« 2018年6月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月23日 (日)

LAの空

雨が多いですね・・・

LAの空って誰が何処を撮ってもスカッと晴れたアメリカになる・・・
んだから、僕はLAに来ることになりました。
そもそも、四半世紀前・・・スポーツ系アパレルメーカーのアートディレクターとして、モデルさん一杯手配して国内で撮影するより、ほとんど雨の降らないLAでの撮影の方が何処でも許可されやすく撮影しやすくモデルさんたちもワンサカ・・・なので絶好のロケ現場。
日本でロケ撮影する場合ー、雨が降った場合ー、ロケ地、モデルさん等のキャンセル料が半端ない金額になるので、数多くのモデルさんの撮影が絡むとLAーってなるんですね。
最近のアメカジのメンズファッション誌見ても殆ど馴染み深いロケ地でなんとなく懐かしくもあり、雑誌見ても、ついつい背景ばかりチェックしたりしますです。
その後、このお仕事を通して、空き時間に様々な模型店、工房を訪れ、GKイベントとも出会し怪物屋を始める事となりました。。。なんの話!?って感じてありますが、歩いているとロケハン気分になってます。
それにしても何処を撮ってもそれなりに絵になる ぁ・・・さすがハリウッドって感じであります。
Img_20180916_093651 Img_20180916_093759
Img_20180916_093531
Img_20180916_093222
・・・って、多分、パームツリーが好きなんだな(笑。
どう?1980年代風、イラストレーターの永井博さん風のつもりでパシャ!しました・・・!?わかる人・・少ないかな? 画像加工無しでパントーンカラートーンバシバシになるのが楽しい・・・わかる人、いよいよ少ないかな?
スクリーントーンは画材屋さんで最近見たけどパントーンカラートーンってまだあるのかな?
創建されて90年を超えたチャイニーズシアター。
メルズドライブインがプラモデルになるんだから、この劇場もプラモデル化したら面白いと思う。もちろん、入り口の足形、手形も入れて・・・何度見ても柱の装飾彫刻が面白い。
もし、もし、発売されたらマイティージョーヤング造形製作してディオラマにするよ。絶対!! あの映画のシャーリーズ・セロンが僕は一番好きだ。
Img_20180916_084434_2
LA行くと、個人的な市場調査・・・!?で訪れるサンタモニカの有名なトイショップで・・・
Img_20180916_042136_3
なんと、ウエタのスタチュウが爆安!山積み・・・
9ドル・・・また、画像無いけど10年前のスゲースカルプターのスゲー造形のスタチュウが5ドル・・・
Img_20180916_035320
実はこういうのそれぞれの場所で色々とあったりする・・・
んでも、僕はこの恐竜ヘッド、スカルピーとかエポキシクレイとかで肉ずけ復元したい・・・
カッチョイイバストモデルが出来る!! またサンタモニカ行かれる人ー、トランクに余裕ある人ー、是非のアイテム。
Img_20180916_035446
プレデターがいささか強引なヘアーな気もするけど・・・植物植えるオモチャ・・・
んで、此処でも・・・やっぱりボブ・ロスさんが人気!!
何故!?
亡くなられてそろそろ四半世紀・・・
本屋さんでも色々出版されているけど何故に今なんだろ?
Img_0003 Img_0001
Img_0004 Img_0002
NYのジャージーフェストでもご紹介したボブ・ロスさんのGK-!!
今回の一連のご紹介アイテムでも一番人気!?
時代はボブ・ロスさんのデカイ平筆の色彩豊かな速筆パフォーマンス!!
Img_20180917_023309 Img_20180917_023014
その昔ー、コックスのスロットカーをゲットしたこともあるスワップミートに立ち寄って・・・
足を広げると1メートルを超えるフル可動の蜘蛛と1/1の威嚇猫どちらも電飾で目が光って15ドル、10ドル・・・やっぱハロゥイン時期は楽しい・・・。
ハリウッドだからの工房は訪れたい・・・
来年公開の大作ムービーの俳優さんをスキャン作業されてたジェントル・ジャイアント訪問
もちろんシークレットでした。
Img_20180918_072619
Img_20180918_072007_3
素敵なフィギュアマケット・・・後ろのオリジナルコンセプトのフィギュアも好調のようです。新作色々・・・。
Img_20180918_072630
だけど、最近のジェントルジャイアントといえば・・・ケナー社の3.75フィギュアをデカくしたシリーズがモーレツにオシャレ。というか大人の癒し・・・系トイ!?
ライフサイズの3.75・・・ステキです。なんだか美しい彫刻にも見えるのが不思議・・・
この癒し感覚は日本の怪獣ソフビと共通するところですよね。
以前、GIジョーもライフサイズになっておりましたが、より小さな3.75をデカくするアイデア自体がアートですね。
Img_20180918_073549
んで、ケナーといえば・・・僕的にエイリアン・・・このデカくなったエイリアン、3色持ってる人、置くとこある人スゴイです。
前に紹介したサンタモニカのトイショップにまだストックがあったような・・・
して、久々に連投更新させていただきましたが、前半にも書かせていただいた通り、買い付けたアイテム、偶然発見したアイテムなど11月4日のマイドームおおさかで開かれるスーパーフェスティバル大阪5に出店、販売させていただきます。
もちろん、お問い合わせは常に受け付けておりますが、工房での作業が忙しく、即のレスポンスはお時間いただいたりしておりますが、製作方法、塗装方法などのノウハウもしっかりとお返しさせていただいております
yo-ko-kaibutsuya@nifty.com
また、10月28日のインテックス大阪にて行われる第3回おおさかホビフェスにて
エアテックスさんのブースで塗装デモンストレーションを行う予定でございます。
エアテックスさんとは、創業された2000年からのお付き合いでありまして、最初のエアテックスさんのカタログの片隅には怪物屋作品集!?とゆうか随分、仕上げた模型作品を掲載していただいたご縁もございます!
人肌表現、クリーチャー表現、アイテム等未だに何も考えてはおりませんのでご要望等ありましたら、色々と検討したくもございますので上記アドレスへご連絡くださいませ。
近く、またご報告差し上げます。よろしくどうぞ。

