« 2016 東京コミコン出展 | トップページ | 東京コミコン スゲェ〜パワー »

2016年11月28日 (月)

2016東京コミコンー怪物屋の場所

今日、最終的な平面図が届きました。

展示ゾーンという以外な場所に怪物屋はあります。
この第一回目の東京コミコン、ホンモン!?プロップ展示アイテムを見るだけでも価値ありそうなスゲェー場所付近にあるので気合い入るというかプレッシャー感じます・・・。
今回、今年のワンダーフェスト2016のベスト・オブ・ショウをいただいた作品も展示させていただきます。
Dscn0023 Dscn0024
AFMの最新号#62でもデッカクご紹介していただいた作品を是非ご覧くださいませ。US$10となったAFMですが、怪物屋始まってずっと¥1000-で販売してるから、今回もショウスペシャル/ベスト・オブ・ショウ記念特価の¥1000ーで販売します。
しかも今回の特集ザッツ・’70s イッシュウ!! ぼくら50代はやっぱこの年代が青春時代ー、しかも表紙がデビッド・ボウィー・・・うーん、ロックアーチストが表紙になるのってコレが2回目かな? オハイオのAFM編集部尋ねた時も近くに「ロックの殿堂」があった。70年代はやっぱGKアイテムには魅力的なのだーって特集かな。中身は観てのお楽しみで。
Dscn0979_2
そして70年代といえば・・・手塚治虫!!!
今回、怪物屋と同じフロアーで共同出展していただくAGM(アクティブゲーミングメディア)さんー。社員さんの8割以上が外国人クリエーターの集団ですが、この会社が真剣に取り組んでいるゲームが手塚治虫ワールド!!
あの完成されたキャラクターを国内外のアーチストがリブートされているんです。
そう・・・昨年まで個人的に怪獣のリブート造型をしていた自分にとっても、とても興味を抱いた会社です。
ちょうどゲームの配信時期と被るタイミングでの出展の運びとなりました。
驚きのマグマ大使とかリアルなピノコ、御茶ノ水博士・・・会場で手塚キャラリブートを是非ご覧いただき、設置したパソコンでゲームにトライしてみてください。
あっ、このブースにも驚きのゲストが来ると聴いてます・・・
詳しくは・・・会場で。

|

« 2016 東京コミコン出展 | トップページ | 東京コミコン スゲェ〜パワー »

イベント情報」カテゴリの記事