« ワンダーフェスト2018 ・・・テーブルの片隅に | トップページ | ジャージーフェスト2018 コンクール模様 »

2018年9月 9日 (日)

ジャージーフェスト2018

お久しぶりの更新ー、ごめんなさい。

2012年のレジントピア以来のニュージャージー州でのイベント「ジャージーフェスト」に来ております。
バックナンバーを見ていただければ古くはチラーシアター、レジントピア、ジャージーフェスト・・・案外東海岸寄り...ニューヨークってGKイベントが必ずあったりするんですね・・・。
ざっと、同行スタッフが撮った画像から、ボク目線のセレクトですがザッとご紹介していきます。
セレクトですがオススメ、注目画像は重複してたりします・・・!!
Img_0001 Img_0011_2
いきなり洋モンGKの傑作、吸血狼男です。ハマーフィルムの傑作狼男デザイン。オリバーリードの狼もクリストファーリーのドラキュラと並んでクラシックモンスターコレクションでは無くてはならないアイテムかと・・・今回はフォビデンゾーンがベース付きで販売ー。
最近、当時のオリジナルもんも発掘・・・出てきました。怪物屋が中津でやってた頃のアイテムたちが発掘されてきました。
んで、久しぶりのご紹介となるトイレットフェース!!彼の丁寧な仕上げは参考にしたいところがいっぱいあります。このコウモリ男・・・ステキなんで2枚・掲載・・・確か120ドルだったような・・・・できるだけ価格も入るように撮ったまんま掲載しますね。
Img_0007_2 Img_0008_2
Img_0032_2 Img_0033
今回、お隣さんだったシーン・カイル。
キャラクターアーチストであり腕利きの造形師であります。
イチオシのマッドマックスのキャラだと思われる!? ザ・マン・フロム・ザ ・スカイ!!
表情、造形の佇まいがいいんですよ。
彼の作品ー、大注目!!
Img_0038 Img_0039
Img_0041 Img_0042
む〜かしの洋モンGKではお馴染み!?のスクリーミン・・・をやってたサシーサテライト・・・ルイビルWFにも来なくなって久しいけどコレクタブルなGKを山のように積んで販売・・・懐かしい光景であります
Img_0051 Img_0052
最近は3Dプリンター出力も速くなってかキャスティングもせず、出力してそのまんま販売ー・・・っというのもチラホラ見かけます
この値段相場!?が気になるところでしょうから・・・約5cmが10ドル(1100円)、約10cmが20ドル(2200円)、約15cmが30ドル(3300円)・・・
また、シンプル形状だと通常の石鹸サイズで500円、1000円・・・・
なるほど・・・キャスティングして販売するより手早くていいかも・・・価格なんですね
Img_0092 Img_0093
Img_0100 Img_0098
クゥトゥルーギガードカスタムズ  溢れる色彩とクリーチャー造形の洪水です
圧倒的なスピードだから熟せるきっと価格と完成品価格に大注目
Img_0115 Img_0116
Img_0118_2 Img_0132
色々と見て回ると・・・日本ではあまりお目にかかれない逸品がチラホラ・・・
Img_0155 Img_0187
アフロヘアーのボブ・ロス・・・こりゃいい!!!!!!!
ナント!今、怪物屋工房で修行中の20歳の造形スタッフがコレ、欲しいと・・・
生まれてもない時代の油彩絵画番組のヒーロー!?
ここに注目したディーラーはエライ!!
造形的にもオススメな逸品!!!!!
Img_0188 Img_0189
キノコとかアスパラガス・・・みじかな1/1の野菜を擬人化した作品をGK化する女性らしいミッチェル・プラスキ・・・
このキノコは20ドル・・・いいでしょ。こーゆーの。・・・!?
Img_0193 Img_0211
Img_0222 Img_0227
ギルマンプロダクションの新作オススメはもうじき公開のNUN・・・
っというよりサイクロプスとジョーヤングの1/1アーマチュアヘッドモデルGKが最も
気になるテン・・・。
Img_0225Img_0226
Img_0230 Img_0233
カートゥーンシリーズも始動!!!!勇者であり続けて、やり続けて欲しい!!
Img_0235 Img_0236
ルイビルWFでも圧巻のディスプレイで注目のマクデヴィト・トロイ氏
押しの強い顔造形は見ていて楽しいです。
Img_0242 Img_0247
Img_0246 Img_0253_2
Img_0257 Img_0254
Img_0259 Img_0261
Img_0269 Img_0270
もう、ここではお馴染みのセサミストリートモンスターのモンスタードーク!
新作は、とうとう主人公のエルモ登場!!
Img_0271 Img_0272
Img_0333 Img_0334
ギリシャ/フランスから参加のT .GとN.L(ごめんなさい名前長くて読みづらく省略・・・)・・・んでも以前、4年前に取ってたね・・・覚えてる人はエライ!!
やっぱ、ヨーロッパの造形って、とてもファンタジーでエエネ。
んで、丁寧・・・コレはスカルピーと主にエービス(エポキシクレイ)を多くが使っているのも起因かな・・・・個人的な推測ですよ・・・でも、タッチがそこから生まれるだろうという造形だと思えるんですよ。簡単にインタビューしても、やっぱりーの的中でした。
今後とも注目です。
Img_0335 Img_0336
Img_0337 Img_0338
Img_0339 Img_0347
Img_0348 Img_0189_2
・・・そういえば昔のチラーシアターの模様はこのブログの前の PAST  BLOG側だったかも・・・。すみません。
何らかの落ち度でブログが消されないよう...管理しないとね。
このブログも落ちないように別のサイトに移し込み作業もしております。
怪物屋というか、洋モンGK、創作系GK・・・の軌跡としての側面も楽しめるかという事でもあります。販売メインとする新サイトはまたご紹介します。
スミマセン、火災、大病以降ー、製作業務、企画業務が中心になっております故ー、どうかもう暫くお待ちください。
お問い合わせは
yo-ko--kaibutsuya@nifty.com
あと、海外GKイベントの華はコンテスト!!
だいたい、2.5日開かれるアメリカのイベントは
初日がキャンプーというか塗装、造形のレクチャー、学習塾が開かれ・・・
2日目がGKディーラーの販売メイン・・・
3日目がコンテスト発表ー
通常、アメリカのGKイベントって、このコンテストを楽しむイベントなんですよね・・・
ここが日本のイベントと大きく違うトコロとも思えます。
next
多様な作品仕上げ・・・

|

« ワンダーフェスト2018 ・・・テーブルの片隅に | トップページ | ジャージーフェスト2018 コンクール模様 »

イベント情報」カテゴリの記事