|

2018年9月22日 (土)

モンスターパローザ2018秋

取り敢えず、画像羅列です。

モンパルの秋は初めて来ました。が、モンパルの会場は元々、このマリオットだったと思う・・・

来場者数が増えて春はパサデナコンベンションセンターになったのでは・・・っと勝手な推測。

にしても、雨のNYから一時、1日半だけ大阪へ帰り、 LAへ出発・・・。

LAはいつも通り大晴天!!

Img_20180917_052744

行ってる間で最終回になってしまったTV ドラマ「この世界の片隅に」とくべつ見てなかったけど、

アニメ映画では冒頭と最後に出てくるクランプス・・・

クランプス!?って設定かどうか僕は知りませんがクランプスでしょ?アレ?

昔、泣いてばかりいると山男に連れ去られるで〜っと、僕も云われておりました・・・

昭和30年代のお話ね・・・

だから、あの映画ー、戦後生まれの僕だけど、すごく溶け込みましたです。ドラマでは特殊メイクで登場したんでしょうか?個人的に気になります。

で、モンパル来る度ー、誰かがクランプス造って発表してるんですよ。

このブログでも5-6年前から定期的に出て来るクランプス・・・好きなのかなぁ?個人的に気になるキャラクターなんで毎回、上げちゃいます。

Img_20180915_114612

このお団子のようなまとまり・・・気に入りました。

Img_20180915_114553

んで、モンパルーといえば、モンパルレポートといえば、、モンパル造形レポートといえば、、、

毎回ご紹介させていただいているダグさんです。

すべて一点物の造形なんですが、その世界観・・・この人の湧き出て来るアイデンティティーは圧巻です。生で観る楽しみー、毎回楽しんで拝見させていただいてます。

Img_20180915_114840_3

Img_20180915_114738

Img_20180915_114758

Img_20180915_114727

Img_20180915_115247

Img_20180915_115231

Img_20180917_074856

ンで、ファンタジーオリジナル造形ーというには完成度抜群のアントニー・ワトキンス氏!!

