさり持って帰りましょ・・・(^-^;
Dsc_0904_2
久しぶりにナンシーって看護婦さん見つけましたよ。
Imgp0056
塗ると結構いいんです・・・
Imgp0107_2
後ろ姿がイカス・・・
 
たまたま売ってるミグエルが隣にいます。彼はホントGk好きです。
メキシコは案外GK好き多いです。
Dsc_0910_2
Dsc_0902
Twistyって人気ありますね・・・
[Twisty]で検索すると狂気な画像エッパイ出て来ます。
上はマークバンタイム、下はガルシアの1/6ヘッドシリーズ。
コレ、ナンカ、ペイントしてるとヤバそうなもんに憑かれそうでゴザイマス。
Dsc_0905
今回、案外嬉しかったのは15年ぶりミック・ウッズと隣り合わせた事・・・
つまり久しぶりに新作ラッシュだったんですよ。
ホントは大阪のとあるXメーカーからもこの人の原型が出るトコだったんですよ。
10年以上経ち時効だろうから書いちゃってマス(^-^;
ウマイ、ヘタは別としてホントにレイ・ハリーハウンゼンが好きだーって造型なんです。丁寧なんですよ。サイクロプスって洋もんモンスターって云えば・・・みたいなキャラですよね。この絶妙なバランスはユニバーサルモンスターと双ぶ人気もんです。
Dsc_0908
もひとつWオブライエンのキングコングも彼の得意なモチーフ。
いつもながら愛情注がれた彫刻がステキです。
↓こぼれ画像続く クリック

|

2015年6月 1日 (月)

ルイスビルWF 日曜日

前夜祭/搬入日で恒例の挨拶交わし、開催1日目ーああ、やっぱりってアイテムが消化されていきます・・・。ココでディーラーダッシュ!!ってのはナシです。

あくまで余ったら置いといて・・・ってスタンスー。コレをズッと守り通してますので持って来れなかった、或は再生産していただき入ってきます。
持ち帰れなかったキットもありますがお問い合わせは引き続きよろしくお願いします。yo-ko-kaibutsuya@nifty.com
Dsc_0858_2 Dsc_0859
朝の会場を徘徊するM3スチュアート。タミヤ流に云うとヘッジホッグ。
こんなシロモノも売っていたりする・・・ココでレポは控えるがスケールもんなど各ディーラー持ち込みを見るのも楽しみだったりする。
という事でしばらくコボレ画像お送りします
Dsc_0860
最近、ショウが終わる毎に買って帰るガレージキットUS.
Dsc_0861_3
Dsc_0862
Dsc_0864
Dsc_0865_2 Dsc_0879
Dsc_0886_2 Dsc_0877_2
Dsc_0890
南米スカルプター/ロベルトはUSGK界の救世主の如く、素晴しい新作仕上げて来ます。好きか嫌いかは別として個人的な近年のイメージではジョー・サイモン、ジェフ・イェーガー、ビル・ウィガー、ロベルト・・・ってな感じでその圧倒的な製作スピードとクォリティーはGKならではの・・っと感じます。
美しい悩ましい量感タップリに表現されたロベルト作品ー、持って帰ってるのでよろしくどうぞ。
(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ
大評判の今度のマッドマックスから
Dsc_0871
映画で印象深いマスクのプロップモデルキットが販売!!
カッチョエエ〜〜でしょ。コレが2万前後で買えちゃうよ〜
んだけど、問い合わせ多かった狼男アメリカン。
Dsc_0872_2
これはシリーズの始まりで幕開けだったのですよ・・・
既に次回、次次回と原型は上がっており、GK工場と化したBWプロジェクトは造型的、仕上げ的にも昂るので個人的にも応援したいシリーズであります。
1/6スケール、ショウプライス$165ーを・・・応援価格!!ASK!!(現状レート変動中でまだ考えてないです(汗)
Dsc_0873_2
これらのメカって入れると同じ方が買われてるので店で見る事は出来ません・・ってネタ。
大御所Jデネット氏
Dsc_0876_2 Dsc_0875
レベル社のソフビなどリアル造型が印象深いですが、GKはユーモアたっぷり造型なんです。仕上げで楽しめますよね。
Dsc_0874
おおっ、TOKYO WFに来てたMATT氏が何個か買っていただいた記憶がありますが、この会場で見ると・・ナンカ嬉しかったです。価格も日本の怪獣GKを啓蒙活動していただいている控えめな完成品価格・・・とはいえ安くてウマイ!!ネット社会だから世界相場の価値観って重要ですね。ココで勉強したりして出来るだけ世界共通な価値観相場で完成品仕上げてます。
Dsc_0868_2
FXのフランキー発見!! ナツカシイ〜、だけど価格も同じ。
こういう価値観が同じなのがイイですね。
Dsc_0878_2
ロブでーす。
Dsc_0891
ニューヨークで云えばヤンキーズファン。大阪で云えばトラキチ。
ピッチャー田中の事をマークンって教えました。声がデカイので放送に入るかもです・・・怪物屋野球チーム「Monsters」ってユニフォーム配布シマス(*^-^)
1432728321347_2 1432728315716
割とニュース画面ジャックしてる模様です(*^-^)
ジツは海外イベントではチームシャツだったりもします(^-^;
文字刺繍がメタルシルバーでよ〜ロゴ光ります
ハイ、スミマセン┐(´д`)┌ヤレヤレ
Dsc_0882_2
会場で見つけたマーク・ニューマンのムーン・シンガー
大体コチラ相場で$300~
この、日本とアメリカの食い違いがあって・・・これはこれで大変です。でも、知っとかな〜って事で聞いて廻ります(^-^;
伝説のオークションで
Dsc_0899_3 Dsc_0901_3
ゴルディオークションといふコレクタブルホビーアイテムのオークションがありました。
まだネット普及していない時代ー、郵便とFAXといふアナログ時代のオークションでした。
主催者のゴルディ・ダッド氏はオーロラとかホークといったフィギュア系プラモの同人誌を数多く出版されました。その中心がキットビルダーズです。
どんどんGK寄りに傾くと共にネット時代に換り、ゴルディオークションもなくなりました。
個人的に随分ー、落札させて頂きましたよ(*^-^)。
そんなこんなでKBは編集責任者も移り変わっていき内容も換わっていきました。
しかしながら初期KBでよく特集していたマイク・ジェームス氏のガール造型は未だに新鮮に見えちゃいます。
さて、そんなゴルディさんもWFではディーラー復活されてるんです。
探せば探すほど、出て来るんですよ・・・KB初期の遺品!?が(*^-^)
そして今回、ゴルディKB時代のキットが復活!!
マイク・ジェームス氏とシミアン・プロダクション/バルサム氏のモデルキットが15年ぶりに復活したんです。パチパチパチ!!
しかも当時と同じ価格・・・パチパチパチ!!
また当時と同じような円安情勢・・・
だから頑張って当時と同じ価格で販売予定・・・6~7千円台!?
マイク・ジェームス氏のキットがこの価格で買えるんですよw(゚o゚)w。
パチパチパチ!!??
よろしくどうぞ。
*空港行ったら・・・嵐で飛行機飛ばなくなりました!!(゚ロ゚屮)屮
 この後ー、LA-SF予定が・・・
 で、ホテル帰って更新した次第・・・このまま続けます。
 よろしくどうぞ 

|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年10月 »