3−4年前はドラゴン造形が比較的多かったオリジナル造形アイテムですが、最近はこのような魔物が多く、そのオリジナリティー度が凄い!! 相当なデカイサイズですが、細部まで生きてるようなディテールが施されてとても魅力的な造形です。

もちろんレジンキットです!! 最後らへんにプライスリスト載せてます、このブログ、拡大し難いと不評でもありますが、御免なさい。僕では変えられません。

Img_20180917_071850

Img_20180917_071835

Img_20180915_130242

Img_20180915_130210

Img_20180915_130227

Img_20180915_130302

Img_20180915_130309

Img_20180915_120435

Img_20180915_130219

ナメゴンって知ってる?って尋ねて見ましたが、知らんーって・・・

んでもヌメヌメ有機体の生き物造形物はインターナショナルなファンが居るということかな。

Img_20180915_114955

Img_20180915_115036

これは面白い。

僕は子供の頃、鏡台にある母親のカメオの細かい造作が大好きで、何度も何度もオモチャ箱に入れてましたが・・・何度も何度も取り返されておりました・・・。

Img_20180915_120812

Img_20180915_120821

こちらでもガチャマシーンをイベントで使うのが出て来ました。

カラーレジンがPOPで良い・・・。

Img_20180915_123749

Img_20180915_123743_2

やっぱ、クラシックモンスターは一つは載せておきたい・・・

レイ・ヘルナンデス氏のモンスターGK...

Img_20180915_123820

Img_20180915_123826

Img_20180915_123857

Img_20180915_123928

LAだから、モンスターズインモーションも出店

オーナーのテリーのフェイバリットはグリーンガルガンチュアとブラウンガルガンチュア・・・

入れてくれてて有難うのサンダとガイラ!!

Img_20180917_073537

Img_20180917_080741

この黒い幕を捲り上げるとテーブルの下は往年のレジンキットがワンサカあったで。

僕が来ること予想してた? (笑!?

とてもレトロなベン・クーパーのお面ビジュアルが数年前からトレンド!!

この版ズレ感がホント心地よいんだけど、この感覚も世界共通かな?

日本では1980年代のオロナミンCのアドでの湯村テルヒコ氏のイラストが懐かしい・・・。

久々の版ズレアートの嬉しい復活!?

Img_20180917_080802

お洒落なTシャツも版ズレ感を演出!!

Img_20180917_072155

・・・・思い出せない・・・スミマセン。しかもボケてるスミマセン。

Img_20180917_075201

あ、これ、アントニー・ワトキンスのマグネット・・・通常よりデカイよ。丁寧な造形に注目!!

Img_20180915_130203

Img_20180917_072416

Img_20180917_072328

サンフランシスコからディメンショナルデザイン。

Img_20180917_072836

これ、懐かしいなー20年くらい前のマッドモデルパーティーで売り出してたストックだと思う・・

Img_20180917_072535

1994年、ジュラシックパークのコンセプトアートのオフィシャルプリント・・・

四半世紀が過ぎ、今、問い合わせも多いジュラシックパーク。じわ〜っと来てます!!

Img_20180917_072456

鉛筆一本で勝負するアート系ディーラー。

彼はX PLUSの大ファンでありました・・・ありがと84ゴジラアート。

Img_20180917_065746

Img_20180917_065756

Img_20180917_075113

Img_20180917_075120

Img_20180917_072005

Img_20180917_071956

今回、一番会いたかったジョーさん。

GK、並びグッズは販売しておりませんが、趣味で造ったキャラがそのどれもがいいー。

ダークヒーロー、クリーチャー、怪獣・・・独特なセンスでテクスチャーなどをリメイクしたり、オリジナルをしっかり惚れ込んで尊重したリデザインはとても共感持てる。

Img_20180917_071553

Img_20180917_071547

Img_20180915_125545

Img_20180915_130431

Img_20180917_071726

Img_20180917_071741

Img_20180915_125050

Img_20180915_130540

Img_20180915_125040

・・・終了1時間前なのにチケット買って入って来る来場者も多く最後までごった返して居るモンパル会場でした。

Img_20180915_120341

Img_20180915_115420

 

|

2018年9月14日 (金)

気分はまだ夏!!

LA到着!!

「気分はもう夏」ーって40年前の雑誌ポパイのタイトル、パクりました。
先週のNYはもうネルシャツにジャンパー要る状況だったけど、LAは再びTシャツで過ごせます。
メールでのお問い合わせ頂いており、一生懸命に返しておりますが、
何故か一部メール返信出来ていない状況のようです。
原因不明でございます。
頂いたお問い合わせメールは入って来ておりますが、返信出来ていない状態のようです。
必ず帰国次第治しますので、引き続きよろしくお願いします。
お問い合わせは
yo-ko-kaibutsuya@nifty.com
もしくは、フェイスブックされている方はメッセンジャーの方へ
メッセージ下さいませ。
私、ツイッターは6-7年前に登録していますが、情けない話ですがパスワード忘れて返せません・・・
先週はまだハロウィーンって無かった街並み(TARGETの一角)ですが、1週間経つと・・・オレンジと黒のジャイアンツカラーに ハロってます・・・
Img_20180914_062337 Img_20180914_062352
Img_20180914_062359 Img_20180914_062417
Img_20180914_062436 Img_20180914_062603
Img_20180914_062621 Img_20180914_062629
Img_20180914_062657
1/1ヒューマンサイズのフル可動スケルトンが40ドル、動く1/2サイズは35ドル、1/1ドクロ3ドル、1mを超える大蛇のフル可動スケルトン10ドル、ゾンビの手両手で4ドル・・・全米の大型スーパーの一角だけど・・・物量パワーって凄いね。

|

2018年9月13日 (木)

ジャージーフェスト2018 テスト

手持ちのタブレットからブログがアップされるかのテストです。

ブラックハーツからは1/6スケールのミニバストラッシュが止まらない‼
今年に入ってイッキに出てきた。クラシックモンスターに始まり、スプラッターからクゥトゥルフ、バンパイラ、んで、レイ.ハリーハウンゼンのモンスター…意表を突いたブラックパンサーシリーズ…おもしくなってきた。

Img_20180908_104249_3

Img_20180908_104254_2

Img_20180908_104300_4

Img_20180908_103302_2

フランスのGKアーチストはとてもファンタジーな世界観を表現…

Img_20180908_113504_2

Img_20180908_113459_3

Img_20180908_113511_3

Img_20180908_113452_2

懐かしの20年前のソフビキット…
それにしても安い…多分ここは特別に安いと思う。
スティーブワン氏のバットマン、スタンウィンストンスタジオのマケットをそのまんまソフビキットにして販売…なんて夢のような製品だった…。
今、このような企画するだけでも妙に高くなっちゃうよね…。
この時代ー、売れるキットの生産数は3万個を越えたという…。
この時代ね、レジンの焼きだしでソフビ金型造ってあったりする…。

(だけど、その事ー、あまり訴求して無かったんですよね・・・20年以上前の怪獣、怪物、ヒーロー、クリーチャー・・・この時代から1/6スケールの顔の皮膚に毛穴まで入れるようになった。2レジン焼きだしによるソフビの再現力が飛躍的にリアルフィギュアを向上させたと思う)

いい時代だったな…。
今は未彩色、キットなら、一桁、二桁、、、三桁落ちちゃう時代でもある…。
っと云うかこの時代のクォリティーから進化も止まったからか…。
…ガンバロウ!
Img_20180908_113954_2

Img_20180908_114007_2

このような何処から出たの?というプロップの複製レジンモデルキットもある…。

Img_20180908_114201_2

オリジナルプロップを忠実に再現したモデルキット。
いいよね。こーゆーの。置くだけで博物館のようになる。
サイクロプス…口の周りが紅いんだ…。
Img_20180908_114900_2

会場でも造形パフォーマンスをしてくれたトロイ.マクデヴィット氏
別室で早業造形を披露ー。アメリカの人はみんな早業に思える…。

Img_20180908_114945_5

Img_20180908_114951_2

アメリカのTVでもヌンのCMプロモート多い…。

Img_20180908_115119_2

イチオシなショーン.カイル
最初に見て仕入れた彼のGK作品はブライドオブフランケンシィタイン…、だったと思ふ…。

Img_20180908_231041_2

Img_20180908_231101_2

どうもタブレットでもブログ更新出来るようです…当たり前のこと中々出来なくゴメンナサイ。

持ち帰ったキットー、色々検証、レビューも書きたいのでありますが、
実は一昨日の晩に怪物屋工房に一旦、帰りまして、今日からロスアンジェルスです。
ハイ、秋のモンスターパローザです。
関空がエライ事になってて、再び成田へ移動中ーであります。

11月のマイドームおおさかで開かれる、スーパーフェスティバルを目処にイロイロと取り揃えて行こうと思いますのでヨロシクどうぞ。

|

2018年9月12日 (水)

ジャージーフェスト2018 コンクール模様

ルイビルWFの規模ほどではないが、しっかり楽しんだ作品を鑑賞するのはとても楽しいものです。

ジツは第一回目から楽しいぞ・・・っと色々なディーラー、モデラー、主催者さんからもお誘いがあり、今回、初参加させていただきました。感謝!!
チラーシアター、レジントピア・・・最も空港のそばで開催されるジャージーフェストーっというかほとんど空港内のマリオットホテルでの開催なので空港のシャトルだけの移動で会場到着-過ごせてしまう・・・。
宿泊ホテルでの晩のバーはディーラー含めコンテスト参加モデラーの宴となる・・・
同行スタッフが撮った画像ーすべては撮りきれていませんが、また僕目線でご紹介させていただきますね。複数ダブった作品は要注目ーという事で・・・。
Img_0011_2 Img_0089_2
このようなトロフィーが用意されております。
Img_0008_2 Img_0086_2
アンドレア1/35かな? コレでもかというくらい凄いスタンド!!んだけど、蝋燭の灯りを描き込んだりバックの背景の色使いとかええ感じです。
Img_0007 Img_0006 Img_0005
Img_0012 Img_0013
最近はアーマー系、パワードスーツ系もあるんですよね・・・
Img_0014_2 Img_0015
Img_0016_2 Img_0017
Img_0018 Img_0019
さぁーどーだー・・・クラシックモンスター総出演のジオラマ作品!!
造った本人もイベント当日ー、富士山バックの怪獣総進撃Tシャツ着てました(笑。
コレを作ったロバート氏とはルイビルWFでも毎年、食事を共にする仲でジャージーフェストの質の高い作品画像をいつも見せてくれてて大変興味を抱かせてくれました。
ご本人ー、オーロラ、レベル等プラモファンでもあるが相当の怪獣好きでもある・・・日本のWFにも来ており、東京-大阪のホビーショップも詳しく、また日本でも希少な1980年代イノウエアーツのオリジナルキットを所有し、モデルキット博士でもある・・・僕と同学年でもあり、懐かしいアイテムを話し出すと止まらなくなる・・・根っからのコレクターでもあり、腕利きモデラーでもある。
ご近所のブルックリン在住だから、思いっきりデカイ作品持ち込める・・・地元の利ばかりではなく、ジックリ作品見ても手を抜いてるところがない・・・皆、丁寧に作り込まれて纏め上げてるのが凄い。
Img_0020 Img_0021
昨年から独自解釈のディズニーキャラをリアルにしていくロベルトのGKが2点エントリーされてました。イイね。コレ。1/1ではなく2/1かな面白いスケール感・・・。
このままビランズキャラも含めて勇敢にシリーズ化して欲しいぞ。
Img_0023 Img_0022_2
「何処でもドアー」のオリジナルと云うべきミステリーボックス:ターディス(次元超越時空移動装置)。コレ1963年からだから55年も経つメカなのね。コレが無ければドラえもんも生まれなかったかも・・・そのドラえもんも来年50周年・・・時空ネタは強いね。
作例は完璧な電飾とボックス自体の塗装がスケールエフェクト的グラデーションも掛けられててクォリティー高く表現されてました。
んで、僕も大好きなシャーリーズ・セロンのフュリオサ大隊長がメチャありそうなワーナーオフィシャルのフィギュアに!?的な作品。たのしーね。
Img_0024 Img_0030
Img_0025 Img_0027
ジツはネ、シャドウボックス作品はアメリカのGKイベント、模型イベントでは必ずあったりする定番アイテム!?だったりする。
シャドウボックスの面白さは奥行きを無限に演出する如くスケール遠近法を駆使するところと電飾の輝度のコントロール・・・ここの点でも上手く纏められてると思うんですよ。
モチーフが特に気に入りましたよ。個人的に特にアンコウ系は昔から何度も何度も飼育を重ねた魚・・・クマドリカエルアンコウ、オオモンカエルアンコウ、アカグツ、メガネウオ、オニダルマオコゼ・・・海水魚飼育歴も50年近くだったりしますです。ハイ・・・見入ってしまいました。
Img_0031 Img_0032
おお、懐かしいゴジラ歴代レリーフ!! 前出のロバート氏。いや〜なんか嬉しいね・・・コレ、企画した時、誰が買うんだ!?とか色々な意見あったけど・・・良かった〜。
*因みに前にも書いたケド、東京WFにも来ているロバート氏だから手に入れられたアイテムであります・・・。コノアイテムは当日版権に付き注釈書きました。ハイ。
んで、東宝さんのプールでの撮影シーンを再現した熱烈怪獣マニアも・・・ゴジラ・ストアさんのブックはこちらでも大人気!! ビジュアルブックがあるから生まれてくるジオラマ作品も増えてくると思われます。編集の岸川さんのモデラーだからこそ痒いところに手が届く画像編集は素晴らしいですね。毎回、期待しております!!
Img_0034 Img_0035
Img_0036 Img_0037
近年のUSGKはレジンキットでも基本中空成形ーだから生まれる電飾加工ー。
なぜ日本は重くなるソリッドが重宝されるんだ!?っと聞かれます。元々はイノウエアーツのようにプラモデルのような分割だったじゃないか?っと・・・この質問には大概、マシンが手軽にないから・・・っと共に中空に適したレジンがポピュラーではないから・・・っと答えます。
今後のレジンの高騰を考えると、3Dプリンターの普及を考えると・・・要りますよね・・・。
数年前より国産でマシンの開発と中空成形に向いたレジン樹脂をケミカルメーカーと開発してたりもします!?実際、すでに実験がてら怪物屋工房では使ってたりもします。
4年前、モンスターシリコン(勝手なネームング失礼!IS-CRN40の事ね)として色々な意見を取り入れて開発していただいたKDKさんのシリコンもおかげさまで相当な普及した様子ー。新進気鋭なケミカルメーカーKDK-Trading、要注目です。
Img_0038 Img_0039
自由な作品、作風・・・
Img_0045 Img_0046
背景つき・・・もひとつのスタイル。
Img_0047 Img_0040
なんと・・・ライフサイズな作品・・・
Img_0043
もうじき公開のThe NUN
死霊館シリーズって案外ーファン多いね。ハロウィンコスプレで増える予感!!
増えるよきっと。
Img_0048 Img_0050 Img_0049
コリャ良いー!!プラモデルのデスディーラーを2.5Dで再現・・・と云う事かな
うん、5年前のレジントピアでもこのような2.5D的作品を見かけた気がするけど、コレってニューヨークスタイルかな。そういえばセントラルパークにあるニューヨーク自然史博物館(明治元年設立/ナイトミュージアム2の舞台 )の展示ってこのような感じだし・・・。150年の歴史を持つ模型展示だし、うん、きっとコレはニューヨークスタイルだ!!
Img_0054 Img_0053
鳥籠に入れられ、そこで飼育され生活する裸婦・・・。
こーゆーのを真剣に造る大人が僕は好きだ。
Img_0057 Img_0059 Img_0060
僕には最近流行りのウォーハンマーに見えるのだが・・・間違ってる!?
んでも、巨大な生物はオリジナルの創造物に見えるのだが・・・合ってる!?
Img_0063 Img_0066
プロップサイズスクラッチアイテム・・・
Img_0073 Img_0077
Img_0082
・・・・・
今回、個人的には・・・・
Img_0048_2
ニューヨークスタイルがお気に入り。
Img_0002
次回、細かくレビュー・・・はたまたモンパル!?
んでも関空が大変だ!!

|

2018年9月 9日 (日)

ジャージーフェスト2018

お久しぶりの更新ー、ごめんなさい。

2012年のレジントピア以来のニュージャージー州でのイベント「ジャージーフェスト」に来ております。
バックナンバーを見ていただければ古くはチラーシアター、レジントピア、ジャージーフェスト・・・案外東海岸寄り...ニューヨークってGKイベントが必ずあったりするんですね・・・。
ざっと、同行スタッフが撮った画像から、ボク目線のセレクトですがザッとご紹介していきます。
セレクトですがオススメ、注目画像は重複してたりします・・・!!
Img_0001 Img_0011_2
いきなり洋モンGKの傑作、吸血狼男です。ハマーフィルムの傑作狼男デザイン。オリバーリードの狼もクリストファーリーのドラキュラと並んでクラシックモンスターコレクションでは無くてはならないアイテムかと・・・今回はフォビデンゾーンがベース付きで販売ー。
最近、当時のオリジナルもんも発掘・・・出てきました。怪物屋が中津でやってた頃のアイテムたちが発掘されてきました。
んで、久しぶりのご紹介となるトイレットフェース!!彼の丁寧な仕上げは参考にしたいところがいっぱいあります。このコウモリ男・・・ステキなんで2枚・掲載・・・確か120ドルだったような・・・・できるだけ価格も入るように撮ったまんま掲載しますね。
Img_0007_2 Img_0008_2
Img_0032_2 Img_0033
今回、お隣さんだったシーン・カイル。
キャラクターアーチストであり腕利きの造形師であります。
イチオシのマッドマックスのキャラだと思われる!? ザ・マン・フロム・ザ ・スカイ!!
表情、造形の佇まいがいいんですよ。
彼の作品ー、大注目!!
Img_0038 Img_0039
Img_0041 Img_0042
む〜かしの洋モンGKではお馴染み!?のスクリーミン・・・をやってたサシーサテライト・・・ルイビルWFにも来なくなって久しいけどコレクタブルなGKを山のように積んで販売・・・懐かしい光景であります
Img_0051 Img_0052
最近は3Dプリンター出力も速くなってかキャスティングもせず、出力してそのまんま販売ー・・・っというのもチラホラ見かけます
この値段相場!?が気になるところでしょうから・・・約5cmが10ドル(1100円)、約10cmが20ドル(2200円)、約15cmが30ドル(3300円)・・・
また、シンプル形状だと通常の石鹸サイズで500円、1000円・・・・
なるほど・・・キャスティングして販売するより手早くていいかも・・・価格なんですね
Img_0092 Img_0093
Img_0100 Img_0098
クゥトゥルーギガードカスタムズ  溢れる色彩とクリーチャー造形の洪水です
圧倒的なスピードだから熟せるきっと価格と完成品価格に大注目
Img_0115 Img_0116
Img_0118_2 Img_0132
色々と見て回ると・・・日本ではあまりお目にかかれない逸品がチラホラ・・・
Img_0155 Img_0187
アフロヘアーのボブ・ロス・・・こりゃいい!!!!!!!
ナント!今、怪物屋工房で修行中の20歳の造形スタッフがコレ、欲しいと・・・
生まれてもない時代の油彩絵画番組のヒーロー!?
ここに注目したディーラーはエライ!!
造形的にもオススメな逸品!!!!!
Img_0188 Img_0189
キノコとかアスパラガス・・・みじかな1/1の野菜を擬人化した作品をGK化する女性らしいミッチェル・プラスキ・・・
このキノコは20ドル・・・いいでしょ。こーゆーの。・・・!?
Img_0193 Img_0211
Img_0222 Img_0227
ギルマンプロダクションの新作オススメはもうじき公開のNUN・・・
っというよりサイクロプスとジョーヤングの1/1アーマチュアヘッドモデルGKが最も
気になるテン・・・。
Img_0225Img_0226
Img_0230 Img_0233
カートゥーンシリーズも始動!!!!勇者であり続けて、やり続けて欲しい!!
Img_0235 Img_0236
ルイビルWFでも圧巻のディスプレイで注目のマクデヴィト・トロイ氏
押しの強い顔造形は見ていて楽しいです。
Img_0242 Img_0247
Img_0246 Img_0253_2
Img_0257 Img_0254
Img_0259 Img_0261
Img_0269 Img_0270
もう、ここではお馴染みのセサミストリートモンスターのモンスタードーク!
新作は、とうとう主人公のエルモ登場!!
Img_0271 Img_0272
Img_0333 Img_0334
ギリシャ/フランスから参加のT .GとN.L(ごめんなさい名前長くて読みづらく省略・・・)・・・んでも以前、4年前に取ってたね・・・覚えてる人はエライ!!
やっぱ、ヨーロッパの造形って、とてもファンタジーでエエネ。
んで、丁寧・・・コレはスカルピーと主にエービス(エポキシクレイ)を多くが使っているのも起因かな・・・・個人的な推測ですよ・・・でも、タッチがそこから生まれるだろうという造形だと思えるんですよ。簡単にインタビューしても、やっぱりーの的中でした。
今後とも注目です。
Img_0335 Img_0336
Img_0337 Img_0338
Img_0339 Img_0347
Img_0348 Img_0189_2
・・・そういえば昔のチラーシアターの模様はこのブログの前の PAST  BLOG側だったかも・・・。すみません。
何らかの落ち度でブログが消されないよう...管理しないとね。
このブログも落ちないように別のサイトに移し込み作業もしております。
怪物屋というか、洋モンGK、創作系GK・・・の軌跡としての側面も楽しめるかという事でもあります。販売メインとする新サイトはまたご紹介します。
スミマセン、火災、大病以降ー、製作業務、企画業務が中心になっております故ー、どうかもう暫くお待ちください。
お問い合わせは
yo-ko--kaibutsuya@nifty.com
あと、海外GKイベントの華はコンテスト!!
だいたい、2.5日開かれるアメリカのイベントは
初日がキャンプーというか塗装、造形のレクチャー、学習塾が開かれ・・・
2日目がGKディーラーの販売メイン・・・
3日目がコンテスト発表ー
通常、アメリカのGKイベントって、このコンテストを楽しむイベントなんですよね・・・
ここが日本のイベントと大きく違うトコロとも思えます。
next
多様な作品仕上げ・・・

|

« 2018年6月 | トップページ | 2018年10月 »